[海外映画]スプライス


R15+(15才以上対象表現有)

Splice
  • 悲しい
  • 考えさせられた
RSS
海外映画総合点=平均点x評価数3,471位5,395作品中総合点1 / 偏差値48.17
2011年海外映画総合点116位192作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
声優・俳優1.25(良い)4
キャラ・設定0.75(良い)4
ストーリー0.75(良い)4
映像0.25(普通)4
音楽0.25(普通)4
悲しい50%2人/4人中
考えさせられた50%2人/4人中
道徳心&モラル25%1人/4人中
可笑しく笑える25%1人/4人中
セクシー0%0人/4人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

天才遺伝子科学者コンビのクライヴとエルサは、人間と動物の遺伝子を合成させてハイブリッド・アニマルを産み出す禁断の技術を完成させた。ドレンと名付けられたその異形の生物は急激な早さで成長し、人間の女性に似た姿へと変貌する。
※ このあらすじ部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
2008年米製作
[スタッフ]
監督・原案・原案:ヴィンチェンゾ・ナタリ
原案・脚本:アントワネット・テリー・ブライアントダグ・テイラー

※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 公開開始日:2011/01/08(土)
海外 (アメリカ・カナダ):公開開始日:2010/06/04
プロモーションビデオ (1個)
『スプライス』 予告編『スプライス』 予告編
2,17033
最近の閲覧数
1000000010
この作品を海外映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2018/12/14 / 最終変更者:634 / 提案者:怪盗乱馬 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2018/11/11 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3326(33%) 普通:3512(35%) 悪い:3273(32%)] / プロバイダ: 12037 ホスト:11716 ブラウザ: 8281
かって「スピーシーズ種の起源」という映画が制作されて、その後も何作も続編が制作されたけど、本作はその亜流版みたいな映画でしたね。

人間と動物のDNAを配合して生まれたドレンはおそらくチルドレンが由来だったのでしょうが、ギャオで紹介されたほどの美人とは思えなかった(女優さんは実際美人らしいですが)かも。科学者夫婦、奥さんの方は実の子供の様にしつけていて、夫の方は楽しい音楽を聴かせてリラックスさせようとして、性交までしていた対比は明確でした。

しかし、動物のDNAが混じっていたから尚更ドレンが本能の赴くままに行動したのもおかしい事でも何でもなかった。既に中盤のあの「発表」中に起きた惨劇が良くない結末を暗示していましたが・・・・・・・・・自分らの体裁にこだわり、責任のなすりつけや夫婦喧嘩しただけでなく、他の研究所の人まで巻き込んでしまって、挙句には・・・・・・・だったこの科学者夫婦、彼らは専門的知識もあったが故に禁忌を侵す事までしてしまって、ギャオレビューでもある人が言っていた通り「自業自得」ではありましたが、現実の人間社会においても親が子供を自分の所有物だと勘違いする等して、その結果家族間の軋轢が起こり、テレビや新聞でも取り上げられる不幸な事件が起きているだけにこの夫婦を必ずしも笑う事は出来ないでしょう。

どんなに技術が発達しても、人間にはそれ以上踏み入れてはいけない領域があるのだな教訓や警鐘にもなってはいて、奥さんは妊娠までしちゃって、最後あの決断を迫られた時も「失うものはない」と「ありきたりな」返答していましたが、全て吹っ切れたというよりももう何とでもなれという様な表情に見えましたね。必ずしも笑う事は出来ないと言ったけど、やはり自分で蒔いた種は自分で刈り取らなければならないと言うか、この後彼女は全てを乗り越えて幸福になれたのだろうか?でしたが・・・・・・・・・・・・

そうした親のエゴや踏み入れてはいけない領域とか考えさせられたものもありましたが、ドレンの造形やその他グロ描写とか特段独創的だったほどでもなかったし、総じて可もなく不可もなくでした。評価は「普通」で。

