[特撮]衝撃ゴウライガン!!


しょうげきごうらいがん / SHOUGEKI GOURAIGAN
  • びっくり
  • 楽しい
  • 面白い
  • 可笑しく笑える
  • セクシー
  • 熱血
RSS
特撮/人形劇総合点=平均点x評価数190位754作品中総合点12 / 偏差値49.68
2013年特撮/人形劇総合点2位22作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
映像1.80(とても良い)5
キャラ・設定1.60(とても良い)5
音楽1.40(良い)5
声優・俳優1.40(良い)5
ストーリー1.20(良い)5
びっくり80%4人/5人中
楽しい80%4人/5人中
面白い80%4人/5人中
可笑しく笑える60%3人/5人中
セクシー40%2人/5人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

人間界とは異なる世界・兆真界(ちょうしんかい)には、光人(ひかりびと)と呼ばれる様々な特殊能力を持つ超人たちが暮らしている。そんな光人たちの中にも罪を犯す者たちがおり、それらは陰人(かげりびと)として恐れられていた。

兆真界にはマギーと呼ばれる怪物も生息している。マギーは人間界にも存在しており、霊感の強い者にはその姿が見える。太古からもののけや妖怪として言い伝えられている類いは全てマギーであり、その魔の手から人知れず人間界を守り続けてきたのが光人たちであった。真面目で地味な普通の女子高生・界ヒトミは、普段からマギーの姿が見えてしまうため物事が上手く進まず、そんな自分の能力を疎ましく思っていた。

原作・総監督:雨宮慶太
脚本:井上敏樹
ハイパーメディアプロデューサー:小林岳夫
エグゼクティヴプロデューサー:山脇隆徳

※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 開始日:2013/10/05(土) 01:23-01:53 テレビ東京 / 終了日:2013/12/28
公式サイト
1. http://www.shougeki-gouraigan.jp/
2. http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/shougeki-gouraigan/
Twitter公式
1. https://twitter.com/gouraigan
オープニング動画 (1個)
衝撃ゴウライガン〜光人の誓い〜
歌:Kae 詞:雨宮慶太 作曲:柏原収史 [ファン登録]
[もっと見る]
11,814108
最近の閲覧数
1210121011
この作品を特撮/人形劇として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2013/12/31 / 最終変更者:mosukuwa / その他更新者: アセチルサリチル酸 / 提案者:mosukuwa (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2017/02/14 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:94(78%) 普通:16(13%) 悪い:10(8%)] / プロバイダ: 37973 ホスト:38031 ブラウザ: 9337
スタッフが全力でふざけて真面目に作った作品。
内容を一言でまとめると「五人の情けないヒーロー達が13話かけてやっと本当にヒーローになった」的な感じでしたね。
お色気、おふざけ、ドロドロ、カオスギャグ、という井上テイストの塊で、井上敏樹ファンなら大満足できる出来だとは思います。
ぶっちゃけ自分もどハマりしましたし、第二の「シャンゼリオン」と言った方がわかりやすいでしょう。

【総合評価】
これは酷い(褒め言葉)

2017/01/31 良いと思うコメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:94(78%) 普通:16(13%) 悪い:10(8%)] / プロバイダ: 39069 ホスト:39156 ブラウザ: 9238
一話を見ると、シリアス王道ヒーロー物だったはずがどうしてこうなったw

2015/03/29 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:89(75%) 普通:3(3%) 悪い:27(23%)] / プロバイダ: 5037 ホスト:5023 ブラウザ: 4695
見ててなかなか面白かったです。
いろいろ面白い要素があってよかったです。
個人的には面白い作品でした。

2014/11/17 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:174(44%) 普通:100(25%) 悪い:126(32%)] / プロバイダ: 15023 ホスト:14790 ブラウザ: 5141
まず、この作品はまじめに見るもんでなく
横になって漫画を読みながらやお酒を飲みながら適当に見るのがいいような気もします。
そんな感じの気軽に見れるようなものです。

ただ、主人公が前向きバカがちょっと終盤でグダっていたのは残念な点でもありますが。
立ち直った時はやっぱり気持ちいのいいバカでお馬鹿な最終決戦も見どころな気もしました。
[共感]
2014/11/17 この作品はまじめに見るもんでなく横になって漫画を読みながらやお酒を飲みながら適当に見るのがいい←この上なく本作の特徴を示した表現ですね。 by 霧の童話

