[海外映画]ストーン


R15+(15才以上対象表現有)

Stone
RSS
海外映画総合点=平均点x評価数2,461位5,029作品中総合点1 / 偏差値48.45
2010年海外映画総合点56位183作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

デトロイトで仮釈放管理官として真面目に働き、結婚43年目の妻のマデリンを持つジャック・メイブリーは、定年を間近に控えていた。最後に担当するのは放火犯のストーンだった。だが反抗的な彼は真面目なジャックとは噛み合わず、仮釈放のための面談はなかなかうまく進まなかった。そこでストーンは妻のルセッタにジャックを誘惑し、こちらの味方につけるように命じる。当初はルセッタを拒むジャックだったが、巧みな誘惑で徐々に虜にし、あるときとうとう一線を越えてしまう。すっかりルセッタに心を奪われたジャックだったが、その一方、当のストーンは自己啓発に没頭して真人間になり始めていた。
※ このあらすじ部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
[スタッフ]
監督:ジョン・カーラン
製作総指揮:レーン・ベッソンダニー・ディムボートアヴィ・ラーナートレヴァー・ショート
製作:ホリー・ウィーアズマデヴィッド・ミムランジョーダン・シュア

※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 公開開始日:2010/10/30(土)
海外 (アメリカ):公開開始日:2010/10/08
公式サイト
1. http://www.stone-movie.com/
プロモーションビデオ (1個)
2,16011
最近の閲覧数
1120101010
この作品を海外映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2011/07/11 / 最終変更者:怪盗乱馬 / 提案者:怪盗乱馬 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2011/07/18 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1401(50%) 普通:0(0%) 悪い:1426(50%)] / プロバイダ: 3334 ホスト:3198 ブラウザ: 4895
ただのエロ系、セクシー系かと思っていたら違った。
まずミラ・ジョヴォヴィッチがバイオハザードのイメージが強くてカッコ良かったり、宣伝に来てて日本のテレビでなんかで見た時は美人だな〜って思ったりしたんだけど、この作品の男を誘う妖艶の女性が合わなかったのか美人でもなかったし色っぽさもなかった。
黒髪が似合わなかったのもあるかも知れないけど、なんでミラなんだろう。
もっと若くて黒髪が似合ってセクシーな女性はいっぱいいただろうに。
例えばトランスフォーマのミーガン・フォックスとか。

でもそこはさすがというのか演技は抜群に上手かったし、演技でカバーしていたところはあって徐々に惹かれていった。

ヌードシーンとかエッチシーンとかもあったけど改めて見るとこの役のためかも知れないけど細い体してるな〜と思った。
ロバート・デニーロとの絡みも珍しかった。

演技ではエドワードノートンも素晴らしかった。
最初は弱々しくて言い訳ばかりしていた男が自信をつけて優位に立って行く二面性を見事に演じきった。
淡々とキャラをつかんでいて喋っていく姿なんかも良かった。

ストーリーは思っていたのと違って意外な方向に行ったというのか、受刑者のエドワードノートンの刑期を早めるために妻であるミラジョヴォヴィッチを使って、釈放管理官であるロバートデニーロを誘って罠にはめて陥れていくという単純な話だけかと思っていたらなかなか深かった。

良くも悪くもロバートデニーロが中心であり主人公で、最初は管理官であるロバートデニーロの方が上に立っていて、受刑者のエドワードノートンが媚びまくっていてなんとか刑を早めてもらおうと言い訳ばかりしていてあまり刑に対しての責任を感じていない。
妻に対しても最初の内は真っ直ぐ妻だけを見ていて心の底から愛していたという感じだった。
ところが刑務所内で殺人事件が起こり、目の前で人が死ぬ姿を目撃してしまったことから『生まれ変わる』。
その前に生まれ変わる時などに何かの音、例えばハチの羽音が聞こえてくるという伏線があって、恐らく人が死ぬ姿を目撃した時に聞こえてきたんだろう。
その瞬間何かが変わった。

時を同じくして真面目で信仰深くて仕事一筋だったロバートデニーロがミラジョヴォヴィッチの誘惑に負けて関係を持ってしまう。
その瞬間負い目とか罪悪感とかが出来てしまう。
最初は優位に立っていたロバートデニーロだったけど、立場が逆転してロバートデニーロの方がそわそわして落ち着かなくて生まれ変わったエドワードノートンの方が堂々とするようになった。
事件のことを何も話そうとしなかったエドワードノートンが話し始めて、従兄弟が祖父母を殺害してエドワードノートンが火を付けた時にすげーと思ったらしく、殺害シーンを目撃した時そのシーンが呼び起こされて気付かされたんだろう。
感覚としては神の天災と同じで事件も運命で理由とかはなく誰にも止めることは出来なかった。

