ウクレレの日記/書き物

[ガラケー版(QRコード)] 総閲覧回数:80,051回 / 推薦評価:18個(内 論客13人) / ブログ拍手:1,842

 29日28日27日26日25日24日23日22日
閲覧118 (+81)37 (-53)90 (-2)92 (+17)75 (+23)52 (-11)63 (-31)94
階位106106106105104104104104
ポイント631,709631,709631,709631,709631,709631,709631,709631,709
偏差値82.5582.5682.5682.5782.5982.5982.5382.54

最近閲覧されたログイン状態の論客
mosukuwa / サンシースー / uyam / S・N / アトン / 人狼カイザー / 634 / オルタフォース / ねぎ麻雀 / 消しゴム / けんぼー / レドリック / 改造された大きな声で / めたこ / 霧の童話 / CHIGE / ルミナ / KAMIKAZE / Barnirun / ゴーグル侍 / 667 / 墨汁一滴 / はんぶらび / 雪霞 / アマンドの木 / 十傑集 / 弥生一 / 伏魔の剣 / サレハ
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
情報
DB構築()
他己紹介
17/02/25
ブログ
[書く]
リンク集
RSS購読
RSS
ブログ表示スタイル
リスト/携帯(QRコード)
画像/動画/リンク
表示開始年月
分類
 作成日時分類記事タイトル
12017/03/29その他の映像..ヒーロー物じゃない特撮..
22017/03/26お絵描きチャメゴン
32017/03/22その他の映像..レッドキングvsチャンドラー..
42017/03/20その他の映像..「リトラ」の由来
52017/03/18報告、お礼など..ブログ拍手1,800回御礼..
=>古記事6. 2017/03/18 アンビリーバボー! 総閲覧回数「78,999」
 反応日時来客名来客者の最近のメッセージ
12017/03/22634パワードの時、レッドキングとチャンドラーがリメイクされて出た..
22017/03/12634しくじり先生とかでもしかしたら使ってくれるかも・・・ですね。..
32017/03/05霧の童話『ラブZ』はあまり読んでなかったんですが、同じ小池・やまざき..
42017/01/15HARIKYU・ウクレレさんは東京都在住とありますが、かなり神奈川・山梨寄..
52016/11/21ミルナ-ちょっとおじゃまします。古畑任三郎を物まねでしか知らないなら..
その他最近のコメント
1.
2017/03/29 「ヒーロー物じゃない特撮」 分類: その他の映像
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:7個

前回のチャメゴンで思ったんですけど、「ブースカ」のようないわば「非ヒーロー特撮」いくつかありましたよね。

『快獣ブースカ』1966年
リアルタイム世代ではないので、実は大半は見ていないのですが……。
ブースカっていえばラーメンですよね。丼を回転寿司の皿みたいにして食べてる映像とか検索すると出てきますし。
オバQにしてもそうですけど、このての作品の主人公ってエンゲル係数高いイメージありますねぇ。
あと「バラサバラサ」「シオシオのパ~」といった口癖ありますけど、このへんは後の「ロボコン」が引き継いで
ますね。

『チビラくん』1970年
マイナーというか、いまひとつ知名度が低いというか。
ブースカと違って人間界でない異世界の話なので、なかなかなじめないというのはあったのかも。

『クレクレタコラ』1973年
これ特撮か?
ケロヨンやベーパックと同じような「着ぐるみ劇」だといわれたら、そうなんですけど……。
とにかく、主人公のタコラが、オープニング曲で歌われている通り「何でも欲しがる」ヤツで、目的のためには
手段は選ばず、エグいことをやりまくってます。子供番組なのに!
デブラのヘソを切ったのを見た時は、何考えてるんだって思ってしまいましたよ。
まぁタコラ最後はいつも、手痛いしっぺ返しを喰らうんですが。
制作が東宝ですけど、東映か円谷だったら絶対にやらないだろうなこういうの。
(あ、円谷は『ウルトラファイト』で結構ムチャやってるか……)
そういや上に書いた『ベーパック』、残ってないのかな? 発掘されて欲しいけど。
主人公が主人公なんで、こっちも相当酷そうだし(汗)。

