[海外映画]アンブレイカブル


UNBREAKABLE
RSS
海外映画総合点=平均点x評価数3,855位5,395作品中総合点0 / 偏差値47.36
2001年海外映画総合点74位102作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
声優・俳優1.00(良い)3
映像0.00(普通)3
キャラ・設定-0.33(普通)3
音楽-0.33(普通)3
ストーリー-0.67(悪い)3
びっくり33%1人/3人中
セクシー0%0人/3人中
可愛い0%0人/3人中
熱血0%0人/3人中
勇気貰った0%0人/3人中
もっと見る
属性投票する
2000年米製作
配給:ブエナ
監督:M・ナイト・シャマラン
製作:バリー・メンデル サム・マーサー M・ナイト・シャマラン
日本 公開開始日:2001/02/10(土)
海外 (アメリカ):公開開始日:2000
公式サイト
1. ブルーレイ・DVD・デジタル配信|ディズニー公式
3,68488
最近の閲覧数
1010000001
この作品を海外映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2019/04/05 / 最終変更者:634 / 提案者:CHO (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/04/16 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:121(61%) 普通:53(27%) 悪い:24(12%)] / プロバイダ: 21184 ホスト:21138 ブラウザ: 4721
【良い点】公開時の「真実を知る覚悟はあるか」というキャッチコピー

【悪い点】最後に明らかにされる「真実」が納得できないこと。

【総合評価】「シックス・センス」に続いて、M・ナイト・シャマラン監督、ブルース・ウィリス主演のSFサスペンス映画。タイトルのアンブレイカブルは直訳で「破壊不可能」。

アメリカだけでも興行収入が制作費を上回っているから、失敗作とは言えないでしょう。ただ、日本では「衝撃のラストのシャマラン」ですから、こういうラストでは「えっ、これでおしまい?」となって、悪い意味で衝撃を受けた人が多数いたと思います。

アメコミについての知識がないと、この映画を理解するのは不可能です。私も「どこがよいのか」さっぱりわかりませんでした。たまたま、ネットでこの映画の「懇切丁寧な解説」をみつけて、「伏線」を張って「回収」していることもわかりました。
この映画の続編?「スプリット」の不可解な部分が少しはわかるという思わぬ効能もあります。

でも、日本にアメコミの熱烈なファンはどれほどいるのでしょうか。単に感想を聞かれたら残念ながら「悪い」と言うしかありません。

2019/03/10 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:311(51%) 普通:90(15%) 悪い:211(34%)] / プロバイダ: 2496 ホスト:2428 ブラウザ: 8812
【総合評価】
ヒーロームービーの序章として見ればまあまあ面白い
ミスターガラスに続いていく構成なのだろうけど、公開には追いつけず、視聴はDVDのリリースから考えて半年後になるだろう

おおよそのあらすじをいえば主人公が自分の力を自覚するまでがこの映画の流れなんですが、いかんせん地味です。
力を行使するシーンは短いし、画面が暗いので少し見づらかった。それに、デヴィッドの家庭事情も分かりづらいので共感しにくい。
全部口で説明するから夫婦仲の改善シーンとかに達成感とかを感じないんですよね…

とにかく、この映画は事実に対しての前振りが貧弱で、オチの実は今までの大量死亡事故も超人を探すためにMr.ガラスが仕掛けた故意の事故という設定も面白いけど
フリが弱いから「えっそうなのか」で終わってしまう。微小でいいから伏線を残しておけば衝撃の事実でありつつも、わかった瞬間納得の行く展開になったはず
シックス・センスではそのへん上手くやってたのに、何で今作は設定を小出しにして最後にドカーンと吐き出すような構成になったのか。勿体無いです。
あと回想シーンが唐突で回想だと気がつくまで困惑していましたが、これは私だけなんだろうか?

