[人形劇]プリンプリン物語


ぷりんぷりんものがたり / Prin-Prin Story
RSS
特撮/人形劇総合点=平均点x評価数81位703作品中総合点40 / 偏差値57.16
特撮/人形劇平均点9位235作品中平均点2.22=とても良い/18評価
1979年特撮/人形劇総合点2位5作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

人形劇
全656話

■ STAFF ■
放送局:NHK教育
日本 開始日:1979/04/02(月) / 終了日:1982/03/19
公式サイト
1. http://www.nhk.or.jp/digitalmuseum/digitalmuseum/chara/chara_p.html
オープニング動画 (1個)
プリンプリン物語
歌:石川ひとみ 詞:石山透 作曲:馬飼野康二 編曲:馬飼野康二 [ファン登録]
[もっと見る]
19,9701918
最近の閲覧数
3104030000
この作品を特撮/人形劇として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2012/12/08 / 最終変更者:mosukuwa / その他更新者: 管理人さん / ジャンボーグQ / TCC / カトル / 羽幌炭鉱 / 提案者:アーリマン (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2017/01/23 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:152(83%) 普通:4(2%) 悪い:28(15%)] / プロバイダ: 2358 ホスト:2385 ブラウザ: 10216
【良い点】
・エスニックな世界観
・社会的なメッセージや風刺が効いている。
例えばタンガラトントン編。
科学者が間違いを犯した為、子供が生まれなくなってしまった。
科学の発展は時には大きな犠牲をもたらしてしまうという、未来への警告かも知れませんね。
・ルチ将軍
脇役の中では、かなりのインパクトでしたね。
・中の人達が兎に角豪華
石川ひとみさんを初め、神谷明さん、キートン山田さん、はせさん治さん、富山敬さん、滝口順平さん等。
・主題歌
特に「ハッピーアドベンチャー」と「私の祖国」が好きです。
【悪い点】
・ドオンブリカ編より前のエピソードが失われてしまった。
因みに現在、NHKは本作を全話アーカイブス化するプロジェクトを行ってるそうです。
【総合評価】
ドオンブリカ編より前のエピソードが失われてしまった点は悔やまれますが、『最高』で!

2011/04/10 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 15848 ホスト:15988 ブラウザ: 3107(携帯)
【良い点】
・プリンプリンを始めとする、個性豊かなキャラ達。
ボンボン、カセイジン、チンタム、ヘンナキブンetc
・主題歌
ハッピーアドベンチャーを始め、良曲揃い。
【悪い点】
・ランカー
「歳を考えろ、歳を」と突っ込みたくなる。
【総合評価】
『最高』!!

2011/01/13 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 28183 ホスト:28193 ブラウザ: 3418(携帯)
リアタイではなくDVDなので結構観られなかった話が多いが、内容がカオスすぎて面白い。今観ても全然古くない。
神曲迷曲揃いな上、キャラが濃い。
ヒロインのプリンプリンからして「チョイ役の皆さ〜ん!どうぞ」とか言う天然キャラで
そのプリンプリンに惚れてるのが死の商人ランカーだが
ランカーの売ってる兵器が「ヒットゴロシ爆弾」「一見スイカ風核爆弾」である。
世界お金持ちクラブ、アクタ共和国の歌なんか神曲すぎ。
確か、治安を悪くするために拳銃を魔女がタダで配布するとか妙な展開が多く
明るい気分になれた
ルチ将軍に至ってはIQ1300(画面いっぱいに[1300]←こんな風に数字が出る)で頭が良いから人生で一度も間違えた事が無いなどと言ってる。
アクタ共和国のヘムラー大佐が卑怯もん小物キャラにしてはイケメンだったりもする
何もかもがぶっ飛んでいる。
自分が、絵は綺麗だがキャラもストーリーも優等生的で没個性の駄作を多く観てきたから
新鮮なのかもしれない
プリンプリンの祖国はわからないままだったのだろうか。
祖国にこだわるプリンプリンに普段ギャグ寄りのランカーが
「祖国は自分で作るものだ」的なセリフを言うとこは結構いいセリフなはずなのに、あのランカータウン…
いい話にならないとこも良い

