推理山羊カイネル・ドゥ・ラファティの喜怒哀楽(ブログ)

[ガラケー版(QRコード)] 総閲覧回数:1,364,444回 / 推薦評価:73個(内 論客43人) / ブログ拍手:6,717
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
情報/
DB構築()
他己紹介
16/09/11
ブログ
[書く]
リンク集
My Play List
RSS購読
RSS
ブログ表示スタイル
リスト/携帯(QRコード)
画像/動画/リンク
表示開始年月
分類
ゼロの使い魔22(完)
ゼロの神話

原案:ヤマグチノボル(故人)
イラスト:兎塚エイジ
文庫:MF文庫J文庫
2017年2月24日発売予定
http://www.zero-tsukaima.com/

メルヘン・メドヘン
原案:松智洋(故人)
イラスト:カントク
文庫:ダッシュエックス文庫
2017年2月24日発売予定
http://dash.shueisha.co.jp/feature/marchenmadchen/

ビブリア古書堂の事件手帖7(完)
〜栞子さんと果てない舞台〜

著者:三上 延
文庫:メディアワークス文庫
2017年2月25日発売予定
http://mwbunko.com/978-4-04-892640-9/

また、実写&アニメでダブル映画化決定
http://biblia.jp/news/

ご注文はうさぎですか?
新作アニメスペシャルエピソード
(仮題)

2017年春
新宿バルト9ほかにて
上映予定
http://www.gochiusa.com/

劇場版・魔法科高校の劣等生
星を呼ぶ少女

2017年6月17日より全国ロードショー
http://mahouka.jp/
 作成日時分類記事タイトル
12017/02/18旅などの見聞録..「野菊の墓」ゆかりの地・・矢切(の渡し)及び成東..
22017/02/16旅などの見聞録..柴又七福神めぐり
32017/02/15旅などの見聞録..柴又寅さんめぐり
42017/02/14ビバ、変態!..バンドリ::これは偶然ですか!?ローソンでバンドリの..
52017/02/13聖地巡礼いろいろ..こち亀の舞台::両さんと行こう柴又・・(京成金町線の..
=>古記事6. 2017/02/12 バンドリの舞台へ::早稲田駅と胸突坂と江戸川公園の滑り台・・プラス!椿山荘の庭園
 反応日時来客名来客者の最近のメッセージ
12017/02/20HARIKYU・ ダンナ、アニメ化もされていますゼ。 かつて、「アニメ....
22017/02/15634寅さんの真の魅力は寅さんの持つ優しさだと思います。寅さんの誰..
32017/02/09改造された大きな声でアニメと小説版……どうしてこうなったいやマジでなんなんすかね..
42017/02/07改造された大きな声でネットで有名になったので、バンドリ三話だけチラ見してみました..
52017/01/21改造された大きな声でこの作者については一言言いたいことがあります。「涼風を茶番に..
その他最近のコメント
1.
2017/02/18 旅などの見聞録 > 「野菊の墓」ゆかりの地・・矢切(の渡し)及び成東」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:7個

1. はじめに
2. 矢切編
        1. 野菊苑及び野菊の墓文学碑
        2. 野菊のこみち及び矢切橋
        3. 矢切の渡し
        4. 歌「矢切の渡し」・・細川たかし
3. 成東編
        1. 伊藤左千夫記念公園の政夫と民子像
        2. 山武市歴史民俗資料館及び伊藤左千夫生家
        3. 映画「野菊の墓」主題歌・・松田聖子
4. おわりに

    1. はじめに

今より約3年前のブログ・・・
「ご当地ソーサリアン」のS巡礼【滋賀県】お菊の墓
https://sakuhindb.com/pj/6_A5ABA5A4A5CDA5EBA1A6A5C9A5A5A1A6A5E9A5D5A5A1A5C6A5A3/20140121.html

