[海外映画]アンセイン〜狂気の真実〜: 2019/05/28 怪盗乱馬


あんせいん きょうきのしんじつ / Unsane
RSS
海外映画総合点=平均点x評価数2,659位5,033作品中総合点1 / 偏差値48.45
2018年海外映画総合点50位98作品中
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/05/28 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1402(50%) 普通:0(0%) 悪い:1428(50%)] / プロバイダ: 13373 ホスト:13260 ブラウザ: 4721
オーシャンズ11のスティーヴン・ソダバーグ監督作品で全編をスマートフォンで撮影しているのが特色で結構話題になっても良さそうなんだけど、日本では劇場未公開。
ちょくちょくBGMとかコミカルな演出はあるものの全体的にシリアスな内容で、だけどスマートフォンで撮影する事によって安っぽさを出してるというかB級感もあるのがギャップもあって引き付けられる。

主人公の女性が過去にストーカー被害にあった事によって、ちょっと人付き合いが上手く出来なかったり神経質になったりしてしまっていた。
男と上手く行きそうになった時も拒絶反応を起こした。
そのためカウンセラーを受けるんだけど、何の手違いか精神病棟に強制収容されてしまう。
周りはおかしな人間ばかりで不安に陥る中、問題を起こせば余計に収容期間が延びてしまう。
さらにそこに主人公の女性にストーカーをしていた男が医師としてやって来て、女性は恐怖のドン底に落ちる。

女性に降りかかる理不尽の数々、この理不尽さが見所の一つでもあるんだけどそれよりも中心はストーカー男との内容だったり対決だった。
ストーカー男は敵で精神病棟は用意された舞台に過ぎない感じ。
内容にしろオチにしろ思ったより意外性はないものの、撮影や演出に工夫がされているので他とは違った感は醸し出している。
ストーカー自体が理不尽みたいなところがあるから、自分にとって都合良いことばかりではなく耐えず理不尽みたいなことは起こりうる的な暗示は込められてるのかも知れない。

オーシャンズ11とかの繋がりだろうけど、ちょい役でマット・デイモンが出ていたのが驚いた。



共感コメントは階位を持っている論客の方のみが投稿可能ですが、貴方は階位を持っていないか、ログイン状態ではありません。階位は評価を投稿等すると、1日1回の深夜の定期処理により付与されます。
この評価板に投稿する

この作品の全ての書込みを表示する
↑上へ