ヴァンガード見聞録(題字:エスパーダ)【週刊少年ジャンプ感想サイト】

[ガラケー版(QRコード)] 総閲覧回数:6,062,699回 / 推薦評価:115個(内 論客68人) / ブログ拍手:5,056
クリックするとTOPに戻れるぞい

アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間)]
プロフィール私書(メール)
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
作品/情報/
DB構築
他己紹介
17/04/26
ブログ
[書く]
攻略記事リンク集
RSS購読
RSS
ブログ表示スタイル
リスト/携帯(QRコード)
画像/動画/音声/リンク
表示開始年月
分類
全て
1.空目晴彦冷血作品集√G
2.空目晴彦冷血作品集√C
3.空目晴彦冷血作品集√A
4.空目晴彦冷血作品集√O
5.REVERSE OF LEAFLET
6.WEEKLY JUMP
7.THE PRINCE OF TENNIS
8.DESPERATE SCRIBBLE
9.MOHAWK RAPE GENERATION

Author:うつめ
HP名:ヴァンガード見聞録
ボーグマシン:オサレブラックキャット
ライバル:鳳凰院凶真
STATES:
一応学生。アヘ顔職人ではない。
でもジャンプ感想は書きます。
好きな十刃はアーロニーロ。
新妻エイジ先生と許斐剛先生を
応援しています。

ジャンプ感想がメイン。
邪気眼とオサレとネタ漫画と
クソ漫画とヘタレとツンデレと
中二病と初版とクソゲーと
キチガイと顔芸と
同性愛を愛しています。



PS3/PS4アカウントID:ark_in_NOIR


◆おすすめ◆

人造昆虫 カブトボーグ V×V
個人的神アニメ。
俺はどっちでもいいけど。


劇場版 テニスの王子様 二人のサムライ
劇場版テニス。
手塚部長の恐竜絶滅シーン、
リョーマvsリョーガは必見。
接待用に超最適。


劇場版 テニスの王子様 英国式庭球城決戦 !
第一弾を越えるクオリティではないが
ますます変態殺人テニスとして磨きをかける出来


ONE PIECE FILM Z
本気で男泣きできるワンピがここにある


BACCANO!
おうおうおうおうおうおうおうおうおうおう!撃ってるねえ殺ってるねえ!……あん?マシンガン?……それはそれで。おもしろそうじゃん!……やばい、やばい、やばいやばいやばい、やばい、やばい。何だよ?何が起こってるんだよ?食堂車でよぉ?殺せんの?殺されんの?どっちよマジで?おいおい、ドキドキするなあ…。おいおいおいおいおい、おいおいおいおいおい!!


デュラララ!!
折原臨也とかいうウザイよりもお茶目なネカマの情報屋を見てニヤニヤするアニメ


のんのんびより
1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6
実家のような安心感を誇るアニメ


のんのんびより りぴーと
1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6
何も変わらないがいい、そんな安心感


SHIROBAKO
1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8
見ていると元気が出てくる


監獄学園
1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6
ウンコ MP3で検索しても出てこないでゴザル


クロムクロ
日常パートとロボットバトル、ラブコメのバランスが絶妙
1 / 2 / 3 / 4


電波女と青春男
女々さんとかいうクッソかわいいババアと結婚したくなる


冴えない彼女の育てかた
加藤さんマジ天使だが詩羽先輩マジ変態も甲乙つけがたい
1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7


この素晴らしい世界に祝福を!
計算尽くしなギャグアニメ。あとよく泣きつくアクアちゃんたまんねえ
1 / 2 / 3 / 4 / 5


だがしかし
駄菓子に熱心なほたるさん見ていて幸せになれる
1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6


僕だけがいない街
お母さんを大事にしてやりたくなる


池袋ウエストゲートパーク
君もG-BOYSに入らないか?


イクシオンサーガDT(BOX上巻 / 下巻)
カプコンと銀魂スタッフとゴールデンボンバーのひどすぎる悪魔合体


MUSASHI-GUN道-
GUN道は芸術美。


内閣権力犯罪強制取締官 財前丈太郎
GUN道のライバル。


惡の華
シュールホラーギャグアニメ
山田は癒し系アイドル


魔法戦争
んだよ、意味が分かんねえ


兎塚エイジZeroゼロの使い魔イラストコレクション
兎塚エイジ先生の画集。
ルイズうわああああん


切符イラストレーションズ
むっちむちに描かれる女の子たちが魅力


q-o ‐refeia visual record‐
瑞々しい塗りが特徴的、スタイリッシュにしてキュート


よいこの君主論
楽しく分かりやすく学べる君主論。君も帝王を目指そう!
よいこの君主論


ペルソナ5
あなたは心の怪盗団を信じますか?
PS4版(限定版) / PS3版(限定版)
PS4版(通常版) / PS3版(通常版)


ペルソナ4
みなさま、こんばんは!
ハッテン、ボクの街!のお時間どえす


デビルサマナー ソウルハッカーズ
天海空港とかいう世界一カッコイイ空港


ジェットセットラジオフューチャー
このために初代XBOXないしはXBOX360買うほどプレイする価値がある、時代を感じさせない未来の神ゲー


Steins;Gate
それが運命石の扉の選択か。
エル・プサイ・コングルゥ。


九龍妖魔學園紀
學園ジュブナイルのすべてがここにある


アンリミテッド:サガ
第一次ゆとり大戦参戦作品。
どうせワンコインで買えるんだし、
みんなもやろうぜ。


ローグギャラクシー
忍耐力を要される苦行ゲーでもあるが嫌いじゃない


グランディア3(笑)
声も出ねぇか?(笑)


HUNTER×HUNTER
Q.一番好きなシリーズは?
A.蟻編


テニスの王子様
殺人テニスのカタルシスを存分に描いた神漫画


ToLOVEる
過激なエロスだけでなくほっこりさせられる作風も見逃せられない


DEATH NOTE
ライトくんの顔芸が面白すぎるギャグ漫画


アイアンナイト
菊田さんのカッコイイキチガイ戦闘狂キャラは最高


GOD FINGER 迅
スタイリッシュ痴漢アクションバトル


以下略
平野耕太と平野綾が結婚できるかよりも2巻の発売はまーだ時間かかりそうですかねー


ドカコック
謎演出決めて「自分はただのドカですよ」とクールに去っていく漫画


SWORD BREAKER
梅さんのロックファンタジー。
とにかくロックでガッデム。
でも最終回は評価されるべき。



真剣は切れ味がある分あつかいやすいし素人から玄人まで幅広く使われている武士の基本武器。対して研無刀は見た目なんかは真剣とほとんど変わらねぇがあえて斬れない様に鋭く研がない分硬度と重量をかなり増加させて斬るより破壊を目的とした玄人好みのあつかいにくすぎる刀。使いこなせねぇとナマクラ刀より弱いただの鉄クズみてぇなもんだってのに何であのガキは?


タカヤ
ぼくは恋染紅葉は好きです(半ギレ)


大泥棒ポルタ
スマートに買おうぜ。


少年守護神
導殺眼のショボさは異常


Sporting Salt
奇書。
 作成日時分類記事タイトル
12017/06/22DESPERATE SC..ゼロから始める魔法の書 感想#11..
22017/06/22DESPERATE SC..Re:CREATORS 感想#11
32017/06/22DESPERATE SC..エロマンガ先生 感想#11..
42017/06/21空目晴彦冷血作品集√O..レビュー「ねんどろいど ポプテピピック」..
52017/06/21DESPERATE SC..グランブルーファンタジー 感想#12..
62017/06/21DESPERATE SC..神撃のバハムート VIRGIN SOUL 感想#11..
72017/06/19WEEKLY JUMP2017年ジャンプ29号感想(『クロスアカウント』新..
82017/06/18MOHAWK RAPE ..2017年夏アニメチェキ(良いタイトルが思いつかなか..
92017/06/17DESPERATE SC..冴えない彼女の育てかた♭ 感想#10..
102017/06/16DESPERATE SC..サクラクエスト 感想#11..
=>古記事11. 2017/06/16 武装少女マキャヴェリズム 感想#11
 反応日時来客名来客者の最近のメッセージ
12017/06/20トロント>消火器の鈍器としての殺傷力非常にどうでもいいですがナ..
22017/06/20はんぶらび>いやーきついっす…(素)私は読んだ後、しばらく感情を..
32017/06/20 非論客コメント
42017/06/17バリどうもです。付き合いが長く自分に優しくしてくれる人より、喝を..
52017/06/10バリどもです。いやー…えりりが「あれ以上の絵なんて描けない!」と..
その他最近のコメント
1.
2017/06/22 同日3番目 DESPERATE SCRIBBLE > ゼロから始める魔法の書 感想#11」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]
コメントする


◆第11話「魔女と魔術師」◆

★★★☆☆

ううううううううん………。

13番さんとゼロちゃんの回想は良かったです。というかもっと見てみたかった。
文字がヘタクソだったりパン喰いながら本読んだり肩車にされたりと微笑ましかったし、
13番さんがどんだけゼロちゃんのことを想っているのか説得力あったんですよね。
おっさんに奪われてしまえばおこになっていたのもそりゃ無理はないと納得できました。
ゼロちゃん大好きおじさんという面白キャラというよりもまるで親のように見えたなあ。
憎めないキャラとしてますます気に入ったんだよな。

けど13番さんが敗北を認めるのは良いとして寝返って仲間になるのはどうなんだろう…。
いやいやゼロちゃん好きなのは分かるけどさ、いくらなんでもあっさりすぎませんかね?
あの方の正体バラせばアルバスくんは絶望したしオオカミさんは当然ブチギレていたけど、
すまなかったで済む問題じゃないよねこれ…。ソーレナ関係以外でも殺人やらかしてんだぜ。
一応契約解除して自分を殺す権利与えていた代わりに過ち正す機会くれと懇願していたし、
人間味が見られた13番さんをそんなに責めるつもりはないんですけど…なんだろうなこれ。
13番さん自体は寧ろ好きなキャラなんですけど、急に良い人になったのがすごくモヤる。
本当にこの展開で良かったのだろうか、茶番臭と尻すぼみ感がすごい。

しかしこうなるとゼロの魔術師団がラスボスとなるんだろうか。
今も尚哀れなピエロな連中なので正直あんまり乗り切れないんですけど、13番さん死にそうだなあ。

魔法詠唱が微妙に異なるのはわざとミス入れていたからゼロちゃん無事だったとか、
その辺のギミックは面白いんだけどなあ。ていうか13番さん間に受けて間違った詠唱暗記してたのか…。
別に作中でネタにされていないとはいえすげえお茶目に見えてきたぞこの人wwww



←To Be Continued...........................(UP:2017/06/22 21:52)

コメントする

2.
2017/06/22 同日2番目 DESPERATE SCRIBBLE > Re:CREATORS 感想#11」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]
コメントする


◆第11話「軒下のモンスター」◆

★★★☆☆

颯太くんがセツナさん殺したのは僕ですと言われても直接殺人は絶対有り得んだろうし、
ならばトレパク騒動の件で何か水を差したんだろうかと予想しつつ見ていたんですが、
特に何もしなかったって、ああうん…。多分見殺しにしたという意味なんでしょう。
自分はなにもできなかったという罪悪感を抱くのも分からなくはないんです。
でも長々と話されても特に何かヤバイものを得るもんじゃなかったから水増し感がなあ。
この回想は次回へ続くかもしれませんが、また颯太くんの好感度下がりつつある…。

セツナさんとのデートははじめての二人だけのオフ会といった感じで微笑ましかったですけどね。
セツナさんメガネ有無関係なしに可愛いな…。それがトレパク・自殺と闇深とは疑わしいぜ。
やがてセツナさんが有名になれば距離を置いて連絡しなかったのは、あーあるあるっすね…。
自然消滅な形としていずれそうなっちゃう経験はぼくにも幾度もあってだのう。
必ずも嫉妬してしまうってわけじゃないけど、それに近い感情が芽生えちゃうっていう。
なんだろうね、知り合いが遠い世界へ向かってしまったような喪失感あるよねそういうの。

颯太くんがPixivに自分の似顔絵をうpっていたのはちょっとゾっとしちゃうなw
割と似ているけど仮に自分が特定されたらまずいですよ!と思わずにはいられないぜ。
別に颯太くんそこまで悪いことはしてないのでそんなことまずないだろうけどさ。

セレジアさんと松原先生の会話は親子みたいだったなあ。
この先の展開を考えるために作者がキャラと相談するようにイメージするのはよくあるけど、
直接対面して原作の今後のつくりについてあれこれしようと想いにふけていたのは珍しいですね。
レクリはこういった地味なリアリティの持たせ方が好きなんだよなあ。

鹿屋くんはこれまで目立っていなかったけど今週大分好感度上げてきたなあ。
過去に囚われてウジウジしている颯太くんに「君にしかできないことを作りなよ」と励ましてたのかっこいい。
颯太くんも突っ込んでいたけど今までグータラしてた子にしてはかっこいいこと言えるんだな…w
同年代っぽいので颯太くんとはタメ口で話せたのが初めて友達できたみたいでしたねー。
実際あんまり友達いないみたいだしなこの子…。こうして自然に話せる相手が生まれただけでも救われてる。
最終的にオサラバするだろうけど颯太くんを成長させるきっかけ作りになれればいいな。



←To Be Continued...........................(UP:2017/06/22 15:02)

コメントする

3.
2017/06/22 DESPERATE SCRIBBLE > エロマンガ先生 感想#11」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]
コメントする2個


