[特撮]烈車戦隊トッキュウジャー


れっしゃせんたいとっきゅうじゃー / Ressha sentai Tokkyuger
  • 友情
  • 楽しい
  • 面白い
  • 感動
  • 可笑しく笑える
RSS
特撮/人形劇総合点=平均点x評価数49位702作品中総合点59 / 偏差値62.37
特撮/人形劇平均点141位235作品中平均点1.02=良い/58評価
2014年特撮/人形劇総合点1位20作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
映像1.20(良い)40
キャラ・設定1.10(良い)40
音楽0.92(良い)40
声優・俳優0.90(良い)40
ストーリー0.88(良い)40
友情68%27人/40人中
楽しい62%25人/40人中
面白い55%22人/40人中
感動42%17人/40人中
可笑しく笑える40%16人/40人中
もっと見る
属性投票する
原作:八手三郎
連載:テレビマガジンてれびくん
プロデューサー:佐々木基井上千尋宇都宮孝明石川啓若林豪矢田晃一深田明宏
脚本:小林靖子大和屋暁會川昇
日本 開始日:2014/02/16(日) 07:30-08:00 テレビ朝日 / 終了日:2015/02/15
公式サイト
1. http://www.tv-asahi.co.jp/tqg/
2. http://www.toei.co.jp/tv/toqger/
オープニング動画 (1個)
烈車戦隊トッキュウジャー
歌:伊勢大貴 詞:渡部紫緒 作曲:坂部剛 編曲:坂部剛 [ファン登録]
[もっと見る]
65,0216958
最近の閲覧数
12710220194978
この作品を特撮/人形劇として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2015/03/02 / 最終変更者:mosukuwa / 提案者:mosukuwa (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/04/20 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:6(86%) 普通:0(0%) 悪い:1(14%)] / プロバイダ: 19368 ホスト:19432 ブラウザ: 8323
【良い点】こんな作品に良い点なんてつけたくない。

【悪い点】全部(特にヒーロー&ロボのデザイン、乗り換えチェンジ)

【総合評価】評価するレベルには達しない、最低最悪な駄作でしたよ。
戦隊シリーズを汚さないでください。

2018/12/19 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 37466 ホスト:37596 ブラウザ: 9011
【良い点】
子供が3歳になって初めて観た戦隊でした。
私自身もデンジマン以来の戦隊の鑑賞になりました。

観始める前は「子供がハマったらおもちゃとか買わなきゃいけないから観てほしくないなー」と思ってましたし、正直子供向けのものなんだろうと思ってました。

そして初めてトッキュウジャーを観た時、
「いやいやダサすぎだろ!?」
と思わず絶句!

子供は電車が好きだったため、初見で1発でどハマりしてたので仕方なく一緒に観てました。

ですが何話か観ていくと毎回の話の展開が面白いし、全体のストーリーがしっかりしてる点に驚かされ、最終的には子供がよりも私の方がトッキュウジャーにハマってました。

何よりトッキュウ3号のミオちゃんの可愛さにやられました。

トッキュウジャーは主役側はもちろんですが、悪側にもストーリーがあり、グリッダちゃんや皇帝ゼット、家臣達も好きなキャラばかりです。

その後も戦隊モノは観続けてますが、トッキュウジャーを超えるものは出てきてません。

・主役側、悪側、毎回のゲストキャラみんなキャラ全員魅了的。

・志尊くんがカッコ可愛い。

・トカッチがダサかっこいい。

・ミオちゃんが可愛すぎる

・横浜くんかっこよすぎじゃね?

