[特撮]仮面ライダーゴーストRE:BIRTH 仮面ライダースペクター


かめんらいだーごーすとりばーす かめんらいだーすぺくたー / Kamen rider Ghost Re:Birth Kamen rider Spectre
RSS
特撮/人形劇総合点=平均点x評価数517位638作品中総合点0 / 偏差値46.16
2017年特撮/人形劇総合点5位6作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

眼魔(ガンマ)の世界に旅立ったマコトとアランたちの物語。
TVシリーズでは語り尽くせなかったマコトとアランの出会いから友情が結ばれるエピソードと、もう一人のマコトに繋がる、マコトとカノンの秘密が明らかに!
原作:石ノ森章太郎
脚本:福田卓郎
監督:上堀内佳寿也

日本 開始日:2017/04/19(水)
公式サイト
1. Vシネマ『ゴーストRE:BIRTH 仮面ライダースペクター』公式サイト
98411
最近の閲覧数
7585365666
この作品を特撮/人形劇として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2016/09/25 / 最終変更者:mosukuwa / 提案者:mosukuwa (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2017/05/09 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:305(72%) 普通:67(16%) 悪い:49(12%)] / プロバイダ: 19412 ホスト:19187 ブラウザ: 5143
この評価文には重大なネタバレが含まれるので、これから視聴予定のある方はご注意ください。

本作や鎧武やチェイサーのように本編の合間にあったらしいストーリーではなく、最終回後ガンマ世界に舞い戻ったアランやマコトたちという、完全なアフターストーリーになっています。
本当は良いにしたいと思ったんです。
何としても生身の人間のまま市民を救おうとするアラン、そして突如現れたダントンによる肉体の改造を選択するマコト。
これ以上犠牲者を出すわけにはいかないというマコトの思いと、それでも人間らしく生きることを選ぶアランの思いのぶつかり合い。
友であるからこそぶつかりあうこの2人の関係性は良かったですし、最後にアランが演説で言った「人は死んでしまう、だからこそ一生懸命生きることで何かを残し、残った者もそれを引き継いで生きていく」という
ゴーストのテーマ(だと僕は思っている)の、人の生きる意味とその生き様というのを、最後の最後で言葉にし締めにしたこと自体は良かったと思います。

ただですね、マコトとカノンは実はダントンによって作られた改造人間だったという、思いもよらないとんでもないことが明かされるんですよね、しかもVシネマで。
こんな重要なことを普通Vシネマで片付けて良い設定じゃないですし、普通の人間と変わらないと言っても、約3クール視聴者の目に写っていた二人が人間ではなかった、というのは結構冒険な設定ですよね。
一応コピーマコトがなんだったのかという答えにもなっているわけですが、これはファンの人もショックだったんじゃないでしょうか。
その生みの親のダントンも、人間を救いたいという強い思いがあるが故の行動であり、一概に善とも悪とも言えない微妙な立ち位置だったため、最後にマコトが倒してしまうのもちょっと何とも言えない複雑な部分がありましたね。
このダントンは、人を救いたいと言いながら助けたはずの人間を簡単に犠牲にするなんともサイコな性格でしたが、この相反した行動と性格がこの作品の複雑さを象徴していると思いますね。
なのでどうもこの辺がモヤモヤし評価もしづらいというイメージです。

今回タケルは変身しないばかりか、アクションも少しある程度。
御成と仲たがいしたジャベルにしごかれる様子が描かれ、ほとんど空気でしたね。
他にもイゴールがあかりの助手になってたり、御成は独立して?研究会を立ち上げたりと、色々気になる点は多いのですが、どうもこの辺がすっぽり抜けて語られず終わってしまいました。
どうせ後日談をやるのならキャラのその後もしっかりやって欲しかったのですが、まあ尺が無かったんでしょうね。
あとなぜか生きていた西園寺がマコトを助けてくれたりしましたが、これも消化不良ですねえ。
まあマコトに自分が実験の成功体であることを知らせないようにしたりと色々気を使っていたのは分かりますが、ふと出てきて急に庇ったりして中途半端だった気がします。
あとせっかく新フォームが登場したネクロムもやられたのは仕方ないにしても、傷ついたアランを放置してそのままなのも気になりました。
もう生身の人間なのだから、誰かが助けないと危ないですよねえ。

マコトとカノンの衝撃の事実、この点がこの作品、引いてはゴーストという作品の評価に大きく影響を及ぼすんじゃないかと僕は思いますねえ。
それさえなければゴーストという作品に完全に決着を付けた、と迷わず良いを付けれたと思うのですが、これはちょっと混乱するものを見せられたなあというところです。
CMを見て、てっきりカノンとの結婚を巡ってマコトがお兄ちゃんとしてアランと激突するお話なのかと思っていましたが、そんな生易しいものじゃないので驚きましたねえ。
これはゴーストのファンの人に薦めてよいのかも分からない難しい作品になりました。
Wの加頭順も実はVシネのあの時点で命を落としていたとかそういうくらいの後付は構わないのですが、これはどう捕らえてよいのか難しいところです。

この評価板に投稿する




結果が得られませんでした。

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
上へ ↑上へ 最速検索作品DB皆声