そういった映し方はともかく、設定は非情に面白い
最初からスーパーパワーに気がついていないヒーロー、何処かにいそうですね
スーパーパワーを才能と考えればリアルでもピアノの才能があるのに気が付かず全く別のことをしている人とかいそうですし、ファンタジーすぎない超人映画と考えて視聴すると楽しいかも

2015/03/09 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:7580(87%) 普通:643(7%) 悪い:463(5%)] / プロバイダ: 21970 ホスト:21979 ブラウザ: 1975(携帯)
ブルース・ウィリス主演のサスペンス映画でしたね。

フィラデルフィアでの列車追突事故を背景に、その事故により乗客132人のうち131人が亡くなってしまう大惨事になったわけですが、そのなかで唯一生き延びたのが他ならないブルース・ウィリス扮する主人公ディヴィッド・ダンでした。

フィラデルフィアの病院で目覚めたダンはなぜ自分だけ生き残ったのかと疑問にかられながら不安な日々を過ごすわけですが、実はその肉体に秘密があったようなんですね。

漫画家コレクターであるイライジャとの出会いをきっかけにダンは自分が何者であるかが明らかにされていき、最終的にはヒーローである自覚を持つことになるわけですが、それに対してイライジャはダンとは相反するテロリストであり、それまで親友のような関係だったのがなんとも皮肉だったなあという印象でした。

そういえば終盤で悪役には二種類存在して一つはヒーローに真っ向から腕っぷしで挑んでくるタイプ、そしてもう一つは知略でヒーローを苦しめるタイプで後者の方が厄介というセリフが印象的でそのなかでイライジャは後者のタイプになるんでしょうね。

それなりに楽しめたので評価は「良い」とさせていただきます。

2010/08/28 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3326(33%) 普通:3512(35%) 悪い:3273(32%)] / プロバイダ: 50322 ホスト:50415 ブラウザ: 11293
【良い点】

・役者(日本語吹き替え声優も含んで)の演技はまあ、
普通に及第点だったでしょう。
ブルース・ウィリス氏は感情表現等安定していたし、
アクションも、終盤暴漢に襲われた家族を助けたシーン
等それなりに迫力はありましたね。

サミュエル・L・ジャクソン氏も、良い意味で不気味な
雰囲気を醸成していて、存在感はかなりのものでしたね。
子役の子も、親父の正体に気づくなど大人顔負けの?
感性を持っていたけど、自然体で演技は巧かったですね。

・序盤の列車衝突事故での、被害者の一人がしだいに
傷から血が広がっていった様や、ジャクソン氏演ずる
イライジャが、階段から転落して負傷した際の
スローモーション等演出もそれなりに凝ってはいましたね。

【悪い点】

・やはりオチが弱かった事でしょうかね。イライジャが、
不滅のヒーローを探す為に多数の人間を死に追いやって
いた事が明らかになったけど、そんな衝撃的と言えた
程ではなかったし、掘り下げももう一つだったけど、
そんな彼へのこらしめ方も今一つ生温く、正直「?」でしたね。

【総合評価】

「正義」と「悪」の対極を描きたかったのは分かるのだけど、
俳優陣を活かしきれなかったというか、消化不良だったのは
否めなかったと思います。M・シャラマン監督と言えば、
エアベンダーが公開されたのも記憶に新しいけど、評価はまあ
「悪い」寄りの「普通」ですね。

2010/07/13 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:27(43%) 普通:6(10%) 悪い:30(48%)] / プロバイダ: 27699 ホスト:27752 ブラウザ: 3428(携帯)
何が言いたいのかサッパリ。
結局、『アンブレイカブル』とは、『物理的に破壊不能』なのか、『破壊エネルギーを完全回避出来る強運』なのかわからない。
子供の教育もまるでなっちゃいない。なんな行動は情操教育に問題があったに違いない。逆にあそこで撃っちゃえば話は終わってたのに。

対する骨折野郎は、あんないい母親の下で育った結果があれというのが納得いかない。結局妄想の域を全く出ていない仮説とも言えない独断を根拠に無差別殺人に及んでる訳で、結果オーライでアンブレイカブルを見つけたが、それが何だ!と言いたい。
本質的にこの物語に謎なんかなくて、妄想がたまたまほんとになっちゃったレベルの話。
ていうか不死身の対極にいるあんたは生き長らえてちゃダメでしょう。
非常に時間の無駄な作品だと思いました。