2012/04/21 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:122(56%) 普通:13(6%) 悪い:84(38%)] / プロバイダ: 10195 ホスト:10288 ブラウザ: 13175
【良い点】
フランケンシュタインのテーマ
キリスト教から見た現代分子遺伝学の社会風刺

【悪い点】
グロイもの好きな人用の映画

【総合評価】
毎年必ず「こんなグロイ気持ちの悪いもの、だれが娯楽で見たいんだ?」というような映画が出てくると所を見ると、確実にそういうグロ好きな視聴者というマーケットが存在する。「ヒルズ・ハブ・アイズ」とか「ムカデ人間 」とか。特にムカデ人間 はパート2までできた。本作は最初から、巨大なペニスの赤ちゃんがでてくるし、そういう異形のものとのセックスシーンとか強姦シーンとか、極めてグロテスクだが、そこがグロ好きな人にとってはいいんだろう。面白かったのは、社会風刺的な視点。「ああ、キリスト教会があそこまで現代科学や現代医学(人口受精など)を否定するのは、敬虔な人にはテクノロジーがこういうふうに見えるのか」という新鮮な驚きがあった。人間が考えていることを言葉でなく、ビジュアルで表現するという点においては、かなりオリジナルなものがある。

個人的にはグロ嗜好がないので評価は普通。

2011/09/04 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1395(50%) 普通:0(0%) 悪い:1411(50%)] / プロバイダ: 32099 ホスト:31932 ブラウザ: 2907(携帯)
ホラーでもないから怖さもないし化け物のデザインもイマイチだったり、多少気持ち悪さはあるけど人間的過ぎだったり、低予算なんだろうけど範囲とか人物とかも限られていてスケールのこじんまりとした作品ではあるけど、狭いながらもストーリーとか展開とかはしっかりしていて退屈させないというか最後まで見ていける。
オチも用意されてるし、最後の山場での伏線を使った展開もあるからテンポも落とさずついて行ける。

タンパク質の結合とか化け物を作ったりとかそれに対しての説明とか描写は薄くて都合良く感じたりもするけど、その辺もしょぼい三流作品というのかマイナー作品らしさではある。
化け物のデザインもエロシーンがあるから人間に近付けたのかも知れないけど、もうちょっと気持ち悪さというのか怖さがあっても良かった。
こういう作品では珍しく真面目でグロシーンも少ないから地味になってしまったけど、結局最後以外は人を襲うこともなかったし最後までは化け物という見た目以外は家族愛だったり娘への愛情だったり恋だったり大切にすることだったり、普通の身近にあるような日常と描いてるものは変わらなかった。
水中で息が出来ることに気づいたり羽が生えたりこの進化も面白かったしその先も見たかった。
A・プロディとかサラ・ポーリーとか有名な俳優使ってるから豪華に見えるけど、そっからしたら物足りなさはあるかも知れないけどストーリーも大げさだったり意外性があるわけではなくありきたりっちゃありきたりだけど、その中でも最後までちゃんとまとまって描けた作品かなとは思う。

この評価板に投稿する



2018/11/11 普通の印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 12037 ホスト:11716 ブラウザ: 8281 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事悲しい/考えさせられた/道徳心&モラル 
ストーリー普通(+0 pnt)
キャラ・設定普通(+0 pnt)
映像普通(+0 pnt)
声優・俳優良い(+1 pnt)
音楽普通(+0 pnt)

もっと見る
1. "『洋画〜公開作品〜』史Ⅳ" by 陣兵
... 」 「ステルス」 「トーカー」 「ストリート・オブ・ファイヤー」 「ストレイト・ストーリー」 「ストレンジャー・ザン・パラダイス」 「ナイパー」 「スナッチ」 「砂のミラージュ」 「スパイアニマル・Gフォース」 「スパイ・キッズシリーズ」 「スパイダーマンシリーズ」 「スパニッシュ・アパートメント」 「スピシーズシリーズ」 「スピード」 「スピードレーサー」 「スフィア」 「プライス」 「スペース ...
記事日時:2011/06/23

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