2014/05/15 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:18(58%) 普通:7(23%) 悪い:6(19%)] / プロバイダ: 4801 ホスト:4928 ブラウザ: 10233
【良い点】
音楽
デザイン
ギャグ
【悪い点】
リンというキャラクター

2014/05/10 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3702(33%) 普通:3936(35%) 悪い:3568(32%)] / プロバイダ: 15046 ホスト:15286 ブラウザ: 5508
まずいかにも雨宮慶太氏らしかったと言うか、スーツデザインのセンスの良さと、
バトル時の演出等、VFX技術のクオリティは申し分ないものがありました。

放送時間帯が深夜という事で、しょっぱなから乳房を露わにした女性キャラが
見られたのも特徴的で、壇蜜氏も控えめかと思いきや、終盤では予想通り(?)な
セクシーな立ち回りを見せていました。起用されるべくして起用されたキャスティング
だったと言えたかもしれません。(苦笑)

壇蜜氏はまあ全然OKとして、主人公一行でしたね。彼らの個性の描き方とかも
深く共感させられたほどではなく、弱かったのは否めなかったかなあでしたが、
主人公役の兄ちゃんも、何だかオーラが無いというか、演技も感情を吐露すべき
パートもやや上っ面で声にも若さがない等魅力無かったですね。つくづく酷な言い方
ですが、今のご時世もっとカッコイイ兄ちゃんいたでしょう。ヒロインも彼女を
狂言回しにするのは良いのですが、やや影が薄くなってしまったのも否めなかった
かなあと。

終盤はリン(彼女も、9話でもゲスト出演されていましたが、「絶狼」にも出ていた
野本かりあ氏同様、表情作りで実際より演技が上手いように見えたに過ぎなかった
ですが)に、おばあちゃんとの絆等焦点が当てられていましたが、ラスボスがテリー
伊藤氏なのもねえ・・・・・・・大物感とかとは無縁でしたが、余計盛り上がりません
でした。と言うか、他にも林家しん平師匠や一度引退したはずの鼠先輩、大木凡人氏
とか有名人達が本人役でゲスト出演もされていたのもあざとかったですね。ハク役の
蛍雪次朗氏だけはいい味出していましたが、「先輩」呼称ではイマイチ重みが感じ
ませんでしたねえ。「老師」とか呼ばせるべきだったかも?

エロ描写はともかくとして、テーマや人物描写、俳優陣等中途半端な要素が目立って
思った程ではなかったです。雨宮氏の作品も何だか出来不出来の差が目立ちますが、
本作もこれでは評価は「悪い」止まりです。

[推薦数:1] 2014/03/27 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1443(50%) 普通:0(0%) 悪い:1458(50%)] / プロバイダ: 145 ホスト:89 ブラウザ: 4721
全体的に面白かったし楽しめたんだけど唯一悪かったのがリンというキャラの存在。

結局なんだったのか何がしたかったのか分からなかったし、引っ掻き回すだけ引っ掻き回して死ぬのも自業自得にしか思わないし、二人の仲を引き裂いた原因を作った張本人なのにまた仲良くなって欲しいとか正直よく分からないし、一人が居なくなって寂しさを埋めるために好きになるっていうのはあるかも知れないけど、地球に来て再会してからも正直に話したり話し合ったりする訳でもなくまた男心を弄んでるようにしか見えないから説得力がなかったし最悪なキャラにしか見えなかった。

このリンさえいなければネタ作品として楽しめたし見れたんだけど、本当に汚したしイライラさせられるだけだった。
こっからしてもそうだけど、設定もよく分からないところがあったり伏線とか引きとか謎とにしてもにしてもあまり意味がない作品なんだろうなって思った。

だからリンの行動なんかも深い意味はなく行き当たりばったりの展開で、良くも悪くもそういうタイプの作品だった。
ただ見せかけのために使っていた伏線があって期待してしまっただけにガッカリ感はある。

映像面は凝っていてアクションも良かったしそれほど予算はないと思うんだけど丁寧で凝っていてこだわって作ってるのが分かるし、そこは本当に見応えがあった。
武器が登場するシーンやフォーメーション、後ろで爆発するシーン、最後の衣装が変わるところなどは盛り上がったしかっこよさがあった。
特に最後の衣装が変わるところは最終話で持って来るかっていう感じで、逆にインパクトがあって印象に残る。
皆でタイトルを叫ぶところもダサかっこ良かった。