このラストで「伊藤左千夫の小説『野菊の墓』をそのうち読んでみようかな」と
述べたことがございます。
小説のほうは、先日読み終わりました。
文体が昔のもの故、理解はキツかったですが(笑)。

それと同時に自分はこう思いました・・
「野菊の墓」ゆかりの地をめぐりたいと。

先の柴又めぐりは、その好機といっても良いでせう。
柴又のそばにある「矢切の渡し」は、まさに
「ゆかりの地」のひとつです故。

【参考】Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8E%E8%8F%8A%E3%81%AE%E5%A2%93
    2. 矢切編

最寄駅・矢切駅です。
「矢切の渡し」だけが目的なら、柴又駅から行ったでせうが。
矢切駅

この地では、「矢切駅→野菊苑→野菊の墓文学碑→野菊のこみち→矢切橋→矢切の渡し(→そして柴又へ)」
のルートを行きました。
矢切マップ
      1. 野菊苑及び野菊の墓文学碑

このふたつのスポットは同じところにある模様です。
野菊苑及び野菊の墓文学碑へ

野菊苑です。この高台から観る江戸川あたりは、なかなかのものでした。
野菊苑

野菊苑から歩道橋を渡った先にある文学碑・・
野菊の墓文学碑です。
野菊の墓文学碑1

野菊の墓文学碑2

野菊はこの敷地内に咲いていた・・ということでせうか。
野菊の墓文学碑3
      2. 野菊のこみち及び矢切橋

「野菊のこみち」と呼ばれる小路です。
「野菊」を冠した名称に、作者・伊藤左千夫さんの偉大さが伝わってきます(笑)。
同時に、この地に生きられた
悲恋の政夫さんと民子さん(「野菊の墓」の主人公二人)についても。
野菊のこみち

矢切橋を渡って、矢切の渡しへ向かいました。
矢切橋
      3. 矢切の渡し

矢切の渡し・・・
千葉県の矢切と東京都の柴又を境にした
江戸川を渡るための舟です。

舟着場に到着です。
矢切りの渡し舟着場1

矢切の渡しの碑です。
矢切りの渡しの碑

「矢切の渡し」を自分が初めて耳にしたのは、細川たかしさんの歌によるものです。
それだけに、「細川たかし」のキーワードには、感慨深いものがありますね。

ちなみに柴又サイドの舟着場には、「矢切の渡し」の歌碑がございました。
矢切りの渡し歌碑

閑話休題。
矢切の渡しの説明書きがいくつかありました。

・歴史
矢切りの渡し舟着場2

・注意事項及び渡し賃など
矢切りの渡し舟着場3

矢切りの渡し舟着場4

現地では、舟の到着に少々時間を要しました。
矢切りの渡し舟

こうした舟に乗ること自体は初めてではありません。

例1:たまゆらの聖地巡礼・・浦賀の渡し
https://sakuhindb.com/pj/6_A5ABA5A4A5CDA5EBA1A6A5C9A5A5A1A6A5E9A5D5A5A1A5C6A5A3/20150901.html

例2:同上・・呉の音戸渡船
https://sakuhindb.com/pj/6_A5ABA5A4A5CDA5EBA1A6A5C9A5A5A1A6A5E9A5D5A5A1A5C6A5A3/20151124.html

いずれもエンジンかけて動かす感じのものでした。
ですが矢切の渡しは、オールを漕いで動かす
昔ながらの舟でした。そのことに妙に感動を覚えたものです(笑)。
(ただし必要に応じてモーターを使用される・・とのことですが)

舟から撮影したものです。
矢切りの渡し舟より1

矢切りの渡し舟より2

そんなわけで、矢切の地では、矢切の渡しのほうも楽しんだ次第です。
      4. 歌「矢切の渡し」・・細川たかし

歌のほうも視聴しませう。

    3. 成東編

お次は千葉県の成東です。
成東駅

ここは作者・伊藤左千夫さんの故郷です。
この地では、「成東駅→伊藤左千夫記念公園→山武市歴史民俗資料館→伊藤左千夫生家(→そして成東駅に戻る)」
ルートを行きました。
      1. 伊藤左千夫記念公園の政夫と民子像

