おかわり君

総閲覧回数:97,001回 / 推薦評価:109個(内 論客65人) / ブログ拍手:282
 26日25日24日23日22日21日20日19日
閲覧8 (-5)1313 (+11)222 (-3)5 (-1)6
階位4343434343434343
ポイント1,277,4081,277,4081,277,4081,277,408
(-2)
1,277,4101,277,4101,277,4101,277,410
偏差値104.75104.77104.65104.66104.69104.71104.74104.75

最近閲覧されたログイン状態の論客
シャル / オルタフォース / てとてと / 奈良漬 / 近藤寺 / 萌え学博士 / 消しゴム / 塩キャラメル / ルネサント / S・N / まつたろう / タイコナ・フィランドー / 伏魔の剣 / 愛をください / 放浪カモメ / れいんぼーきんぐ / 十傑集 / ペク / bit / クイーン・ローザ / ケイテツ / よおろっぱー / はなまる / OYJAR40 / アスドフ / wh / 667 / けんぼー / ウクレレ
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
情報
DB構築
他己紹介
17/02/25
ブログ
[書く]
リンク集(無)

ハンドルネームおかわり君
総合階位43位
階位称号
論客の兵部大輔
DB構築貢献ランク317位 (2,350ポイント)
DB構築職人階級エレメンタリー・レアリング(見習い初級) Level 3
評価ランク38位 (1,262,568ポイント)
ユーザー活動ランク103位 (332,370ポイント)
推薦系獲得ランク20位 (945,038ポイント)
評価の分布
 最高とても良い 良い 普通 悪い とても悪い最悪
回数1759741814108
割合8.5%29.5%37.0%9.0%7.0%5.0%4.0%
加算分布8.5%38%75%84%91%96%100%
分布要約75%9.0%16%
評価傾向暖かい目が基本ながら気がついたら問題点を指摘する論客。
好評系が多いが、最高は節度をもって絞って付けている。
論客ポイント
(1日1回更新)
項目ポイント
被推薦評価 65人から 109個940,938 pnts74%
評価換算文字数197,010文字197,010 pnts15%
評価作品数200個120,000 pnts9%
作品投票数189個9,450 pnts1%
共感41個4,100 pnts0%
情報DBファン登録数38個3,040 pnts0%
作品追加5個2,100 pnts0%
コメント作品数26個520 pnts0%
作品更新4個200 pnts0%
情報DB更新1個50 pnts0%
合計 1,277,408 ポイント 
偏差値104.75
文字数733,715
発言数226
最新投稿2020/11/11 (作品評価)
最古投稿2009/09/10 (作品評価) / 2009/09期[日時順/階位順]
論客暦11年65日 (4,080日)
アニメ階位40位 (939,382ポイント)
ゲーム階位663位 (19,373ポイント)
漫画階位84位 (239,607ポイント)
ドラマ階位405位 (7,000ポイント)
特撮階位379位 (10,056ポイント)
日本映画階位130位 (38,950ポイント)
海外映画階位486位 (6,400ポイント)
推薦した評価 有り
保持権限
有無必要階位権限内容
1-100称号を持つ
1-1000作品の追加提案の承認/否決権限を持つ
1-2500削除提案ができる
1-4000他己紹介ができるようになる
1-5000作品情報の更新提案提出・更新の承認権限を持つ
1-5000情報DBの各項目の追加・編集ができる
1-5000攻略記事を追加できる
1-5000運用掲示板を閲覧・投稿できる
階位有良いと思う評価の推薦が出来るようになる
階位有評価に共感を送れるようになる
階位有作品の追加提案提出権限を持つ
書込経験有ブログの投稿と反応ができるようになる
書込経験有最高の中の最高の作品の投票ができる
書込経験有自己紹介を公開できる
書込経験有資格者の論客名を別の人が使えなくなる
書込経験有私書の利用ができるようになる
書込経験有評価履歴(リスト/分析)/ファン登録履歴/Myページ閲覧数履歴等が利用可
自己紹介
まず、推薦・共感コメント・他己紹介してくださった方々に御礼を申し上げます。ありがとうございました。大変励みになります。


私は「最高!」は滅多に付けませんが、最高と思う作品に評価を送るのは特に慎重になるだけで、未評価の最高作品は結構あります。また、同じ最高でも自分なりのランクはあります。
「最悪」を付けた評価はファンの方はご覧になられない方が良いと思います。結構厳しめに書いているので…。

勢いで書く事が多いため、事実誤認や誤字脱字の修正、書こうと思っていたが書き忘れていた事を思い出して書き足す、言い過ぎたと思ったことや何書いてんだろ…と思ったことを消すなど、編集はかなり頻繁に行います。このプロフィールも恐らく書きかえると思います。
ただし、既に推薦・共感コメントを頂いた評価文は間違いなどを含めてのものかも知れないし、特にコメント無しで推薦だけ頂いた場合は何が理由で推薦されたのか判らないので、余程の事が無い限りなるべく編集はしません(…ごめんなさい、もちろん主旨や大筋までは変えてませんが、なんだかんだでちょこちょこしてます…)。

