「名門!第三野球部」5話まで見て

総閲覧回数:2,707回 / 推薦評価:3個(内 論客3人) / ブログ拍手:38
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ブログ
[書く]
リンク集(無)
RSS購読
RSS
表示開始年月
分類
<=次の記事 視聴中アニメ::「魔王様リトライ!」6話まで視聴。B級ながら抜群の面白さ。
=>前の記事 視聴中アニメ:: 「博多明太!ぴりからこちゃん」6話まで見て

1.
2019/08/13 視聴中アニメ > 「名門!第三野球部」5話まで見て」 分類: 視聴中アニメ
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:2個

週刊少年マガジンの野球漫画で、雑草魂で頑張る系の真面目な青春スポコンアニメ。
当時マガジンあまり好きじゃなかったし、この作品はあんまり覚えてない辺り、多分敬遠しちゃってた模様。
ウィキペディアによると、昭和天皇病臥でハイスクール!奇面組とかのギャグが自粛、真面目な本作が放送されたとの事。
昭和最後のTVアニメ、28年後放送の「アホガール」との意外な繋がりなど(へぇ~)と思った。

内容は超真面目、いじめられっ子な主人公あすなろ、落ちこぼれでバカにされてきた第三野球部が、奮起して這い上がっていく。
1話のイジメシーンが昭和的でキツいものの、2話以降は俄然面白くなっていく。
5話まで見て、今のところ悪人が誰もいないのが爽やかで好印象。
嫌味な一軍や監督も、第三野球部の奮闘を見て考えを改め正々堂々のライバルとして振る舞ったり、1話であすなろをいじめてた不良も2話以降あすなろを応援するなど、感じが良い。
頑張っている彼らを心から応援したくなった。

野球はあまり興味が無いが、リアルに細やかに野球の良さを描写している感じは伝わってくる。
展開もテンポ良く見やすく、キャラクターも3話までには第三野球部全員きちんと印象に残る。
井上和彦氏の気障キャラはやはり絶品であった。

原作知識も記憶も殆ど無いので実質初見、これから楽しみ。

コメントする(論客のみコメント可能記事)2個


てとてと さんのコメント (2019/08/15) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
第三野球部現在6話まで見てますが、これから楽しみであります。

地上波衰退は寂しいですが時代の趨勢かなぁと。
現在は目ぼしいアニメはネットで手軽に視聴できる、これはこれで良い時代になったと思ってます。
(アベル伝説や第三野球部は現在、GYAO!無料枠で毎週2話くらいのペースで見てます)
TV放送だと自分のような地方民は都会の番組映らず悔しい思いすること多々あり(90年代後半~00年代前半辺り)、全国津々浦々で視聴できる衛星放送の登場は福音だったりします。

逆に地域間格差広がってるのは劇場版アニメで、田舎だと放映してくれる映画館極端に少なくて遠出しないと見れないのがつらいです。
最近も天気の子見に行くのに一苦労でした…。
無限堂 さんのコメント (2019/08/15) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
そうでしょう。本作の完成度は非常に高く「80年代末期版キャプテン」と言えます。
間違いなく令和はアニメはCSやデジタル波放送、Web配信がメインになり、月1・2回配信になれば製作スケジュールの緩和が期待される反面、後者は視聴が不規則になる事を非常に憂慮しています。
地上波テレビアニメもテレビ東京系、独立局、NHK-ETVがメインになるでしょう。
てとてと さんのコメント (2019/08/14) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
無限堂さんコメントありがとうございます。
ゴールデン帯アニメは昭和末期が全盛で、平成は深夜帯に移行していった時代ですね。
寂しい気もしますが、まあ是非も無いですね…。

第三野球部は今のところ素晴らしい内容で、こんな良作を見逃していたのは不覚です。
無限堂 さんのコメント (2019/08/14) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
本作は全国ネット時代は不可解な特番休止で十分に放送されなかった為話が進まず、地方によっては起承転結の「承」で打ち切りとなった不運の作品でした。
バブル期からレギュラー番組を長期特番休止する傾向があり、これが今日の地上波テレビ没落の前兆だったかも知れません。


[他の記事も読む]
<=次の記事 視聴中アニメ::「魔王様リトライ!」6話まで視聴。B級ながら抜群の面白さ。
=>前の記事 視聴中アニメ:: 「博多明太!ぴりからこちゃん」6話まで見て


大分類が「視聴中アニメ」の記事
この論客の記事全て
↑上へ