[特撮]快盗戦隊ルパンレンジャー+警察戦隊パトレンジャー 究極の変合体


かいとうせんたいるぱんれんじゃーぷらすけいさつせんたいぱとれんじゃー きゅうきょくのへんごうたい / Kaitou sentai Lupin ranger plus Keisatsu sentai Patranger Kyuukyoku no Hengoutai
RSS
特撮/人形劇総合点=平均点x評価数638位737作品中総合点-1 / 偏差値46.11
2018年特撮/人形劇総合点17位21作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
映像1.00(良い)1
音楽0.00(普通)1
キャラ・設定-1.00(悪い)1
ストーリー-1.00(悪い)1
声優・俳優-2.00(とても悪い)1
セクシー0%0人/1人中
可愛い0%0人/1人中
熱血0%0人/1人中
勇気貰った0%0人/1人中
涙流した0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

銀行を襲うギャングラーの前に颯爽と現れたルパンレンジャーとパトレンジャー達は三つ巴の乱戦に。
そこでルパンレッドとパトレン1号が怪人の光線を浴びると、2人の体がズルズルと引かれあい、ぴったりくっついて離れない!!
レッド・1号「なんじゃこりゃあ」
今度の怪人の能力はなんと"磁石の力"。 その脅威はブルー、イエロー、2号、3号にも…
原作:八手三郎
監督:葉山康一郎
脚本:きだつよし

日本 開始日:2018/08/04(土) ビデオパス
公式サイト
1. プレミアムドラマ|快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレン
プロモーションビデオ (1個)
【予告】快盗戦隊ルパンレンジャー+警察戦隊パトレンジャー 究極の変合体【予告】快盗戦隊ルパンレンジャー+警察戦隊パトレンジャー 究
69911
最近の閲覧数
314270000022
この作品を特撮/人形劇として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2018/08/25 / 最終変更者:オルタフォース / 提案者:オルタフォース (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2020/08/01 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3733(33%) 普通:3985(35%) 悪い:3611(32%)] / プロバイダ: 24906 ホスト:25118 ブラウザ: 8286
このシリーズは随分web動画版も配信された様で、本作もその一つでしたが・・・・・・・

今回の敵はマグーダ・ポーンという、当たった相手を磁石に変える能力の使い手が敵でしたが、随分厄介な能力でしたね。トイレに行きたくなったらどうするのよ?とも思いきや、実際・・・・・・・・・で、全く危機一髪だったなでしたが、今回のルパンレンジャー、特にレッドは状況も良く考えないでお宝に固執していた姿も見られましたね。

何か怪盗としての美学とか伝わるのならまだしも、失礼ながら役者さんの演技も役柄負け(松坂桃李氏とかだって最初はそんな上手くなかったし、元々最初から演技力を要求されるのではなく、何度も演じていく内に・・・・・・・・なのかもしれませんが)していたから、猶更違和感を感じたけど、他の仲間達もくっついてしまった様もゲラゲラ笑える様な有様ではなかったですね。

パトレン1号の方はマグーダ対策(?)として大きな柱も持ちながら再び彼の前に姿を現して、そのバカ力ぶりはさすが主人公と言った所だったのでしょうが、ルパンレッドの足を一時的でも引っ張ってしまった様な・・・・・・・・正直、彼の熱血キャラも古臭くて(だからこそ、あえてそれでウケ狙いもしようとしたのでしょうが)、面白いとは思わないですが、繰り返し言う通りさほど笑えないし、やはり物足りなかったですね。評価は「悪い」で。

この評価板に投稿する



2020/08/01 悪印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 24906 ホスト:25118 ブラウザ: 8286 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事 
ストーリー悪い(-1 pnt)
キャラ・設定悪い(-1 pnt)
映像良い(+1 pnt)
声優・俳優とても悪い(-2 pnt)
音楽普通(+0 pnt)


作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