この記念公園では、伊藤左千夫さん自身及び彼の作品がいろいろ述べられていました。
ですがそのなかでも、一番印象深いのが「野菊の墓」です(政夫と民子像があったからです)。
伊藤左千夫記念公園

その政夫と民子像です。
伊藤左千夫記念公園の政夫と民子像1

伊藤左千夫記念公園の政夫と民子像2

伊藤左千夫記念公園の政夫と民子像3

この作品は、あの夏目漱石にも賞賛されたとのことです。
野菊の墓について
      2. 山武市歴史民俗資料館及び伊藤左千夫生家

(矢切では「野菊のこみち」でしたがここでは)「野菊路」を進み、資料館及び生家を行きませう。
野菊路

そして到着です。
資料館と生家

まずは資料館からです。
山武市歴史民俗資料館1

入口に、見学記念の「政夫と民子」があったのがミソです(笑)。
山武市歴史民俗資料館2

資料館のなかは撮影禁止でした。
伊東左千夫関係の展示物は2階にありましたね。
もちろん、「野菊の墓」関係の展示もあります。

伊藤左千夫さんの生家も観てきました。
伊藤左千夫生家

ところでこの作品は、小説のみならず、
ドラマ化、映画化、舞台化などされていた模様です。
資料館でそれを再確認したわけですが。
活字体の本に触れることが苦手な方でも、
ドラマ、映画、舞台をきっかけに、この作品に興味を抱かれる・・・
それは良い傾向というものです。

ちなみに私は、松田聖子さんの出演映画が
この作品の存在を知ったきっかけです。
自分、この方のファンというわけではありませんが、
「野菊の墓」の存在を知るきっかけになった点については
感謝をしている口です(笑)。

その松田聖子さんの名義で、伊東左千夫さんの生家の庭に
アララギが植えられているのを自分、目にしました。
アララギ(松田聖子)1

アララギ(松田聖子)2

アララギ・・・伊藤左千夫さんが関わった短歌雑誌のひとつ『アララギ』にちなんだものですね。
アララギの由来
      3. 映画「野菊の墓」主題歌・・松田聖子

松田聖子/花一色~野菊のささやき~
せっかくだから、歌のほうも視聴しませう。

    4. おわりに

「こち亀ワールド→隅田川七福神めぐり→柴又めぐりいろいろ→野菊の墓ゆかりの地めぐり」
こち亀を機に、野菊の墓ゆかりの地をめぐる機会を得たというわけです(笑)。
それでは

コメントする(論客のみコメント可能記事)7個


カイネル・ドゥ・ラファティ さんのコメント (2017/02/20) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
HARIKYUさん、コメントありがとうございます。
おお!そういえばアニメバージョンがありましたね。
こうしたアニメをテレビでまた放映していただきたいと、ちょっと思いました。

それでは♪
HARIKYU さんのコメント (2017/02/20) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]

ダンナ、アニメ化もされていますゼ。
かつて、「アニメ文学館」という番組があった模様です。

https://sakuhindb.com/pj/HARIKYU/20130216.html




キャラクターがあんまり器量良く描かれていませんが、「民子」のイメージはこんな感じなんでしょうね。

松田聖子はあの前髪を上げたオデコが強烈に印象に残ってます。

2.
2017/02/16 旅などの見聞録 > 柴又七福神めぐり」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:5個

1. はじめに
2. 観蔵寺(寿老人)
3. 医王寺(恵比寿天)
4. 宝生院(大黒天)
5. 万福寺(福禄寿)
6. 題経寺(毘沙門天)・・柴又帝釈天
7. 真勝院(弁財天)
8. 良観寺(宝袋尊)・・願掛け賽袋尊あり
9. おわりに