・カグラの戦い方好き

・アキラには子供がハマってハーモニカを吹いてた

・ゼットには奥さんがハマってた

・最後の数話は泣いた。まさか戦隊モノで泣くとは思ってもみなかった。
特に子供に戻ったメンバーが秘密の場所でライトを思い出して戦いに戻るとこは最高だろ。

【悪い点】
ない。

強いて挙げれば続編をやってくれないところ。

【総合評価】
笑えるユルい感じの戦隊モノという感じがするが、全て見終わるころには「感動」を覚える素晴らしいストーリーと役者さん達の努力が感じられるドラマです。

1年間があっという間にでした。

最高という言葉以外に見つかる言葉はありません。

2018/08/12 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:254(61%) 普通:83(20%) 悪い:79(19%)] / プロバイダ: 19667 ホスト:19744 ブラウザ: 11272
シリーズ初の鉄道戦隊
【良い点】
・旅をしながらシャドーに支配された地域を解放する
・ロードムービーのノリのストーリー
・主人公達は実はある力で大人の姿にされた意外な展開
・シャドーの幹部はトッキュウジャーが倒さなかったのはライブマン以来
・シリーズ初の色替えシステム
・最後まで1号ロボを乗り換えなかった
・当初予定していた結末だったトッキュウ1号のみ死亡エンドを取り止めた事(トッキュウ1号だけ別な列車だったのもその伏線だった)
・第1駅で車掌が(お前達は既に死んだも同然)の台詞が実はラストへの伏線で、トッキュウジャーが銀河鉄道の夜を下敷にしたなら1号死亡エンドの伏線も納得
【感激した点】
・トッキュウ6号が正式に橙の戦士として登場し、バトルコサック以来35年ぶりにオレンジ戦士登場となった
・Vシネマのトッキュウ7号も紫となり、Vシネマながらスーパー戦隊39年目にして遂に赤青黄緑桃橙紫の七色が実現した
【残念な点】
・トッキュウ7号の登場がVシネマ完結編に見送られ、Vシネマが出たから良いものの、お蔵入りなら未処理設定になったかも知れない
【悪い点】
・第3駅のアレ 中華キャノンかい!
・グリッダの我が儘
【総合評価】
本来なら04年のスーパー戦隊の候補だったトッキュウジャー。しかし、鉄道ネタの扱い難さから長年棚上げ状態となっていました。
結果、ギャグマジ路線に決まり、小林靖子女史曰く「トッキュウジャーは敵を倒さない戦隊」だそうで、メンバーの正体に驚きました。
トッキュウジャーは故・宮沢賢治原作の銀河鉄道の夜を下敷にした様で、銀河鉄道の夜通りの展開・結末ならレッド死亡予定も道理でした。それでもシリーズ初のスタメンレッド死亡エンドを回避して良かったと言え、出色のアイデアを評価し、評価は【最高】にします。

2017/06/14 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:27(73%) 普通:1(3%) 悪い:9(24%)] / プロバイダ: 26165 ホスト:26312 ブラウザ: 8318
【良い点】
・イマジネーションなどのメッセージ性が個人的に好き
・だたダサい(ジュウオウジャーみたいに手抜きの意味でダサい)のではなく、電王やエグゼイドみたいに愛着がつくダサさが個人的にはまったw
・難しすぎずわかりやすい話が多い。ただしコメディばかりに走るのではなく特に終盤は緊迫感のある追い込みが良かった。
・役者さんも悪くない
・最終回が涙もの。5人が家族にもとに戻れてよかった。

【悪い点】
・後半について。怒涛の展開でわくわくしたがあまりにも展開が早く追いつかない人も多かったように思う。
・ゼットやグリッタは結局どうなったのか…

【総合評価】
色々批判は多かったが個人的には好きな作品だった。
敵、味方両方に魅力があり見どころ満載だったように感じる。

2017/05/09 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:24(80%) 普通:1(3%) 悪い:5(17%)] / プロバイダ: 30788 ホスト:30628 ブラウザ: 2884
【良い点】
面白い話が多く、
小林靖子お得意の普通じゃ気づかないような細かい伏線回収
どのキャラクターも魅力的
乗り換えを使った戦闘
【悪い点】
トッキュウオーの見た目は悪い
敵幹部の一人位はトッキュウジャーに倒してもらっても良かった気がする。ゼットも倒しきれなかったし
【総合評価】
とても良い

2017/04/06 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(50%) 普通:0(0%) 悪い:1(50%)] / プロバイダ: 21564 ホスト:21556 ブラウザ: 10209
【良い点】
全て!ストーリー、キャラクター、全て大好きです。最終回付近はひたすら号泣でした。

【悪い点】
初めて見た時はスーツダサすぎてびっくりでしたが、今ではこのスーツすら愛おしいw

【総合評価】
笑いあり、涙あり、素晴らしい作品です。笑って泣ける戦隊が観たい方オススメ!

2016/10/11 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 16201 ホスト:16224 ブラウザ: 10342
【良い点】
設定、ストーリー共に斬新!

【悪い点】
ない!

【総合評価】
過去最高傑作では?

2016/07/13 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:151(83%) 普通:4(2%) 悪い:28(15%)] / プロバイダ: 684 ホスト:748 ブラウザ: 10216
【良い点】
・シリーズ初、列車をモチーフにした所。
・カグラ、ミオがかわいい
・トカッチがインテリカッコいい
・グリッタちゃん!
容姿と声色に、良い意味で激しいギャップを感じた。
・追加戦士の設定
元々は悪の組織にいた設定を活かし、怪人態の状態でも変身できる。
・ED
主題歌が流れる中、様々な列車を紹介している。
【悪い点】
・列車の権利関係故か、EDがDVDに入っていない。
【総合評価】
『とても良い』で。

2016/06/05 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:23(79%) 普通:1(3%) 悪い:5(17%)] / プロバイダ: 7829 ホスト:7791 ブラウザ: 10185
【良い点】
ストーリー、キャスト。靖子にゃんすごすぎ。オンドゥルもいなかったし、皆仲良さそうで見ていて楽しかった。

【悪い点】
やっぱロボデザインかな。最初のトッキュウオーは悲しくなった。

【総合評価】
ギンガマン、タイムレンジャー、シンケンと並ぶ傑作です。
最高で!