『がんばれ!! ロボコン』1974年
これは好きで見てました。ただ、途中までなんですよね。最終回いまだに見ていません。
ロボコンはとにかく仲間のロボットが多くて、しかもキャラクター立ってますよね。
まともなのはロビンちゃんとロボガリとロボトンか。
ロボワルと、こいつほどじゃないがロボドロは悪いことしてるよね。
しかし一番わからないのは……ロボパー! 「あ、ショックのパー!」つって分解する、こんなヤツがなぜいるのか?
ていうかロボパーって名前自体酷過ぎ! ちなみに、ロボコン以外で私が一番好きなのがロボパーだったりします。
で、ロボコンですけど、彼も口癖がいくつかありましたよね、「ウララ~」とかね。
それにしてもいっつもいっつも「ろーぼこん、れぇてん」でしたよね。
(たまーに100点取ることもあれば、逆にマイナス点ていう悲惨な時もありましたけど)
良く言えば根性があってめげない、悪く言えば学習能力が欠如してるってなっちゃいますけど、バイタリティが
あって仲間思いだし、主人公オブ主人公なんだよなロボコン。
そうそう、ロビンちゃんみたいな「仲間の中にいるヒロイン」は、後の『ぐるぐるメダマン』『ロボット110番』
でも受け継がれてますね。

『冒険ロックバット』1975年
これは敵がいるので「非ヒーロー」とは言えないんだけど、雰囲気が(人間の出てこない異世界モノであるとはいえ)
「ロボコン」等に近いものがあるし貴重なピープロ作品なんで挙げます。
しかしロックバット、弱いんだよね! 戦闘は大抵仲間のブレイザーが活躍する。
今でいう残念系の主人公といえるのか? 違うか。
ロックバットのドアップをアニメで描いて表情を見せるというのは特徴的ですね。

『ぐるぐるメダマン』1976年
東映制作なんだけど、石ノ森先生は(確か)関係ありませんでしたよね。
漫画版を吾妻ひでお先生が描いてて、『チョッキン』でお化け屋敷の回があった時モブで海坊主が出演してました。
そう、ロボットでも怪獣でもない、お化けです。
ただ内容とか、残念ながらあんまり印象に残らなかったかな~? お父さんがお化けを怖がるところくらいか。
しかしエンディング曲の「メダマンメダマン、ホーイホイ」てのは妙に良く覚えてますが。

『ロボット110番』1977年
ロボコンの後番組ですけど、残念ながらこっちはパッとしませんでしたね。
「キャラが違うだけで、やってることはロボコンと一緒」っていわれてしまうと、確かにそうだし。何より仲間の
人数が減ったのは痛いな。
主人公のガンちゃん、ネズミ嫌いなんですよね、これにしたってロボコンのゴキブリと同じようなもんだしなー。

ここから下は『TVオバケてれもんじゃ』を除き「東映不思議コメディーシリーズ」と呼ばれるものです。
でも自分、ほとんど見てません。この頃は非ヒーロー特撮はもう卒業してましたね。

『ロボット8ちゃん』1981年
局がフジテレビだから「8ちゃん」なんですかね? だったら日テレだったら「4ちゃん」でTBSだったら「6ちゃん」
だったのか?? ……フジテレビで良かったな。

『バッテンロボ丸』1982年
これは、テレビつけたらたまたまやってたのを見たことがあります。グーチョキパートリオとかいたなー。

『ペットントン』1983年
こっちは、テレビつけたら『ロボ丸』やってるもんだとばっかり思ってたらいつの間にかこれやってました。
てか、E.Tだよね!? 緑色で髪の毛生えてるけどE.Tだよね!?

『どきんちょ! ネムリン』1984年
『勝手に!カミタマン』1985年
『もりもりぼっくん』1986年
この三つは一回も見たことありません。最後の「もりもり…」に至っては「こんなのあったっけ?」てなもんです。
多分、一生見ることないんだろうな。

『TVオバケてれもんじゃ』1985年
「東映不思議コメディーシリーズ」は日曜の朝だったんですけど、これは平日のゴールデン枠だったみたいですね。
東映でフジテレビってところは同じですが。

ところで「ロボコン」のリメイク版『燃えろ!!ロボコン』は見てました。今度はちゃーんと最後まで見てます
(途中1、2話ほど見逃したけど)。
これ放送してた年(1999年)は、私が杉並区久我山に引っ越した最初の年だったのです。
引っ越して一週間くらい経ってからこの「ロボコン」が始まって、これの視聴がまさに久我山での生活の一番最初の
習慣でしたね。
最終回の1話前でロボコンが何と100点を取って、最終回ではやっぱり0点だったのはよく覚えています。