2010/10/09 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:670(88%) 普通:60(8%) 悪い:33(4%)] / プロバイダ: 1682 ホスト:1812 ブラウザ: 3876
OPテーマ曲とルチ将軍の事を良く覚えている。

すごく頭の良い人こればかり頭に残っている。まあIQなんて知らなかった時期だからどうすごいか分からないけど、あれからIQ200以上とかおかしな数字だとか分かったけど、それが分からなくても頭の大きさがすごかったので頭良いんだろうと自然に思えた。

後ルチ将軍が地球外生命体だと分かったのは結構衝撃受けたな。

多分この将軍目当てに見てたんだと思う。インパクトが合った。頭が良いのに悪い人こういうのが子供の頃は分からなかった。後にガンダムでギレンがそういう人間として登場するが頭のできまでは分からなかった。今では当たり前となった頭が良い事と人格は違う事と言う事を始めて知った作品だったな。

ルチ将軍の流れで見ていたので他の人達実はあんまり覚えてない…。

2010/02/25 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 3868 ホスト:3816 ブラウザ: 5718
【良い点】
シュールな世界観。
ルチ将軍(良くNHKでこんなぶっ飛びキャラ考え付きましたね「銀魂」に出てきそう)
花のアナウンサー
神谷さんが出ているのが凄い。

【悪い点】
時々付いていけない展開になるコトが・・・・。

【総合評価】
とにかくIQが宇宙一なためにあの姿になったルチ将軍がインパクトに残りまくりです。
主役の姫様完全にかすんじゃってますよ!

2008/09/18 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:431(69%) 普通:102(16%) 悪い:91(15%)] / プロバイダ: 29983 ホスト:29908 ブラウザ: 8090
【良い点】
・異国情緒
・人形たちの見た目とキャラ設定における完成度の高さ
・プリンプリン出生の謎に迫っていく過程にワクワク感があった。

【悪い点】
・プリンプリンの歌のレベルがちょっと…(歌唱力ではなく歌そのものの出来)

【総合評価】
舞台が変わるのでマンネリになることは無かったし、安定して楽しめる作品でした。
古い作品なのに、私のように最近見た者でも楽しいと思えるから凄い。
「とても良い」寄りの「良い」。

2008/03/11 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3167(33%) 普通:3340(35%) 悪い:3117(32%)] / プロバイダ: 27702 ホスト:27938 ブラウザ: 4184
私もこれは、数年前に見た作品でしたが・・・・・・・・・

【良い点】

・世界観

異国情緒が大いに感じられたのが良かったです。愛嬌のある
人形キャラ達も相まって。

・ドラマ性

貴種漂流譚的な話だったけど、そうした見た目の取っ付きやすさ
等とは裏腹に扱われていたテーマは、結構放送当時の時事ネタ
が見られたのも印象的です。世界史が好きな方には一層
興味深く感じられたのかもしれません。

・主題歌

特にエンディングテーマが良かったと思います。
わたしのそこくとか、優しさとか感じられる良い歌だったと思います。

・声優陣

周りはベテランが粒ぞろいでハズレは特にはいなかったと思います。

【悪い点】

特にはないです。

【総合評価】

そういえば、モーニング娘の某メンバーも、確かオープニングテーマを
あるバラエティ番組で歌っていたのを目にしたことがあるけど、
やはり再放送もされていたし、今の20歳代以下の方にもそれなり
の知名度があるのでしょうね。まあ、肝心のボーカルはやはり
石川ひとみ氏の方が良かったですが・・・・・・・・