◆第11話「二人の出会いと未来の兄妹(ふたり)」◆

★★★★★

わー…ええ話やないか。初期の頃にバクマンめいた決意を兄妹がやっていたけれど、
5年前まだ顔を合わせていなかった頃からラノベ作家のプロデビューを決意して、、
次に連絡するときはそのときだと、既にサクセスストーリーは始まっていたのだなあ。
この数年後に二人が出会えたわけですが、なんだかジャンプ漫画っぽい熱い決意でした。
二人とも拳を前に突き出して決意してたのは幼くもかっこよく見えちゃったよ。
感情移入余裕だったよ。

正宗くんが昔Web小説を書いていたというのは予め提示されていた設定ではあるが、
いざその過去が描かれるとやっぱり大分印象違うなあ。そして想像とも違っていた。
そうか、スマホでベチベチ打っていたのか…。ケータイ小説みたいなもんすかね。
文章はヘタクソだけど指にタコができるぐらい更新速度早いとは相当夢中になってたのかな。
ぼくも小4の頃脳内でマッハでFF8に影響受けまくりファンタジー考えまくっていたので、
(4まで脳内で考えてて、何故か2の続編が暴走族三人が主人公という謎設定だったな…)
もしその頃にケータイ小説とかあったら文章化かつ黒歴史化してたかもなあw

とまあ私情はともかく正宗くんの今に至るまでのルーツが知れたのは感慨深くなれました。
あと紙に色々殴り書きしてたり分厚い辞書が見られたのも微笑ましかったですね…。
なんつーかこの子頑張っているんだなあと素直に自然とそう思わせてくれるといいますか。
しかし正宗くんの行動力マジパネェな。好きなことにのめり込めるのはとてもいいことだけどね。

紗霧ちゃん(今週何故か幼く見えたな…)が大学生と偽っていたのはふくしの大学を思い出すからやめろ。
お母さんも絵師で若干紗霧ちゃんと絵柄が似ていたのは真似ていたんでしょうかね。
ちょっとした外伝としてお母さんのデビュー時代の過去も描かれていたりすると、
親から子へ遺志を受け継いだように感慨深くなれそうなんですがどうでしょうか。
しかし7歳の頃から全裸を描くほどの変態の素質があったとはなんだこの背徳感は…w
そりゃお母さんも親として気を乱しますよ。更生させなかったのは…どうなんだろうw

俺妹ファミリーが友情出演したのは前回よりも更に同窓会っぽくなったな!
あいつらが登場する前にスタッフロールで登場バレしちまったのはちと悪手でしたが、
「あーきはーばらー」というデジャヴ丸出しコールの時点でもしかしてと予感していたし、
いざ登場すれば「こいつら変わらず元気にやってんだなあ」と謎の感動を得られたなあ。
一応出しゃばらないようにモブ同然と言わんばかりに素通りしていたし、
正宗くんと紗霧ちゃんの作品手に取って語っていたのは自然な流れなんじゃないでしょうか。
妹モノ大好ききりりん氏ならこの小説面白そうと期待してもおかしくない説得力あるしな!
にしても時系列どうなっているんだろう。俺妹は最後どうなったかまだ知っていないんですが、
こうして秋葉原でみんなで散策している辺り、バンバン横軸回やれそうな時期なんでしょうか。

あと正宗くんのお父さんを演じているのが京介兄貴と同じく中村悠一なので、
「お前の父ちゃんそこにいるやんけ!」と危うくメタいツッコミ不可避でしたね…w
当の本人も「ん?」と後ろを振り向いていたので何かの意志を感じ取ったのかと思ったぜ。

もう本当にこれで最終回で良いのに、エロマンガフェスティバルって余韻ぶち壊すサブタイだな…w
最終回特有の喪失感よりもバカ回で茶を濁していくのだろうが一体何をやるんだろう。
(まだ円盤出ていないけど)売上考慮するならば2期やれそうなんだけどなー。



←To Be Continued...........................(UP:2017/06/22 08:44)

コメントする2個

4.
2017/06/21 同日3番目 空目晴彦冷血作品集√O > レビュー「ねんどろいど ポプテピピック」」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]
コメントする4個




ポプテピピックのクソねんどろいど買いました。二体セット+特典:釘バット付きのをゲッツ。
今ではそのセットは定価以上に価格高騰しています。金をドブに落としたい方は買ってどうぞ。
あと今更になってグッスマオンラインショップでの予約特典として別の吹き出しプレートが付くのを知りました。
私はあみあみで購入したので入手し損ねました。やっべ致命的医療ミス!





んじゃ今日からまたクソレビューはじめっから。
お?何見てんだコラ。見せもんじゃねーぞ散れ散れ!!



ポプ子の耳がチンパンジー並みにデカいのでパーツが上手く噛み合いません。
こうして写真撮る分には問題ありませんが数ミリ程度間が空くのがむかつく。
というか壊れそう。なので無理に押し込まないことを強くお奨めします。
それぐらいクソなねんどろいどです。











こうして色々と撮ってみましたが、予想以上に汎用性高くてクソむかつく。
汎用性高いせいで人気出て品切れになりそうなのも含めてクソむかつく。
さては転売厨だなオメー。

遊んでてとても楽しいねんどろいどです。オススメ。
でも部屋に飾っておくと風紀が乱れるので屋根裏へ隔離させたくなるほどクソです。



←To Be Continued...........................(UP:2017/06/21 20:15)

コメントする4個

5.
2017/06/21 同日2番目 DESPERATE SCRIBBLE > グランブルーファンタジー 感想#12」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]
コメントする1個


◆第12話「大海の決戦」◆

★★★★☆

わ、今週のお祭り展開面白いな!見ていてワクテカしちまったよ。
リヴァイアさん救済のための大規模レイドイベントに数々の新規ネームドキャラ参戦ですが、
原作未プレイの方にとってはやはり愛着はまだ持てていないので大分印象異なるでしょうし、
ポッと出のキャラが活躍しても何の感慨も湧いてこなという人がいても無理はありません。
かくいう私もまだ未プレイなんですけど、今回はあんまりそんなこと気にせずに見れたなあ。
なんやろ、強いユニットがバンバン活躍しているとお祭り気分で自然と盛り上がれたといいますか。
エロ同人とかでよく見かけたあのキャラまで参戦しているので「あっこれかぁ!」ってなれたし、
流れるような勢いでドンバチやってて疾走感も味わえててシンプルに面白かったです。
要は魅せ方なんやろなあ。

で、そのエロ同人のほうでもよく活躍されているナルメアさんって意外と大人しかった。
ジャンプ裏表紙のグラブル広告のスクリーンショットにいつも映っている人なんですが、
おっとりお姉さんキャラな印象があって実際あまり自信過剰ではないのは意外であったり。
でも酒にはめっさ弱いんだな…。例によってこの人すごく淫乱っぽいなw

作画はティアマト戦を彷彿とさせるグランくんの単騎特攻を筆頭によく動いていたなあ。
このオールスター展開を盛り上げるピリオドとして良い全力の作画の使い方でした。
リヴァイアさんの力が半分奪われていたのは不完全体でありながらも召喚可能なんでしょうか。
んでストーリー進むと完全体になりますというケース。

というわけでおれたたENDで一旦幕を閉じながらももうちっとだけ続くんじゃ。
Extra1って完全に2クール目やる気満々ですよね…。オイゲンさん仲間にしたぐらいだしなあ。
サブタイ的にSide-Bな外伝っぽいんですが、噂のジータちゃんが遂に参戦なんだろうか?



←To Be Continued...........................(UP:2017/06/21 15:09)

コメントする1個

6.
2017/06/21 DESPERATE SCRIBBLE > 神撃のバハムート VIRGIN SOUL 感想#11」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]
コメントする


◆第11話「Declaration of War」◆

★★★★☆

脱獄執行は良いとしていくらなんでも警備ザルやんけ…と気になりながら見ていたんですが、
アバンでの看守のおばさんに志村ーと声をかけたくなるようなザルっぷりはコントみたいでしたw
そこはバハ様らしい笑いのネタとして許容できたかなあ。一応警備の警戒も強めていたみたいだし。
女子二名の脱獄然りリタちゃんの潜入然り今週はトントン拍子で事が進んでいくので、
このまま順調にミッションコンプはないだろうなあと思っていたら案の定失敗ですかー。
一応リタちゃんとロッキーくんが最後まで有能だったのでなにも0からの振出に戻ったわけではないですが。

てっきり2クール目以降で正体発覚かと思いきやここでイケメンメガネさん=シャリオスさまと正体バレですか。
しかしこんな危なっかしい橋でドラゴラムしちゃったらメガトンコインどころじゃ済まれないのでは…
と思ったけれども以前ラブコメってた相手が自分を投獄させた奴と知ったならば流石に無理でしょうなあ。
でもこの二人の関係は実に良いなあ。同一人物発覚前にニーナちゃんが顔赤らめていて、
それを窺うようにシャリオスさまが笑み浮かべながら煽てていたのはなんだかくっ殺系ラブコメぽかったですw
実際ニーナちゃんはそれほどショック受けていなかったみたいだし、ここら辺のバランスは良かったなあ。
衝撃の事実とラブコメが両立しているみたいでさ。

完全に男の子だと発覚したムガロくんはこりゃもう洗脳されちゃっててかなり気の毒だなあ…。
1期の頃から胡散臭さ極まりなかった天使側は今回宣戦布告してて汚いなさすが天使きたない。
対するシャリオスさま率いる人間側もなんだかやべー兵器を作っているし(しかも納期早めようとしてる)、
コロシアムで優秀な悪魔を選抜して悪魔軍を結成しようとしているみたいだし、
天使側も人間側もやってることえげつなくてなかなかに混沌とした情勢になっていますね…。
とりあえずムガロくんとジャンヌさんの親子の再会を果たせても早速感動的なソレはやれないだろうな。

脱獄やリタちゃん潜入のくだりはバハ様らしい、映画を見ているようなシーンになってて面白かったです。
ロッキーくんが地道に魔法陣を描いて爆発を引き起こしたりエレベーター内から脱出してワイヤーから降りたりと、
1期の頃からこういったアクションはなかなか気に入っているんだよなあ。リタちゃん有能すぎる。
モブ数名相手にカポエイラアクション(鉄球装備)決めてたニーナちゃんの華麗なる動きも好き。

しかしジャンヌさんって農家やってた割には蜘蛛にはビビるってそこもまたポンコツというか乙女ティックですね…w
部屋に蜘蛛がカサコソやってきたときにはムガロくんに退治してもらったのかなあ。



←To Be Continued............................(UP:2017/06/21 08:28)

コメントする

7.
2017/06/19 WEEKLY JUMP > 2017年ジャンプ29号感想(『クロスアカウント』新連載&『ポロの留学記』連載終了号)」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]
コメントする2個


1. 2017年ジャンプ29号感想(UP:2017/06/19 23:26)
    1. ジャンプレジェンズ(P8-9)
    2. クロスアカウント
    3. ブラクロ
    4. ワンピース
    5. 銀魂
    6. ハイキュー
    7. アカデミア
    8. シューダン
    9. ネバラン
    10. 幽奈さん
    11. 鬼滅
    12. STONE
    13. 斉木楠雄
    14. 火ノ丸
    15. ソーマ
    16. 勉強
    17. 青春兵器
    18. ロボレザ
    19. マリー
    20. ポロ
    21. 磯兵衛
【ニコニコ動画】XXハンター ゆうき ときあめ編 Part1/3
【ニコニコ動画】XXハンター ゆうき ときあめ編 Part2/3
【ニコニコ動画】XXハンター ゆうき ときあめ編 Part3/3

最近よく見ている動画。
XXハンターネタ見事にハマってしまったヤバイヤバイ。ときあめ姉貴兄貴の聖人さと小悪魔っぷりほんとすき。
1/3の03:30からのバトルドームばりの退場→さぼる→鮫の一撃の流れは何十回もリピートしたぐらい草が生えまくった。
全部は見ていないというかかなり量が多いのでじっくりまったり見ます。XXはいつ買おうかね。
1. 2017年ジャンプ29号感想(UP:2017/06/19 23:26)


アンケ三銃士:鬼滅、青春兵器、ブラクロ
Togetter版:こちら
    1. ジャンプレジェンズ(P8-9)


ほう…復刻ジャンプですか。察しの通りぼくはまんだらけで昔のジャンプを数百円でゲッツして
不定期で昔ジャンプ感想やっているんですけど、公式で復刻販売とは嬉しい機会ですねー。
ジョジョ新連載号とか3kもするから実質約400円で入手できるのは大正義集英社だぜ。

正直60~80年代のジャンプ漫画はタイトルだけ聞いたことある未読の漫画ばかりなんですけど、
ファーストインプレッションといった形で昔ジャンプ感想書いてみたいなあと楽しみにしております。
当時の広告ページとかも再現されていると尚嬉しいね。
    2. クロスアカウント


いやーきついっす…(素)

予想以上にすっげえキツかったゾ…。成程東京湾の作者じゃねーのと納得させられた1話だった。
あれ原作と作画に分かれてると勘違いされてるけど、少なくとも伊達先生のエッセンスは含まれてると思うの。
で、それがこの新連載にも反映されているなあと強く思わされました。

もう最初の数ページの時点でキツかったです。無害くんというあだ名ってそれどう見ても蔑称じゃねえの…。
作中ではもう問題なさそうに通してたけれど読者からすればそれはいやがらせなんじゃないの?
というモヤモヤ感がすごくて、読んでてこの学校ヤだなあと思わせるものがあった。

