[海外映画]スーパーマンⅢ -電子の要塞-


すーぱーまん3 でんしのようさい / SUPERMAN III
RSS
海外映画総合点=平均点x評価数818位5,338作品中総合点5 / 偏差値51.84
1983年海外映画総合点10位34作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定1.00(良い)1
声優・俳優1.00(良い)1
ストーリー1.00(良い)1
映像0.00(普通)1
音楽0.00(普通)1
面白い100%1人/1人中
可笑しく笑える100%1人/1人中
セクシー0%0人/1人中
可愛い0%0人/1人中
熱血0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
監督:リチャード・レスター スーパーマン(クラーク・ケント):クリストファー・リーブ ロイス・レイン:マーゴット・キダー ガス・ゴーマン:リチャード・プライヤー
日本 公開開始日:1983/07/09(土)
海外 :公開開始日:1983/06/16
4,39633
最近の閲覧数
2020000002
この作品を海外映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2008/10/20 / 最終変更者:カトル / 提案者:カトル (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2012/11/30 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:24(57%) 普通:7(17%) 悪い:11(26%)] / プロバイダ: 4679 ホスト:4466 ブラウザ: 5711
【良い点】
悪役陣を総入れ替えし、ヒロインも幼馴染のラナ・ラング(演:アネット・オトゥール)を主体とした、映画版スーパーマンの異色作。
しかし今回の悪役も、むしろ定番のそれより大規模な作戦行動を採っており、スケールの大きい攻防が楽しめます。
また、その悪役の素性も大企業経営者という普通の等身大キャラで、またその手先であるガス・ゴーマン(演:リチャード・プライアー)もコンピュータ操作の天才というあたりは来たるべき時代を先取りしている感じですし、そのガス自身もどこか悪になりきれず憎めない性格だったり、スーパーマン自身も悪に染まったりと、敵味方を善と悪の図式だけでは振り分けられない、重層的なドラマを展開しています。そのため、主役演じるクリストファー・リーヴも、定番の二つの顔の他に悪の人格、離婚を経ていたラナの息子・リッキーの父親がわりと、より表情豊かでした。
そして悪の人格から本来の人格が分かれた上での善悪スーパーマンの対決という珍しいパターンの演出は、本作最大の名場面です。
何より、最初の火災事件が最終決戦での決着の伏線になっていたという構成力が見事でした。

【悪い点】
前二作に思い入れのあるギャラリーにとっては、その違和感から確かに楽しめないかも…。

【総合評価】
しかし、こういった定石破りの作品があるからこそ、シリーズの内容にも幅と深み、奥行きが加わるともいえる訳です。
最後はラナも主人公の職場に入社し、さらに定番ヒロインのロイス・レーン(演:マーゴット・キダー)も交えた三角関係を匂わせる幕引きだったことから、次作以降も前作までと、本作とを織り混ぜたストーリーにして欲しかったところです。

2009/05/28 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:503(44%) 普通:378(33%) 悪い:254(22%)] / プロバイダ: 21257 ホスト:21301 ブラウザ: 9125
【良い点】
・観やすい。

【悪い点】
・ストーリーがあまり面白くない。
・映像が古い。

【総合評価】
子供が考えたような展開ですね。
悪さの内容もちょっと面白い。
3はシリーズ中一番楽しい映画かもしれません。

2008/10/21 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2448(50%) 普通:1223(25%) 悪い:1222(25%)] / プロバイダ: 11009 ホスト:11078 ブラウザ: 5234
スーパーマンの映画では一番、好きな作品です。
冒頭でスーパーマン=クラーク・ケント紹介ともいうべき事件がまず起こる。
路上の人々の些細な行動がつもりつもってエスカレートした挙句、交通事故が起こり
動けなくなった車の中に水道水が多量に流し込まれる→スーパーマンの出番!という展開。
導入部分で視聴者を引き付ける事件に高層ビルの大爆発とか派手なワンパターンではなく
都会の往来で溺死寸前という珍事を持ってくる辺りに製作側のユーモアとセンスがあふれている。

この後に終盤の伏線となる化学薬品工場の火災事件を経て
紛い物のクリプトナイトの影響でスーパーマンが不良(笑)になってしまう。
この辺は事前情報で知っていたが子供の励ましを受けて立ち直るという安直な展開を予想していた。
それだけに直後に体内からクラーク・ケントが分離し本作最大の見せ場ともいうべきスーパーマン対ケントに発展、
(最初は)オドオドしているケントを悪のスーパーマンが一方的にいたぶる展開はハラハラしまくり。
次第に力強さを増したケントは遂に悪のスーパーマンを倒す。
彼がシャツの胸元を開くと「S」のマークが・・・この辺の復活劇のカタルシスは格別です。

最後の決戦もコンピューターが自我を持ってしまったり、敵側(相手からすれば味方?)の
女性まで捕らえてサイボーグ化(まあ結局、戻れますが)するシーンが怖かったり見所充分でした。

この評価板に投稿する



2012/09/14 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 30229 ホスト:30327 ブラウザ: 5345 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事可笑しく笑える/面白い 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像普通(+0 pnt)
声優・俳優良い(+1 pnt)
音楽普通(+0 pnt)


作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