何故に、と問う、故に、と答える634の日記/書き物

[ガラケー版(QRコード)] 総閲覧回数:4,812,089回 / 推薦評価:1,467個(内 論客201人) / ブログ拍手:14,336
 19日18日17日16日15日14日13日12日
閲覧458 (-287)745 (-37)782 (+86)696 (+33)663 (+113)550 (-108)658 (+11)647
階位11111111
ポイント22,559,946
(+5,650)
22,554,296
(+4,350)
22,549,946
(+3,190)
22,546,756
(+8,140)
22,538,616
(+5,702)
22,532,914
(+1,750)
22,531,164
(+6,001)
22,525,163
偏差値1158.591158.391158.291158.581158.721158.861158.891158.56

最近閲覧されたログイン状態の論客
消しゴム / JONIX / シャル / れいんぼーきんぐ / ゴーグル侍 / 九天公爵 / HARIKYU / サンシースー / ウクレレ / はんぶらび / Docty Junsai / 弥生一 / 十傑集 / みずたでぜんまい / クエンサー / キノポン / 667 / 戦隊大好き / 無限堂 / CHIGE / でぃすだーく / けんぼー / Mr.KN / S・N / カイネル・ドゥ・ラファティ / dona / ミルナ- / ニホンオオカミを愛する者 / 破壊大帝
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
作品/情報/
DB構築
他己紹介
17/11/14
ブログ
[書く]
攻略記事リンク集
My Play List
RSS購読
RSS
表示開始年月
分類
 作成日時分類記事タイトル
12019/03/17ゴジラ・ガメラ..ソフビギドラで
22019/03/14ゴジラ・ガメラ..ある意味レアな初代ギドラ..
32019/03/10ゴジラ・ガメラ..ウルトラマンA改造流星人間..
42019/03/08ゴジラ・ガメラ..劇画ヒーロー?
52019/03/05ゴジラ・ガメラ..タコとネズミだったら、日本の怪獣映画はウケたか?..
=>前の記事 デストロイア飛翔体
 反応日時来客名来客者の最近のメッセージ
12019/03/11無限堂これは一本取られました。..
22019/03/10サンシースー『流星人間ゾーン』というと、東宝が、同社の看板作品である『ゴ..
32019/03/10HARIKYU・多分にミラーマンの影響も強いですね。同じデザイナーが造形し..
42019/03/06HARIKYU・もしゴジラではなくタコ怪獣だったら、こちらのキャラクターも..
52019/02/27HARIKYU・単に高層建築がないから・・・・・と考えられなくもないですが..
その他最近のコメント
1.
2019/03/17 「ソフビギドラで」 分類: ゴジラ・ガメラ
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:7個

ゴジラ、キングギドラ、モスラ、ラドンのソフビを以て

このように、昭和怪獣で『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』を再現!・・・・・・という訳ではありません。

こういう事


派出所です


説教にも


こんな調子


この繰り返し



という具合に。

コメントする(論客のみコメント可能記事)7個

2.
2019/03/14 「ある意味レアな初代ギドラ」 分類: ゴジラ・ガメラ
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:8個

バンダイのキングギドラのソフビ人形は、1984年に84ゴジラの公開記念に合わせ、昭和ギドラが発売されました。

しかし、1991年の『ゴジラvsキングギドラ』の頃に首部分だけを新調してすげ替えたvs版ギドラで統一されてしまい、以降1998年にサイズダウンしてリニューアルしたvs版になり、その後にはGMK版などが出たものの、初代ギドラのソフビはvs版以降発売されませんでした。

唯一再販されたのは、vsシリーズ最終作の『ゴジラvsデストロイア』、の時に出た「結集!歴代怪獣ボックス」の時に出たもので、それはこの初代ギドラとキンゴジに、アンギラス、初代ラドン、モスラ幼虫、ヘドラ、ガイガン、メガロ、メカゴジラ、ゴジラザウルス、バトラ幼虫、Gフォースメカゴジラ、スペースゴジラ、MOGERAの14種の怪獣を同梱していたものですが、9800yenと高価だったので、あまり買えなかった人も少なくなかったと思えます。

ソフビは丁度デストロイアの時にPL法が施行されたので、材質が柔らかいものとなり、旧来製品で固かったものが、柔らかくリニューアルされたという訳です。

後にキンゴジだけが少数短期限定とはいえ、メルトダウンや核爆発するゴジラと共に一般販売されましたが、そうしたソフビの中でギドラのみ見つけたので、そのギドラを購入したのでした。