    1. はじめに

いつぞやの隅田川七福神めぐり同様、
柴又にも七福神めぐりがございます。
柴又七福神

【参考】サイトはこちらです。
http://www.katsushika-kanko.com/feature/shichifukujin.php

せっかくだから、七福神めぐりも行いました。
    2. 観蔵寺(寿老人)

京成高砂駅の近くにございます。
観蔵寺(寿老人)1

柴又では、こんな感じの説明書きとなっています。
観蔵寺(寿老人)2
    3. 医王寺(恵比寿天)

こちらは、新柴又駅を降りてすぐのところにありました。
医王寺(恵比寿天)1

医王寺(恵比寿天)2
    4. 宝生院(大黒天)

新柴又駅から柴又駅へ向かって歩く途中にございます。
宝生院(大黒天)1

宝生院(大黒天)2
    5. 万福寺(福禄寿)

寅さん記念館からそれほど遠くない(多分)ところにございました。
万福寺(福禄寿)1

万福寺(福禄寿)2
    6. 題経寺(毘沙門天)・・柴又帝釈天

柴又の目玉ともいえる聖地・柴又帝釈天。
柴又帝釈天の看板

その題経寺もまた、柴又七福神の一神を祀られております。
題経寺(毘沙門天)1

題経寺(毘沙門天)2
    7. 真勝院(弁財天)

題経寺の近くにありました。
真勝院(弁財天)1

真勝院(弁財天)2
    8. 良観寺(宝袋尊)・・願掛け賽袋尊あり

一般的には「布袋尊」とするところを
柴又七福神では「宝袋尊」としているとのことです。
良観寺(宝袋尊)1

良観寺(宝袋尊)2

他のスポットと異なり、この良観寺には、願掛け賽袋尊がございます。
良観寺(宝袋尊)3

せっかくだから私もお腹をなでたものです。
良観寺(宝袋尊)4
    9. おわりに

隅田川七福神めぐりのときと違い・・・
移動するのにそれほど時間はかかりませんでした。
「特定の有料敷地内にあるため、七福神めぐり目的だけでもお金をとられる」
「幼稚園の敷地内にあるため、日によっては遠回りを強いられる」
などということもありませんでした。

また、人混みについては、柴又帝釈天の題経寺以外、全然問題無しでした。

つまり、わりと手ごろに七福神めぐりを満喫できたということです(笑)。
それでは

コメントする(論客のみコメント可能記事)5個

3.
2017/02/15 旅などの見聞録 > 柴又寅さんめぐり」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:6個

1. はじめに
2. 寅さんふるさと名言集(案内板)
3. (山本亭を経て)寅さん記念館、山田洋次ミュージアムへ
4. とらや
5. おわりに

    1. はじめに

本日のブログは前々回の続き・・・
すなわち柴又めぐりを行うものとします。
今回は、「柴又寅さんめぐり」です。

    2. 寅さんふるさと名言集(案内板)

まずはこの柴又マップをば。
柴又マップ0

柴又マップ1

柴又マップ2

柴又マップ3

柴又マップ4

柴又駅ならびに寅さん像のすぐそばにある案内マップです。
こちらには、寅さんふるさと名言集案内板のある場所も
記載されています。
案内マップ自体は他の柴又エリアにもございますが、
寅さんふるさと名言集案内板の記載は、(おそらく)ここだけです。

