[海外映画]スタング: 2019/08/11 消しゴム


Stung
RSS
海外映画総合点=平均点x評価数1,505位5,411作品中総合点3 / 偏差値49.81
2016年海外映画総合点20位156作品中
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/08/11 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2882(60%) 普通:814(17%) 悪い:1135(23%)] / プロバイダ: 5395 ホスト:5542 ブラウザ: 8281
蜂をモチーフに選んだ制作者のセンス。
これは、この作品で最も驚いた点です。

話は、ポールとジュリアが亡くなった富豪を偲ぶ催しの準備をする所から始まります。

実際に目を通すと、準備中のポールを邪魔するのを皮切りにパーティ会場にいる人々を次々と襲う、
刺された人間や犬の体を突き破って姿を現す巨大蜂、ポールとジュリアが逃げ込んだ屋敷の中で未亡人の体を突き破って
姿を見せる巨大蜂、女中の頭を貫き蜂の足の先が目を突き破る、油に火をつけて巨大蜂を一網打尽、
生き乗りの蜂を車をぶつけて止めを刺す等、蜂の怖さをこれでもかと言わんばかりに協調しており、
次々と蜂がポール達にプレッシャーをかける為、作品そのものに締りがあり、視聴者の緊張感も維持される。

こんな具合に蜂をモチーフに披露されたアイディアが目を見張る反面、会社の人間がポールとジュリアの2人だけ、
蜂が巨大化した理由が分からない、登場人物の身の上話が話に絡まない等、ツッコミ所も目立った為、
評価は「良い」です。



共感コメントは階位を持っている論客の方のみが投稿可能ですが、貴方は階位を持っていないか、ログイン状態ではありません。階位は評価を投稿等すると、1日1回の深夜の定期処理により付与されます。
この評価板に投稿する

この作品の全ての書込みを表示する
↑上へ