アマンドの木が受けた共感メッセージ

総閲覧回数:186,138回 / 推薦評価:557個(内 論客178人) / ブログ拍手:602
 12日11日10日9日8日7日6日5日
閲覧12 (-29)41 (+27)14 (-9)23 (-32)55 (+33)22 (-13)35 (+23)12
階位1212121212121212
ポイント4,200,280
(-50)
4,200,3304,200,330
(-2)
4,200,332
(-20)
4,200,352
(+13)
4,200,339
(+12)
4,200,327
(-421)
4,200,748
偏差値236.02236.13236.19236.99237.04237.12237.20237.25

最近閲覧されたログイン状態の論客
近藤寺 / まつたろう / ルネサント / 志音。 / シャル / タイコナ・フィランドー / てとてと / S・N / おあし / しめりけ / オルタフォース / だわわ / Conner / 鉄風 / vanillasalt / パチモン / 武信君 / ハルバード / れいんぼーきんぐ / 信山 / arancia / 愛をください / ダッツ / 4330 / 悪魔の羽(Qoo) / 弥生一 / 消しゴム / OYJAR40 / キノポン
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /:   /
DB構築()
他己紹介
20/06/21
ブログ
[書く]
リンク集(無)

1. 2020/07/28 打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? by てとてと
「世評ほど悪くはないと思ったが、世評が悪くなるのも分かるなといった感じ。」同感であります。
2. 2020/03/10 ラディアン by てとてと
NHK久々の大作でしたね。王道的なファンタジーであり、また現代的なメッセージも無理なく描かれていて好感持てました。続報はありませんが、NHKなら3期もワンチャンあるかも…と期待しましたが、原作のストックが無いんですね、残念。
3. 2020/02/08 バビロン by てとてと
悪い系の評価の割には楽しめた、正直好きなアニメです。看破されている通り「ドッキリ」作品、真面目に見るタイプじゃないと確信犯で見てれば楽しいですね。このレビューのお陰で、自分にはドッキリを最後まで楽しむ「覚悟」が足りなかったと気づかされました。反省。
4. 2020/01/14 炎炎ノ消防隊 by てとてと
かなり良く出来た作品の割には人気ないですね。2期に大いに期待したいところですね。
5. 2020/01/12 Fairy gone フェアリーゴーン by てとてと
流石です。アマンドの木さんに脚本監修してほしかったです…
6. 2020/01/08 アフリカのサラリーマン(TVシリーズ) by てとてと
「アフリカの動物を擬人化したのではなく、日本のサラリーマンを擬動物化したもの」ああ~っ!確かに。というか全然擬人化じゃないですよね…
7. 2019/12/28 放課後さいころ倶楽部 by てとてと
原作者さんはアナログゲームを本当に愛してるんだろうなと伝わってきますね。アナログゲームの本質と、女の子たちの交流や成長劇の相性が噛み合っていた良作でした。
8. 2019/10/28 ファンタシースターオンライン2 ジ アニメーション by てとてと
現実とゲームとを別物と考えないあり方、結構新しい作品かもですね。同感です。(制限さえなければ推薦したかった)
9. 2019/10/17 荒ぶる季節の乙女どもよ。 by てとてと
素晴らしいレビューでとても参考になりました。制作者の非凡さ優秀さがよく分かる作品作り、全く同感であります。(制限越えてて推薦できませんが実質推薦という事で)
10. 2019/09/20 彼方のアストラ by てとてと
素晴らしいSFジュブナイル、全く同感です。未知の世界に対する好奇心こそSFの醍醐味、その通りだと思います。(コメントにて疑似的に推薦)
11. 2019/09/10 正解するカド KADO:The Right Answer by てとてと
宇宙を「アニメ」に、異方存在を「視聴者」に、人類を「キャラクター」に置き換える等の視点は成程と思いました。制作と視聴者の求める情報にも差異があった気がしますが、稀有な作品だったと思います。
12. 2019/06/30 消滅都市 by 無慈悲1020
おっしゃる通りで、最後の選択で「ヒロインが選ぶに値する世界」を作中で描けていなかったのは同感です。
13. 2019/06/25 消滅都市 by ねぎ麻雀
まったくヒロイン自身の物語が無い作品でした。それが狙いだとしたらあまり効果はなかったと言えるでしょうね。花澤さんの「本当のユキを知らない」というCFが象徴的でした。そりゃ何も描かれていないんだから知りようがなかろうに。
