下魚なんて知らんだろ?

[ガラケー版(QRコード)] 総閲覧回数:4,346,405回 / 推薦評価:1,083個(内 論客190人) / ブログ拍手:11,456
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
作品/情報/
DB構築
他己紹介
17/02/25
ブログ
[書く]
攻略記事リンク集
My Play List
RSS購読
RSS
ブログ表示スタイル
リスト/携帯(QRコード)
画像/動画/リンク
表示開始年月
分類
<=新記事2017/03/20 成田亨ウルトラ画集
=>古記事2017/03/17 続これが、ダライアス30年の歴史だ!!

1.
2017/03/19 「下魚なんて知らんだろ?」 分類: ダライアス
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:10個

WARNING!!

A.HUGE.BATTLE.SHIP

BLIZZARD JERRY

IS.APPROACHING.FAST


と、オリジナルの


ベルサーかシーマが


どっちかな?


個人的印象で


ベルサーは暖海系


シーマは寒海系っぽいような気も

見た事無い人多いでしょうね



カンテンゲンゲ Bothrocana tanakae
脊椎動物門 硬骨魚網 スズキ目 ゲンゲ亜目 ゲンゲ科
東北以北の水深200~1500m付近までの大陸棚近くに住むゲンゲの一種で、シロゲンゲ Bothrocara molleや、ノロゲンゲ Bothrocara hollandi と共に、食用にされるゲンゲのグループに入り、体長60cm内外になる大型種。
前種に似ているが、本種の方が胸鰭部分の色が黒くてかつ尖っており、左右の眼の間隔が離れている独特の付き方で見分けることが出来る。
やや高級魚扱いにされる二種よりも、比較的安く出されるが、水揚げ量が少なく、ズワイガニ漁の時に上がってくるのが市場に出される程度。深海に落ちてくる生物の遺体や、小さな生物を食べる。
名前通り身体が深海の水圧に対応する為に非常に柔らかく、グニャグニャしており、英語で「Jerry Fish(ゼリーのような魚)」と呼ばれる。「ゲンゲ」の名前の由来は、他の魚に比べて、有効利用出来なさそうな「下魚(げぎょ)」という言葉が訛って出来たもの。
ノロゲンゲやシロゲンゲより味が劣るとも云われるが、味噌汁、唐揚げ、汁物にすると美味。


そういうお魚なんです

名前通りぷよぷよ


その上ヌルヌル


深海魚


こんな魚は


見慣れないので


買わない人も多し


好きな人は好き


嫌いな人は嫌い?


このシーマは


撃沈した後




こうなりました・・・。

コメントする(論客のみコメント可能記事)10個


634 さんのコメント (2017/03/19) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
こちらも冬場で無いと目にしない魚ですね。元が深海魚なので、
水温の低い深海と同じ水温の今時期の海で無いと、浅いところに
きません。

食感はちょっと焼いたコンニャクといったところかな?
人狼カイザー さんのコメント (2017/03/19) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
ゲンゲですか・・・。私の地元では余り縁がないですね。
身の食感はワラビ餅に近いですか?


[他の記事も読む]
<=新記事2017/03/20 成田亨ウルトラ画集
=>古記事2017/03/17 続これが、ダライアス30年の歴史だ!!


大分類が「ダライアス」の記事
この論客の記事全て
上へ ↑上へ 最速検索作品DB皆声