何故に、と問う、故に、と答える634の日記/書き物

総閲覧回数:4,863,682回 / 推薦評価:1,488個(内 論客206人) / ブログ拍手:14,550
 18日17日16日15日14日13日12日11日
閲覧341 (+21)320 (-225)545 (+163)382 (+80)302 (+40)262 (-65)327 (+31)296
階位11111111
ポイント23,339,533
(+11,537)
23,327,996
(+10,721)
23,317,275
(+2,205)
23,315,070
(+7,800)
23,307,270
(+7,555)
23,299,715
(+6,110)
23,293,605
(+11,400)
23,282,205
偏差値1155.711155.181155.101155.351155.381155.331155.141154.61

最近閲覧されたログイン状態の論客
無限堂 / シャル / 消しゴム / KAMIKAZE / 九天公爵 / サンシースー / ルネサント / 田代けんじ / れいんぼーきんぐ / シューゴ / ゴーグル侍 / 塩キャラメル / 十傑集 / はんぶらび / 弥生一 / 情熱 / HARIKYU / キノポン / あかねちゃん / カイネル・ドゥ・ラファティ / CHIGE / 667 / ウクレレ / ギンガ / 飛蝗亀軍師 / OYJAR40 / 管理人さん / いもむし / クエンサー
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
作品/情報/
DB構築
他己紹介
17/11/14
ブログ
[書く]
攻略記事リンク集
My Play List
RSS購読
RSS
表示開始年月
分類
 作成日時分類記事タイトル
12019/06/16ゴジラ・ガメラ..30周年1/60ガンヘッド..
22019/06/12ゴジラ・ガメラ..30周年ガンヘッド
32019/06/10ゴジラ・ガメラ..30周年プラ板スクラッチ..
42019/06/07ゴジラ・ガメラ..ゴジラ キング・オブ・モンスターズ..
52019/06/04ゴジラ・ガメラ..30周年1/144
=>前の記事 KOMを見て
 反応日時来客名来客者の最近のメッセージ
12019/05/29サンシースーこの中で個人的に印象に残った作品と言えば、現在、BS11で再..
22019/05/28Mr.KN再コメント失礼します。ジャイアントロボは本編に関しては未視聴..
32019/05/27Mr.KNこんばんは、634さん。遅ればせながらではあるものの失礼しま..
42019/05/21サンシースーそういえば、この記事で紹介している『グランゾード』は、今年で..
52019/05/13十傑集ガンヘッドでしょうか。未見なので思い入れはありませんが…。..
その他最近のコメント
1.
2019/06/16 「30周年1/60ガンヘッド」 分類: ゴジラ・ガメラ
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:5個

平成最初の時代に製作された本格的巨大ロボット映画だったガンヘッドを、30年目ということでプラ板フルスクラッチした訳ですが、平成が始まった時・・・というものだったので、今では感慨深くなります。

塗装して

こうなりました。

G2モードから紹介



ガンヘッドUNIT-507 (CV:ランディー・レイス 郷里大輔(吹き替え版))
開発コード:XMBRー5RS 正式名称:MBR-5RA2C 通称:サージャントガンヘッド 乗員:1名(有人改造時)
全長:6.12m(GII) 8.7m(GⅠ) 全幅:5.76m(GII) 5.7m(GⅠ) 全高:5.28m(GⅠ 後部ウェポンラック含まず) 2.47m(GⅠ 後部ウェポンラック含まず) 基本重量:38.5t 全備重量:43.7t 最大速度:140Kmh(GII) 180Km(GⅠ) 行動距離:647kmh(GII) 760Km(GⅠ) AIOS:WH603Sサージャントクラスコンピュータ 火器完成システム:リトルブレイン型ペトロニックスNANDSONIC-9
武装:3連装20mmチェーンガン×1 75mm自動キャノン×1 6連装地対地ミサイル×1 レーザースポットライフル×1 5.56mmマシンガン×1 7連装マルチディスチャージャー×2

