一体、この扱いの差はなんだろう?

総閲覧回数:13,785回 / 推薦評価:2個(内 論客2人)
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
DB構築
ブログ
[書く]
リンク集(無)
RSS購読
RSS
表示開始年月
分類

1.
2005/04/20 「一体、この扱いの差はなんだろう?」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]

今更こんな話をするのもおかしいと思いますが、あびる優の集団窃盗カミングアウト騒動をテーマにして話をしようと思います。

まず何と言ったらよろしいのでしょうか、段ボール単位で商品を運び出し、しまいにはそれが原因で店が潰れてしまったという内容の話には、開いた口が塞がりません。

しかし、この話を耳にした時に私の頭では、これとは全く別のあることがよぎりました。

『前にも、似たような話があったよね……。』

そう、それは数年前、堺正章さんが司会を務める『チューボー』で起きました。
その日、ガレッジセールのゴリがゲストとして出演していたのですが、番組中にそのゴリが、少年時代のとんでもない思い出を語ったのです。

『泥棒に入ったことがある。』

その内容は、夜中にこっそりスーパーに忍び込み、お目当てのモノ(この辺は、どうも思い出せそうにありません……。)を盗んだというものです。しかしこの話の場合、ゴリが逃げ帰ろうとした時には、スーパーを包囲した警察が彼を出迎えていたそうです。

多少の違いはありますが、同じ犯罪を犯したあびる優とゴリ。どうしてここまで扱いの差が生まれるのか不思議でなりません(逮捕されたされてないの違いと言われれば、それまで話なのですが……。)……。

P.S.

ちなみに、私自身あびる優を擁護する意味で今回の日記を書いた訳ではありませんので、そこは誤解の無いようにお願いいたします。

コメントする(論客のみコメント可能記事)


[他の記事も読む]


この論客の記事全て
↑上へ