NHK人形劇って、子供向けながらも、大人でも見ていて楽しめる
作品が多いと思いますが、これもその一作という事なのでしょう。
評価はまあ、「良い」ですかな。

2007/11/11 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:52(75%) 普通:11(16%) 悪い:6(9%)] / プロバイダ: 48776 ホスト:48771 ブラウザ: 5234
数年前にNHKとカートゥーンネットワークで観ました。
異国情緒あふれる世界観が気に入って、カートゥーンネットワークで再放送されるようになってからはほぼ毎日観ていましたね。
人形の造詣が実に綺麗で、ひょっこりひょうたん島とはまた違った(私にとっては)新鮮な雰囲気が良かったです。プリンプリンたちがミュージカル仕立てで歌ったりまたその歌も印象に残ります。また、当時の世情を絡めた場面がありましたが全体的に楽しめました。

こういう人形劇でしか表現できない所もあるのですね。ドオンブリカ編より前はテープが現存していないのが残念です。
「最高!」でもいいのですが観ていない回がありますので「とても良い」にします。

2007/09/01 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:183(61%) 普通:39(13%) 悪い:80(26%)] / プロバイダ: 16636 ホスト:16537 ブラウザ: 4184
小さい頃見た作品(多分再放送ですね)です。

とりあえず、小さい頃見たきりなのであまり記憶に残ってはいませんが…
内容がミュージカル仕立てだったことは覚えています。
何か、プリンプリンからお供の猿たちや、しまいにはゲストまでとにかく楽しそうに歌ってた気がします。
ラストは知らないんですけど、プリンプリンは両親に会えたのですかね…?
というか、子ども心にプリンプリンはもしかしたらプリンセスではないのでは…?と思ってたんですが…
どうやらこれはwiki曰く確定事項みたいですね。…なぜ?(^^;)

プリンプリンの声にアイドルを使ったことは、当時もかなりのトピックだったみたいですね。
余談ですが、私が石川ひとみさんを知った&好きになったのはこの作品の影響です(主題歌とか歌えましたから。昔テレビ(アニソン紹介か何かかな?)の特番で彼女がこの曲を歌っていたことをよく覚えてます)。
脇の声優さんたちもなかなか豪華ですね。
こうして見ると、是非もう一度見たくなってきます。

評価は『とても良い』です。
諸事情でもう全話存在しないことがとても惜しまれる作品です。

2006/05/05 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2218(50%) 普通:1112(25%) 悪い:1113(25%)] / プロバイダ: 11221 ホスト:11081 ブラウザ: 4483
人形劇というのはキャラ描写が結構、エグイ場面があったような気がします。
アクタ共和国の軍国主義とか民族問題とか…。
兄弟の片割れがもう一方を袋叩きにしたとか普通のドラマでやったら物議をかもしそう。
知能指数1300の隕石生命体が人間の体を乗っ取る話が凄く怖かった。
最後は結局、ヒロインは親御さんに会う直前で終わりでしたっけ?

[推薦数:2] 2006/01/29 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:99(99%) 普通:1(1%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 10875 ホスト:11025 ブラウザ: 6903
赤子の頃王冠と一緒に箱に入って流れていたところを助けられ、その後成長したプリンセス・プリンプリン
が、仲間たちと一緒に自分の生まれ故郷を探す旅に出る、ファンタジーコメディー。便宜上「特撮」のジャ
ンルに登録されているようですが、本作は狭義の人形劇。