14. 2019/05/20 劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~ by ルネサント
素晴らしいレビューです。凄く分かりやすくてそれでいて丁寧な文章が好きです。本当、いい作品ですよね。
15. 2019/05/11 クズの本懐 by rie-ru
作品の持つどことない閉塞感について、価値観の視点から切り込んだレビューだと思います。モカちゃんが何を表すキャラクターなのか私は掴みかねていたのですが、それもテーマと絡めてあっさり言い当てています。凄いです(私が鈍感なだけかもですが…笑)
16. 2019/04/20 ハッピーシュガーライフ by rie-ru
『難しい題材を真面目に扱おうという作品でもないはず』←ちょっと難しいとこですね。個人的には真面目に振ったものを見てみたかったです。きついですが…
17. 2019/04/10 ブギーポップは笑わない (2019) by rie-ru
本作も見ました。…痛いです。突き刺さりました。でも、たまにはこういう思いもしないといけないのかも、と思わされました…
18. 2019/03/14 SSSS.GRIDMAN(グリッドマン) by rie-ru
『説明せず視聴者の理解力に委ねようという姿勢…』『語りすぎて野暮になるより、きっとこうなんだろうと一人胸の内に秘める方が趣ある事もある』←私にとってはこれが上手くはまった作品でした。肝心の理解力が怪しいゆえに、妄想気味になってしまいましたが…(笑)
19. 2019/01/11 DOUBLE DECKER! ダグ&キリル by ねぎ麻雀
毎週ディーナの出番が楽しみで、早見さんの新しい魅力を発見できた作品でした。
20. 2019/01/07 やがて君になる by rie-ru
本当、人間関係における論理性が際立った作品ですよね。尚且つ身体的な関係・衝動も排除しないっていうのは、論理性に目を奪われていた私には的確なご指摘でした。普遍性については私も感じてましたが(勿論こんなに高いレベルじゃなくて)…興味深いもののセンシティブな問いで、私なんかにはだいぶ難しいです(笑)
21. 2019/01/05 RELEASE THE SPYCE(リリース ザ スパイス) by ゲッター
確かにキャラや背景のデザインの雰囲気の演出と本筋にずれを感じました
22. 2018/10/14 宇宙よりも遠い場所 by 無慈悲1020
「青春は一定の形ではなく、躍動し続けるものなのだから」とても響く表現ですね。青春への熱い想いを感じました。
23. 2018/08/18 BEATLESS by まっく
絵も未来感が乏しく、ストーリーの補強とならなかった点が残念です。
24. 2018/07/30 宝石の国 by rie-ru
「作品や内容に合った絵を用意する」点で優れたアニメでしたね(逆も然りなんでしょうけど)。
25. 2018/07/16 Just Because! by rie-ru
主人公とヒロイン、良いですよね。さっぱりしないけれどよく思えるのは、精緻な感情が何気なく伝わってくるからなんでしょうか・・・
26. 2018/07/08 博多豚骨ラーメンズ by wein
「この作品の雰囲気のコントロールは非常に巧みだった。」同感です、重い方向にはいくらでも振れそうなところを上手くバランスとっていたと思います。
27. 2018/05/23 宇宙よりも遠い場所 by E・カリング
製作者のみならず観る者の「青春とは何だ」を炙り出すような作品だったと思います。力のこもったレビュー堪能しました。
28. 2018/05/22 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語 by スペ9
「引きこもりを助ける」「引きこもりに成功する」この分類だけでテレビ版と映画版双方を総括出来てる。まどマギってどっちでも成立できる作品だったんですよね。
29. 2018/03/28 刻刻 by ねぎ麻雀
サスペンス作品である点と「主人公がイイ女」に共感します。原作よりもずっと美化されていました。
30. 2018/02/16 サクラダリセット by ももじろう
おっしゃる通りだと思う。この作品の問題点をものの見事に示しています。抽象的表現を具体的事実に落とし込んでないんですよね。ポエムのまま話が進むから「はあ?」ってなる
31. 2018/01/19 結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-/-勇者の章- by 即身仏
本当にそうですよね。(恐らく)インスパイア元であろう「魔法少女まどか☆マギカ」と比較しても、悪い意味で茶番というか、二番煎じだなぁ、という印象が最後まで拭えなかったというのが個人的感想であります。悪い意味であざとい。そのあざとさを何とか消そうとしなかった制作側の怠慢と断じても良いのではないですかね。