無害だから覗き見されても無問題ってのが相当無理があって生理的に受け付けられません。
仮にぼくがあの女子の中にいたら無害くんがどんなに聖人だろうと流石に抵抗感あるんですけど…。
モテる要素がないのに何故かモテるハーレム漫画みたいな童貞ちんぽこ臭がしてくる。

有害くんという別垢設定提示のくだりも主人公の好感度を削ぎ落としてくるな…。
リア充嫉妬なクソツイートしたい気持ちは分かりますけど、主人公としてどうやって好印象持てというの?
それで3kもフォロワー超えるほどの人気者とか読んでて恥ずかしくなってきた。

そもそも幼馴染にラキスケかまされる時点でそんなに非リアな気がしないのでは?
友達出来ていないという割には既に知り合いいるわけですし。これまた読んでてもにょるな…。

モブどもが盗撮する展開からはクソ 漫画らしくて本格的にキツかったっすね…。
主人公活躍させるためにこいつら敵役にさせる、作られた展開にしか見えなかったです。
一応こいつら因果応報と言わんばかりにざまあな目に遭っていたのはいいんだけどさー、スカっとしねーよ。

盗撮画像をSNSで世界中に拡散って、なんで拡散する必要なんかあるんですか(正論)
高校生にもなってそんな犯罪行為をやらかすバカッター事案は現実にも有り触れているけど、
漫画の形にすると無理してやってるようにしか見えない。つーかうpるメリットねーだろ。

盗撮画像とかエロゲの割れ厨ってうp主が神と崇められる快感がたまらないんだろう。
でも通報・逮捕されるリスクのほうがデカすぎてとてもそんな危険な行為は理解できないんですよね…。
だから今回犯行やらかしたやつらの心理が理解できなくて有り得ねーと思うしかなかった。

大体この主人公覚醒ヒロイズム展開がちっともノレないんですよ。
幼馴染はタスケナクチャと使命感授かりたくなる好感度はゼロいし(主人公揶揄う系だから尚更タチ悪い)、
主人公の台詞も「え、お前そんなこと言えるキャラなん?」という疑問が生まれて創作感が強すぎる。

あと「超リア充の幼馴染を非リアの俺が助けていいものか!?」がイミフなんですがそれは…。
リア充云々抜きに関係ないよねそれ。「※但しイケメンに限る」並みに納得いかないんすけど。
一旦見過ごそうとしていたのも印象悪化してしまった。一応犯罪行為なんですよ?

消火器で頭ボコるのも流石にドンヒキ案件だろう…。軽い怪我じゃ済まねえよ、GTAじゃねえんだぞ。
なんなんすかね、この全然スッキリしない主人公の活躍は。なろう小説っぽい。
あるいはスカっとジャパンのコミカライズという表現がしっくり来るんじゃなかろうか。

正直東京湾1話よりもヤベエんじゃねえのこれ…。東京湾の1話は不安しかなかったがそんなクソじゃなかったよ。
良くて黒髪ちゃん可愛いぐらいしか良い所ないけど、中の人がくそみそ男さんなんですよね…。
今の所主人公を支えてくれるマトモ枠っぽいけど不安しかない。

(※追記:鈍器と化した消火器くんについて)

1話で使用された消火器はこのページ見てみると型番がAX6Aのものと考えられるか?
薬剤2.0kg、総質量4.0kg、全部噴射して空になっても消火器自体は2.0kgの鈍器であることが考えられる。
2㎏でもかなりエグいな…。

ぼく、なんでラブコメの感想に消火器の鈍器としての殺傷力について考えているのか自分でも不思議でしょうがないよ。
    3. ブラクロ


わ、くそおもれー!
アスタチームもおっさん三銃士も全力で闘ってくれていると読んでてメチャ気持ちいいですね…!
如何にもな強者同士の対決だ。クソの役にも立たない魅力ゼロなギザギザさんの存在を除けば今週はパーフェクトだ。

おっさんたち、決してアスタくんたちを侮っていないんだよな。
ギザギザさん寝てんのは作戦ではないかと疑いつつ別にそうではないと読者へのアンサーも下してくれたし、
ミモザさんの謎ソーラービームに対して即座に岩壁張ったのもプロっぽい対応の良さで素直に好印象なんすよ。

で、今週シビれたのはおっさん三銃士超必発動準備→麻痺トラップ→超必発動のコンビネーションですよ!
こういう巧く策にハマったと実感させられる流れ好きです。おっさん三銃士応援したくなる。
アスタくんには悪いけどもうこれで勝たせても良いぐらいぼくの中で評価高すぎんよ。

でもこの窮地を救うのはギザギザさんなんだろうなあ…。正直それは全然嬉しくないんですよねー…。
「何故突然やる気出した」とアスタくんも疑問をぶつけてくれるならばモヤモヤ軽減されそうですけど、
魅力ゼロに等しいキャラの活躍はかなりの賭けになりそうで不安なんすよね…。

かといってこれで負けたとしたらあまりブラクロらしくないギスギスした展開になりそうだし、
ギザギザさんの心境もこれもうわかんねえなって話になるし、非常に困ったジレンマっすねー…。
なんでギザギザさんなんか出したんだろうという感想が生まれちまうのが本当に残念だ。

おっさん三銃士は仮に今回負けたとしても何か特別賞みたいなものを与えてやってほしいっす。
チーム結成してからまだ間もないのにこの協調性と連帯感の良さは評価されるべきですよ。
田畠先生ならそんなちょっとしたプラスアルファな気遣いしてくれると信じたいゾ。

ミモザさんがマッパーなのはすっかり忘れていたんですが、屋外でも展開可能なんですね…。
ダンジョン編も超便利魔法だった記憶あったが今回もMAP上には情報量満載でかなりチートなのでは…。
ていうかこれもうみんなデフォ習得にしたほうがよくね?ってぐらい便利だよね。
    4. ワンピース


ジェルマ66の唐突でちょっと場違いっぽい本格的な変身シーンが本格的すぎて草。
親父は変わらずだがこのノリノリな変身シーンのせいで一気に憎めなくなってしまった…w
シチュ燃えとかポーズとかかなり拘っていそう。あと赤青桃緑と一色欠けてるとすごくゴレンジャイっぽい。

こんなこと言うのもアレですけど、レイジュ姉貴の変身シーンは最初おしっこ漏らしてるように見えてしまった…。
もっと言うならばマサルさん風にジョバババと派手に飛沫上げるような漏らし方だな。

ていうか親父は手招きしてくれたりカポネ一味に加わったり(態度は相変わらずっぽいけど)と、
この前野々村議員ばりの泣き面晒していたのがうそみたいに綺麗さっぱりになったな…。
複雑な気分ではあるがこの一時共闘はプラスアルファなので良い方向で期待したくなります。

今週のピンチと一転攻勢を繰り返していく作風良いっすねー。
幹部に拉致られたけどジェルマ66の皆さんによって窮地から救ってくれてホっとさせられた後に、
ビッグファーザーにバステ付加と相変わらず休む暇与えることなくハラハラさせてくれるの最高です。
全然気が抜けねえぜ。

砲撃不可能・手足封じってこれビッグファーザーを一度引っ込めることのも無理なんでしょうかね…。
確実に詰んだんじゃねと思わせるこの展開自体はすごく面白いんですけど、いやホントどうなるんだ…。
ビッグマムも裏切者絶対殺すマンとして復帰したしやべぇよ…やべぇよ…。

つーかビッグファーザーとカポネさんは一心同体で今解除できないならこれもう死ぬ可能性高いのでは…。
いやここでビッグファーザー諸共死んだら完全に詰みですけど、かなりハイリスハイリタな能力だな…。
まさしくここで初めてお披露目するほどの最後の切り札もとい悪足掻きだ。

カタクリさんは今回ようやっと効果的に役立ったなあって印象です。モチによる砲撃封じは説得力ある。
しかしこうなるとイマイチ効果発揮していない予知能力って結局なんだったんだろうな…という想いも強まるな。

更に不確定要素を増してきた玉手箱は見るからに真上に飛んでいったし、どこか遠い彼方へではないっぽい?
そのまま真下へ落下と同時に爆発オチだが、タイミング的に次回爆発しそうな気がするなー。
運よくビッグマムに命中するかは分からないが確実に流れが変わるので楽しみ。
    5. 銀魂


個人的に思い入れのある三凶星の皆さんが再登場してくれたのは地味に嬉しかったです。
ほんのチョイ役程度だし登場数ページ後には早速あっさり倒れちゃったっぽいのは残念ですが、
猩覚さんの再登場には素直に嬉しい。味方にすると頼もしく見えるイメージ。

高杉さんはまた子庇って死にそうですが、例によって不死身体質気味なので生きるんだろうなあ…。
別に死ねとは言わないけれども、うーんどうだろうなあって心境っすね…。
ここでマジで死亡ならばかっこいい最期を迎えられる機会でもあるんだが…。
    6. ハイキュー


表紙、なんかポケモンバトルでも始めそうな構図だなあ。HPゲージとかこの後出てくるんだよ。
帽子脱ぎ捨てる日向くんとかかっこよく名刺構える宮治さんとか今にでもポポポポポポとSE聴こえそうな躍動感ある。

「ブロック一番ヤなのだーれだ」な大ゴマの天童さんの迫真ポーズに草。おかしい、この人だけオカシイ!
今にでも「そう俺だよ俺!」とメタく語りかけそうな勢いで自己主張激しそうに見えたよ!
このブロッカー軍団の中で文句なしに一番目立っているので余計にそう見えたゾ。

ぼくとしてはやはり天童さんが一番ヤだなあという先入観があったんですが、
青城の松川さんと言われると納得しつつ読み返したくなってきましたね…。
過去の試合をヒントとして得る手法は良いなあ。松川さんの再評価だけでなく、ちょっとした素材として活かすみたいでさ。

月島くんが日向くんの想っていそうなことを言葉にしていたのはほっこりさせられました。
以前としてこの子らしいんだけどそれでもこの二人の距離感が順調に縮まってきている、
日向くんを理解してくれているとかえって嬉しくなれるんだよなー。今の距離感すげー好き。
    7. アカデミア


敵の結晶もを喰らって自分のものにしていたのを見ていてエリート塩を真っ先に連想させられました。
鉱物も対象範囲なのか…ていうか食えるのかよと驚くよりもカニバリズムっぽくて生理的にアレだよ!
命懸けの行動とはいえこの後滅茶苦茶ゲロ吐きまくっても無理はないと思う…。

でも今回のバトル自体は面白かったです。三人で勝てるわけないだろ!と確実に思わせるぐらい苦戦させつつ、
まさかの鉱物パクリも可能ならば勢いのおかげだろうか、勝利できたのもすんなり許容できたなあと。
鉱物装備ワンキックとかどんだけ威力高いんだよとは気になったけれども。

鉱物パクリは後付と言われればそこまでだけど喰らう能力であるなら特に興覚めることはなかったなあ。
あとは気持ちの問題だしね。こうなるとオールマイト先生の髪の毛とかリューキュウさんの爪とかはどうなるんだろう…。
怖いもの見たさはあるがちょっと試したくなるのう。

あと天喰先輩の個性スペック(サイズ可変、複数再現、特徴自由選択)が判明されたおかげでバトルが見入ったな。
マジモンのキメラ人間になれるのか気になっていたけど結構自由度高いんだなこの個性。
ゲームでプレイアブルキャラ化したらお好みカスタマイズできそうで面白そう。

ヤクザ三銃士も単なるやられやくではない強さはあったし、バックボーンを掘り下げて悔いの残らない決着でした。
自分たちはゴミみたいな存在だけどオバホさんに拾ってくれて救われたけれども、
オバホさんからすれば特に仲間想いではないという煮え切らなさ良いですね…。

でも部下同士は連携取れるほどの絆が結ばれているし、こうしてみんなと巡り合えたのは良いものと考えたいな。
こいつらの普段の日常がどうなっているのかはイマイチ想像し難いですけどw
マッドくせえキャラの田部さんは一応命令受ければ即座に行動してくれるのは意外でした。
    8. シューダン


やっぱりヤマトくんメッチャ良いキャラしてるな…!
最近何かと風評被害気味で飯田くんのレプリカが生まれててウンザリしているんですが(主に打ち切り漫画)、
ヤマトくんは良い意味で飯田くん枠にガッチリハマっているんじゃなかろうか。既にアイドルの風格がある。

ナナセちゃんに靴洗ってやろうかと気を遣われればちょっと小学生離れした対応・助言を取ってくれたり、
お母さんがコーチにクレームつければかなり世話焼かされていたりと、ヤマトくんマジリーダーの風格あるな…。
なんだろう、横田先生らしい安心感があるぞこの子…。

女子小学生が自分の部屋に入ってベッドに座るとか、リア充カーストの中でも最上位クラスなイベントだな…。
だってベッドに同年代の女の子のケツのぬくもりが残っているわけでなんかすげえおっさんくせえ発想だけど、
素直に羨めると思いませんか?そして潔く爆発しろ。

「送り迎えなんてやってもらって当然だと思ってた…!!」は面白い着目点だなあ。
ぼくも小学校の頃公文式やザ・スイミングスクールに通っていたときは送り迎えしてもらうこともあれば
チャリで行く機会もあったので、まあ小学生らしいっちゃらしいのかもしれませんw

ナナセちゃんに感化されて夜ちょっとだけボール蹴りに行くの微笑ましいっすね…。
恋心寄せているわけでもなくサッカーの熱意高まったわけではなく延々と世間話していたけど、
この子となら仲間としてやっていけそうだとぼくとしても思えたわけでなんか自然に納得できる行動だ。