生まれ変わってからあんなに愛していた妻もマトモに見なくなって、ミラの甘える姿というのか悲しい表情がなんとも良かった。

真面目なロバートデニーロがあっさり誘惑に負けてしまうのは都合いいかなと思ったけど、ロバートデニーロのキャラ描写が一番最初に伏線としてあって、心の弱い人間だった。
人の話を聞こうとも答えようともせず自分勝手で独占欲が強く、自分の思い通りに行かないと納得行かない子供のような男だった。
受刑者の話を聞いたり精神とか心理的分析をしなきゃいけない立場の人間で、最初は冷静な表面とは裏腹に裏の顔が隠されていた。
それが立場が逆転した事によって見下されてイライラして、自分が釈放してやってもまた直ぐに戻ってくる、人生を無駄にしたとつい本音が出てしまう。
つまり自分は悪くなくて受刑者のためや世の人のためを思って聞いていたつもりが、すべて受刑者のせいにしてこれがこの男の本性だった。

家が燃えた時、ロバートデニーロは仮釈放になったエドワードノートンのせいにしたけどロバートデニーロの妻が配線が悪かったから、地下にボロ布がたまっていたから、と言う。
最初は意味不明だったけど妻が『あなたに何を言っても無駄だから、消防士の人にこう言うしかないのよ!』と言って直ぐに理解出来た。
なぜなら自分の近くにもこういう人間がいるから。
人の話を全く聞こうともせず自分の意見ばかり押し付けるような奴。
それと思いっきり重なった。

最初のシーンとも繋がって妻がもう我慢出来ないから別れると言い出したら、娘を人質にとったり、エドワードノートンも言っていたけど人を信じることが出来ず自分すらも信じれないような男だった。
だから自分の思い通りに行かないと納得いかなかったり悔しくなったりする。
ミラジョヴォヴィッチに対してもドンドン心酔していって、ただの刑を早める為や遊びだと思い込み、エドワードノートンが釈放されてエドワードノートンの元に戻ると嫉妬心だったり憎しみが生まれる。
エドワードノートンの『味方はいるのか?』という台詞もズシンと響く。
家が燃えて妻も失った男とようやく夫から開放された妻が生まれ変わる時に聞く音、羽音が聞こえて終わっていく。

この作品はなにが言いたかったかというと、妻でありミラジョヴォヴィッチでありエドワードノートンでありがこの自分勝手で人の話を聞こうとしない男を救おうとチャンスを与えていた。
でも人を信じれず思い込みや他人のせいにして最後までチャンスを潰してついにはすべてを失った。
そしてすべて失って初めて気づいて生まれ変わる事が出来る。

銃というのも一つのキーワードになっていて、刑務所に入る時銃を預けるシーンを何回も映していて、ロバートデニーロが受刑者に話すとき神に誓って悪いこや法を破るようなことはしたことないって言うんだけど、ではなぜ銃を持つのかっていうところで、それは人を信じれないからでロバートデニーロのキャラや信仰ともかけていて確実に矛盾している。

この評価板に投稿する




1. 2019年ジャンプ02号感想(『neO;lation-ネオレイション-』新連載&読切『地球防衛軍 韮沢駐屯地』&『早乙女姉妹は漫画のためなら!? by エスパー
... いる動画。 クッソかっこよさすぎて感動したので雪原/北欧/冬季限定通常戦闘BGMにセッティングしたくなった。 そんで氷結反射/氷結高揚/ニブルヘイムのスキルを自身に付加させてCOOLがHOTになっちまいたい。 2019年ジャンプ02号感想(UP:2018/12/10 18:46) アンケ三銃士:ストーン、チェンソー、鬼滅 Togetter版: こちら アンケ 希望の商品:3 ...
記事日時:2018/12/10 [表示省略記事有(読む)]
video video
2. 【活動1000日記念】自己満アニソンランキング ベスト300 by 545
... :Sweet Duet(『ストライクウィッチーズ2』挿入歌) 244位:深い森(『犬夜叉(第1期)』ED2) 245位:Daydream caf?(『ご注文はうさぎですか?(第1期)』OP) 246位:ようこそジャパリパークへ(『けものフレンズ』OP) 247位:約束の場所へ(『カレイドスター』OP2) 248位:ピュアストーン(『赤い光 ...
記事日時:2018/01/19
3. ライジングサンのウルトラ怪獣列伝 第1回 「ベムラー ー青い閃光と小さき腕ー」 by ライジングサン
... らしい。湖に現れたのはウルトラマン第1話のオマージュ。しかもベムラーは前述のとおりザ・ワンのモチーフ、ベムラーが今回戦ったネクサスも「ULTRAMAN」のザ・ネクストが進化した姿なので、「ULTRAMAN」のオマージュも含まれている。 そしてウルトラマンシリーズ生誕50周年記念作品ウルトラマンオーブ第18話「ハードボイルドリバー」にて、ベムラーの強化形態が登場。シャプレー星人カタロヒによってパワーストーン「ヤセルトニウム」の ...
記事日時:2017/10/27
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