32. 2018/01/10 つうかあ by ねぎ麻雀
「女子高生の友情を描く作品のように見える作品」の本当の姿がわからなくてモヤモヤしていましたが、本レビューにより理解できました。ありがとうございます。
33. 2017/07/25 アクティヴレイド -機動強襲室第八係- by wein
「単純なギャグには出来ないネタも扱っている以上~」同感です、ロゴスの3名に関してはもう少し突っこんだ細かい経緯の描写が欲しかったかなと思いました。
34. 2017/05/18 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ by バリ
希望と切なさ、そのどちらも感じさせるエピローグは何か上手く例えようのない、心に残るものを感じますね。
35. 2017/05/10 ACCA13区監察課 by wein
「視聴者も主人公とともに作品の謎に迫っていく事が出来る」同感です、この部分にひき付けられました。派手な演出は抑えてるのに物語展開は勢いがあるところも面白かったです。
36. 2017/04/04 クラシカロイド by 紅葉青水
共感コメントではないですが、私は途中何話か見てみて作りはおもしろそうだったけど継続視聴につながる魅力が感じられなかったのですが、この評価文で「著名なアーティスト」という情報が気になりました。まあ必ずしも著名だから優秀だとはならないかもしれませんが、ちょっと音を聞いてみようかという興味は沸きました。情報ありがとうございます。
37. 2017/02/04 響け!ユーフォニアム2 by ビキ
一単語でラベルを貼ることができないような複雑な心理を持つキャラクター達に対して、一人一人の脚本上の行動や声優の演技、装飾品や小物に至るまでの細かな演出がすべてほぼ統一された形で表現されていたのがこのシリーズの強みだと思います。
38. 2016/10/22 91Days by E・カリング
>一番底の部分には、不思議な甘さが漂っている ←この作品の独特の雰囲気をこの一言でキレよく表現されたことに脱帽。ロマンチシズム~の下りも考えさせられました。
39. 2016/10/12 マクロスΔ(デルタ) by SIMON66
出来自体は良いので、人間vs人間になったり、三角関係に全然なってないのが非常に残念でした
40. 2016/10/09 魔法少女まどか☆マギカ by rie-ru
なぜ共感コメントがない・・・。「ささやかな奇跡」を担うのが魔法少女、「嫌味な現代社会」が魔女化や魔法少女システムそのもの、という見方は、設定とテーマの連なりを上手く分析していると思います。
41. 2016/09/26 砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない by rie-ru
私がなかなか言葉にできなかったテーマについて、とても明晰に表しています。私のレビューはこの文章の影響を多大に受けています・・・(笑)。
42. 2016/07/07 コンクリート・レボルティオ~超人幻想~ by CHIGE
もっと評価されるべき作品だと思います。第一話でやらかしちゃったのが痛いですけど描くべきテーマは最初から最後までぶれてませんでした。
43. 2016/07/04 坂本ですが? by 乳輪観音
最終話パイ投げでまたアホな事を と思いましたがその理由が素敵でしたね。
44. 2016/07/04 アクエリオンロゴス by wein
「浮いたリソースをどこに使ったのかは全く分からない」同感です、「飯の種」自分はそう思っちゃいました。
45. 2016/07/04 甲鉄城のカバネリ by 紅葉青水
この作品はほとんど視聴していませんが、いろんな方の評価で楽しませてもらっています。ゾンビものは確かに長編では失敗作の印象しかないですね。ウォーキングデッドというドラマでも生存と対策撃滅以外の行動が多くて内ゲバも発生しており、つっこみどころ満載でした。
46. 2016/06/23 true tears by rie-ru
この評価文を見てこのアニメを見ようと昔思い、最近見終えました。深い教養と全体的な構造を踏まえての分析、そして比呂美というキャラクターへの踏み込んだ視点が凄いです。ここまで作品を読み込めることに尊敬。
47. 2016/06/22 ハイキュー!! セカンドシーズン by wein
負けて悔しいという結果に対して「一人一人が異なる悔し涙を流す。」同感です、丁寧に描けていたと思います。
48. 2016/05/19 勇者王ガオガイガー by エリクサー
私も勇者シリーズを失ってしまったことは大きな損失であったと思います。今は良い意味で「子ども向けの」きちんとしたロボアニメがほとんどなくなってしまいましたし。これは確かに深刻です。