でも下心の有無関係ナシにやる気出ちゃいそうだよな。可愛い女の子と仲間になって距離感少し縮めて、
明日から一緒に特訓や試合できる時点でとても微笑ましく羨めるし、やる気出せて当然なんすよ。
ただあくまで仲間扱いなのが非常に小学生らしいバランス取れていると思うんだ。
    9. ネバラン


四本足の鬼さんも喋れるのか…。てっきりペット感覚で連れているのかと思った。
鬼の生態系はどうなっているのか気になったなあ。この四本足も将来的に二本足で行動できるようにするのか、
KATANAの人はどうやって剣術を体得したのか、バックボーンを知りたくなったのう。

レイくんとは本当にここでエマちゃんとPToutとは大胆な展開だなあ。
一応当の本人は再合流するつもりだけど、外の世界に出て数週後にPToutとかRPGでもなかなか見かけないぜ。
ドラクエだったらレイくんの持ち物袋にドーピング種入れっぱなしだったか気にかけてる。

このレイくんと鬼さんたちの鬼ごっこは確実に詰みだよなあ…。とても逃れられる気が全然しねえ。
どこか木陰に隠れてもKATANA装備鬼さんが斬鉄剣ばりに脅しかけるようにバッサリ斬るんじゃなかろうか。
これで突破口を作る場合ならば納得できるアンサー下せるか不安っすね…。

エマちゃんの体調が悪化していたのは良かった(?)です。流石に超人にさせない作りには安堵を覚える。
それをフォローするように謎の少女の登場もまだ信用していいか分からない不気味さを煽っているのも良し。
仲間になりそうだけど疑心暗鬼になっても無理はないんじゃないかな。
    10. 幽奈さん


「敵のチョコを盗めばええねん!」「最低だよ!!」最近のミウラ先生はギャグも冴えている気がするw
ツッコミ自体は妥当なものだけどキャッツアイみたいな格好でチョコ盗むイメージ絵添えるとシュールだw
というかその発想は…する機会がないな、うん。

人物を象ったチョコってニセコイでもマリーが等身大楽くんチョコなんて作っていましたけど、
こちらはチョコの質感が何気にリアルなので、その、石化フェチのような変態性を煽らせましてですね…!
ていうかこれ喰う側からすればめっさ背徳感あるどころかこえーよ!

そういや去年だったか、冴えカノの加藤さんが1/10のフィギュア並みのサイズでチョコ化されていたなあ。
あれは値段が張るのも加えて流石に手を付け難かったんですよね…。だって可愛い女の子なんて食えねえよ!
ていうか進撃の巨人ごっこかよ。自分を駆逐したくなる。

こゆずちゃんのチョコがしれっと乳首付きだったのはこの子マジブレねえなと感心させられました。
ていうかチョコの場合だったら乳首はアリなんですね…。エロボットのおっぱいミサイルも乳首おkだったし、
ジャンプ本誌の乳首の境界ラインこれもうわかんねえな。お前どう?
    11. 鬼滅


作中では煉獄さんの訃報が皆に伝えられたとはいえ、蛇柱さんに同じくとても死が信じられなかった。
遺体は無事モブ鬼殺隊に運ばれたみたいだけど確実に息を引き取った最期は見られなかったし、
実はまだ生きているんじゃないかってつくづく思わせるぐらい実感が湧いてこなかった。

現実でも人の死と直面する際ってあまり実感し難いんですよね…。そりゃ最初は何かの悪い冗談と思いたい。
今回の煉獄さんにせよ数週前からこの人死ぬのではと言われててタチ悪い冗談はよせっつーの、
正直そう思うしかなかったんですけど遂に現実となってしまったのはキツいな…。

それでもこれから通夜・葬儀・告別式が行われて「ああ煉獄さんは本当に死んだんだ…」、
そう強く現実を目の辺りにするかもしれないなあ。吾峠先生ならそれらを丁寧に描いてくれるだろうと期待している。
今は何をしているのか、弟くんとの対面も見られそうかな。

煉獄さんの死は本当に残念だけれど、あの世からお母さんは満面の笑みを向けてくれて大変救われたし、
炭治郎くんとねず子ちゃんを信じてこれからの手がかりとなる遺言を遺してくれてくれたし、
初登場から数ヶ月のみとはいえ悔いの残らない最期を迎えられたのではないでしょうか。

「悔しいなぁ。何か一つできるようになってもまたすぐ目の前に分厚い壁があるんだ」
最近炭治郎くんはゴンみたいだとコメントしてるけど、ここもゴンっぽい台詞でしたね…。
蟻編の「弱いことがこんなに悔しいなんて思わなかった」に通じるものがある。

今回の展開がまさしくしっくり来ているんだよな。確かに魔列車事件では魘夢さんを倒せた、
確実に強くなったと実感湧いたのに猗窩座さん登場後は蚊帳の外でしかなかったのはそりゃ悔しい。
先週一矢報いることができたけど煉獄さんの死という喪失はデカくて比にならんしな…。

同じく涙を交わしつつも前向きに激励する伊之助くんの劇場版ジャイアンっぷりすげえな…。
「信じると言われたならそれに応えること以外考えんじゃねぇ!!」とかとてもこんな台詞出るとは思わなんだ。
なんだかんだ言いながら炭治郎くんに期待を寄せているようにも見えるんだよな…。

モヒカンくんと岩柱さんがつるんでいたのはメチャ意外でした。え、なに、モヒカンくんって岩系なの?
独自の属性でないのならば確かに岩でもおかしくはなさそうだが…。あるいは単に修行なのか?
だとしてもこの二人の会話がとても想像できねえ…。まずピリピリした空気になっていそう。

本心としては大変複雑な気分だとかさぞ悔しがっていそうだとかそういった想像の余地もあるとはいえ、
「そうか」とドライな反応で済ませる冨岡さんはこりゃ嫌われてもおかしくねーなと思いました。
もうちょっと感情をですね…!正直柱組の中でワーストで印象悪いと思うんだ。
    12. STONE


本当のタイトルコール担当が大樹くんって意外だな…。石化は回復効果とかお肌ツルツル効果とか、
当の本人が復活したのであればそれらの恩恵を受け取ることができますけど、
黒幕が善行としてカタストロフィ引き起こしたかどうかは…うーんあまり考え難いなあ。

回復はあくまで有限なんですよね、しかも石化が残っている部位のみですし。
あと怪我だけでなく病気までも治せるんだろうか?可能ならマジDr.STONE様様ではあるなあ。
というか妹ちゃんの病気も治せるのなら獅子王くんはもっと早く石化来いよと懇願していそうだな…。

とはいえ仮に不治の病を抱えた状態でそれを治すために全人類石化は流石にデカすぎる賭けよなあ。
これまた稲垣先生らしくないのでやらないだろうが黒幕の知人がまさしく不治の病であって、
そのために石化…というのはうん、まずないよね!大迷惑すぎるよね!スケールショボイ!

千空軍vs獅子王軍とまるで軍記物っぽいノリになっちゃうのか、なっちゃうのか~~~!
やっぱりぼくとしては大冒険サバイバル路線が好ましいのだけれど、フむ。
幻想水滸伝みたいになると面白そうだな!旅先で仲間増やして(RPGパート)、戦争スッゾコラーって流れ。

ここでPT分断とかスパイ大作戦とかスリーの人スカウトとかなかなかゲーム脳くすぐらせられます。
大戦争開幕に至るまでの道は程遠いだろうし単調な展開にはまずならないでしょうけど、
本当にここから第1章の始まりなのだなあと好奇心を高めさせてくれてワクワクさせられる。

ガッツポーズ大樹くんはやっぱりアラバスタ編のラストシーンを真っ先に思い出しちゃったけど、
大声出すとアカンので千空くんも旗を掲げていたのも含めて自然にグッと来るシーンでした。
二大主人公、本当に別れるんだなあ…。結構やる事多そうで最後まで描けられるだろうか。
    13. 斉木楠雄


斉木くんならできて当たり前だろうが、それでもタイムリープも可能とは流石に驚きを隠せなかった。
というかそれ、(元ネタのひとつを考慮してみると)ダークリユニオンが目を付けてもおかしくはないですね…。
ひょっとすると明智くんはSERNの工作員だった…?お前を見ているぞ。

斉木くんVS斉木くんという格ゲー以外では有り得ない夢(?)の対戦カードは面白いなあ。
これまで散々困難な災難に遭っていたけれど、自分と同じならば圧倒的に上回る難易度の高さだ。
まゆしぃを救おうとするオカリン並みにハードなのが伝わってくる。

しかし今週の回想でのいじめシーンは結構リアルだなあ…。やっちまった感がすごい。
その後斉木くんが教室派手に荒らしたりバールのようなもので記憶を飛ばしていたり(直接描いてないが)と、
完全に別漫画の空気だ。このミステリー展開はちょっと興味深いんですけどねー。
    14. 火ノ丸


「大和国見て憧れるのではなくぶん投げてみたい」いやー良いですねこの豪快なアンサー!火ノ丸くんらしい!
しかも素直に共感できる欲なのがすごい。火ノ丸くんの挑戦意欲と言ったほうがいいのかな。
今はとても歯が立たないだろうが、確かに巧く行ったときの充実感は半端なかろう。

バトル漫画だと対象がヘイト稼いでいるからぶっ倒したいとか真っ当な理由があれば納得できますが、
今回の「ぶん投げると気持ちよさそうだから」というのは正直諸刃の剣になりかねないんですよね。
それはやりたい奴の印象によって色々と変わってしまうわけでして。下心なら論外な。

例によって火ノ丸くんの積み重ねが出来ているのも要因ではあるな。
本当にこの子が相撲好きなのが伝わってくるならば、ならやってみせてくれと見届けたくなります。
多分これを最初に描いていると「なんだこいつ偉そうだな」ってなってしまうだろうな…。

あとこれまで密かに気になっていた火ノ丸くんと桐仁くんの馴れ初めも描かれていたのは嬉しかったです。
回し巻くのを手伝ってくれた描写とかなんか地味に好き、同学年だから積極的に仲良くなってくれるんだなという、
自然に良い奴として描かれているといいますか…。もっとこの小学生編みたいなー…。
    15. ソーマ


おお………。久我先輩には本気で勝ってほしいと存分に感情移入させられるつくりになってる!
司先輩本人からすれば本当にどうでもいいしょうもないことかもしれない。
けれどモブ学生A扱いされればプッツンするのもそりゃ納得だなあ、自然にノレた展開でした。

正直この漫画で肩入れしたくなるほど感情移入できたのは四宮先輩に啖呵切ったソーマくん以来だなあ。
なんでい、最近クソ展開ばかりだったけど真っ当に良いじゃないか。
これで本当に司先輩に勝てれば嬉しいんですけど、緑茶という変化球が題材だし勝てる見込みがあるかどうか…。

司先輩、「俺の皿に宿っておくれ―――……」と茶葉振りかけてるのシュールだな…。
世界名作童話のおばあさんよろしく「~おくれ」と語りかけているのも含めてなんかジワる。
最近なんか流行っている塩ふりかける変なネタとコラボさせたくなる。

竜胆先輩が子供みたいに無数の紙が舞うタイプのくじ引きたがっていたのは激しく同意ですw
ああいうのって何らかのイベントぐらいでしか見かけないからぼくもひっそり憧れ抱いちゃうんだよな。
不正させないようなつくりになっていそうだしえらく金かかっていそう。

生きてるワニをここで出してきたのはなかなか良いケレン味の出し方じゃないすかねー。
如何にもなボンクラものっぽい展開で好み。というかなに、食用として今まで飼っていたの?
あとシドニー辺りの雌らしい名前でも付けていそう。竜胆先輩あざとかわいい要素やぞ。
    16. 勉強


おいふざけんな、私にうるかちゃんぺろぺろさせろ。ちょっとそこのデフォルメキャッツども退け退け。
サイクロップス先輩に乱交するイカせ隊みたいに舐めてんじゃねーぞ。
アーイキソ…(夢精)

今週も集中砲火の如き勢いでうるかちゃん回で素直に満足できる話ではあったんです。
でも以前「もううるかちゃんだけでいいんじゃないかな」な感想を前言撤回するようでアレだけど、
うるかちゃん推しばかりで本当に大丈夫だろうかと気にかけてしまうのです…。

察しの通りぼくは大正義うるかちゃん派なんですけど、流石に何週も続けてプッシュされるとなあ…。
正直食指気味だなあとか、ちょっとこの子に頼りすぎなんじゃないかなあと気にかけてしまう。
このままだと下手したら飽きられてしまうんじゃないかと不安になれてしまう。

今週はエロシチュを軸にしてのうるかちゃん回なのでまだマンネリの領域には踏み込んではいないし、
まだ慌てる場合ではないんですけどね…。若干谷間チラ・スカート短めというせっくすアピールは余裕で悶えるし、
本人がクッソ恥ずかしいと気にしていたりと期待通りの回だったんだ。

ところで最後うるかちゃんかわいいなあとほっこりしてた文乃ちゃんは多分小動物みたいに可愛がっていそうだけど、
最早相思相愛と言わんばかりにこの女子二名で付き合ってもいいんじゃないのでしょうか。
レズはいいものだよ。多分最高のものだ。いいものは決して滅びない。
    17. 青春兵器


ゴローくん登場かつ大活躍と既に面白いなこれと分かり切っていた展開のくせにすげえ面白い…w
二頭身マスコットが防具装備という異次元めいた絵とか英二くんのいつも以上にキレッキレすぎるツッコミとか、
もう1ページ毎に面白くて仕方がなかったですw