寅さんふるさと名言集案内板はこんな感じです。
寅さんふるさと名言集案内板

名言集を見て回ってきました。

1作目より・・すべてのはじまり、という感じがします。
寅さんふるさと名言集1作

6作目より・・駄目兄の寅さんを決して見捨てることのない、妹のさくらさんですね。
寅さんふるさと名言集6作

8作目より・・私も同感です。
寅さんふるさと名言集8作1

同じく8作目より・・前向きにいきたいものですね。
寅さんふるさと名言集8作2

同じく8作目より・・確かに寅さんはそういう目にあったほうがいいかも(コラコラ)。
寅さんふるさと名言集8作3

9作目より・・いや駄目でしょ(いつか雲は消えちゃうぞ、という意味で)
寅さんふるさと名言集9作

11作目・・恥ずかしいセリフ禁止!(笑)
寅さんふるさと名言集11作

13作目・・その気持ちを持ち続けてほしいものです。
寅さんふるさと名言集13作

20作目・・私もこの地を今回訪れたとき、そう感じたものです。
寅さんふるさと名言集20作

24作目・・故郷への想いが感じられます。
寅さんふるさと名言集24作

39作目・・私もそう思います。
寅さんふるさと名言集39作

こうした名言のひとつひとつもまた、寅さんワールドの魅力でせう。
この作品をまた視聴したくなってきました、自分(笑)。
    3. (山本亭を経て)寅さん記念館、山田洋次ミュージアムへ

山本亭を通りぬけて「寅さん記念館」へ行ける模様です。
山本亭1

ちなみに山本亭はこんな感じです(今回は中へ入りませんでしたが)。
山本亭2

柴又公園もまた趣のあるスポットです。
柴又公園

その先に、寅さん記念館がございます。
【参考】公式サイトはコチラです。
http://www.katsushika-kanko.com/tora/

寅さん記念館へ

寅さん記念館
館内にて、寅さんワールドを満喫してきました(笑)。

ところで
寅さん記念館の向かいには、山田洋次ミュージアムがございます。
山田洋次ミュージアム

以前この地を訪れたときはありませんでした。
私のように、寅さん記念館を訪れたことがある方でも
山田洋次ミュージアムは知らない方はいるかと思われます。

ミュージアム内の壁は、彼がてがけた作品名のオンパレードでした(笑)。
山田洋次ミュージアム内の壁
    4. とらや

それでは、帝釈天参道にある「とらや」をば。
とらや1

男はつらいよ1~4作目にて、撮影に使用されたとのことです。
とらや2

撮影に使用した階段はここのことですね(撮影許可済みです)。
とらや店内の階段

(せっかくだから食した)草だんごは美味しかったです♪
とらやの草だんご
    5. おわりに

柴又の旅は、まだ続きます。
次回は、柴又七福神めぐりを語りませう。
それでは

コメントする(論客のみコメント可能記事)6個


カイネル・ドゥ・ラファティ さんのコメント (2017/02/15) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
早速のコメントをありがとうございます、634さん。
そういえばマドンナとのかかわり及び悲恋も
「男はつらいよ」の持ち味のひとつでしたね。
映画を観ていた当時、このあたりの寅さんの描写には
自分、ちょっとホロリとした思い出がございます。
それでは
634 さんのコメント (2017/02/15) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
寅さんの真の魅力は寅さんの持つ優しさだと思います。

寅さんの誰にも批判出来ない素晴らしいところは、自分のために他人の
幸福を決して奪おうとしない事です。それ故に惚れたマドンナに
フラれた=フッた後に、さくらや満男に見送られて1人寂しく笑って
旅立つシーンに、本当に相手の幸せを願うなら、やくざな自分は身を
退かなきゃいけないという不器用だけど、純な優しさにあると思えます。

そうしたところが、寅さんをテキ屋のいい加減なだけの男にしていない
し、それ故の寅さんなのだといえそうです。

4.
2017/02/14 ビバ、変態! > バンドリ > これは偶然ですか!?ローソンでバンドリのオリジナル菓子を購入」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:3個

ローソンでアニメキャラのキャンペーン実施・・というのは
今や珍しいことではありません。

先日、バンドリもまたキャンペーンが実施されました。
http://bang-dream.com/news/lawson/

このうち、下記2商品を購入しました。

ラングドシャ チョコレートクリーム
(ラングドシャ1箱にミニ色紙が1枚付いたオリジナルセット商品)
バンドリラングドシャ

ポップコーン いちごカスタード味
(ポップコーン1箱にPVCチャームが1個付いたオリジナルセット商品)
バンドリポップコーン

さて、この商品のミニ色紙及びPVCチャームについてですが・・・。
「5人のうちどのキャラなのか」が開封しなければわからない・・
というパターンには、少々疑念を抱いたものです。
そうすることで、「5人揃うまで粘り強く菓子を買うぞ」という
ファン心理をくすぐる商法に、少々あざといものが感じられたからです。
とりあえず私は、今年の冬アニメでバンドリという作品に触れたのも
何かの縁・・・ということで、記念に購入したわけですが、
各1個に留めた次第です。