世界連邦が2020年に開発したU-HED(ユーティリティヘッドの略)タイプの無人ロボット兵器で、それまでのタイプよりもより高性能、高出力という多目的を持たせ、2025年に現ネームを付けられたUHED計画の一つの完成形ともいえるものである。
音声回路とAI作動により、搭乗者や指揮官は、そのAI判断と戦闘での指揮官や、搭乗者とのコミニュケーションを強くしているだけではなく、最大の特徴は、それまでのUHDEシリーズよりも戦闘に特化し、高速走行時のGⅠ(タンク)モードと、機体を立ち上がらせ、オールラウンドに戦うGII(スタンディング)モード、そして縦穴や、閉所の中での昇降を行うGIII(坑道作業)モードの3形態を使い分けるようになり、状況に応じて、こうしたモードを使い分けて、オールラウンドに戦えるものとして完成し、約250機が2025年の「カイロン5の反乱」時に8JO島攻撃に向かった。
しかし、8JO島の防御の厚さと、様々な数多くのトラップ、更にカイロン5が対ガンヘッド用に完成させた最強兵器"エアロ・ボットによって、250機全てが全滅、最後に残った507もエアロ・ボットとカイロンの弱点を掴んだものの、そのまま戦いに敗れ、下層のロボット墓場で13年間沈黙する事になった。だが、機能までは完全に停止しておらず、2039年にトレジャーハンターBバンカーの生き残りで、元ガンヘッド操縦者の軍人だった日本人青年ブルックリンによって、ロボット墓場内で破損状況から組み立てられて完成し、カイロンに逆襲すべく、ブルックリンの補修と操縦で再度カイロンとの対決に向かうこととなった。
主武装の20mmチェーンガンの他、長距離用の自動砲と、6連装ミサイルなど、多くの武器を使いこなす。しかし、無人形態のAIのみで戦う事は必ずしも良い結果を生まなかった故に、かつて機乗経験があったブルックリンを必要とし、マザータワー脱出を願うブルックリンと、カイロン5を倒す目的が一致した事でマザータワー内に突撃、多くの損傷と燃料不足に悩まされながらも、388階の遺恨の相手であるエアロ・ボットと対決する。
その戦いの最終局面で、実態弾を受け付けないエアロ・ボットによって機体損壊が激しくなった際に、本体から外れて落ちたチェーンガンを脱出したブルックリンが担ぎ上げ、エアロ・ボットの急所に撃ち込んだ事で、遂に因縁の相手を倒し、カイロン5自爆の際には、ブルックリン達を脱出させるために全身でカイロン5を抑えつけ、そこで完全に行動不能となるものの、13年後の任務達成報告を、脱出したメリーアンのコクピット内のブルックリン達へ送った。


前後

左右

変形機構上、それなりに可動箇所多し。

脚を伸ばして

G3モード

3mmプラ角棒でスライド


変形して

G1モード

機体を沈ませます

足回りは

トミカのを使っており

コロ走行もできます

撮影では

1/8自走モデルが使われたのですが、自走させることは殆どなかったとか。


設定と異なり

インテーク部をスライド式に変更しています。
小道具類

外装式の燃料タンクと

1/60高嶋政宏・・・

もといブルックリン

ランナーパーツ類を組み合わせて自作。
タンク類は脚の

人間で云う膨ら脛部分にセット。

カイロン攻撃に向かう時、不足分の燃料を補う為、脚にセットした燃料ボンベ。

続いて、385階で、ウイスキーを代替え燃料にした時のウイスキー樽。

そしてブルックリンはというと
このように

ガンヘッドから脱出し

エアロ・ボットに止めを刺すシーン再現に

・・・・・・・ジェロ~ニモ~ッ!!

河森正治デザインという事で
VF1(劇場版マックスS型)と

無きやまとのとですが、どちらも1/60スケール

バトロイドとスタンディングモード
河森は角川書店(ニュータイプ)インタビューで、撮影に使われた1/1ガンヘッドを見て、ガンダムやバルキリーはやっぱり非常識なのだと云っておりました。

バルキリーのスマートさに比べ、武骨なガンヘッドは、河森版デストロイドかもしれません(デストロイドは宮武一貴デザイン)。

東宝の高嶋政宏専用メカ類(笑)

『vsメカゴジラ』のガルーダと、『vsデストロイア』のスーパーXIIIとも。

以上の自作1/60ガンヘッド。

コメントする(論客のみコメント可能記事)5個

2.
2019/06/12 「30周年ガンヘッド」 分類: ゴジラ・ガメラ
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:5個

今年30周年を迎える平成が始まった時に公開された巨大ロボット映画『ガンヘッド』の紹介。

西暦2005年に"8JO島(エイト・ジェイ・オー・アイランド)"では、スーパーコンピュータ"カイロン5"が完成し、そのカイロン5によって科学技術と文化レベルは飛躍的に発展し、人類は繁栄の時を迎えました。

しかし


それから20年後の西暦2025年、カイロン5は突如として人類に宣戦布告をし、世に言う「カイロン5の反乱」が起こりました。カイロン5にあらゆるコンピュータや、プログラムシステムを支配され、人類は最後の手段として、無人戦闘用ロボット"U-HED((ユーヘッド)"シリーズの最高機種である"GUNHED(ガンヘッド)"を集めたガンヘッド大隊を以て、カイロン5が支配した8JO島を攻撃しました。


だが、

カイロン5の抵抗と多くの罠、更にカイロン5最強戦力である無敵を誇る機動兵器"エアロ・ボット"によって、人類とガンヘッド大隊は返り討ちの全滅という結果となり、"ロボット戦争"と呼ばれたその戦いは、カイロン5の勝利に終わりました。