「護衛対象が敵兵器のスペックを知り尽くしている!!」「作り直せそんな使い勝手の悪い兵器!!」
この辺の英二くんのツッコミすげえエキセントリックだよな…。
ごく真っ当なツッコミなのに面白おかしく昇華している。工夫が見られる。長谷川先生ホントがんばってる。

委員長がゴローくんに色々指示与えていたのはなんかポケモンみたいやなと思っていたら
次ページで「ポケモンとトレーナーみたいだ」ではっぱカッター生えまくりで きゅうしょに あたった!
長谷川先生にメチャクチャ親近感湧いてきて、今週一番爆笑してしまったwwwwww

すっげえ変な話ですけど「ポケモンとトレーナーみたいだ」はなんか嬉しいツッコミなんですよねw
読者の思うようなことを想定してツッコミにしてくれたのが、予想通りになったというよりもただただ嬉しい。
こういう嬉しくなるツッコミというのはコンゴトモ注目したくなるな。

でも委員長とゴローくんの絆は謎の感動あったな…。本当にゴローくんを大事にしているからこそ、
サトシとピカチュウのような納得させられる絆が出来ているといいますか。
あと技名もブリーチフォロワーめいてて普通にセンスあるよな…。根は決してふざけていないんだ。

畳み掛けるようなオチの付け方も面白かったですw ゴローくん救われて確かに良い結果になったけども!
でもゴローくん眠りに落ちる感動をぶち壊すかの如きホットカーペット採用はほんとひでーなw
つーかホットカーペットって屋外に敷けるやつもあるんですね。
    18. ロボレザ


えっ、掲載順やばないやばない?毎週安定して面白いのに大丈夫なのだろうか…。
一応今週特集ページあったからまだまだ猶予は与えられていると思いたいけどすごく心配だ…。
そして内容のほうもなんだか展開早めているように見えてしまった…。

先週ランニングでビリから2位までに上がったのはそんなに気にしていなかったんですけど、
今週遂に1位取ったのは…うんまあいいとしよう。でもいつの間にかスコア83って上達早すぎじゃね??
そこはもうちょっとじっくり着実に描いてほしかったんですが…!

レギュラー昇格の前に朱雀さんからの宣戦布告とトントン拍子にさせないようワンクッション入れてきたけど、
ぼくは先週のような地道な展開をもっと読みたいんだよなー。でも黒子も初期は展開メチャ早かったしなー。
なんだろ、ぼくはまったり部活路線のほうが好きなんだろうか。

とはいえ風間くんがロボくんにデレてくれたのは登場2週目にしてもう落ちるのかよ!という想いがあるけど、
30%ぐらいのデレではあるし背中を支えて「なれるもんならなってみやがれ」と激励してたのは良かったです。
こういう素直に認めてくれる友情描写好き。

「本気ってどうすれば出したり引っ込めたりできるの?」という疑問とレーザービームの秘密を絡ませたのも良かった。
全力の集中力で繰り出していたとなればそのスゴ味には素直に納得できるものがあったなあ。
強い技のスゴさに理由付けされてるとますます愛着持てるといいますか。
    19. マリー


あ、面白い…。べるぜバブ前半や逃走中みたいな第1回チキチキなノリだからだろうか。
10人ぐらいユニットに差が生まれているけど一応ハンデは付けているみたいだし、
今回の机のバリケードも作戦が決まっているとなかなか絵になってて気に入りました。

最後の偽タイガくんもドッペルゲンガーとか魔術で精製したシャドウではなくて、
単にシルエット似せただけの別人なんだろうなあという謎の信頼感がありますw
でもドラゴンガールという乳首が星になっていそうな異名がまた捻ってきそうではあるなあ。
    20. ポロ


いつどのタイミングで打ち切り通告喰らっても無問題なすげえ大雑把な最終回だな…。
いきなり3年後とか結婚とか大魔王に昇格していたとか読んでてフーンとしか思えない。
せめて先週時点で「そして月日は流れ…」ぐらいのナレーション入れておこうよ。

本来メインキャラのその後とか情報量が多く見られる最終回なのにびっくりするほど思うことがない。
3年後なのでユウタくんが大学生になっててもまるで先週のような出来事だ。
つーか結局留学記ってなんだったんだ…。これまで積み重ねてきたものをなんで最後に活かさないのか。

魔界が人間界の影響受けまくったのは面白く描けそうなんですけどねー。
ポロくんは魔界には戻らないスタンスだけどフーライコンビは定期的に魔界帰省しそうだし、
そこから徐々に魔界がどうやって変化していくのかちょっと興味深くなれそうなんです。

最後の写真のコマに手描きで「おわり」はなんとも言えない気持ちになれました。
やる夫が首吊って右下におわりって書かれたAAを彷彿とさせられたんですがすごいやっつけ感がある。
残り数日の間に急いで夏休みの宿題を終わらせたみたいだった。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

最初の数話は読んでてかなりキツかったんですけど次第に作風に慣れてきたのか、
キャラを揃えることで楽しくなっていくタイプの漫画とも言えるのかな。いや面白くはなかったけど。
因みに青春兵器も同じくそんなケースに当てはまるんですよね。

でも最初から最後までこの漫画に対する熱情を抱くことはなかったなあ。
印象に残る内容も含めて「広く浅く」な作風だったけどそれを紙のように薄くして、
ふにゃんふにゃんになるまでやってた感じ。でも多少凸凹は見られた。

まさにその凸凹部分に当たる迫真ポロパンチとかノンノちゃんは気に入っていたんですよ。
…でもざっと思い浮かび上がるものだとそれぐらいしかないんです。
単行本で読み返せば「いんじゃね」と思える箇所はあるかもだけどそこまで意欲はない。

U19もだけど構成にあれこれ悩んでいた印象を受けました。
メインキャラではなく単発ゲストキャラを先に出しまくったりとか導入がクッソ雑だとか、
こういうのは本作に限らずだけども全体見通すとあまり良いとは言い難かったなあ。

1話のときはポロくん共感要素皆無でいやーキツいっす状態だったんですが、
いつの間にか気にならなくなったのもなあなあな結論だけどやっぱり慣れすかね。
中盤から終盤まで顕著だったさすポロ描写も気にはなったけど癪に障るほどではなかった。
そんな不快ではなかった。

うーんでも全体を通してなかなか面白くならなかった漫画だったなあ。本当に薄味だった。
3週間経ったらなにもかも忘れていそうなぐらい印象薄い。
「正直読んだら結構面白い」という残酷なやっつけ帯宣伝がすべてを物語っていたよ。
    21. 磯兵衛


カルトパズル(例のピクロス)またミスったーorz 今回の結構難易度高いっすね…。
2時間もプレイして途中で詰んだときは数時間セーブしなかった分無駄にしたような絶望感あります。
最近スマホで無料アプリでピクロス遊んでるけどやっぱアナログ派っすね。

腕相撲対決による先生のエナジードレインは突き抜けたやりすぎ感あって好きですw
自業自得とはいえ「ちょ、タンマ!やめたげてよお!」とつい止めさせたくなる搾り取りやぞ。
ディオ様に精気を吸い取られたモブ警察官みたいだけど、今回のかなりエグいな…。



コメントする2個


エスパー さんのコメント (2017/06/21) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
>はんぶらびさん
>>リアアカ
主人公の設定がよく分からないんですよね。オタクといっても何のオタクなのか分からないし、
突然ギャルゲー云々言われても事前に提示しとけよって話だし(寧ろモンハンやってる)、
そんなに非リアっぽく見えないも含めるとすごいちぐはぐしているんです。

>>ネバラン
鬼のベースはキメラアントみたいに人とナニカの融合体なのかなあとも疑わざるを得ませんでした。
でも野生の鬼が存在しているのが全てをひっくり返しているので普通に言語習得を叩き込ませたのかなあと。
四本足のやつはやけに理性的な話し方だったのが地味に意外でした。

謎の少女はとりあえず味方の可能性高そうですがキナ臭さを維持してもらいたいですね。
スパイである可能性も考えられなくはないですが…。

>>鬼滅
蛇柱さんいいですよね…。この一言だけでも煉獄さんとの繋がりが察せられて好きです。

煉獄さんと富岡さんはあんまり話し合わなさそうなイメージが強いんですけど、
でもマジで悔しがっていそうな姿も想像できなくはないんですよねー。
とりあえず複雑そうな葛藤はされているなあと思いたいんですが…!

>>ポロ
ノンノちゃんはヤンデレキャラだけどそんなに典型的なソレには見えませんでした。
こいつマジでポロくん殺すんじゃねえのかっていう積極的な殺人系ヤンデレってのは久々に見たなあ。
徐々にその要素は薄れてきてしまいましたが…。

「正直読んだら結構面白い」がU19後半にしっくりくるのはうちも同意ですねー。
なんだかんだ言いながらダークホースめいた、確かに面白い部分は見られていましたし。

>トロントさん
仮に今回のレイパーズも記憶喪失してたらマジ災難なことになっていそうっすね…。
盗撮レイプしたるという意志は残っているのかもしれないけど、
何も知らぬままキモーイ言われまくるんだぜ。全く以て同情はしませんが。
トロント さんのコメント (2017/06/20) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
>消火器の鈍器としての殺傷力
非常にどうでもいいですがナルホド君は犯人に消火器で頭殴られて記憶消失した事がありますね
はんぶらび さんのコメント (2017/06/20) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
>いやーきついっす…(素)

私は読んだ後、しばらく感情を失いました。あまりにつまらないと脳が防衛反応のため感覚を遮断し無感動状態になると言いますが、それぐらいつまらなかったです。
私はどんなにつまらない漫画でも十週は読み続けて判断を下すことにしているのですが、この漫画は読んだことを後悔しました。きついのが始まったなぁ~と、私も思いました。

>モテる要素がないのに何故かモテるハーレム漫画みたいな童貞ちんぽこ臭がしてくる。

主人公は、オタクというよりキョロ充ですよね。周りに合わせるために、流行のアニメや漫画に目を通しているタイプ。
こだわりはなさそうだし好き嫌いの激しいタイプじゃないので、オタクっぽくは見えないです。

>だから今回犯行やらかしたやつらの心理が理解できなくて有り得ねーと思うしかなかった。

そういう合理的判断が欠けてるくらい浅はかな連中なんだと言いたいのでしょうね。

>鬼の生態系はどうなっているのか気になったなあ。この四本足も将来的に二本足で行動できるようにするのか、

話し方から判断するに、鬼の思考パターンは、人間とそう変わりがなさそうですよね。レイとの会話から、人間に合わせて話をしているより、元々人間と同じような価値観をもった連中という印象を受けました。
知性をもたない野生の鬼がいるところといい、鬼の正体のヒントが少しずつ明かされていって、物凄く興味深いです。

>それをフォローするように謎の少女の登場もまだ信用していいか分からない不気味さを煽っているのも良し。

まぁメタな視点に立てば、謎の少女が敵だったら話が詰んでしまいます。彼女は、味方なのは間違いないと思います。
RPGで言えば、移動手段を授けてくれるキャラっぽいです。

>蛇柱さんに同じくとても死が信じられなかった。

扱い難い性格だけど、仲間想いなのは確かです。こういうキャラの好感度を一気に上げる描写、上手いですよね。

>モヒカンくんと岩柱さんがつるんでいたのはメチャ意外でした。

これは、私も意外でした。読者人気ワースト2の二人がつるんでいるのが、妙に不思議でした。

>正直柱組の中でワーストで印象悪いと思うんだ。

煉獄さんと富岡さんは、お互いにわだかまりがあったのかな、と読んでいて感じました。
お互いに柱としての能力は申し分ないし人間的にも良いヤツだけど、なんとなく馬が合わない。という感情を抱きあっていたように思えました。
わだかまりのある相手の訃報なので、どういう態度をとってよいか分からないのかな?と、読んでいて感じました。

>残り数日の間に急いで夏休みの宿題を終わらせたみたいだった。

一週間以内に、ネタを考え話としてまとめ上げるだけで精一杯。捻りを利かせて面白くする時間的余裕がない。という印象を、受けていました。
権平先生が実力を発揮し切って描いている印象を受けなかったし、発揮できる余裕もない印象だったので、権平先生の実力は未知数です。ただただ、その週の原稿を埋めることだけに必死という点では、確かに宿題を終わらせているみたいな漫画だと私も思います。

>まさにその凸凹部分に当たる迫真ポロパンチとかノンノちゃんは気に入っていたんですよ。

私も、ノンノは良いキャラだったと思います。彼女が登場してからしばらくは、面白かったですから。終盤はノンノの登場シーンが激減して、残念でした。
九十九編終了後、ずっとさすポロ展開が続いたのは、作者が燃え尽きたからかな?本来はあそこで完結の予定だったけど、新連載の弾が揃わなかったので引き延ばすことにしたとか。

>「正直読んだら結構面白い」という残酷なやっつけ帯宣伝がすべてを物語っていたよ。

この帯宣伝は、U19の後半部分にこそ、当てはまるような気がします。ポロは、薄味すぎて味が感じ取れない漫画で、面白さを感じ取れない漫画でした。
権平先生は、月刊か隔週のペースじゃないと、実力を発揮できないんじゃないかな?
エスパー さんのコメント (2017/06/20) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
なんか台本片手に取って朗読したような決め台詞みたいでしたよね…。
ギャルゲー云々の台詞が非モテ設定の主人公らしくないエキセントリックなソレで、
急にキャラが変わったようにしか見えなかったです。すごいモヤモヤさせられた。
「な、何を言ってんだ俺は!?」みたいな葛藤があればまだバランス取れて良かったんですが…。
非論客 プロバイダ: 26526 ホスト:26611 ブラウザ: 10218
クロスアカウントは消化器はともかくとして女の子助けて決め台詞言っているところが薄ら寒くて仕方なかったのがきつかったです

