[海外映画]ラッシュ/プライドと友情


らっしゅ ぷらいどとゆうじょう / Rush
  • 友情
  • 格好良い
  • 熱血
RSS
海外映画総合点=平均点x評価数1,040位5,176作品中総合点4 / 偏差値50.95
2014年海外映画総合点20位195作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
声優・俳優2.00(とても良い)3
ストーリー2.00(とても良い)3
キャラ・設定1.67(とても良い)3
映像1.67(とても良い)3
音楽0.67(良い)3
友情100%3人/3人中
格好良い100%3人/3人中
熱血67%2人/3人中
ロマンチックな気分33%1人/3人中
考えさせられた33%1人/3人中
もっと見る
属性投票する
[スタッフ]
監督:ロン・ハワード
脚本:ピーター・モーガン
製作:ロン・ハワードブライアン・グレイザーアンドリュー・イートン(英語版)、エリック・フェルナーブライアン・オリヴァーピーター・モーガン

※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 公開開始日:2014/02/07(金)
海外 (イギリス):公開開始日:2013/09/13
公式サイト
1. http://rush.gaga.ne.jp/main.html
Twitter公式
1. https://twitter.com/rushmovie0207
プロモーションビデオ (1個)
2,97844
最近の閲覧数
1000100100
この作品を海外映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2014/02/09 / 最終変更者:怪盗乱馬 / 提案者:怪盗乱馬 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2015/01/02 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:882(66%) 普通:353(27%) 悪い:93(7%)] / プロバイダ: 31947 ホスト:31998 ブラウザ: 7872
『ビューティフル・マインド』など良作を多く作ってきたのロン・ハワード監督作品。

F1レーサー、ニキ・ラウダとジェームス・ハントのライバル関係に焦点を当てる今作。

二人の対立軸がそれほど明確に打ち出せていなかったかなあという印象。
ハントが毎日を常に人生最後の一日として生きている、今を生きる人間だという部分がそこまで伝わってこない。
ただの女好きの遊蕩者にしか見えなかったです。
対する、ラウダもレースにすべてをかける男、あるいはレースではなく家族に幸福を見出した男っというわけでもないですし、彼ら対称性が描かれていない。
もしかしたら、脚色をおさえようとした結果なのかもしれませんが、映画としては脚色を加えてでも二人の対称性、生き方の違いをしっかり描いたほうが良いのではないかと思いました。
それでも、重傷をおいながらF1の舞台に立つラウダの姿には感動させられました。

2014/02/17 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:752(75%) 普通:143(14%) 悪い:110(11%)] / プロバイダ: 11317 ホスト:11369 ブラウザ: 11272
自分はやっぱりオヤジなんだなぁと気がつかされる作品。要スーパーカー世代であると言うより
あまりに淡白な画面に満足しちゃあ。これじゃあ昨今の3DCGバリバリジェットコースタームービー
で麻痺した御仁には満足できません。既にシネコンでは一日一回なので気になってる人は急げ !

どうやらかなり実際の人物像とエピソードを再現しているそうだが、当時ライトな「いち少年」には
ニキ・ラウダが大事故から復帰した、くらいしか知らないだろう。だからほとんど「二人の天才の
ドラマ」として見ることになった。ドキュメンタリーとも回顧録とも言えるほどに淡白なストーリー
運び、なのに、二人の「野生」と「計算機」の様な、それでいて同様に激しい情熱に画面に引きず
り込まれる。相手に勝つためにハントは限界に挑み、ラウダは計算し冷静に戦う。ライバル同士の
緊張感がたまらない ! 特にベッドで生死の境からライバルの連勝を見て蘇っていくラウダと、
事故の責任に苛まれラウダを煽った記者を殴り倒すハント、二人の静かな闘志が圧巻だ。

ドラマはレースシーンよりも二人の日常や葛藤を中心に進むので派手なドッグファイトを期待すると
肩すかしを喰うだろう。しかしほとんどCGを使用しない実車(とおそらくレプリカ)で撮影された
レースシーンは、実際の映像と画面の粒子を平準化して巧みに織り交ぜられていて見ごたえ十分、
いや十二分に興奮させられる。ブラバム、ロータス、フェラーリ、「たいれる」(←劇場で確認して
ね)、かなりが非CGであるだろうによくもこれだけ臨場感のある(=あぶない)絵を撮れたもんだ。
モータースポーツ好きならツボを押さえたカメラアングルがたまらないはずだ。

富士の最終戦の後に会話を交わす二人。ベタベタ馴れ合うのかと思いきや、最後まで考え方生き方は
相容れない。しかしラウダのモノローグの通り、二人はもっとも尊敬するライバル同士だったのだ。
アクションは派手ではなくオーソドックスだがセンスに満ち溢れ、ドラマはハッピーエンドでも友情
に溢れるでもないが熱い情熱とお互いを尊敬する真摯さに満ちている。じっくりと見られる大人向けの
映画だった。

余談:富士のシーンでだるまのセリカが二台並んでたけどあれもCGじゃないのか?