ところが、その後カイロン5は沈黙し、不思議な事にそれ以上人類を攻撃する事はありませんでした。そのまま黙り込んだカイロン5の不可解な行動に不安を覚えながらも、何もアクションは起こさず、そのまま13年の時が経過し、その頃、世界は"バンカー"と呼ばれる武装した盗賊やトレジャーハンターが跋扈する世の中になっていました。その中の"バンチョー(演:ミッキー・カーチス)"率いる"Bバンカー"というグループは、誰もが近寄らない8JO島に近付いていました。彼等専用の飛行機"メリーアン"は、8JO島の頂上のカイロン5が巣くうカイロンタワーの最上ヘリポートへと降り立ちました。そして、そのBバンカーには、かつてガンヘッドのパイロットだったものの、訓練中に機体内に閉じ込められ、そのトラウマでコクピット恐怖症となってしまった日本人青年、通称"ブルックリン(演:高嶋政宏)"もいました。

しかし、彼等が8JO島に降り立つ少し前、アメリカのテキサスで、21世紀の新たなエネルギーの源の新鉱物"テキスメキシウム"を保管していた施設が、人造人間"バイオドロイド"の反乱によって強奪され、この8JO島に運び込まれていたのでした。そして、バイオドロイドの追跡には米軍精鋭部隊"テキサスレンジャーズ"を向かわせていました。

けれども、バイオドロイドによってBバンカーのメンバーは1人、また一人と次々と惨殺されていき、とうとうブルックリンと"ベベ"(演:円城寺あや)だけになってしまい、二人はテキサスレンジャーズただ一人の生存者"ニム(演:ブレンダ・バッキー)"と出逢います。そこでバイオドロイドが強奪したテキスメキシウムを奪い返したと思ったのも束の間、バイオドロイドの逆襲にベベは取り込まれてしまい、二人だけになったブルックリンとニムを今度はガンヘッド大隊を全滅させたエアロ・ボットが襲いかかり、エアロ・ボットに追われた二人は最下層へと落とされてしまいます。


その最下層で二人は義足の少年"セブン(演:原田遊人)"と、発声出来ない少女"イレブン(演:水島かおり)"に助けられました。かつて8JO島に在住していた技術者家族の生き残りである二人は、ロボット戦争にも生き抜いてカイロンの目の届かない灯台もと暗しの生活をしていたのですが、ブルックリンとニムを助けた事により、二人の住んでいた場所にもカイロンの攻撃が及び、もはや、安住の場所はこの8JO島にはありませんでした。


助かるための残された手は島を脱出すること。しかし、海まで行き着くことは出来ず、屋上のメリーアンに戻る以外には方法はありませんでした。そこでセブンが持っていたカートリッジが

ガンヘッドの物である事を知ったブルックリンは、ロボット墓場のガンヘッドを蘇らせ、カイロンにぶつける方法を思いつきます。ところが、そこへバイオドロイドの襲撃を受け、取り込んだベベの抵抗でバイオドロイドは退くものの、その為にガンヘッドの動力部と回路はやられ、自動操縦は不可能でした。尚もコクピットに入る事を拒むブルックリンにニムは「甘えるんじゃないよ」と言い放ち、イレブンの道案内で390階もあるカイロンタワーの外壁部分を登っていきます。途中でバイオドロイドにテキスメキシウムを奪われながらも、途方に暮れるブルックリンに「勇気を出して・・・」と激励して・・・・・・。


意を決したブルックリンは

再生させたガンヘッドに乗り込み、ガンヘッドユニット507はブルックリンによって13年の沈黙から目覚め、ブルックリンの操縦でマザータワー内を前進していきます。

壁を突き破り

縦穴通路で

坑道作業モードとなって

グランプリング砲によって落下する天井をかいくぐって250階に辿り着きました。

そして


戦車モードに変形して

260階まで行きます。


とはいえ

オイル運河を越えた時には早くもガンヘッドが作戦前に指摘していた燃料不足となり、381階で1分間だけのショッピングで燃料タンクを補給します。

ところが

385階でバイオドロイドに察知され、ガンヘッドは回転式通路からの砲台攻撃を浴び、次々と傷が深まっていきます。凄まじい攻撃の中、どうにか突破する事は出来たものの、既に燃料はゼロに近い状態でした。

けれども

ガンヘッドのセンサーは近くに代役燃料を見つけます。それはなんとウイスキーの樽であり、ウイスキーを注ぎ込むと、ガンヘッドのエンジンは再始動しました。

しかし、幾多の罠を突破してきたガンヘッドは傷だらけであり、更にテキスメキシウムにより、カイロン5の温度は次第に上昇し、10数分後には島全体が巨大な溶鉱炉のようになってしまうという厳しすぎる予測が突きつけられていました。しかもそれはブルックリン達だけではなく、地球全土にそれを放出させ、地球人類全てを滅ぼしかねないものだったのでした。