拙いながらも必死で頑張ってる感じだったらまだ好感持てたんですがなんか急に無双しだして「俺、男だからほっとけねぇ!」的な決め台詞ぶちかますのはなんというか、お前、そんなキャラだったっけ?って感じで違和感すごい

多分「卑屈で何もできなかった主人公がくそみそ男の言葉に力をもらって頑張る」的なシーンなんでしょうけどいきなり覚醒して俺TUEEEしてる風にしか見えなかったですね

8.
2017/06/18 MOHAWK RAPE GENERATION > 2017年夏アニメチェキ(良いタイトルが思いつかなかった)」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]
コメントする5個


1. 【7月放送】
    1. 機動戦士ガンダム Twilight AXIS
    2. モンソニ! ダルタニャンのアイドル宣言
    3. アクションヒロイン チアフルーツ
    4. アホガール
    5. イケメン戦国◆時をかけるが恋ははじまらない
    6. 異世界食堂
    7. 異世界はスマートフォンとともに。
    8. 18if
    9. 縁結びの妖狐ちゃん
    10. 終物語(第2期)
    11. カイトアンサ
    12. 賭ケグルイ
    13. 活撃 刀剣乱舞
    14. キャッスルヴァニア
    15. クリオネの灯り
    16. 潔癖男子!青山くん
    17. ゲーマーズ!
    18. 恋と嘘
    19. コンビニカレシ
    20. 最遊記RELOAD BLAST
    21. THE REFLECTION WAVE ONE
    22. 時間の支配者
    23. 地獄少女 宵伽
    24. スカートの中はケダモノでした
    25. 将国のアルタイル
    26. 戦姫絶唱シンフォギアAXZ
    27. セントールの悩み
    28. DIVE!!
    29. 直感×アルゴリズム♪
    30. 徒然チルドレン
    31. てーきゅう9期
    32. 天使の3P!
    33. ナイツ&マジック
    34. ナナマル サンバツ
    35. NEW GAME!!
    36. 捏造トラップ-NTR-
    37. ノラと皇女と野良猫ハート
    38. はじめてのギャル
    39. バチカン奇跡調査官
    40. バトルガール ハイスクール
    41. ひとりじめマイヒーロー
    42. ひなろじ~from Luck & Logic~
    43. Fate/Apocrypha
    44. プリンセス・プリンシパル
    45. ボールルームへようこそ
    46. マーベル フューチャー・アベンジャーズ
    47. 魔法陣グルグル
    48. むさしの!
    49. メイドインアビス
    50. 森の妖精 キノコの娘
    51. 妖怪アパートの幽雅な日常
    52. ようこそ実力至上主義の教室へ
    53. RWBY Volume 1-3: The Beginning
    54. ROBO MASTERS THE ANIMATED SERIES
◆2017/06/18(日) 天気:ときあめ姉貴兄貴の影響でモンハンXX買って10年ぶりに一狩り再開しようかどうか本気で考えている◆

というわけで夏アニメチェキです。暑さのせいであまりテンション高くないですが、
めげずにしょげずにドラゲナイずにやります。オラ、かかってこいや!
調子こいてんじゃねーよ天気よー!



※放送タイトルリストはニコニコ大百科より抜粋。
1. 【7月放送】


    1. 機動戦士ガンダム Twilight AXIS


昨年11月より連載開始されたばかりの小説版ガンダムが原作。
ストックは溜まっていないので全6話の予定。サンダーボルトみたいな製作進行すかね。
UCから数年後の物語らしい。UCはまだ見ていないのでなんとも言えません…。
    2. モンソニ! ダルタニャンのアイドル宣言


モンストのスピンオフめいたアイドルものらしい。へーそういうのもあるんだな。全5話。
    3. アクションヒロイン チアフルーツ




カートゥーンアニメっぽいタイトルだがご当地ヒロインものオリジナルアニメである。
でもフルーツ模したご当地ヒロインと言われると数年前にrefeia先生キャラデで話題になった、
これなんてエロゲと散々言われていたゼリーを思い出もういいや誰も訊いてないし…。
あと人妻が

アニメ艦これや迷家でお馴染み井出直美先生がキャラデ。やったぜ。
そして色彩からしてデジャヴを覚えるかの如くディオメディアが製作。ウン。
ディオメディアなー。最近これといって当たりのアニメがないんですよねー…。
ガリナンは前半面白かったけど後半良い子ぶりやがったからなー。嫌いじゃないけどさ。

特撮モノ手掛ける荒川稔久先生がシリーズ構成とは納得かつ期待はしたいです。
    4. アホガール




週刊から別冊のマガジンへ移籍した漫画。
ヒロユキ先生の漫画でアニメ化となると10年前のドージンワーク以来か…。懐かしいな…。
なおこれでもディオメディア製作…はまあ同期で2本ラインはそんな珍しくないでしょう。
原作力によって面白さが決まるタイプのアニメだろうけど、どうなんでしょう。

…あ、これY.AOIと杉田のホモ営業コンビがメインとして出てくるのか。チェキろう。
15分だから気軽に見れそう。
    5. イケメン戦国◆時をかけるが恋ははじまらない


出オチめいたギャグアニメかと思ったらデフォルメ3Dによるスピンオフらしい。3Dでデフォルメはちょっと浮いてる気がする。
    6. 異世界食堂


最近流行りのなろう異世界もの。ああうん。
食材入手とか異世界ならではのメシ作りとかリアクションとか丁寧に描かれているのかな、
と思ったら週一で異世界と繋がる現実世界の食堂という設定と知ってガッカリしました。
それ半ばタイトル詐欺じゃねえの…。
名前だけは以前からよく耳にしているのできっと面白いんでしょう。
    7. 異世界はスマートフォンとともに。


最近流行りのなろう異世界もの。ああうん。
だからなんで頑なにタイトルにわざわざ異世界を入れるのか。入れないと死ぬのか。
という感じにクソデカ溜息が出そうなタイトルなんですが、正直気にならなくはないです。
だって異世界でスマホに電波入らないだろうし充電なんてできないはずがないだろう。
異世界においてスマホは一体何の役に立つのか分からないが切り札として使われるのか?
ドラゴンクォーターのDカウンターみたいな緊張感を煽ってくれるのだろうか。
そんなふうに勝手に妄想しつつ公式サイト見たら女神から特製スマホゲッツかよ!

いやまあ、うん…。そうですよねフツーそうなりますよね…。なに、戦闘中にWikiでも見るの?
一部のRPGでは対象のHPバーが表記されている仕様はあるけどあれをスマホで見れるの、ライブラなの?
いちいちメタメタしくなりそうだが、正直そこはちょっとだけ気になるな…。
なおシリーズ構成:高橋ナツコご愁傷様です…。

なお原作絵師はゼロ魔でお馴染み兎塚エイジ先生です。ウ、マジか…。自分ファンやぞ。
キャラデもゼロ魔と比べると兎塚先生に忠実的だ。
    8. 18if


ペルソナっていうかアトラスっていうかキャサリンみたいな雰囲気のソシャゲが原作。
雰囲気どころか夢世界で謎を解くコンセプトがキャサリンとちょっと似ているなあ。
密かに気になっているタイトルだけど夢中になれるかまでは分からんなー。ゴンさん製作すか。
    9. 縁結びの妖狐ちゃん


ご当地アニメかと思ったら中国アニメだった。原作は塗り良いのにアニメになると13年前にタイムスリップグリコしたみてーだな。
    10. 終物語(第2期)


1期見ていない。
    11. カイトアンサ


ナゾトキネの流れを汲むアニメ。ナゾトキネってああありましたねそんなアニメ。
こちらは何故か女性向けに特化かつ、舞台が立川。FAGといい最近アツイな立川!
ドラクエ11発売日に開催されるという花火大会は実はちょっとだけ気になっていますよ。
    12. 賭ケグルイ






シグルイみたいなタイトルだが実際には美少女版カイジ+百合?
顔芸を筆頭に演出力が実に冴えているとかで評判気になっているんだよなこれ。
PV見たら「アドレナリン分泌系アニメ」というパワーワードが出てくるわ、
メインヒロインがイキすぎだわ、顔芸はひどすぎるわ、あーこれ絶対面白そうだわ。
あとハイになってるBGM良いですねこれは良い。

というわけで、アニメと言う媒体を良い機に来期では特に気になっている作品です。
杉田のキャラが良い味出しそう。そいつ女装しそう。
    13. 活撃 刀剣乱舞








ufotable製作の戦闘特化とうらぶ。動画工房版(花丸)は3話ぐらいまでしか見ていないな…。
活撃という題名からしてこちらはufoらしいガチの剣戟バトルを繰り広げてくれるのでしょう。
とうらぶは設定自体は結構好みなものなのでこちらは夢中なつくりになっているといいなあ。
    14. キャッスルヴァニア


私の初ドラキュラは悪魔城すぺしゃるぼくドラキュラくん。
ていうか本当にやるのか。最近アニメ化決定したばかりだし妙に不安なのだが…。
と思ったらNetflix限定配信かつ全4話か。それでも大丈夫…なのか?
Netflixは初回無料だそうだけどどうもその手のものには躊躇っちゃうなあ。
ただでさえ会員制有料動画サイトが増えてきたし。
    15. クリオネの灯り


10年以上前から舞台化や小説化されていた、いじめを題材にした作品らしい。
どうでもいいけど「おめーの席ねーから!!」で知られるライフのドラマってちょうど10年前なんだな。
そろそろ「元気やでっ」がアニメ化されてもいい頃だと思う。
    16. 潔癖男子!青山くん


ヤンジャン連載の漫画。元々ミラクルジャンプ連載だったものが移籍。
にしてはあんまり話題を耳にしない。んー、なんとなく女性向けっぽい作風だからか?
潔癖症故にヘディングやスライディングしない自分ルールは理解できなくはないです。
    17. ゲーマーズ!


同名のアニメゲーム専門ショップとは計画通りコラボしたことある富士見ファンタジアのラノベ。
最近あまり見られない謎部活もの系、つってもゲーム部自体はそんな珍しくもないか…。
ジャンルとしてはラブコメのようだがこれといって盛り上がれるポイントはあるんだろうか?
何かゲーム大会に参加するような雰囲気ではなさそうなんだよな。まったりしていそう。
    18. 恋と嘘




少子化対策に伴い16歳以上の男女は遺伝子情報によって決められた相手と恋愛&結婚、
うんそれジャンプのU19にあったな!勿論この漫画のほうが先だけどね!
でもとある学校のみソレを設けられたU19とは違い自由恋愛が禁じられている世界らしい。
非モテは多大に救われた世界とも言えるが自由に選べないのは大きなデメリットだなあ。

でもPV見たら主人公とメインヒロインは両想いだったり例の遺伝子云々で他の子と付き合う羽目になったり、
どういうわけか「赤い糸」というフレーズが出てきたりと完全にU19難民救済アニメで草ァ!
    19. コンビニカレシ


ローソンと企画を取っている女性向けアニメだが、ううむこれは青春恋愛群像劇なのか…?
だが肝心のコンビニ要素が一体何を意味しているのかPV見てもさっぱり分からないぜ。
そういや大昔にコンビニ擬人化なんて考えていたんだけど10分で飽きたな。
    20. 最遊記RELOAD BLAST






密かにシリーズ連載20周年を迎えている最遊記の新作アニメ。準備はいいか野郎ども。
初代アニメはもう17年前ですよ。だがキャストは今回も変わらずなんだよなー。
こいつらの声を聴くのはもう10年ぶりいやそれ以上だろうか、なんも変わっちゃいないぜ。
なお製作はぴえろでもなく放送局はテレ東でもない。なんか寂C。

ぶっちゃけると最遊記のストーリーはイマイチよく分かっていないですよねー…。
そもそも昔夕方枠でやっていた頃はもう単なる雰囲気アニメとして楽しんで見ていた記憶がある。
こいつらカッケーなーとなっていたんだけど、後でネットで女性向けと知って驚いたのは良い思い出。
おめーそれジャンプのやおいアンソロジーにも引っ掛かりそうなピュアっぷりじゃねーかおめーよー。
    21. THE REFLECTION WAVE ONE


スタン・リー先生や馬越嘉彦先生が携わっているヒーローもののオリジナルアニメ。
スタジオディーンさん製作だったりNHK総合放送だったりと意外なチョイス。
    22. 時間の支配者


ん、これってジャンプ+で連載していたやつ?あれは作画は良いよね。
横手先生シリーズ構成かー。どうすっかなー俺もなー。
    23. 地獄少女 宵伽


イッペンシンデミル、再び。
地獄少女はタイトルだけ知っているのに一度も見たことないんだよな…。
なお新作6話+これまでのシリーズの中から厳選された6話が放送という極めて珍しいスタイル。
    24. スカートの中はケダモノでした


百合ものかと思ったら女装男子が攻めに入るエロ漫画だったでござるの巻。ああうん…。
(どうせなら女装男子同士でケツ舐めろよ、ときあめ姉貴兄貴とライ兄貴みたいな関係ホラホラホラホラ)
    25. 将国のアルタイル


タイトルは聞いたことあるけど、もう10年前から月刊少年シリウスで連載されているんだな…。
モデル国アリの戦記モノか。ひとまずチェキってみるかなとしか言いようがないや。
    26. 戦姫絶唱シンフォギアAXZ


既に5期も放送を控えているシンフォギア4期。相変わらず既存シリーズ見れていない…。
ところでワイルドアームズのソシャゲはいつなんですか。6thもあくしろよ。
    27. セントールの悩み


ケンタウロスとか竜人とかのモン娘が学校でキャッキャするらしい。
要するに亜人ちゃんを4段階ぐらいニッチに仕上げたようなものでしょうか。
こっちは哲学めいた要素はなく完全日常特化っぽいけど、見ているうちに慣れていけるかな。
    28. DIVE!!