49. 2016/04/15 紅殻のパンドラ by 古典主義
「なんかこう、もっと出来たんじゃないの?」の一言に全く同感です。原作未読なので、六道氏の問題なのか、監督のせいかは判りませんが・・・
50. 2016/01/27 赤髪の白雪姫 by 静山子猫
>完成形女性主人公を前にしたとき、男の子はいかに男でありうるのか。王子様に助けてもらう前に自力で困難から脱出できるお姫様を前に、王子様はいかに王子様たりうるのか。←最近の少女漫画や女性向け、そして女児向けの作品などで強調して「精神敵に強い or 成長する女性/女子」が描かれていることを考えると非常に興味深い作品だと感じます。そんな女性=白雪に対してゼン王子を含めた各男性キャラがそれぞれ異なる姿勢で接しているのも見どころの一つだと感じますね。
51. 2015/11/07 残響のテロル by しーたん
最終回を見終わった後は、自分の中で消化不良な事が多すぎたんですが、あなたの解釈で少し消化できました。
52. 2015/10/07 デュラララ!!×2 転 by 鉄風
確かに登場人物が多くなりすぎましたね。そのため、色々盛り込まないといけなくなったのが、かえって魅力を損なっているように感じます。
53. 2015/10/05 Charlotte(シャーロット) by じっちゃん
シャーロットは話の流れが雑でしたし、何より貴方が言うとおり友利が乙坂に惚れる理由が分かりませんよね。殺されかけたんだし、さらには熊耳がいないと本当に死んでたわけですし。
54. 2015/09/27 Classroom☆Crisis(クラスルーム☆クライシス) by 即身仏
もっと分り易く見せれていれば文句の出ない良作になっていただろうと思うと、この作品が非常に残念に思える。色々な意味で見せ方の甘い「惜しい」作品だったというのが個人的に持った印象であります。
55. 2015/08/12 僕らはみんな河合荘 by Merci
突き放した視点というのが、本当そうですよね。作者さんの作風を知っていればさもありなんなんですが。ある種の生々しさがありますよね、笑いに包んでいるけど。
56. 2015/07/17 ローリング☆ガールズ by かぷ
>見せ場は、静岡・山梨富士山戦争だな。←これめっちゃ観たいですw
57. 2015/06/02 四月は君の嘘 by anything goes
演出過多というのはとても共感ですね。音を光の玉?みたいな感じで表現したりもしてたけれど、あれは寒いです。
58. 2015/04/02 純潔のマリア by 青い羊
人の世界が到来している事を象徴する二人の人物←彼らがアニオリであるってのが、いやはや何とも凄い作品だなと思います。主人公の行動原理はある種、脳筋的ジャスティスなんだけど、言動一致で「颯爽」という表現が似合う良いキャラだった事もあり、綺麗(すぎるのかな)に纏まっていましたね。
59. 2015/03/28 SHIROBAKO by 青い羊
理想的な職場と仕事と将来を、現実の一角に描ききった←本当に「たった一回しかできないネタ」でこれをやってのけたスタッフには脱帽ですね
60. 2015/03/25 四月は君の嘘 by 春の夜月
演出的に華美な要素が多いので、それがハマっているところと逆に行き過ぎて醒めてしまう部分は自分もありました。ただストーリーを支える音楽との相性は悪くないとも感じました。
61. 2014/10/18 バディ・コンプレックス 完結編 ―あの空に還る未来で― by エリクサー
私もこの作品は無理矢理に完結させられたような印象を持っています(合計2クールはあると思っていました)。もし当初の予想通り26話くらいあればきちんとまとまった物語になっただろうし、刺激的な表現に過度に頼らない制作姿勢も正しかったと考えるので、それが否定された形になったことは残念です(サンライズの次のロボットアニメは本作品とは真逆の方向を向き刺激的な表現に大きく依存するようになったようです。)。
62. 2014/10/10 残響のテロル by E・カリング
クライムサスペンスとしてよりも普通の少年として生きたかった主人公の思いを描くということ、それを引き出したヒロインの役割、物悲しい雰囲気の魅力等、書かれたことに全く同感です。
63. 2014/10/08 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金 by ai5
人に見せるものとしてあらゆる所がちぐはぐなんですよねこの作品。評価をまとめる事すら難しいレベルでしたが、これは実にわかりやすい批評であります。
64. 2014/10/03 普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。 by CHIGE
というか、タイトルのほうも「ろこどる♪」とかだったら良かったのでは?