頭部


PL法で首がやや柔らかい






真横


古い時代のソフビなので、翼のボリュームがやや不足。

初代ギドラ商品


左下から、食玩の「ゴジラ決戦」、「ゴジラ宣言」、ガチャの「スーパーリアルゴジラ」、塩ビ食玩の「ハイパーゴジラ」、ブルマァク魂、食玩「ゴジラ決戦セット」、プラモの「THE特撮コレクション」、そして本製品です。

vs版ギドラと比較


vs版ギドラは

改造しているのですが、首と頭部以外はどちらも同じ型です。

頭部の違い

東洋の龍の昭和ギドラと、西洋のドラゴンの平成ギドラ。

総進撃ゴジラと

このシーンで

何を思い浮かべる?

コメントする(論客のみコメント可能記事)8個

3.
2019/03/10 「ウルトラマンA改造流星人間」 分類: ゴジラ・ガメラ
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:9個

前回載っけたのは、東宝が1973年、日本テレビ系で放映した東宝初のTVヒーロー作品、『流星人間ゾーン』の主人公防人光が変身した巨大ヒーローゾーンファイターです。



ストーリーは遥か宇宙の彼方にある平和の星「ピースランド」が、宇宙の侵略者、ガロガバラン星人に滅ぼされ、地球へ逃れた生き残りの人々は、防人(さきもり)家を名乗り、地球を守るためにガロガが操る怪獣(恐獣と本作では呼ぶ)と戦う・・・・・というもので、ゲストに看板スターであるゴジラが登場し、ゴジラはこの当時、ガメラ化していたので、ゾーンファイターの味方として助っ人参戦するのでした。

ゾーンファイター



表情

前後


左右

両腕に巻き付けているのは


必殺技で

恐獣に止めを刺す際に放つミサイルランチャーの、流星ミサイルマイトです。

といっても、ゾーンファイターがソフビとして売られていた訳ではありません。

こちら



ジャンク品ソフビのウルトラマンAを改造したものなのです。

プラ板やランナーパーツを貼り付けて、Aの出っ張っていた装飾を削ぎ落として、ゾーンファイターにした訳でした。

元々、ゾーンファイターを初めて見た時、「エースに似てるな~」と思って、改造素体にしたのですが、造型担当・デザインの岡迫亘弘によって、ウルトラマンAに似たものとなって、実際ゾーンファイターを初めて見た時には「なんかエースに似てるな~」と思っていたのですが、A意識で、声も故納谷悟郎のものを流用・・・してたので、直感は当たった訳でした。

ゴジラと

この作品のゴジラは、メガロゴジラでした。

キングギドラと


5、6話では対戦しています


ガイガンと


11話では


ゴジラとのタッグでガイガンを倒しました。


ヒーロー同士の握手。

一見すると

微笑ましそうですが・・・

こういうのや



こちら

という星逃田と両津のコンビでした・・・・・。

コメントする(論客のみコメント可能記事)9個


634 さんのコメント (2019/03/10) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
こんばんは

>HARIKYUさん

そういえば、ミラーマンにも近いものがありそうですね。

>サンシースーさん

東宝初のTVヒーローなのですが、映画に慣れきった為に、円谷や、東映、ピープロ
に比べれば、ややインパクト不足になったのは否めませんね。

続くゴッドマンやグリーンマンは、こどもショー内のウルトラファイト的なもの
だし、巨大ヒーローはメガロマンで最後になるし、グリッドマンより5年先駆けた
サイバーコップにしても、メガヒットとは言い難かったし、セイザーシリーズは
健闘したものの、戦隊という強力過ぎる相手には勝てなかった感もありましたね。
サンシースー さんのコメント (2019/03/10) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
『流星人間ゾーン』というと、東宝が、同社の看板作品である『ゴジラ』
とは違った特撮物を目指して作られた作品で、
東宝としては初めての巨大ヒーロー物であり、本作の主人公であるゾーンファイターは、
いわいる、『ウルトラマン』に近い様なヒーローですが、
同じ『ウルトラマン』に似た様な特撮物でも『ミラーマン』や『グリッドマン』
などよりも、知名度が薄いような気もします。
HARIKYU さんのコメント (2019/03/10) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]

多分にミラーマンの影響も強いですね。
同じデザイナーが造形したのかな ?

4.
2019/03/08 「劇画ヒーロー?」 分類: ゴジラ・ガメラ
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:10個

ここに

劇画刑事

流星人間登場!