10年くらい前にサンデーでコミカライズされていた同名児童文学のアニメ化。
あれは絵柄がキッズ向けだったけど今回は現代風にリファインを意図したのだろうな、
ヤスダスズヒト先生キャラデによるソレはスタイリッシュにしてイケメンです。
でもアニメになると若干色彩が聊か濃くなってるのがちょっと気になりますね…。
特に色黒のでかい人はテカっているせいか野獣先輩みたいに見えてしまった、起訴。
絶対どこかのホモがBB作るゾ。
    29. 直感×アルゴリズム♪


視聴者参加型生放送アニメって、要するに許斐先生が以前描いてたLADY COOLみたいなもんか。
でも決して失敗の許されない演技を求められるってことですよね。
まあ声優さんが出演のイベントではよくプロらしい生アフレコが見られるから乙なもんです。
    30. 徒然チルドレン


嫉妬できるリア充モノかと思ったんですが、実際にはニヤニヤできる初恋ものなんすね。
こいつのケツアナルとまんこを追おうと思えるキャラが出てくればいいな。
    31. てーきゅう9期


どうせこの勢いで10期も作られそうだけど「ここまでは序章に過ぎなかった」と煽りそう。
    32. 天使の3P!






タイトルに秘められた3Pとはとっても如何わしいことなのか、それともバスケにおける3Pなのか、
仮に後者だとしても前作ロウきゅーぶの焼き回しじゃねーかって話になってしまいますが、
正解はバンドものでした。バンドを組んだぜwwwwwwwwwバンドを組んだぜwwwwwwwww

ロウきゅーぶは実はまだ見ていないんだよな。真面目なバスケものと聞いて気になってるけども。
こちらも可愛い小学生三銃士を父親のような立場として成長を感慨深く堪能できるつくりなんだろうか。
「全く、小学生は最高だぜ!」と思い知らされる化け物になってくれるだろうか。
    33. ナイツ&マジック


最近流行りのなろう異世界もの。ああうん。
息を吸うように死んで異世界転生するがこちらはロボットが出てくる。でも別に珍しくはないな。
でもスタッフはオコジョさんやヤマノススメの山本裕介監督、シリーズ構成が横手先生。
原作力次第ではあるけど贔屓目に見たいなあと思いました。
    34. ナナマル サンバツ


ヤングエースで数年前から連載されていたクイズもの。
そのうちアニメ化するだろうなあと思っていましたが意外と遅かったなあ。
日テレで放送ってことはウルトラクイズや高校生クイズとのコラボもやるんでしょうかね。
ニューヨークへ行きたいかー!
    35. NEW GAME!!


2期ぞい。まさか一年後に2期とは結構早かったなあ。原作ストック残っているけど。
2期から更にお仕事モノとして内容が深まるみたいなので楽しみです。
NEWGAMEは大変雰囲気が良かった…。おめーそれ仕事場がホワイトだからじゃねーの。
    36. 捏造トラップ-NTR-




2組の男女カップルがいるんだけどうち片方はバイなので、もう片方のノンケをNTRします。
はいそういうドロドロものです。基本NTRはネタでもない限り苦手だけどこれはアリだったなあ。
だってNTRすることによる背徳感、ノンケからレズへの転身とか最高にゾクゾクするじゃん。
しないですかそうですか。

でもこういうのは拒絶反応を起こす人がいるのは否定できないだろうなあ。
ただでさえNTRは胸グソ悪いからな。イケメンかわいそうってなる人は多そうだ。
私としては愉悦以外の何者でもないが。
    37. ノラと皇女と野良猫ハート


エロゲ原作アニメ。アニメ化って一年以上前から発表されていたんだっけ。
原作はギャグとテンポの巧妙さが好評だと聞いたので気になっています。
前々からやってみようかなと気になっていたんですが…。なお続編は10月に出る。

しかしショートアニメかー。予算の関係で厳しいんでしょうかね。
ワガハイは1話だけ見たけどもういいかなってなったな。ノラととはギャグ特化と聞いたからテンポ良く出来そうか?
    38. はじめてのギャル


何故かは知らないが色々と懐かしい波動を感じるアニメだ…。つーかみんなおっぱいでけえな…。
原作ストック足りているのか気掛かりだけどオリ回で補完するんすかね?
    39. バチカン奇跡調査官


10年前から刊行され続けている角川ホラー文庫の小説原作。
イラストがTHORES柴本先生ってトリニティブラッドの人じゃん、なついなー。
耽美的なイラスト好きです。なので女性向けを狙ったきらいがあるんだろうか。
どちらかというとジョカゲみたいな硬派なつくりになりそうか?
    40. バトルガール ハイスクール


ソシャゲアニメ。以前から耳にしていたバドガってこれのことか。
ラノベはなんとか見分けつけられるんだけどソシャゲは似たり寄ったりで混乱してきたゾ…。
アニメは黒田先生シリーズ構成による完全オリジナルなので、変な変化球を売ってきそうでもあるのう。
    41. ひとりじめマイヒーロー


元々全1巻の漫画のスピンオフが一人歩きするようにアニメ化…らしい。
公式サイトから察していたけどガチのBLですか。
    42. ひなろじ~from Luck & Logic~


ラクエンロジックって去年1月のアニメか…。もう遠い記憶の彼方にぶっ飛んでいるな。
キャラデだけは本当に良かったんだけどなあ、ネタにもできないつまらなさがなあ。
この新シリーズは前作のアバンで描かれていた棒読みミニアニメを踏襲したような、
日常ほのぼの路線になっててもうこの方向性でいいんじゃないですかね。
    43. Fate/Apocrypha








FGOでFate熱がヒートアップしてきたので見てみます。
こちらは小説が原作。ジャンヌダルクとかすまないさんとか出てくるんですねー。
二陣営・各7騎の鯖によるバトロワなのは予め知っているけど、ネタの件でついてこれるか不安だなあ。
たぶん例のブリーチポエムを唱えかねないのでぼくはシンプルに楽します。よろしくな。

あと最近アストルフォくんにちんちん生えているという事実を知ってスッゲエショック受けたゾ…。
    44. プリンセス・プリンシパル


ソシャゲアニメ枠。キャラ原案はキノの旅、ポッピンQ、ズビズダーの黒星紅白先生。
ここ最近あまり恵まれていないのでそろそろヒット作出ても良いんじゃないかなと思う。
それはキノの新アニメが放送されてからが本番ですかそうですか。

アクタス製作かあ…。昨年からTVアニメシリーズの製作が活発的になりましたが、
これも途中で落ちるのかなあ、つっても本作はStudio 3Hzとの共同制作だそうですが。
    45. ボールルームへようこそ


競技ダンス漫画。すじピンの感想でこの漫画のタイトルも同時によく見かけていたなあ。
すじピンよりもダンス描写がよく出来ていると聞いたんですがどうなんでしょうか。
あっちはエンジョイとガチが両立できていたけれどこっちもそうなのかなあ。

アニメはハイキューやデュラララを手掛けた岸田隆宏先生です。
原作に忠実的なキャラデなので本作ももれなくソレですねー。つーかキャラデ濃いな!
    46. マーベル フューチャー・アベンジャーズ


日本よこれが…なんだっけ?あの煽りのやつのアニメ化ですか。
それよか別冊コロコロでコミカライズ連載中の水野輝昭先生ってメタリカメタルカの人やんけ。
    47. 魔法陣グルグル






呉 <ひ~らりひらひらひひらりら~♪

ザムディン!
まさかの奇跡の3度目のアニメ化。しかもさいしょからはじめる。だが深夜枠。ハァ?夕方でやれ。
連載25周年を記念とした再アニメ化だそうで、そうかもう25年前なのか…。
納得いく数字だけど25年という長すぎる歳月には気が遠くなれる、とても複雑な心境です。
パプワくんも同じぐらいの歳月ってことだよな…。

グルグル昔見てたなあ。ゲームボーイに出ていたやつ(pass制じゃんけんRPG)も貰って遊んでたわ。
さっぱり内容は忘れているので例のクッソ長い弱点とかザムディンとか但し魔法は尻から出るとか、
読者の脳裏に刻まれた数々のネタは今回このアニメで発見伝してみたいなあと思っております。
因みにグルグルで何故か一番印象に残っているネタは刀身の長い武器を抜刀しようとしたら
ナイフばりに短かったというガッカリイリュージョンネタです。なんでそんなん覚えてんの。
    48. むさしの!


普通にググったら武蔵野銀行ぐらいしか出てこなかった。
なんとなくそうだろうなと察していたが、以前放送されていた「浦和の調ちゃん」の実質第2期らしい。
埼玉県民のくせして未見で申し訳ないです…。
    49. メイドインアビス


努監督が単行本帯で絶賛していた漫画。だが今回別の監督によるアニメ化。
ほのぼのとした絵柄に反して想像以上にエグい展開が待ち構えているそうで、
そういったギャップは聊か狙いすぎだろうと賛否両論になりそうかなあ。
面白いとは聞いているので気になってはいます。はい。
    50. 森の妖精 キノコの娘


あれ、これ以前チェキった記憶のあるタイトルだな…と思ったら4月から7月に延期だった。
それどころか「本編アニメ2017年放送決定!」と本当に放送するのか怪しくなっている。
    51. 妖怪アパートの幽雅な日常


原作は既に完結済みの小説。ラノベと一般小説の合間な扱い受けているっぽい。
    52. ようこそ実力至上主義の教室へ


原作未読なのにこんなこと言うのもアレですけど、Amazonレビュー見る限り不安がすごくてだな。
主人公がクソだとかそんな主人公を仲間にageられるとかスロスタだとか、
実際に蓋を開いてみたら印象は違うかもしれんけどどうも苦手な要素が満載みたいでなあ。
周りをばかにして主人公を良く見せる手法って相当きついんだよな。ソーマとかソーマとかソーマとか。

岸監督が手掛けることもあって案外面白くなるかもしれないんだけど、ギャグが得意なほうだしなあ。
どうざんしょ。
    53. RWBY Volume 1-3: The Beginning


米国製作によるフルCGアニメだが、非常に日本のアニメっぽいつくり。
それでありながらアメリカンな作風が如何にもな米国らしさがあってだな。
大分前に淫夢吹き替え版見たことあります。良かったけどハマるほどではないかなあ。
    54. ROBO MASTERS THE ANIMATED SERIES


日中合同製作ロボアニメ。ぼくは覚えられるだろうか。彼らの名を。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

イマイチ締まらねえチェキになってしまった…。はい見るやつまとめ。

・期待よ
NEWGAME:見ない理由が見当たらない。1期同様安定したつくりになれるでしょう。
Fate:ブランド力。ただ俄かの立場からすれば付いていけるかどうかが不安である。
とうらぶ:ufoの作画力を堪能できるだけでも乙なもんだろうと期待してしまう。
NTR:背徳感溢れる百合とNTRは好きです。
グルグル:絶対実況盛り上がりそう。
RWBY:作風は好みだし評判良いので素直に期待。

・チェキ
よう実:正直怖いもの見たさがあるけど岸監督を信じよう。
18if:アトラスもどきな作風ではあるが興味はある。
賭ケグルイ:原作未読だけどアニメ化を機に楽しみにします。
3P:やっぱり小学生は最高だぜと言わせるロリパワーを確か見てみろ。
最遊記:雰囲気アニメとして見てしまうんだろうなあ。準備はいいか野郎ども。
DIVE:Free難民としてはやはりチェキせざるを得ない。
アビス:気になーる枠。鬱グロ展開が許容できるかどうかが気掛かりだけど。

以上です。え、こんだけ!?
うーん………。今のところスゲー楽しみだぜ!ってのがあんまないですねー…。
NEWGAMEは全話完走は決定だしグルグルは現代アニメ技術でどうなるのか気になるけど、
次回が気になるアニメが出てくるのかなあと思うと、うーん微妙なところです。
かろうじて春アニメが2クールのやつ何本かあるのが本当に助かっている…。
まあまだ放送前、ダークホースの出現に期待しましょう。ダークホースさん起きろー朝だぞー。
毎期のことだけど上に挙げたやつ以外のも気まぐれで見るだろうしね。

個人的には秋アニメのほうが楽しみなの結構多いですねー。
ああ^~早く「妹さえいればいい」のアニメ見てみたいんじゃあ^~。内容次第では円盤も買うゼ!
シルリン製作、大沼監督という不確かな情報が出廻っているみたいだがそれが事実なら嬉しいね。

最近になって「一刻も早く次回が見たいと思わせる予告」の存在が重要なんじゃないかと思えてきた。
バッサリ言っちゃうと、予告で視聴意欲を高めてくれるのは最近だとポケモンぐらいかなあ。
あれは8割方ギャグ回(主に作画にインパクトがある)なので邪道といっちゃ邪道ですが、
それでも「やべえ次回絶対面白そう!」「こりゃ見逃せられねえぜ!」と正直に惹かれるわけです。
製作が追いつかないのか次回はサブタイのみとかWebにて予告映像公開のケースが多いのは残念だなあ。

ていうか次回予告ってフリーダムコントの場に使われるケースあるよね。今期だとバハ様。
「次回予告をやれよ!」という気持ちは半ばあるのですが!嫌いじゃねえけど!