2016/05/31 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:16(53%) 普通:5(17%) 悪い:9(30%)] / プロバイダ: 2933 ホスト:2705 ブラウザ: 10397
【良い点】

今までに無かった電車モチーフ

ミオちゃん、可愛い!

トカッチの三枚目キャラ

【悪い点】

やはり何と言ってもスーツデザインでしょう。あとロボットもダサい。
デザインさえしっかりしときゃあねぇ…

乗り換えって要る?

EDが結局覚えられなかった…(笑)

【総合評価】

ストーリーに深みがあったのが良かったですね。
ただ最終的に「メンバーは実は子どもだった」っていうのはどうかなと思います。

今後のスーパー戦隊作品にゲスト出演するってなった場合、少々ややこしいですよね。
vsニンニンでもそうでしたが…

変化球作品は変化球なりに楽しめました。

2016/05/05 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:10(62%) 普通:2(12%) 悪い:4(25%)] / プロバイダ: 26263 ホスト:26339 ブラウザ: 4721
【良い点】
・トッキュウジャーの面々の個性。考えるより行動するタイプだが、リーダーシップも持ち合わせたライト、
やや抜けた所があるが、良い意味で几帳面でもあったトカッチ、人に尽くす心を常に持ち続けたミオ、
クールな性格で戦闘力だけでなく、頭脳も優れていたヒカリ、
可愛らしい容姿だけでなく想像力豊かでそれを戦闘で上手く活用させたカグラ、
元はザラムというシャドーラインの怪人だったが、ライトたちとの関わりを通じて仲間意識を持つようになった虹野明と
みんな個性派揃いであった。
・トッキュウジャーだけでなく、敵側のシャドーラインの面々も個性的であった。
最後まで闇の皇帝・ゼットに対する忠誠さを貫き、最終的に闇の力としてゼットに吸収したネロ男爵、
娘のグリッタを自分の権力の為に利用していたが、グリッタがゼットに吸収させられそうになった時に
グリッタを命懸けで救い、実は心からグリッタを愛していたノア夫人、
初めは何とも感じなかったが、後にグリッタから思いをかけられていることに気付き、
自分もその思いを受け入れ、ノア同様、グリッタを命懸けで救ったシュバルツ、
ゼットの育ての親であり、ゼットに対して厳しくも愛情を持って母親のように接して、
ネロ同様、自分からゼットの闇の力として吸収したモルク侯爵。
シュバルツを最後まで思い続け、野心的だった彼の心を動かし、
ゼットにノアとシュバルツを殺害された後に、これ以上の犠牲者が出ないように
トッキュウジャーと協力してキャッスルターミナルを元の深い闇に戻し、
ノアとシュバルツを殺害したゼットを恨まず、むしろ心配し、説得しようとしたグリッタと
トッキュウジャーの個性も良かったが、シャドーラインの面々はトッキュウジャー以上に個性に溢れていた。
悪役の個性という点では戦隊シリーズの中でもトップクラスの出来だと思う。
そして何といっても一番素晴らしかったのはゼットであろう。
一見言動が軽々しく思えるが、実は「キラキラ」に対する欲望が強く、
「キラキラ」を手に入れようと一生懸命であったが、
それでも手に入れられない彼なりの苦悩や葛藤が良く描かれており、
グリッタと共に深い闇へと帰っていくときは、どこか切なさと人間臭さを感じた。
また、演ずる大口兼悟の演技もそれらを上手く表現できていて素晴らしかった。

【悪い点】
シャドーライン側のストーリーは本当に素晴らしかったが、そのせいかトッキュウジャー側のストーリーがいま一つ印象に欠けていた。
シャドーライン側だけでなくトッキュウジャー側のストーリーも掘り下げていればもっと良い出来になっていたと思う。

【総合評価】
この作品の魅力は何といってもシャドーラインのストーリーといっていいと思う。だがトッキュウジャーのストーリーがあまり印象に
残っていなかったのでそこも掘り下げていれば戦隊シリーズの最高傑作となりえたと思われるので少し惜しい作品。
だが全体的な出来は決して悪くなく、前述したとおりシャドーラインのストーリーがしっかりしていたので評価は「良い」で。

2016/02/18 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:9(64%) 普通:1(7%) 悪い:4(29%)] / プロバイダ: 44111 ホスト:43996 ブラウザ: 10289
【良い点】
ストーリー展開

【悪い点】
デザイン

【総合評価】
ストーリー展開はいいと思ったけどそれ以外は正直低評価です。
デザインがいくら何でもダサすぎる…敵はやたらカッコいいのに。
好みのキャラクターもほとんどいません。