子供向け人形劇というジャンルの金字塔といっても過言ではない、TV人形劇の名作。そもそも人形劇なんて
ジャンルが平日の帯番組として存在していたこと自体、筆者を含む当時の子供たちは幸せだった。
この面白さは実写やアニメでは絶対に出せない、まさに人形劇ならではのもの。それを言葉にするのはとて
も難しいけど、あえてチャレンジするなら「人が動かすライブ感の温もりとフィクションならではの世界観
の広がり」と言ったところだろうか。
脚本を一人で担当した石山透のかなりシュールな物語は、そのまま展開するとかなりどぎつくなってしまう
が、その世界を人形が動くことによって、すんなりと受け入れられてしまう。その中に子供の視点から見る
ことのできるシニカルな社会批判がちりばめられており、社会派コメディーとしての要素を色濃く見せ続け
たところが本作の大きな特徴。その視点の鋭さと居場所は、現在でも正しく通用する。
ただそうした点のみを強調するのではなく、徹底したエンターテインメント性を追求した点が、本作の最大
の魅力。堂々とイエローサブマリンを登場させたりする、大胆不敵な仮借とパロディの数々は、作品に照れ
がないからむしろ安心して楽しめる。また、ヒロインだけでなくメインキャラやシリーズゲストキャラ全て
に持ち歌があることで、ちょっとしたミュージカル仕立てで物語が進行するのは今でも斬新。プリンプリン
一行が訪れる国々の国歌も抜群の楽しさ。ポップスからリリック、果てはエスニックまで多彩な音楽を生み
出した小六禮次郎の手腕も聴き所。総集編でキャラ総出演の歌合戦といった信じられない企画が通って、そ
れがめっぽう面白かったりするのは、もう作品設定の勝利としか言いようがない(ここで「まちぶせ」のレ
コードジャケットが登場したりするのがまたすごい)。
こうした舞台進行を可能にした声優たちの熱演も特筆すべき。とりわけ、アイドル石川ひとみをヒロインに
抜擢したスタッフの慧眼を賛えたい。彼女の発声の美しさは絶品(後年彼女がスタジオパークに登場した際、
音声スタッフが彼女専用にNHKで最も性能のよいマイクを探し回った)で、初々しい演技も、一歩間違えば厭
味になりかねないプリンプリンの独特のキャラクターを清楚に表現して魅力的だった。もちろん、彼女のず
ば抜けて高い歌唱力がプリンプリンの魅力を引き立てたことは言うまでもない。ボンボン(二役でルチ将軍
も!)を演じる神谷明やランカー役の滝口順平・軍曹役の緒方賢一など、充実した共演者が脇を固めて、荒唐
無稽な物語を難なく表現していた。ああいう仕事を名演というのでしょう。
木材削り出しという友永詔三製作の人形は、華やかさの中に深みも併せ持ち、独特の雰囲気があった(重い
ので操演の皆さんは大変だったと思いますが)。OPの大井文雄のアニメーションのシュールさが、作品本編
と絶妙のマッチングを見せていたことも印象的。なお、毎回の冒頭部分がの回のラストを再現する形で進行
することで、1日ぐらい見逃しても物語を見失わずに済むという、子供たちにやさしい番組作りであったこ
とにも注目したい。
いろんな意味で、見ていたことを幸せだと感じることができる。アニメとゲームの楽しみ方しか知らない
子供達がいるなら、ぜひ観てもらいたい。世界はこんなに豊かに描くこともできるんですよ。

2005/11/29 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:343(88%) 普通:33(8%) 悪い:13(3%)] / プロバイダ: 6719 ホスト:6694 ブラウザ: 4127
この作品に限らず、80年代前半ぐらいまでは、NHKで、よく放送されていた「人形劇」。
その中でも、この作品の知名度の高さは、トップクラスでしょう。
主役のプリンプリンは言うに及ばず、個性的なキャラ、なんとも言えないストーリーが、歌が、いつまでも、観る人(観た人)の心に残るのだと思います。(私も、ルチ将軍のIQ300だけは、忘れられません。笑)

こども向きの作品でも、CG全般の作品ばかりと言っても、過言ではない昨今ですが、アナログな人形劇は、CGでは表現出来ないもの、人の「心」をより明確に現わせると思います。現在では、NHK教育テレビの「がんこちゃん」などが、数少ない人形劇(正確には、「人形劇」とは、少し違う気もしますが。)ではありますが、完全に無くしてしまう事なく、「人形劇」という形態は、ずっと存続してもらいたいです。

このプリンプリン物語も、再度、観て見たい作品の一つではありますが、NHK自体にも存在しないそうで、非常に残念でなりません。

2005/11/28 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:14(82%) 普通:3(18%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 12661 ホスト:12626 ブラウザ: 2753(携帯)
再放送で見てました。プリンプリンとヘドロのやりとりが面白かった。どちらかというと主人公のプリンプリンよりヘドロの方が好きでした。ヘドロがヤッターマンのドロンジョ様みたいなキャラで好印象。