一応TVヒーローなので

ゴジラ葛飾区ガメ有公園前発出所の中では、劇画刑事に
アクションにご満悦


しかし、両津からは・・・・・
このように

云われるのでした・・・・・。

追伸

長年、力道山最後の宿敵として、「白覆面の魔王」という通称で親しまれていたプロレスラー、ザ・デストロイヤーが、88歳でこの世を去りました。

この場を借りて合掌・・・・・・・。

コメントする(論客のみコメント可能記事)10個


634 さんのコメント (2019/03/12) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
該当するキャラはこれだなと思った訳です。
無限堂 さんのコメント (2019/03/11) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
これは一本取られました。

5.
2019/03/05 「タコとネズミだったら、日本の怪獣映画はウケたか?」 分類: ゴジラ・ガメラ
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:10個

このタイトルに「?」と思う人は多いかと思います。しかし、タコとネズミという動物は、怪獣になる予定だったのでした。

後年に大ダコやスダール、ガイロスやタッコングなどのタコ怪獣は出て、ネズミもロボネズという怪獣が出てきています。

しかし、それよりも前に、タコとネズミの二種は、日本のビッグスターたる二大怪獣の元題材に使われるものだったのでした。その二大怪獣とは言うまでも無く、水爆大怪獣ゴジラと、大怪獣ガメラの事です。

ゴジラは円谷英二監督案では、放射能で生物が突然変異して巨大化するフォーマットはその頃からあっても、題材にする生き物は当初はタコでした。ゴジラから2年後のモデルアニメーションの巨匠のレイ・ハリーハウゼンの『水爆と深海の怪物』では、巨大なタコの怪獣がサンフランシスコを襲うものとなっていますが、ゴジラも本来はこうなるかもしれなかったのです。しかし、タコとなると、アニメーションの手間がかかり、インパクトを出すなら、もっと巨大な生き物で・・・・・という田中友幸プロデューサーの意向で、恐竜となりました。

ガメラの方も、前企画では怪獣化したネズミの群れが都市や人を襲うという『大群獣ネズラ』というパニックものとなって、怪獣モノとはちょっと毛色を変えたものとなるはずでした。しかし、ネズミを大量に撮影用に使うことで周囲からの苦情を受けて、結局企画はボツになってしまい、その結果、何か怪獣を・・・・・という事で、巨大な亀の怪獣たるガメラが誕生した訳でした。

怪獣となった恐竜と亀という視覚インパクトは絶大で、ゴジラは日本史上最大のスターに、ガメラの方も大きなインパクトをさらって世界に飛躍する迄になりました。しかし、タコやネズミとなった場合はどうだったでしょうか?果たして、世界にまで注目されるスターになり得たでしょうか?

『水爆と深海の怪物』にしても、タコは一発屋で終わってしまったし、同じ恐竜題材では、ゴジラの前には『原子怪獣現る』のリドサウルスがいましたが、リドサウルスはゴジラのように絶対無敵の存在ではなかった為に、結局はその一本だけになってしまいました。

ガメラの後には、東宝が後に『緯度ゼロ大作戦』(今年50周年)で、大ネズミが登場しましたが、これでもネズミはただのザコキャラであり、更にガメラへの対抗意識なのかどうか知りませんが、『ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦!南海の大怪獣』で、カメーバという亀怪獣が出ました。しかし、どちらも到底ガメラに敵うようなキャラではなく、同じく一発屋で終了してしまいました。

ゴジラも、ガメラも、当初の企画とは違う、予定変更、撮影難航等の難産の末に生まれたキャラクターでした。それ故に大スターになったといえるのかも知れませんが、タコやネズミであったら、ここまでメジャーなキャラになり得たのだろうか?とも思えます。そう考えると、タコから恐竜、ネズミからカメという変更があったればこそと思えますが、タコやネズミで通したら、ゴジラ、ガメラの誕生のみならず、日本のサブカル界は今よりも盛り上がらなかったかもしれません。

コメントする(論客のみコメント可能記事)10個


634 さんのコメント (2019/03/06) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
こ・・・・これは!

同じ東宝とはいえ、確かにこれは成功例なのでしょうね(笑)。
HARIKYU さんのコメント (2019/03/06) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]

もしゴジラではなくタコ怪獣だったら、こちらのキャラクターも登場しなかったかもしれませんね。
国産タコ怪獣 ? 唯一の成功作かも。


=>前の記事 デストロイア飛翔体
↑上へ