[推薦数:1] 2015/12/20 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2(40%) 普通:0(0%) 悪い:3(60%)] / プロバイダ: 45568 ホスト:45614 ブラウザ: 10268
【良い点】
緑と黄色と橙の役者さん
乗り換えで色が変わる

【悪い点】
赤のふざけたキャラ
スーツがダサい
ロボットもダサい
赤の役者がオカマみたいで生理的に無理

【総合評価】
鎧武に並ぶ2014度ニチアサの戦犯
2014年度のニチアサは混沌として厄な作品ばかりです
足の引っ張り合いが激しいなって感じます
鎧武とトッキュウジャーは魅力有無です
トッキュウとニンニンと鎧武は黒歴史にすべき

2015/11/23 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 24116 ホスト:23768 ブラウザ: 9866
【良い点】
今更ながらに観てみると、全体的にまとまりが良い。
初期の頃は演技にやや難を感じたものの、次回作のニンニンジャーとは比較にならないくらいのレベルです。

【悪い点】
自分の子どもの年齢だとストーリー展開が理解し難い

【総合評価】
星まつりの灯籠など、そこに繋がるのか!と思う場面が多く、やはり乗り換えの発想はとても面白いと思います。

2015/11/15 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:40(82%) 普通:0(0%) 悪い:9(18%)] / プロバイダ: 160 ホスト:185 ブラウザ: 11029
【良い点】
戦隊初の列車モチーフ
1人1人の個性がキチンと描かれていた
ミオ役の梨里杏ちゃんが可愛過ぎ
役者の演技や芝居も悪くなかった
【悪い点】
スーツやデザインのダサさ
ややストーリーが難解で子供には分かり難い部分が有った
列車モチーフな割には其れを変身前に余り活かせてなかった
ギャグやパクりが寒い
名乗りが格好悪い
【総合評価】
う〜ん、全話観ましたが微妙な作品でしたね。列車モチーフと言う時点で子供向きだと思いましたが案の定そうだった。

でもその肝心の列車がライト達には全くと言って良い程活かされてないのも残念でした、変身前にも活かせていれば良かったと思いましたがね、内容もストーリーも悪くなかったですがスーツのデザインのダサさと言い不満点の多い戦隊となりました。

個人的には最悪と言いたい所ですが上記通り良い点も有ったので「とても悪い」にしておきます、特にミオ役の梨里杏ちゃんの可愛さは歴代ヒロインでもトップクラスですしね。

もっと読む

「【良い点】・前向きなOP。・全体的にキャラのいい登場人物が多かった。(特にトカッチとゼット。個人的には...」 by 涼太刀


次のページを読む

この評価板に投稿する



2019/04/20 悪印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 19368 ホスト:19432 ブラウザ: 8323 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事 
ストーリー最悪(-3 pnt)
キャラ・設定最悪(-3 pnt)
映像普通(+0 pnt)
声優・俳優とても悪い(-2 pnt)
音楽とても悪い(-2 pnt)

もっと見る
1. 東映::偶然気付いた事ながら by 無限堂
... を除き、西暦末尾4の放送だった84年OAの超電子バイオマン、04年OAの特捜戦隊デカレンジャー、14年OAの戦隊トッキュウジャーには偶然とは言え幾つかの共通点があった事に気付きました。 1・初期スタメンのスーツカラーが赤青黄緑桃(カクレンジャーのみ赤黒青黄白) 2・敵が巨大化せず、ロボットを操縦 バイオマン=メカジャイガン& ...
記事日時:2018/01/24
2. 今日は堀江由衣さんのお誕生日です by Mr.KN
... の櫛枝実乃梨、「かなめも」の西田はるか、「けんぷファー」の美嶋紅音、セップククロウサギ、「咲-Saki-」の福路美穂子、「B型H系」の竹下美春、「DOG DAYS」のミルヒオーレ・F・ビスコッティ、「あの夏で待ってる」の貴月エミカ、「パパのいうことを聞きなさい!」の織田莱香、ここ最近では「戦隊トッキュウジャー」のワゴン、 ...
記事日時:2016/09/20 [表示省略記事有(読む)]
3. 名脇役、大集合!! by はんぶらび
... チリと別け、というより、善悪を越えたところで生きざるを得なかった人物。過去の大戦で、最も運命を変えられた人物の一人。 作品貢献度:五点。こういうクレバーで抜け目ないキャラが出てくると、話はグッと引き締まる。 ネロ男爵(職業:シャドーライン幹部、地位:貴族、ストーリー上の役割:忠臣) 登場作品:『戦隊トッキュウジャー』、ジャンル: ...
記事日時:2016/04/21 [表示省略記事有(読む)]
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