キャラもリン以外は本当に良いキャラばかりでお婆ちゃんとか主役の女の子とかは好感が持てるし、光人のやり取りとかは面白かったしキャラが良いからコメディシーンというか全体的にコメディではあるけどテンポが良くて見易かった。
敵キャラも良かったし壇蜜とのやり取りは笑った。

キャラも良かったけど俳優陣が良かったかなっていう印象だった。
光人みんなが印象ある顔立ちしていたし演技が大袈裟というか真剣だったからこそキャラが立った。
舞台演技っぽさがあってそれをこなせる人がいてこの作品ならではっていう感じがした。

印象に残った話ではホラー回とダンス踊ってた回。
そこら辺にしても演出とかネタが独特で特撮やヒーローものを越えたものがあった。

BGMとかも良かったし最後のテリー伊藤も良かったし、リンさえいなければ間違いなく良かったと言える作品だろう。

2014/01/09 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2210(57%) 普通:775(20%) 悪い:861(22%)] / プロバイダ: 16515 ホスト:16546 ブラウザ: 5386
深夜枠の特撮は自由で面白いですね。
今作は、エロシーンを書き換えて夕方放送してもそこそこ面白くなるでしょうか。
とにかく、井上敏樹が好きなものを全部混ぜ込んだというか、「三角関係(ジェットマン、555、キバ)」、「笑えるギャグ(シャンゼリオン)」、「何気に熱い」と井上敏樹の全てが出ているような作品ですよね。
まあ、敵が持つ悲劇性みたいなのは殆どなく、恋愛描写やギャグ描写メインで、最後の最後まで敵側は悲哀を持たないどこか抜けてる悪役でしたが、そこだけは今までの例と比べると珍しいですね。

今回は、殆どの場合において「特撮で日常ドラマ」みたいなところがあります。
戦闘は本当にオマケ扱いで、メインは「人間に見える怪物の日常」ですからね。
演出で、すべて怪物状態で進んでいきますが、これによって「着ぐるみの異形生物」が風呂に入ったり、風呂を覗いたり、買い物をしたり…といったシュールな画ばかり撮れてるので、とにかく笑えてしまう。
陰人たちを舎弟にしていく序盤はまだ大した事はありませんでしたが、全員そろってからは笑える描写が多くなりました。
後半はギャグをやりながらも、一応話の大本である「ゴウ、ジン、リン」の三角関係に迫っていき、ちゃんと人間たちと光人たちの関係も掘り下げられていく形になりますからね。
若干下ネタが多いですが、まあ深夜枠+井上敏樹ですから、結構フリーダムにやったんでしょう。これからも深夜枠で自由にやってほしい。

あと、ギャグでは、メタ発言も非常に多く、それを凄くさらっと言ってしまうところが良かったでしょうか。
楽屋ネタではなく、あくまでドラマという構造で視聴者にもわかる部分をネタにしてますから、比較的とっつきやすい。
そもそもこのドラマは、最初のセリフもメタ発言でしたから、あんまり作品全体の印象を崩すわけでも無かったですしね。
それで、後半では「死んだ人間が気合いで生き返る」というムチャクチャな展開も、「最終回なんだから細かい事はいいんだよ!」とテキトーに返して、特に触れるわけでもない…という生命倫理を超越したギャグが笑えました。
「地球防衛少女イコちゃん」とかでもあったこういう蘇生ネタは、一見明るい展開のようで、ブラックジョークとしての笑いが強いですよね。
やっぱりこの歪な笑わせ方は井上敏樹独特かなぁ…。お見合い回での女性陣の「男性陣の年齢を聞いたときの心変わり」とか、人間の黒さを逆手に取ったギャグは特に上手いですよね。
一応、この人は文学作品が好きだったらしいので(その反面、結構いい加減なので)、こういうのが一番得意なのかも。

まあ、正直バトルはショボいです。
背景の描きこみは凄いんですが、やっぱり着ぐるみ状態での戦いを作るのは苦手なんでしょうか。「牙狼」も凄いのは生身バトルでしたよね。
どうせなら、生身での戦闘シーンももっと増やしてよかったんじゃないでしょうか。
戦隊パロ回みたいなのではちゃんと生身バトルもありましたが、そもそもあの着ぐるみ動きにくそうですよね。
ただ、この作品のメインって着ぐるみでの日常描写の方に寄ってるので、その辺はあんまり気にしませんでした。

