おジャ魔女どれみ20周年と新作アニメ情報

総閲覧回数:245,278回 / 推薦評価:165個(内 論客90人) / ブログ拍手:2,135
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
作品/情報/
DB構築()
他己紹介
17/10/24
ブログ
[書く]
リンク集
RSS購読
RSS
表示開始年月
分類
全て
1.雑記
2.サイト紹介
3.クロスオーバー
4.漠然
5.試験
6.キャスティング
7.怪我・病気
8.番組
<=次の記事 ギャングラーから転生したらキカイだった件
=>前の記事 吹雪注意

1.
2019/02/12 番組 > おジャ魔女どれみ20周年と新作アニメ情報」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]
コメントする10個


今月7日はおジャ魔女どれみシリーズの20周年。

20周年記念公式サイト&Twitterが立ち上がり、それに伴い開催中の「おジャ魔女どれみSHOPパート3」では記念グッズの販売を開始。
アニメニュースサイト「PASH PLUS!」では3回に分けてコラムを掲載。
3月には東京ビッグサイトで20周年記念のマジカルステージの開催も決定。

コミカルな表現も、泣ける話もいっぱいで、子供が楽しめるだけじゃなく大人から見ても深い話に満ちた名作として今も語り継がれているのがどれみ。
プリキュア15周年を去年祝ったのは、このためだったのかな?
PASHの記事も作品の魅力を的確にわかりやすく伝えておりファン必見の内容。

また、最近決まった新作としては週刊少年チャンピオンで連載中の「BEASTERS」および「魔入りました!入間くん」のアニメ化が決定。

前者は「宝石の国」のオレンジが製作し、PVではハルの声が聞ける。
親よ、貴方たちは何故、悪魔に息子を売ったのか?

そして「小林さんのメイドラゴン」の第2期の制作が確定した。
龍がめでたい霊獣だからか、中国を中心にした海外人気が高いという。ストックも溜まったようだし喜ばしいことである。

いずれも続報に注目したい。

コメントする10個


オルタフォース さんのコメント (2019/03/27) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
>Mr.KNさん

こんばんは。記念映画の情報はこちらとしてもうれしい限りです。旧作スタッフ・キャスト再集結という素晴らしさ。楽しみが止まりません。
ショートアニメやラノベ新作、#のブルーレイなど不思議な力が湧いたかのような続報が次々と・・・
いずれ、貴方の日記にも参上いたします。

それでは。
Mr.KN さんのコメント (2019/03/26) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
こんばんは、オルタフォースさん。遅ればせながらではありますが失礼します。

自分のところでも書いたのでご存知かとは思いますが、2020年にどれみの20周年を記念した新作映画「魔女見習いをさがして」の制作が決定しましたね。

制作スタッフなどもどれみやプリキュアシリーズなどを手掛けた方々が携わるそうなのでこちらも期待が高まりますが、いずれにしても続報が気になるところです。

ではまた。
オルタフォース さんのコメント (2019/03/26) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
>サンシースーさん

えっ!?プリキュアシリーズがお嫌い?
確かにどれみはプリキュアが出るまでの看板タイトルでしたけど・・・なにもアニバーサリーを祝う記事でそのような発言をされなくても。歯に衣を着せませんね。
少なくともセラムン以降変身ヒロインものばかりになったわけではないとしたならいいのですが・・・
TVシリーズとして復権せずとも、どれみは間違いなく人々の心に残る名作です。これだけは言えます。

それでは。
サンシースー さんのコメント (2019/03/25) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
あの『おジャ魔女どれみ』シリーズの放送から20周年を迎えたとは・・・。

『おジャ魔女どれみ』シリーズというと、今では『プリキュア』枠となっている
朝の8時半に放送された作品で、本作は『魔法使いサリー』や『ひみつのアッコちゃん』などを
始めとする東映魔女っ娘アニメを受け継いだ作品であり、
当時の東映が『セーラームーン』シリーズに代わる新たな少女アニメとして製作し、
『セーラームーン』シリーズなどを始めとする美少女戦士物に飽きつつあった視聴者に受け入れられ、
ヒットした作品であり、 90年代末期の東映アニメとしては数少ない成功作だったと言えます。

でも、今の東映の少女アニメは『セーラームーン』の悪影響を受けた『プリキュア』シリーズしか
作れなくなり、そういう意味では、本作は最後の良作少女アニメだったと言えます。
(これは、私が『プリキュア』シリーズ自体が嫌いだったことや、
どの『プリキュア』作品も大して面白くなかった事もありますが・・・。)
オルタフォース さんのコメント (2019/03/25) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
>無限堂さん

それは残念ですね・・・まさに魔女狩りです。
二号まで禁止されたら仮面ライダーやパーマンなど大いに影響を受けるキャラが続出しそうです。
それらの言葉自体より侮蔑の意図が問題なのではありませんか?
無限堂 さんのコメント (2019/03/25) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
残念な話を一つ、「魔女っ子」が放送禁止用語に認定され、益々作り辛い世の中になって来ました。
余り規制だの色々言うとクリエイターも萎縮し、益々駄作が増えますね。
オルタフォース さんのコメント (2019/02/13) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
>無限堂さん

16~19のアニメ化は・・・さすがに難しいかも知れません。映像作品の新作については、そっとしておいた方が得策ということもあります。
ですがご安心を。現在の子供たち向けの作品はちゃんと全日で放送しているのですから。

以上です。
オルタフォース さんのコメント (2019/02/13) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
>Docty Junsaiさん

こんばんは。コメントありがとうございます。

このシリーズはポップで色彩豊かで、見た目の華やかさとともに生き生きとしたキャラクターと感動的なお話しが、どの世代にもお勧めできる名作として知られており、こちらとしてもおすすめです。
もし時間がおありでしたのなら、視聴して頂けると良いと思います。
無限堂 さんのコメント (2019/02/13) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
もしも、プリキュアが公約通り10作目で区切り、10年代にどれみが再アニメ化されていたら(涙)。しかし、16~19の内容は賛否両論で日曜朝には難のあった内容だったかも知れません。
曾てなら普通に全日で放送されたアニメ・特撮・ドラマも良くて深夜、最悪はWeb配信とは世知辛い世の中になりました。
無関係ながらシンカリオンが間違いなくマジンガーZの全92話を46年ぶりに更新する可能性も現れた一方、他局の長寿ストーリーアニメみたいにならないか大変憂慮しています。
Docty Junsai さんのコメント (2019/02/12) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
こんばんは。コメント失礼します。おジャ魔女どれみ20周年おめでとうございます。
僕の中ではあの歌がとても印象的ですね。僕はこのシリーズを観ていませんが、カラフルで可愛らしい作風だなぁと思いました。こういった作品は夢と希望を与えてくれます。僕の子供時代が何だか懐かしくなりました(笑)。若いって良いです。


[他の記事も読む]
<=次の記事 ギャングラーから転生したらキカイだった件
=>前の記事 吹雪注意


大分類が「番組」の記事
この論客の記事全て
↑上へ