『彼方のアストラ』を読みました

総閲覧回数:308,237回 / 推薦評価:86個(内 論客41人) / ブログ拍手:2,540
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
情報
DB構築()
他己紹介
17/02/25
ブログ
[書く]
リンク集(無)
<=次の記事 ネット時代の闇?~フェイク動画~
=>前の記事 Ring of Fire~治安悪化時代の徒花~

1.
2019/08/14 「『彼方のアストラ』を読みました」 分類: アニメ・漫画関係
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:6個

非常にレビューの書き辛い漫画なので、レビューを書くかどうか分からない。だから、とりあえず日記に書きます。
もしレビューを書くなら、『良い』が妥当かな。

この漫画は、驚くほど欠点がない。良くも悪くも優等生的な漫画です。
強いて欠点を上げるなら、アリエスが有能過ぎてザックの出番を食っていることぐらい。ザックは単に知識が豊富なだけで、天才には見えなかった。

後、物語には二種類ある。ネタバレしても面白さが大して損なわれないタイプと、ネタバレによって大きく損なわれるタイプです。この漫画は、絶対に後者です。
完成度の高い漫画ではあるけど、その場その場の盛り上がりは、今一つ弱い。担当はジャンプ本誌でなくプラスでの連載を勧めたらしいけど、的確な助言だと思います。
最初から全体の構成が決まっていて、ライブ感覚で書かれた漫画ではない。ジャンプ本誌で受けるにはライブ感覚が必要だと思うけど、この漫画はキッチリしすぎている。
読んでいて夢中になるほど引き込まれたり、何度も読み返したり、そういう中毒性のある漫画ではない。そこが物足りなくて、私の評価は『良い』止まりです。

この漫画は、SF、冒険もの、ミステリー、様々な要素が入っています。どれも水準以上に達していて、多彩な魅力をもった漫画だと評価できます。
しかし全てが水準以上には達しているけど、どれも突出してはいなかった。また尖ったところもなかった。そのため強いアピール・ポイントのある漫画ではなかった。
ぶっ飛んだ天才というよりは、良く出来た優等生と言う感じだった。そこは、なんとなく時流に合っていると思ったけど、私は凄く物足りなく感じた。私は全てが無難にまとまった秀作よりも、突き抜けたところのある怪作の方が好きです。

前述した通り様々な要素が入れられているので、ほとんどの人はどこかしらフックとなる要素が見つけられると思う。この点では、懐の深い漫画だと言えます。ただし一つ一つのフックの小ささに物足りなさを感じる人は、多いのではないかと思う。
私個人の意見としては、SF冒険としては既視感が強すぎた。でも人間の欲望を描いたサスペンスとしては、なかなか読み応えがありました。

コメントする6個


はんぶらび さんのコメント (2019/08/14) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
S・Nさん、コメントありがとうございます。

漫画を読んで、アニメ映えする作品という印象を受けなかったです。どちらかと言うとコミックスを一気読みした方が良いタイプの作品と言うか。
オチに価値のある漫画でネタバレ耐性が乏しいので、ネット上のネタバレに目が触れてしまうと面白さが大きく損なわれます。キャラに入れ込むほどキャラが魅力的でもないので、毎週一話ずつ見るタイプの話とは思えないです。
ただ本当に欠点らしい欠点がない。この点だけは、本当に感心しました。
S・N さんのコメント (2019/08/14) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
現在アニメ6話まで視聴してるんですが、概ね同意見です。
これといった欠点はないんだけど、突き抜けて面白くもないというか・・
良くも悪くもキッチリ優等生過ぎるんですよね。


[他の記事も読む]
<=次の記事 ネット時代の闇?~フェイク動画~
=>前の記事 Ring of Fire~治安悪化時代の徒花~


大分類が「アニメ・漫画関係」の記事
この論客の記事全て
RSS購読
RSS
表示開始年月
分類
長編小説

中編小説

短編小説

この日記のメインは、キルとミストを主人公とした『ダイの大冒険』の二次創作の小説です。
で、その小説の内容ですが…。

こういう方に向いています:キルとミストが大好きな方。楽しんでいただけたら、嬉しいです。

こういう方には向いていません:『ダイの大冒険』を読んだことがない方(たぶん、内容が理解できないと思います)、キルとミストが嫌いな方(たぶん、面白くないと思います)

魔王軍と聞く、名曲の数々
お気に入りの、アニソンとゲームのBGMを紹介します。

魔王軍と学ぶ、銃の知識
銃火器の様々な知識を、紹介します。

ガンプラ小説
ガンプラを使ったオリジナルのバトル小説です。私の小説のキャラも、設定を変えてゲスト出演しています。

ブルースワットに登場した銃火器をを現実の銃火器に例えると
伝説のメタル・ヒーロー、『ブルースワット』に登場した銃火器を、現実の銃火器と比較して考察します。後、玩具銃も紹介します。
↑上へ