ちなみに私の場合ですが・・・

ミニ色紙
イラスト色紙(おたえ)

PVCチャーム
PVCチャーム(おたえ)

おたえこと花園たえに何か縁でもあるのでせうか自分(笑)
タイトルで述べた「これは偶然ですか!?」は、これのことです。




バンドリのOPを聴いて、本日のブログをお開きとしませう。


それでは

コメントする(論客のみコメント可能記事)3個

5.
2017/02/13 聖地巡礼いろいろ > こち亀の舞台 > 両さんと行こう柴又・・(京成金町線の前身・帝釈人車鉄道の話題も少々)」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:7個

「こち亀」では、両さんと擬宝珠纏が「男はつらいよ」の舞台・柴又へ
(小旅行気分で)行くエピソードがございます。
「こち亀」と「男はつらいよ」。
この両作品には、妙に親和性の高さが感じられます。

主人公は両作品ともアクが強いです(笑)。
舞台にしても、亀有→金町(京成金町のりかえ)→柴又
と近いですし。

私も、両さんに合わせて柴又へ行きました。
なお先日、ブログで語った下町めぐりは、このとき行ったものです。
https://sakuhindb.com/pj/6_A5ABA5A4A5CDA5EBA1A6A5C9A5A5A1A6A5E9A5D5A5A1A5C6A5A3/20170129.html



まずは京成金町駅からです。
こち亀の京成金町駅

京成金町駅

ちなみに、二人はこの駅で、電車の到着及び電車の出発を待つわけですが、
その待ち時間が結構ありました。
その反面、金町から柴又までかかる時間は短かったです。
金町線に不慣れな纏は、そのことにキレそうになったわけです(笑)。
こち亀の柴又駅到着

こち亀の柴又駅

柴又駅

そう、金町から柴又までは歩いても来られる近さなのです。
そもそもこの二駅間を結ぶ電車が開業された当時は、
人力で動かしていたわけですからね
(京成金町線の前身・帝釈人車鉄道です)。
二駅の区間が近いのもうなずける話です。
ちなみに自分、寅さんミュージアムでその模型を目にしました。


閑話休題。

柴又駅に降りると、すぐ目の前に、寅さん像が出迎えてくれます。
これだけでも、「男はつらいよ」ワールドにやってきた感が否めません。
こち亀の寅さん像

寅さん像

寅さん像2

寅さん像3

山田洋次監督のメッセージもございます。
寅さん像説明書き




この方の碑といえば、帝釈天参道に行く途中にございます。
こち亀の山田洋次碑

山田洋次碑

直筆という風情が感じられましたね(笑)。




帝釈天参道です。「男はつらいよ」ワールドに迷い込んだ錯覚をしてしまうかも(笑)。
こち亀の帝釈天参道

帝釈天参道

ちなみに、「とらや」は寅さんの実家のモデルです。




そして帝釈天です。
寅さんが産湯を浸かった所です(笑)。
こち亀の帝釈天

帝釈天へ



帝釈天参道にある「とらや」をはじめ、
「男はつらいよ」関係のスポットは、他にもいろいろございます。
そちらのほうは次回語る考えです。

それでは

コメントする(論客のみコメント可能記事)7個

=>古記事6. 2017/02/12 バンドリの舞台へ::早稲田駅と胸突坂と江戸川公園の滑り台・・プラス!椿山荘の庭園
上へ ↑上へ 最速検索作品DB皆声