2005/09/17 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:493(71%) 普通:140(20%) 悪い:60(9%)] / プロバイダ: 15221 ホスト:14961 ブラウザ: 3646
途中から見たので、評判高いルチ将軍はあまり見ていませんが、後半も味わい深い
話が多くて、神像がプリンプリンに「神様は人間が造るものだ」と語るシーンが忘
れられません。
後、カセイジンの耳が回ったり、それぞれのキャラが立っていて面白かったです。
ランカーが猿が嫌いで、なんとかならないかと思って調べたら、「前身の血を抜い
て猿の血を輸血するという・・」死ぬよ・・と今なら思ってしまうんですが、それも
またシュールで・・。

そして、実は未だに最終回を見ていなくて・・それが心残りで・・。
最終回1話前まで見たのに・・。

2005/09/13 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:141(83%) 普通:9(5%) 悪い:19(11%)] / プロバイダ: 13836 ホスト:13594 ブラウザ: 3874
懐かしいですね。毎日楽しみにみていました。とにかくノリがよくて楽しかったです。

「お金、おかね、おかね〜っ、お金さえあれば〜何でも手に入る〜・・・」などなど・・・
キャラクターそれぞれに歌と踊りがある不思議な諸国漫遊・冒険ミュージカル風の人形劇でした。
今思えば、ストーリーや展開にあわせて沢山の歌を贅沢に作られていましたね。いまならこんな
作品はできないのではないでしょうか。キャスティングも当然、歌がうまい方が揃っていました。
プリンプリン役の石川ひとみさんは歌はいいのですが、通常の台詞が最後まで浮いていました。
ルチ将軍がよかったですね。頭だけの・・・っとネタバレだ(^^;)。で、プリンプリンの旅の
目的をちゃんと覚えている人がいるのだろうか(笑)。世情を反映したネタを素早く取り込んだり、
やたら寄り道したり話が膨らみすぎてとんでもない展開になっていました。

こういう番組を今作れる人たちがいないのは悲しいことかもしれません。技術というより心意気
のような気がします。いまは安易にコンピュータ技術(CG)などに頼りすぎの気がします。
3DCGを使った人形劇を作ったとして、この作品以上に面白い作品が作れるだろうか?。

もっと読む

「子供の頃に観ていた記憶のある作品。しかし子供向けであるにもかかわらず、ここまで濃い作品だとは思っても...」 by 羽幌炭鉱


次のページを読む

この評価板に投稿する




1. 過去の評価21 by 名もなき詩人
... 事件が起こって欲しいのだ。ちょっとこれは怖いけど。 「ゲームセンターあらし」1 古い作品だし今から考えると楽しかったなと言うぐらいで、自分の文章に中身が無い。 「不思議の国のアリス」2 興味深い作品に対して突っ込みきれてない。 「倉庫番」2 地味だけど好きなゲーム。詰め将棋みたいな感覚でたまにチャレンジしてる。全然進まないけど。 「プリンプリン物語」1 かなり ...
記事日時:2010/11/05
2. 贅沢は敵? by えぼだいのひらき
... 買い物もせずに自転車をすっ飛ばして帰って、ぜーぜーと息を弾ませながら見て、一休みして、それから買い物に行ったりしているので、大分、晩御飯その他に影響が出ています(汗)。 一度座っちゃうと、ど〜にも腰が重くって・・・(苦笑) 私自身は人形劇と言えば、「新八犬伝」とか「プリンプリン物語」とか(他 ...
記事日時:2009/10/20
3. 今日からNHKで人形劇が始まるよ by エンシ
... での放送ですけど。 忘れかけてたら、今日の朝刊番組欄で大きく取り上げてました。 良かった、見逃す所でした。 子供の頃プリンプリン物語とか三国志とか見てた覚えがあります。 懐かしいな〜(歳バレます)。 三国志とか夢中になって見ましたが、あの時みたいに面白いと良いなあと思います。 ……ただ三銃士は何回か小説読ん ...
記事日時:2009/10/12
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