コメントする7個

2.
2017/03/26 「チャメゴン」 分類: お絵描き
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:3個


まぁもともとああいう顔だし、イメージしやすいっちゃしやすい。
ただ、円谷プロだけど、ウルトラじゃないよね……。

(○メさんアップローダーからのリンクなので、1年くらいで消えちゃいますよ)

コメントする(論客のみコメント可能記事)3個

3.
2017/03/22 「レッドキングvsチャンドラー」 分類: その他の映像
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:7個

『ウルトラマン』8話で、レッドキングがチャンドラーを片腕にしてしまいますが、
今になって見るとこれ、「えぐー!!」って思うんですよね。
子供の時ももちろん見てましたけど、その時は普通に見てたのに。

自分が年取ったからかなぁ?
子供の方がかえって平気なのかも。子供って結構残酷だったりするじゃないですか。
それともやっぱり時代なのかな?
40年、50年前と比べて最近は、テレビでの表現てだいぶソフトになってますからね。
それに今は画質そのものも当然良くなってますから。そういうのとも無関係じゃないかも。
ただまぁ、レッドキングが何か「快楽主義的」(捕食者とかそんな単純なものではなくて)で、
バリバリの悪党として強烈な印象を残したのは確かなのかな。

「擬人化」でチャンドラー(片腕)を描くような剛の者はいないんでしょうか?
もし描いたとしても即削除だろうけど。

コメントする7個


ウクレレ さんのコメント (2017/03/22) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
634さん、コメント有難うございます。
パワードのレッドキング登場回は1回しか観ていませんが、確かに
そういう描写はありませんでした。
ウルトラ作品て考えてみれば、腕を切断したりとか角折ったりとか、
そのての場面が結構あるんですよね。特にシリーズ一期は、
チャンドラーにしても『セブン』のエレキングの首にしてもそうですが、
流血してることが割りと多いです。
日本、ていうか円谷プロは、ホントよくやった(?)と思いますね。
634 さんのコメント (2017/03/22) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
パワードの時、レッドキングとチャンドラーがリメイクされて出たので
「またチャンドラー、翼をもがれるのか?」と思ったら、日本以上に
その手の規制が厳しいアメリカ製だけに、実現しませんでした・・・。

4.
2017/03/20 「「リトラ」の由来」 分類: その他の映像
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:9個

wikipediaのウルトラQの怪獣一覧のページを見ると、「リトラ」の名前の由来が
「リトル(小さい)」って書いてありますが、わたしゃてっきり、
鳥だから"トリ"を逆にして"リト"にして"ラ"を付けたもんだとばっかり思ってた。

けど怪獣の名前って、諸説あったり
(例)
・ラゴン:「ラグーン(環礁)」と「シーラカンスゴン」
・バルタン星人:「バルカン半島」と「シルヴィー・バルタン」
・ペダン星人:「ペダン(衒学)」と「ペテンにかける」
実際にダブルミーニングだったり
(例)
・アボラス:「青ラス」と「泡ラス」
・ボーグ星人:「防具」と「サイボーグ」
等があるので、上に書いた自分の説も捨てきれないんですよねー。

怪獣の名前由来って、ひねったものもあればストレートで分かり易いものもあり、
そういうの全てひっくるめて奥が深いなと思うんですよね。

コメントする9個

5.
2017/03/18 同日2番目 「ブログ拍手1,800回御礼」 分類: 報告、お礼など
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:14個

3月18日にはんぶらびさんから頂きましたブログ拍手をもって1,800回に達しました。

1,700回が1月15日だったから、2ヶ月と3日要したことになりますね。
でも今回は、ハッキリ言ってあんまり調子よくなかったんですよ。
週に1回くらいしか書けなかったし。それに内容的にも、ヘンなのが多かったような。
「プライドだけは昔のまま」とか、(自分で書いといてなんですが)なんちゅう記事だ。
でも前回と前々回のキリ番の記事でだいぶボタン押してもらえたのはラッキーでしたね。
あらためて、拍手ボタンを押して下さいました皆様にはお礼を申し上げます。

次は、1,900回。おっとそろそろ2,000回も迫ってきましたね。
頑張ります。

コメントする(論客のみコメント可能記事)14個

=>古記事6. 2017/03/18 アンビリーバボー! 総閲覧回数「78,999」
上へ ↑上へ 最速検索作品DB皆声