2009/09/18 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:872(67%) 普通:182(14%) 悪い:255(19%)] / プロバイダ: 12010 ホスト:12222 ブラウザ: 10007
「正義」と「悪」。これらのテーマを、こういう切り口から描いた作品は初めて見ました。
異彩を放つ作品です。
賛否が分かれるでしょうが、個人的にはストライクでした。

演出が素晴らしかった。
特に、ありがちなド迫力CGを乱用しなかったのは非常に好感が持てる。
冒頭の列車事故のシーンは、「事故の瞬間」は描いておらず、その「直前」で終わっている。だが決して地味ではなく、むしろ"大事故の中、一人だけ生還"という設定が絶妙。
また、デイビットの「能力」にしても、所謂、アメコミヒーローのようなアクロバットなものではなく、攻撃方法は完全に肉弾戦である。これが斬新で良い。

本作と言えば、コートを着たデイビットが雨の中、佇む絵が印象的。
あの姿がなんともクールであり、そしてゾクっとするほど不気味でもある。
個人的には『ラストサマー』や『クリムゾン・リバー』を髣髴させられたw

ラストのどんでん返しは『シックス・センス』よりも好きですね。
衝撃度が強く、BGMも非常に良い。
あの無常感の余韻が良かった。

2009/06/30 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:792(58%) 普通:431(31%) 悪い:147(11%)] / プロバイダ: 12102 ホスト:12230 ブラウザ: 6653
確か 「 シックス ・ センス 」 の次に発表された、
シャラマン監督の作品と記憶しています。

[ 謎 ] がどのようなものか知りたいと思い、
期待したのですが、個人的には、面白いとは思いませんでした。
何が言いたかったのでしょうか。
私には、全く理解できません。

「 サイン 」 も期待外れで、今のところ、
「 シックス ・ センス 」 だけだな 〜 という印象です。
再視聴する気などにも全然なれないのが、残念なところですね。

2009/06/29 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:503(44%) 普通:378(33%) 悪い:254(22%)] / プロバイダ: 12032 ホスト:11811 ブラウザ: 9125
【良い点】
・サミュエル・ジャクソンの演技が良い。

【悪い点】
・人間描写が薄い。
・ストーリーいまいち。

【総合評価】
イライジャに一言いいたい。
物事に対極なんてない。
任意のところに線を引いて勝手に2つに分けてるだけだと。

この映画では、イライジャの人生描写が浅く、こう考えるようになった経緯がいまいち分かりません。
最後、真実が分かった時にはイライジャの心の闇や色々な感情が感じとれましたが、やはりそこに至るまでの描写が足りないので、どうももやもや感が残ってしまいます。
ちょっと期待はずれな1作でした。

この評価板に投稿する



2015/03/15 普通の印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 3970 ホスト:3880 ブラウザ: 7870 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事 
ストーリー悪い(-1 pnt)
キャラ・設定普通(+0 pnt)
映像良い(+1 pnt)
声優・俳優良い(+1 pnt)
音楽悪い(-1 pnt)

もっと見る
1. 2017年ジャンプ19号感想(読切『クロモリクライム』掲載号) by エスパー
... シグルってるようにも見える。ヒロアカ読んでて熱く滾ったのは久々だ…。 烈怒交吽咤(レッドカウンター)は最初「お、おう…」となったんですが、 最後の烈怒頼雄斗・安無嶺過武瑠(レッドライオット・アンブレイカブル)は素直に良いなあと思えたなあ。 多分盛りまくっててスゲエと思えたのが大きいんだろうか。アンブレイカブルとかかっこええやん ...
記事日時:2017/04/10
video
2. "『洋画〜公開作品〜』史Ⅱ" by 陣兵
... 暗殺の森」 「アンチクライスト」 「アンストッパブル」 「アンタッチャブル」 「アンダーグラウンド」 「アンダーワールド」 「〃エボリューション」 「〃ビギンズ」 「アンダルシアの犬」 「アントニー・ジマー」 「アンドリューNDR114」 「アンナ・カレーニナ」("27、"35、"48、"97年に公開) 「アンドレイ・ルブリョフ」 「アンネの日記」 「アンブレイカブル」 「イーオン ...
記事日時:2011/06/19

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