65. 2014/10/03 グラスリップ by 青い羊
『「唐突な当たり前の孤独」とか、いかにも明治文学に出てきそうな言葉。そういう、文芸的・純文学的な物語の映像化を目指しているのではないかと思う。』『何より問題なのは、本筋じゃない物語が完璧なのだ。』『妙に、技巧に走ったという演出過多になって、十分にキャラクターが生きなかったようにも見える。レトリックに溺れて内容を見失った小説みたいな感じ。』←この3点セットに拍手。
66. 2014/10/01 グラスリップ by 春の夜月
恋の描写部分の解説に特に同感です。また確かにらしさは失うけれどファンタジーに逃げなければ、もう少し意図が伝わる作品になった可能性はありますね。
67. 2014/09/23 キャプテン・アース by 青い羊
アバターという肉体を得た事によって、その精神がいかに変容するか…を描くべきだったのではないだろうか。パックも…社長の肉体を乗っ取った事によって、野心が芽生えたという形になるべきだった←共感。フィジカルからマインドへのフィードバックによって初めて、「本当の人間にしてあげる」と口にするキルトガング側が真に人間になれるという逆説でキレイに終われたはず
68. 2014/08/16 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金 by 狗が身
最後の一文の表現にハッとさせられました。
69. 2014/07/30 僕らはみんな河合荘 by プー長
読者の視点の置き場所考察、そして人間関係に向ける本作の眼差しに関する考察。大変感銘を受けました(自分の感想をあげる気力を失うほどに(苦笑))
70. 2014/07/26 ノブナガ・ザ・フール by 狗が身
>奇抜で、バカバカしくて、大げさで、無意味、そんなノリと勢いの作品になるんじゃないかって。←ビジュアルから抱くイメージだと確かにそんな感じがしますよね。でも実際は、3話まで観てもノリも勢いもあんまり感じないっていう;
71. 2014/07/11 ウィザード・バリスターズ 弁魔士セシル by 狗が身
まったくもって同感です。
72. 2014/05/18 咲-Saki-全国編 by おかわり君
この作品がそうとは言い切れませんが、ファミコンの喩えは単純に面白いですね。思わず唸りました。
73. 2014/04/12 ガンダムビルドファイターズ by 青い羊
悪役も絶妙に小物で、イヤミだけど嫌味が無い。後味の悪さを残す事無く、あっちの世界でもそれなりに上手くやって←この部分の処理が大好きでした。会長は幸せな奴だ。
74. 2014/04/09 咲-Saki-全国編 by ナムル
キャラの多さをファミコンの処理能力で例えたのがわかりやすい上に斬新に思いました。
75. 2014/04/06 世界征服 ~謀略のズヴィズダー~ by しめりけ
>>『「あれ? これって面白いの?」と逆に笑っていない自分に自信が持てなくなってくる』 そうなんですよね・・・・自分も全く同意見で・・・何と言うか本当に理解できない何かを見てしまった気分です。何なんでしょう・・・・
76. 2014/03/31 革命機ヴァルヴレイヴ by N2
世界のウソをあばき、欺瞞を壊し、新しい世界に作り変えるのは、よくわからないロボットじゃなく一人の変な女の子だった(そしてそれを助ける少年)、という話の方がよっぽど納得できます。そんなアニメなら良かったです…
77. 2014/03/28 サムライフラメンコ by 春の夜月
「超展開」でもしっかりとブレないものが描かれたからこそ、自分も最後までこの作品を楽しめたのだと思います。同感です。
78. 2014/03/24 いなり、こんこん、恋いろは。 by 青い羊
『最後も、一抹の寂しさを添えた、爽やかな締め方。(原作の販促として考えると、これは相当に上手いだろう) 』←御指摘通り、この点、この作品は完璧ですね。 『スサノオノミコトにいたっては「確かに、その解釈は間違ってないかもしれないけどさ」って感じの絵。』 ←同意(笑
79. 2014/01/06 ガリレイドンナ by 青い羊
「ほっちびのキャラと簡単に人が射殺されるシーンは、どうしようもなくミスマッチ」「このジャンルに挑戦する事がリスキーだと示してしまったのは、まずい事態」この二点に激しく同意です。
80. 2014/01/04 革命機ヴァルヴレイヴ by 青い羊
リヤカー一杯に荷物を積んで出発したのに、ゴールに着いたら手提げ鞄一つになっていた感じ←この比喩は笑わずにいられない
81. 2013/12/24 境界の彼方 by バジリコ
「屋上でダンスした回が一番面白かった時点で、バトルものとしては失格」確かに…ダンスシーンはとても見ごたえがあったのにバトルシーンにはそれが無かったように思います
82. 2013/12/13 セイクリッドセブン by 狗が身
>何だよ・・・無一文になって~←すごい……そんな場面が簡単にイメージできてしまう。うぅむ、観てみたかったですね、そのシーン……
83. 2013/11/18 戦姫絶唱シンフォギア by 狗が身
>それだけに若い人から見ると、ちょっとなぁという反応になるのだと思う。←納得できる一文です。でも何故か、僕はこのテの作品は好意的に受け入れちゃうんですよねぇ。不思議。
84. 2013/10/09 幻影ヲ駆ケル太陽 by 狗が身
全面的に同感です。どうして、こんなにも無難になってしまったんでしょう……?