2014/02/14 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:73(50%) 普通:19(13%) 悪い:53(37%)] / プロバイダ: 9113 ホスト:9423 ブラウザ: 5386
70年代F1界の英雄ラウダとハント、2人の物語。

脚色は勿論いろいろとあるだろうが、対比としては非常に好対照だ。
これがセナ・プロとかだと私生活面で面白みに欠けるし、シューマッハとハッキネンとかなんて
そもそも物語要素が無い。「安全」を追い求めるあまり、F1からドラマは失われた。

TVでレースの実況中継をやっている場面が多く映されたが、こんなに放映されていたのだろうか。
少なくとも日本ではほとんど見ることはできなかったと思うのだが。その分想像でレースシーンを
補い、見えないドラマに思いをはせた。

そんな少年時代を送った人にはお勧めの作品だ。
チョコチョコ映る黒いロータスや「タイレル」P34など、むしろソッチをもっと見たいと思ったりする。

但し、F1に興味が無い人、KinkiKidsが特段好きでない人にはあまり面白くないだろう。

何しろ同じ赤白を基調としたカラーのマクラーレンとフェラーリだ。F1ファンでないと区別がつかない。

2014/02/09 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:290(71%) 普通:54(13%) 悪い:66(16%)] / プロバイダ: 3704 ホスト:3760 ブラウザ: 4694
早速観てきました
まだ公開されたばかりだというのにお客さん10人ばかししか入ってなかったが
興行的には大丈夫なのだろうか・・・・

76年〜78年あたりのスーパーカーブーム、F1ブーム世代で
二キ・ラウダ、ジェームス・ハントの2人の名前を知らない人間はいないはず
だからこの作品は劇場予告編を目の当たりにしたときから
どうしても観ておきたかった、というか観ずにおれなかった作品なのです

残念ながら本国アメリカのほうの興行収入はイマイチみたいです
そりゃそうだF1の人気が盛り上がったのはアメリカではなく
ヨーロッパ、日本のほうだもんな
アメリカ人にはピンと来るわけがない

それ以前にハントはイギリス人で
ラウダはオーストリア人だし、アメリカ人が喜ぶ要素は
どこにもありませんな

【良い点】
70年代の雰囲気が見事に出ているところ
BGMがスペンサー・デイヴィス・グループの「ギミ・サム・ラヴィン」
スレイドの「クレイジー・ママ」を使用していたり
ちゃんと木製箱のブラウン管テレビが小道具に使われてたり
ラウダがプライベートで乗ってた車がアルファ・ロメオだったり
細かいところに神経がくばってある

テンポも非常によく2時間の上映時間を感じさせない
天才肌のハントと理論を重んじる努力家のラウダの二人の人生を分かりやすく
描き出している

ラウダがヒロイン(後の妻)とパーティから帰る車の中で
サスペンションが悪いとか重心配分が悪いってぶつくさ言ってるシーンで
笑いました

【悪い点】

あまりにもストーリーが駆け足過ぎてタメに欠けるのと
史実を重視するあまりエンターテインメント性が足りてないところ

76年の富士スピードウェイでハントの優勝が決まるクライマックスシーンなんだけど
律儀に荒天のための視界不良でラウダが棄権するところまで史実どおりに
やっちゃってるんだよな〜
観客は史実なんてどうでもよくてラウダとハントの一騎打ちが観たいんだよ
こういうところではウソをついてもいいんだよ!!
ちゃんと視聴者をエキサイトさせてくれよ〜と言いたくなる

あとレースシーンでめまぐるしくカメラが切り替わるし
一レース一レースをダイジェストで済ませちゃってるので
迫力が足りてない

なんでせっかくF1レースを大画面で観れるというのに
レーサー視点からのレーシングコース周回の映像がほとんどないのか?
テンションがどうにも上がりきらなくて煮え切らない作品でした

【総合評価】

上でも書きましたがとにかく駆け足過ぎて
一エピソードをじっくり描ききれてないので
映画としてはどうにも消化不良感が漂う作品になってしまいました

期待したものには及びませんでした
特にクライマックスではしごを外されたのは痛い
そこまでは悪い出来ではなかっただけに惜しい気持ちがつのります
なので評価は【普通】にしておきます

どうせならクライマックスのエピソードを
ラウダの事故からの復帰第一戦にしておけばよかったんだ
そうしたほうががぜん盛り上がるし
映画作品としてのバランスが良くなるはずなのに・・・
脚本家が悪いわ

どーでもいいですがハント役の人がブラピに激似です
顔から髪型から雰囲気からソックリ!
一瞬ブラピ主演の映画かと勘違いしちゃったぜ

この評価板に投稿する



2016/06/08 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 34156 ホスト:34036 ブラウザ: 1975(携帯) [編集・削除/これだけ表示]
感じた事熱血/友情/ロマンチックな気分/格好良い/考えさせられた 
ストーリーとても良い(+2 pnt)
キャラ・設定とても良い(+2 pnt)
映像とても良い(+2 pnt)
声優・俳優良い(+1 pnt)
音楽良い(+1 pnt)

もっと見る
1. 友情実話伝説―最終章〓陣兵道 編〓―第249話(2299話)「陣兵M阪妹の同級生…"ゲオ、公民館に行く"」 by 陣兵
... 】 7.【ミスティック・アイズ】 8.【はじまりは5つ星ホテルから】 9.【新しき世界】 10.【チェインド】 11.【MIAミア】 12.【福島の未来-0.23マイクロシーベルト】 13.【漂泊】 2月5日編 14.【ガンズ・アンド・ギャンブラー】 2月7日編 15.【スノーピアサー】 16.【ラッシュ/プライド友情】 2月8 ...
記事日時:2014/01/20

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