←To Be Continued...........................

第287話 END (UP:2017/06/18 08:46)

コメントする5個

9.
2017/06/17 DESPERATE SCRIBBLE > 冴えない彼女の育てかた♭ 感想#10」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]
コメントする1個


◆第10話「そして竜虎は神に挑まん」◆

★★★★★

えりりと詩羽先輩の関係があまりにも尊すぎて見ていてたまらねえ回だった…。
もうこの二人は付き合うべきなんじゃなかろうかと真剣に考えるほどに尊かったよ!
別に作中でこの二人はカップル同然と言わんばかりに直球な百合推しではないんですが、
詩羽先輩がえりりのおデコに人差し指当てたり二人とも抱き合っていたりと、
今の二人の境遇からしてとても安芸くんが介入できない領域に達していると思うんだ。
うたえりマジ尊い…。ええいままよ、この二人の百合同人はないんですか!

1話然り今週然り、ぼくはどうもこういった女の子同士の友情には弱いんだよな。
えりりがマインドブレイクしそうで心配していたら気を取り直したのはややあっさり気味か、
けれどもやはりボッコボコに言われたのが悔しくて涙が出てくるのも必然的といいますか。
その悔しさをバネにして暫くスランプで描くことができなかったものを描くことができた、
しかもそれを最高のものとして描くことができたというカタルシスはでかかったです。
その後涙ボロボロ流していたのはホント涙腺緩むほどこういうのには弱いぜ…。

今週はひたすらえりりに感情移入しながら見ていました。打倒・紅坂朱音に燃え上がり、
詩羽先輩と意気投合していたえりりは正直メチャかっこよかったです。応援したくなる。
嬉しい誤算でありながらこのアニメで一番成長性が見られたのはえりりじゃなかろうか。
「そして竜虎は神に挑まん」というサブタイも非常にくる熱い流れだったなあ。
もう間もなく最終回なので朱音さんをギャフンと言わせるのは絶対的に無理だろうし、
実質3期がこない限りおれたたENDだけれども見ていて気持ちの良い流れだった。
朱音さんの件はこれでケジメ付けられてすっきりしたとも言えるでしょうか。

詩羽先輩が朱音さんに賛同していたのはちょっと意外でした。
それでいてこの人も正直に悔し涙を流していたのが印象的でしたけどね。
先週の感想でも述べたことだけど、なにもデメリットまみれじゃないですからねー。
20周年記念作を自分たちが描ける絶好な出世の機会はそう簡単にポイと捨てられるわけがない。
もっとポピュラーな喩えを挙げるとFF16のキャラデを自分ができるようなもんだぜ。
朱音さん自体も今週更に積み重ねるように二人を評価してくれていたし(駒扱いだろうけど)、
フィールズクロニクルを生まれ変わらせるんだと何か信念を持って作ろうとするみたいだし、
案の定この人は敵がホイホイいるみたいだし、そんなにヘイトはないかなあって印象です。
傲慢なラスボスだけどいちクリエーターとして真面目に向き合っているんだなって。
つーかそうじゃねえとうたえりとの直接対決盛り上がらないしな。

で、最後はオイシイ所かっさらっていく加藤さんよ。デート提案は王道を征くメインヒロインすぎた…。
なんかもうメインヒロインきた!これで勝つる!と言わんばかりの存在感がありましたね…。
ああやっぱりこの子なんだなあと。ていうかもういいじゃん、2カップル誕生でいいじゃん。
加藤さんと安芸くん、えりりと詩羽先輩はもうお似合いすぎるんだよ!
あとえりりが絵描くシーン然り、加藤さんとの再会然り、回想による盛り上がりが良かったです。
まだまだ原作は続くけどひとまずここでピリオド付けられそうなので同時に喪失感も襲ってきそう。

ていうかこの坂での再会シーンって原作にはなかったと思うんですが、まさかの原作改変か?
実はもう次回で最終回なんですけど、ふうむアニオリENDになるのだろうか…。
いつでも3期ができるような形が望ましいんですけど、どうでしょうかね。
現時点ではまだ原作7巻分終了していないどころかネタバレ厳禁案件が多いんですが。
期待不安が両立しながらも次回の最終話楽しみにします。はーもう最終回かー…早いなあ。



←To Be Continued...........................(UP:2017/06/17 09:25)

コメントする1個


エスパー さんのコメント (2017/06/20) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
安芸くんってああ見えて行動派ですけど、今回だけは介入できないんでしょうかね…。
流石に朱音さんに殴り込みするのは論外だけどやっぱり存分にかけるべきだろうし、
単純なイエスマンのままだと主人公としてどうなんだろうと気にかけてしまいます。

安芸くんはともかくミッチーと出海ちゃんの出番がどうなるのか不安っすね…。
一応伊織くんが出海ちゃんについてちょっとだけ触れていたし高校進学するし、
無難に最後にチョイ役として登場して終わりになりそうかなあ…?
バリ さんのコメント (2017/06/17) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
どうもです。

付き合いが長く自分に優しくしてくれる人より、喝を入れてくる人の方が成長を促してくれた上にそれが出会って間もない傲慢な人物であったとなるとある種のショックですよね…。
いや、倫也君は優しいのではなくやはり甘過ぎたのでしょうか。

清々しい程の主人公置いてきぼりはともかく、何の別れの言葉とかなく倫也君の前から詩羽先輩も英理々もいなくなった?というのがまた悲しい…卒業した詩羽先輩はともかく英理々はまだ同じ学校にいるのだからいなくなった訳ではないとは思いますが。
というか、詩羽先輩があんな涙して助けを求めてたのにあれからまた何もしなかったんですか倫也君?

次回で最終話となると、あれ11話しかやってない?と思いましたが0話があったのでそれで合計12話と。
どう締めくくるのか予想出来ないですが冬コミ以降、ヒロイン三人が揃っている場面がないのが寂しいのでもう一回三人が集合してるカットが欲しいですね。
倫也君はまあ…いいかな。悪いな倫也、このカットは三人用なんだ

ではっ!

10.
2017/06/16 同日2番目 DESPERATE SCRIBBLE > サクラクエスト 感想#11」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]
コメントする


◆第11話「忘却のレクイエム」◆























































































































































































































★★★☆☆

やべーぞレイプだ展開はんなのやるわけねーだろと言わんばかりにサクッと回避、龍神像もあっさり修復、
それでも結局あのおっさんは何者なんだ…と今週ずっと気になっていたのに、その正体は元彼さんかよ!
ヒゲクマ様みたいなムサいおっさんだった割には意外というか想定外の変化球だぜそれは…。
しかし先週ラストはすごい存在感だった割にはあんまり大したキーマンではなくて拍子抜けだったなあ。
というか元彼要素は必要あったんだろうか?

うーんりりちゃん成長エピにしては大きくカタルシスは得られなかったなあ。
今回は婚活イベがりりちゃん成長エピにいいトコ持っていかれた印象を受けてしまった。
というかその二つがイマイチ噛み合わなくて、別にこの機会にやるほどのものじゃなくね?
一応龍の伝承について今回の婚活イベで提示してきたけどそんなに自然としっくり来るものではなくて、
りりちゃん成長のためにただ配置しただけのように見えてしまったんですよね。
婚活三銃士とりりちゃんには特に何の接点もないし、三人にはどう映えて見えるのか疑問だった。
多分そこらでモヤって、今回カタルシスがイマイチ得られ辛かったんじゃないかなあ。
あとりりちゃんが歌ってた民謡があまりソレっぽくないのもちょっと気になってしまった。
りりちゃんが歌いやすいようにサンダルさんがPOP調に編曲してくれたんだろうけどコレジャナイ感がががが

婚活イベントは誰一人良い関係築くことなく終わり実質失敗に終わったけれども、
先週時点では両想いかつ一目惚れなんてことはなかったしこれでいいんじゃないのでしょうか。
いや街のほうからすれば良くないけど無理に成功させてもアレだし稀な失敗があっても構わない、
というか間野山に対して特に変なイメージ持たれたりうわーなドタキャンはなかったり、
(ああでもあのおっさんがちょっとおせっかい気味で微妙な空気が漂っていましたけどね…w
あの三人がまた間野山へ遊びに来てくれるのかはどうだろう、宣伝とかちょっとした布石になりそう)
無事に最後までプログラム送れたし、まあこんなものかと鼻で笑えるものじゃないすかね。
実際の婚活イベントもこんな感じなんだろうなと我ながらシツレイな偏見してしまいますw

しかしりりちゃんの両親離婚して今いないとは、結構重い過去持っていたんだな…。
それでコミュ障になってしまったのも無理はない、小学校の頃の授業参観とかどうしてたんだろうね。
おばあちゃんがりりちゃんに対してだけはあれほど過保護なのも納得なんですが、
恐らく親権放棄したであろうお母さんとは2クール目以降で衝突しそうであるなあ。

サンダルさんはひいおじいちゃんが間野山出身だったり由乃ちゃん共々りりちゃんを説得したりと、
これまで出オチギャグ要素のほうが濃かったのに今週一気にキーパーソンとなったなあ。
というかもうすっかり頼れるイケメン・大人になってしまった。それは1話の頃から期待してたけども。









←To Be Continued...........................(UP:2017/06/16 15:01)

コメントする

=>古記事11. 2017/06/16 武装少女マキャヴェリズム 感想#11
◆6月26日(月)発売◆

HUNTER×HUNTER(34)
アイツが、アイツが、そして遂にアイツ(※友情出演)も――――!!

◆チェキ案件◆

クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり!
ソニーコンピュータエンタテインメントイェイ!
おおいわゴロゴロ
長く響き渡る研究員の断末魔
パリパリゴリラ
隠しムービー
初見殺し巨人作業員
この下品なバンディクー
今日のご飯は焼肉だアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!
【2017/08/03発売予定】


figma スペースチャンネル5 うらら
アップダウンアップダウンチューチューチュー
【2017/12/31発売予定】


【PS4】ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて
圧倒的ビジュアルで描かれる新世代のドラクエ
【2017/07/29発売予定】


【3DS】ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて
手のひらで昔懐かしく楽しめる新しいドラクエ
【2017/07/29発売予定】


【NS】Fate/EXTELLA
PS4/VITA版はあまり評判良くないと聞いたけど慢心王で雑種どもを蹂躙したいんだ
【2017/07/20発売予定】


冴えない彼女の育てかた♭
1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6
ここから本格的に同人ゲーム製作開始となる本気の後半戦開始
【2017/07/26発売予定】


お家に帰るまでがましまろです
礼羽ちゃんいくらなんでもシコすぎんだろ
【2017/07/28発売予定】


癒しの女神の実験台
バイノーラル録音はヤバイ、脳みそ蕩けるレベル
【2017/07/28発売予定】


世界樹と不思議のダンジョン2
シリーズ10周年記念作品。未経験者でも誰でもウェルカム
【2017/08/31発売予定】


ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー
死亡フラグをへし折るRPGがまさかの復活
【2017/06/29発売予定】


ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ
実はPS2版クリアーしていないのでこの機会にリトライしたい
【2017/07/13発売予定】


フレームアームズ・ガール 源内あお
春アニメの中であおちゃん一番かわいくね?
【2017/09/30発売予定】


ねんどろいど 冴えない彼女の育てかた♭ 霞ヶ丘詩羽
変態めいた表情たまんねえ
【2017/08/31発売予定】


ねんどろいど 冴えない彼女の育てかた♭ 澤村・スペンサー・英梨々
変顔も搭載えりり
【2017/07/31発売予定】


冴えない彼女の育てかた 加藤恵 1/7スケール
YKT
【2017/06/30発売予定】


冴えない彼女の育てかた 霞ヶ丘 詩羽 バニーVer.
やっぱり詩羽先輩は変態だな!
【2017/06/30発売予定】


冴えない彼女の育てかた♭ 霞ヶ丘詩羽 水着Ver. 1/7スケール
普段あまり見られない詩羽先輩の水着姿だ
【2018/02/28発売予定】


ねんどろいど この素晴らしい世界に祝福を! 2 めぐみん
アニメ同様無駄にこだわった魔法エフェクトも再現
【2017/08/31発売予定】


ねんどろいど この素晴らしい世界に祝福を! 2 ダクネス
マゾを物語る恍惚ポーズに加えてキャベツ付き
【2017/10/31発売予定】


この素晴らしい世界に祝福を! 2
1 / 2 / 3 / 4 / 5
みんな大好きデュラハンさんが帰ってきた!
【2017/06/30発売予定】


ねんどろいど ポプテピピック ポプ子&ピピ美 セット
サブカルクソ女の必須品
【2017/06/30発売予定】


figma セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん 花中島マサル
ウォンチュ!
【2017/06/30発売予定】


だがしかし 枝垂ほたる 1/8スケール
ほたるさんの躍動感あるおっぱいマジたまんねえ
【2017/07/31発売予定】


艦隊これくしょん ‐艦これ‐ Bismarck改
突っ込んでいくおっぱいビスマルクさん
【2017/06/30発売予定】

6月2日発売
ジャンプコミックス


火ノ丸相撲(15)
天王寺さんはやっぱかっけえよ


僕のヒーローアカデミア(14)
かっちゃんとのケジメに決着付けた一冊


ぼくたちは勉強ができない(1)
うるかちゃんを見ているだけで幸せになれる


U19(1)
谷先生はもう帰ってこない。


ポロの留学記(1)
1話の迫真ポロパンチは好きです
上へ ↑上へ 最速検索作品DB皆声