音楽はかなり良かった。
オープニング、エンディングともになんか中毒性のある曲で、タイトルを連呼して熱血を押し付けるような曲ではないながらも、流れるとテンションの上がります。
フルで聞いた事はないですが、一回フルで聞いてみたいですね。

評価は「とても良い」。
「非公認戦隊アキバレンジャー」や「牙狼」もそうですが、最近は深夜枠での特撮作品が面白いですね。
やっぱり、深夜で金かかる特撮をやらなければならないとなると、気合を入れないといけないんでしょうね。

2013/12/29 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:585(55%) 普通:220(21%) 悪い:263(25%)] / プロバイダ: 22876 ホスト:22856 ブラウザ: 5386
たった今最終回を見たので評価をば。

【良い点】
本作は深夜枠ならではのフリーダムさを、雨宮テイストを推して存分に引き出している。
異形の光人達が日常生活をする、セイザーXを彷彿とさせる江面に始まり、
8話や最終回に象徴される戦隊パロなど面白おかしい展開が目白押し。

一見すると脇道にそれてるような怪談や合コンでさえ、後の展開への前フリとなる。
ラストこそ投げっぱなしと言えばそうなるが、覚醒した彼らに負ける気しないはず。

【悪い点】
とはいえ、性的な要素など万人にはお勧めしづらいのが難点。
男と二股かけるリン、まじ魔性の女。ゴウの株が下がる展開が続いたのは痛々しい。

【総合評価】
雨宮氏、小林P,敏樹氏が組んで生まれた秀作。
型破りな要素が複雑に絡んでいるように見えて、最終的に王道のお約束へとたどり着く。
1クールのスピード感に乗せて、ファンが見たかった井上らしさを見せつけてくれた。牙狼とはまた違った魅力ある作品。

ゴウライガンに勝算あり!

2013/10/08 普通の立場コメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:207(71%) 普通:25(9%) 悪い:59(20%)] / プロバイダ: 1871 ホスト:1673 ブラウザ: 4688
とりあえず第1話は見ましたが・・・。

牙狼シリーズと比較すると地味であり良くも悪くも垢抜けていない。ヒロイン地味だし(笑)

現時点では何とも言えないですが、一応視聴は続けると思う。

この評価板に投稿する



2017/02/14 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 37973 ホスト:38031 ブラウザ: 9337 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事可笑しく笑える/楽しい/面白い/びっくり 
ストーリーとても良い(+2 pnt)
キャラ・設定最高(+3 pnt)
映像とても良い(+2 pnt)
声優・俳優とても良い(+2 pnt)
音楽とても良い(+2 pnt)

もっと見る
1. おにぎりの具は刺身です by mosukuwa
... 当サイトの順位をその基準として見てみると、特撮が「フラッシュマン」、「スピルバン」、「もりもりぼっくん」しかない1986年は最悪だと思うが、2013年もかなり変わった年だと思う。 完結していない「仮面ライダー鎧武」が今後、どう動いていくのかはわからないものの、上位は「牙狼 〜闇を照らす者〜」、「衝撃ゴウライガン!!」、 ...
記事日時:2014/02/12 [表示省略記事有(読む)]
2. で、誰だよ ランバ・ラルって・・・「裁判長っ!おなか空きました!(ドラマ)」 by えぼだいのひらき
... た役、お上手ですね。 黒猫ときどき花屋__普通 __セット内収録で、いかにもNHKっぽい作品。最初設定を知った時、「夏雪ランデヴー?」って思いました。確かによく似ていますが、それ程同じって訳でもないです。 ハクバノ王子様恋愛適齢期__微妙 __三浦貴大さんの存在感オーラのなさが凄過ぎます 。 衝撃ゴウライガン!!__ ...
記事日時:2013/10/08 [表示省略記事有(読む)]
3. 事故級の壇蜜 by めたこ
... という特撮が始まるのを録画しといたので何気なく長男と観始めた。 おお新作の特撮だ、なかなかユニークな出だしだね、とのんきにしていられたのも壇蜜が出るまでの話だった。 いや、乳首がはっきりわかるじゃないですか(;´д`) すなわちおっぱい丸出しである。 オープニングで壇蜜の名前を見たときに警戒しとけばよかったんですが、 ...
記事日時:2013/10/07

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