評価文の言葉遣いに関しては、気まぐれとテンションで適当にやってます。せっかくだから色々やった方が楽しいですし。
声優名を始めとしたスタッフの名前については、フルネームの場合は敬称略で、苗字だけの場合は「さん」づけをしています。たまにフルネームでも「さん」付けしたりなど例外はありますが、これまたその場のノリに任せてやっているから一定していないだけで、特に他意などありませんので悪しからず。
評価の切り口は敢えて意図的に変える事があります。もちろん、絶対に譲れないものはありますし、価値観までは変えるつもりはありません。そもそも、どんなに切り口を変えようとしても私は私なんだから、それ程の多様性はありませんけどね。
ネタバレ無しで書ければそれが一番良いのでしょうが、残念ながら私には中々上手く出来ません。流石に「犯人はこいつだ」クラスのネタバレはしないか、する場合は注意書してあると思いますが、それでも未見の方は注意してください。

文体や切り口を変えても共通する各評価の基準は以下の通りです。まぁ結局は好みなんですけどね。

「最高!」……とにかく大好きな作品。要するに琴線に触れたもの。この条件を満たしていても、冷静に見て出来が悪い部分があまりに目立つようなら最高は厳しい。

「とても良い」……かなり楽しめた作品。または、欠点により「最高!」には惜しくも届かなかったというやや後ろ向きな使い方をすることもあります。欠点らしい欠点が無く素晴らしい作品でも琴線に触れなければこの評価。

「良い」……アニメで言えば、1クールに何本かはあって欲しい作品。総合的に結構楽しめたもの。

「普通」……可もなく不可もなくか、プラスマイナスゼロの作品。前者は空気、後者は印象には残る。

「悪い」……惜しい作品。設定など素材は良いのにそれを活かせなかったもの。

「とても悪い」……怒りなどはあまり覚えないが、単純に出来が甚だしく悪い作品。または、数少ない美点で「最悪」を免れた作品。

「最悪」……怒りや呆れを覚える作品。冷静な評価文を書くのに苦労する。酷すぎて笑ってしまう作品が多い。

以上に加え、「とても良い」寄りの「良い」などで細分化しています。例えばこのサイトでは、「良い」は1.00、「とても良い」は2.00とポイントになってランキングが形成されていますが、「とても良い」寄りの「良い」は1.30くらいと思ってください。ホントは毎回、総合評価にポイントを細かく載せるなど、もっと細分化するのもアリですが、切りが無いのでこんな感じで。
また、同じ評価は「良い」だとしても、投票では例えば『にゃんこい!』は失速によるマイナスイメージが強いため、好印象ではなく、普通の印象となったりします。
投票は簡略化されているが故に補足が不可欠だと思うので、各項目のランクの付け方を記しておきます。
これから追記していく予定ですが、とりあえず声優について。例えば、感情表現などの演技力は良くても、完全に主観ですが、ミスキャストはランクは下がりますし、声優自身は問題なくとも演技指導が悪ければマイナスです。もちろん演技が下手でも下がります(新人なら多少は甘めに見ますが、他の新人と比べてどうかは考慮します。また、下手な芸能人起用はかなり印象が悪くなります)。豪華声優は売りのひとつにはなるので、多少上乗せしていますね。ただし、それが何のプラスにもなっていなければダメですが。

以前、「最高!」は滅多に付けないのは厳しいわけではないと書きましたが、例えばアニメなら年にかなりの数を視聴していますが、最高と思うのは多くとも3本以下ですので、最高に関してはかなり厳しいと言えるかもしれません。
自分では大抵の作品は並以上に楽しめるとは思っていますが、もし悪いと思った作品であれば不評意見は遠慮せずに出していきたいと思います。
…追記。遠慮なく不評意見も出すと書きましたが、不評は文句の垂れ流しや偉そうな言い分になりかねないので、いざ投稿しようとしても好評以上に尻込みしてしまいますね。単純に好評の方が評価のし甲斐があるというのもあって、私の好評不評の分布はあまり参考にならないと思われます。また、好評不評に拘らず、全話視聴(読破)していないものはコメントにとどめますが、あまりに長期で終わる気配のない作品はその限りではありません。

分析の真似事をすることもありますが、感じたことを一番大切にしていきたいです。「なんでそう思うの? 根拠は?」と訊かれても具体的な根拠は示せず、「そう感じたから!」としか返せない評価も多いと思います(評価というより感想ですね)。

とりあえず、評価はアニメが中心となります。

各分野で最高の作品 [ヘルプ]

無し
↑上へ