残り十数分で島を脱出し、カイロン5を倒さなければならない、そして、そんなガンヘッドとブルックリンの前に立ち塞がるのは仇敵である巨大兵器エアロ・ボットでした。ガンヘッドの望み「死ぬ時は立ち姿で」という言葉に従い、スタンディングモードでエアロ・ボットに挑みます。

だが

エアロ・ボットはガンヘッドの攻撃を全く受け付けない超強敵である事に変わりはなく、その巨体とパワーに圧され、ガンヘッドはたちまち劣勢に追い込まれていきます。


エアロ・ボットの弱点は

眼のような3連センサーで、ここにしかエアロ・ボットに物理的にガンヘッドがダメージを与えられる部位はありませんでした。

残り僅かの戦力と

ユニット508の残していたセンサーによる奇襲攻撃も交えて、どうにかセンサーを二つ潰しました。同じ頃、イレブンは口と喉を不気味に発光させて苦しみ、ニムの手を離れてカイロンの方へ向かっていました。ニムはテキスメキシウムに手を延ばすイレブンを引き離して押し倒し、どうにかテキスメキシウムを奪還出来ました。


ガンヘッドとエアロ・ボットの戦いも最終局面となりました。荒れ狂うエアロ・ボットは遂にガンヘッドを捕まえ、パワーアームを容赦なく叩きつけ、ガンヘッドを一方的に殴打していき、とうとうコクピット内のブルックリンも間一髪脱出しましたが、エアロ・ボットによってガンヘッドは次々と破壊されていきます。

ブルックリンはガンヘッドの本体から外れたチェーンガンのコードを右腕の指に繋ぎます。

エアロ・ボットに対し


チェーンガンを全身を使って肩に担ぎ上げ、最後に残った眼に向かって発射し、雄叫びと共に放ったその一撃は、遂にエア・ロボットの急所を捉える致命傷となり、エアロ・ボットは大爆発を起こしました。

ニムとイレブン、そしてセブンは合流したものの、なおもバイオドロイドは襲いかかってきました。しかし、そこへブルックリンがベベの名を叫びながら銃撃し、ブルックリンの姿を見たベベは意を決して手榴弾のピンを抜き、自分もろともバイオドロイドを葬り去りました。

ところが

カイロンは最後の悪足掻きで、自分もろともブルックリン達を葬り去ろうと自爆を試みます。だが残り3秒となった時、ガンヘッドが最後の力を振り絞り、カイロンを抑えつけ、ブルックリン達に脱出を促します。ガンヘッドが食い止めている15分の間にメリーアンは飛び立ち、そして8JO島はカイロン5と共に大爆発を起こしました。

それでもメリーアンのコクピットで、ブルックリン達は、ガンヘッドからのメッセージを受け取ったのでした。

ガンヘッド大隊はミッションを完遂せり・・・・・・。


コメントする(論客のみコメント可能記事)5個

3.
2019/06/10 「30周年プラ板スクラッチ」 分類: ゴジラ・ガメラ
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:5個

とある30周年もので立体化したもの

こちら


この形状です


左右のアームで


左右非対称です


前と




判る人はマニアックかな?

コメントする(論客のみコメント可能記事)5個

4.
2019/06/07 (2019/06/08更新) 「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」 分類: ゴジラ・ガメラ
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:5個

30周年ガンヘッド特集はまだ終わっていないのですが、その前に現在公開中の『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のご紹介。

※ネタバレなので、まだ見ていない人はご注意を。知りたくない方は映画館で。

[クリックすると読める部分(乱暴な言葉遣い/非難を隠す為に使わないで下さい)]
次のキングコングとの戦いはどうなるのか?と気になった感じで終わり、以上KOMでした。

コメントする(論客のみコメント可能記事)5個

5.
2019/06/04 「30周年1/144」 分類: ゴジラ・ガメラ
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:6個

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』は公開でいきなり全米一位になったので、そっちを語りたいなあ・・・と思いつつも、30周年のガンヘッドがまだまだあるので、その紹介を。

こちら

プラ角棒や、ランナー部分を切り貼りして造りました。

背部


流石にこのサイズでは


変形できません


1/60フルスクラッチと

1/144メタルキットのダグラムに合わせて造ったら、1/144になりました。

食玩ゴジラと

これにも合わせたかったのです。

同じ1989年の平成元年作品から

『ゴジラvsビオランテ』のビオゴジ(酒井ゆうじ造型)と
対決・・・にならない

ホントはゴジラはもっとサイズでは大きいのですが(ビオゴジ80m、ガンヘッド5.3m)

因みに1/60と


塗装したら再紹介。

コメントする(論客のみコメント可能記事)6個

=>前の記事 KOMを見て
↑上へ