[特撮]太陽戦隊サンバルカン: 2018/11/28 塩キャラメル


たいようせんたいさんばるかん / Taiyo Sentai Sun Vulcan
  • 格好良い
  • 楽しい
  • 面白い
  • 熱血
  • 友情
  • 考えさせられた
RSS
特撮/人形劇総合点=平均点x評価数74位744作品中総合点46 / 偏差値58.99
特撮/人形劇平均点67位243作品中平均点1.59=とても良い/29評価
1981年特撮/人形劇総合点1位8作品中
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
[推薦数:1] 2018/11/28 良いと思うコメント [編集・削除/削除・改善提案/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:233(61%) 普通:65(17%) 悪い:87(23%)] / プロバイダ: 19725 ホスト:19519 ブラウザ: 10196
最終回を含めたストーリー全体を通して分かったことは、嵐山長官が真の主役だったということです。
筆者は「嵐山」という名前の時点で「すごい人を見た」と想っていました。(笑)
ウチの兄貴は、「髪型や服装がスゴい」と爆笑していました(笑)
故・岸田 森の存在感はもちろんのことでしたが。(笑)

サンバルカンの面子に関しても、「ひょひょ〜」などで知られる豹さんは一番キャラが立っており、二番目はバリバリの行動派の飛羽が存在感を際立たせておりました。
反面、鮫島や大鷲さんはちょっと影が薄かったかな。 ともかく辛うじて添え物にはならなかったかな。(笑)

それにしても、ヒロインである美佐ちゃんには最終回で評価が下ってしまったかな。(笑)

サンバルカンから誰か一人よりも犬を選んでしまうなんて‥‥‥‥‥‥ そりゃあないぜと思いましたよ(笑)



共感コメントは階位を持っている論客の方のみが投稿可能ですが、貴方は階位を持っていないか、ログイン状態ではありません。階位は評価を投稿等すると、1日1回の深夜の定期処理により付与されます。
この評価板に投稿する

この作品の全ての書込みを表示する
↑上へ