サンデーで「響」の連載が始まったんだが?

総閲覧回数:143,729回 / 推薦評価:177個(内 論客71人) / ブログ拍手:2,256
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
DB構築()
他己紹介
17/02/25
ブログ
[書く]
攻略記事リンク集(無)
RSS購読
RSS
表示開始年月
分類
<=次の記事 かつて人生の岐路があったときの話。
=>前の記事 謝らなくてはいけないことがある。

1.
2020/05/22 「サンデーで「響」の連載が始まったんだが?」 分類: 漫画と本
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:5個

今週の少年サンデーは新連載が表紙を飾っていました

「龍と苺」柳本光晴

おおっ、「響」の柳本光晴さんじゃないか。響はスペリオールで青年誌だったけど
今度は少年誌で勝負するのか。。。とおもいながら読んでみると、、、、

ヒロイン(主人公)の狂気っぷりがもろくそ「響」じゃねーか!ww

前は小説でしたけど、それが将棋になっただけってかんじで、才能の塊が傍若無人さで
業界を震撼させていく!というのがモロ被りで既視感ありまくりです

とはいえ前は小説と関係のないところで暴れていて、どう天才なのかがまったくみえてこなかったですが
将棋ならば盤面と対戦相手がいるぶんだけまだ天才の裁量がわかりやすくなるかもしれません。。。でも
将棋漫画として読んではいけないようなモノになってしまうんだろうなぁ~

見所は、将棋でなく、天才少女がどうやってフルスイングの暴力を振るっていくかですね。
とりあえず第一話では、同級生の後頭部をイスで殴り倒し、将棋のコマをオッサンに投げるところまでは
チェックできました

しかし絵が相変わらず酷いなぁ。読んでいて不安になる歪さは健在で週刊だとココからさらに崩れていくのでは?
という嫌な予感がしております

あ、ディスりまくっちゃってますけど響は高評価で投稿してあるし楽しみなのは本当ですよ。
https://sakuhindb.com/jmanga/7_Hibiki_20Shousetsuka_20ni_20naru_20houhou/2019-10-22T21_46_52.html
今後サンデーで読みたいタイトルが増えて、嬉しい新連載になりました

コメントする5個


かぷ さんのコメント (2020/05/24) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
十傑集さんコメントありがとうございます

>男尊女卑発言が暴力ヒロイン正当化
第一話からどっちも酷かったですね。かなり読者を選びそうですし
それどころか将棋ファンに喧嘩を売る漫画になるかもしれません。
サンデーよりもマガジンっぽい漫画だとかんじます

>女性プロ棋士
女流棋士はいますが、女性のプロ棋士は歴史上でもいないかったはずです
十傑集 さんのコメント (2020/05/24) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
私は周囲のモブキャラのあからさまな男尊女卑発言が暴力ヒロイン正当化みたいで引っかります。
「3月のライオン」単行本記事等を読んでいると女性プロ棋士って稀少であっても皆無ではないようだし
(朝ドラでは離婚して元旦那との頂上決戦に勝つ作品もあった)何だか時代錯誤的。

追記:返答ありがとうございました。勉強になります。
かぷ さんのコメント (2020/05/23) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
伏魔の剣 さんコメントありがとうございます

>②監修が付いている
マジですか?ということは将棋漫画として読める内容になるのでしょうか?
でもそしたら良さも消えてしまう気がするけど、、、いずれにしろ今後に要注目ですね
伏魔の剣 さんのコメント (2020/05/22) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
かぷさん、こんばんわ。
『響』にせよ『龍と苺』にせよ、題材そのものより それに関わる過激個性的なキャラクターを推してくる印象ですね。

柳本先生の個人サイトを見ると、①誘いが無かったサンデーに自ら持ち込みに行った②監修が付いているだそうなので、比較的安心して読めると思います…多分!


[他の記事も読む]
<=次の記事 かつて人生の岐路があったときの話。
=>前の記事 謝らなくてはいけないことがある。


大分類が「漫画と本」の記事
この論客の記事全て
↑上へ