85. 2013/10/03 Free! by 青い羊
なぜ、誰一人として殴らないのか。←(笑 文芸面が弱く、ストーリーが無くとも、それはゼロであってマイナスではなかった。←マイナス反転を起こして始めた旨に同意です。新作も同様っぽい。
86. 2013/09/29 恋愛ラボ by ペク
美少女サーカスとは言いえて妙ですね。忘れかけたドタバタギャグの面白さを思い出させてくれました。それを眺めてるだけでもかわいい女の子がやってくれるという、一粒で二度おいしい作品だったように思います。
87. 2013/09/28 戦姫絶唱シンフォギアG by CHIGE
この設定とキャラクターならもっと面白いものに仕上げられたと思います。せめて尺があと3~4回あれば・・・。二課のメンバーとFISの交流を描いてほしかったですね。
88. 2013/06/30 RDG レッドデータガール by しめりけ
原作の内容・描写もふまえた評価でとても参考になりました。推薦させていただきます。
89. 2013/06/24 RDG レッドデータガール by 春の夜月
非常に上手に世界観と雰囲気を描いていた作品だけに、もったいない部分が多かったのが残念でした。
90. 2013/04/29 TIGER & BUNNY by 荒垣真次郎
ノスタルジー半分・共感半分な感じ、に同感です、でも昔は(と言うか今も)朝アニメはブラックな展開が多いので、日朝アニメにしてもよかったと思うんですけどね、でもスポンサーは子供にはわかりずらいかも。
91. 2013/04/15 AKB0048 next stage by しめりけ
内側から見た―の部分は正にその通りだったと思うので推薦させていただきました。
92. 2013/04/14 絶対可憐チルドレン THE UNLIMITED 兵部京介 by しめりけ
この作品ならではの格好の良さをはじめ、とても分かりやすい評価です。推薦させていただきます。
93. 2013/03/11 銀河へキックオフ!! by 羽幌炭鉱
確かに、視聴してからだとよくわかります>全てのキャラクターについて言及できるくらい(3Uどころか、須黒くんや景浦くんの事だって語れる)、どのキャラクターにも語るべき物語があり、見るべき個性があった
94. 2013/01/18 ヨルムンガンド PERFECT ORDER by cipherxx
>ブックマンはそれに対して日和見を決め込むのではなく、近代という価値観を護持する立場を表明すべき------この一言に共感です。「リアリティ」はともかくとしてエンタメ的にはブックマンは狂言回しではなく、対立軸として作用した方が盛り上がり、作品のテーマやメッセージもより明確になったと思います。
95. 2013/01/14 謎の彼女X by ミッチリン
いいこと言いますね。共感します。
96. 2012/12/29 瀬戸の花嫁 by 狗が身
ガンダム以外の作品にもこういう評価を書けるようになりたい……。着眼点がお見事。全面的に同意します(最後の一文も含めて)
97. 2012/12/27 のだめカンタービレ by cipherxx
>作曲家と演奏家、そして聴衆>凄まじく高度なせめぎあい----クラシックわかんなくても見ていて楽しい気分にさせてくれる作品の面白さのポイントを的確に解説されていると思います。>黒木くんがモーツァルト----あのシーンはホントに絵よりも音だけで十分に"ピンクのモーツアルト"になっていましたね(笑)「裏方さん」である楽曲の監修サポートも光ったアニメでしたね。
98. 2012/12/20 輪廻のラグランジェ season2 by しめりけ
「ガールズトーク」の説明があまりにもピッタリで完全に納得させられました。自分が評価を書くのにも大変参考になりましたので推薦させていただきます。
99. 2012/11/30 WORKING'!!(第2期) by Feioh
「山田」に関する分析におもわず納得させられました。
100. 2012/10/22 電脳コイル by 狗が身
そう、そうなんですよね。この作品は本当に素晴らしいものでした^^ 自分も、レビューでこういうことが言えたらなぁ……。
101 -
↑上へ