[海外映画]NEXT-ネクスト-


ねくすと / NEXT
RSS
海外映画総合点=平均点x評価数5,103位5,357作品中総合点-5 / 偏差値43.31
2008年海外映画総合点177位185作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定1.00(良い)1
声優・俳優1.00(良い)1
映像0.00(普通)1
音楽0.00(普通)1
ストーリー0.00(普通)1
びっくり100%1人/1人中
セクシー0%0人/1人中
可愛い0%0人/1人中
熱血0%0人/1人中
勇気貰った0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

クリス・ジョンソンはマジシャン。2分先の自分に関係すること限定だが「未来を予知できる」特殊能力を持つ。そんな彼が巻き込まれる「テロリストによる核爆弾の爆発阻止」作戦!果たして彼の能力が全米を救うことができるのか?
2007年製作国アメリカ
配給:ギャガ
監督:リー・タマホリ
製作:ニコラス・ケイジ トッド・ガーナー ノーム・ゴライトリー アーン・L・シュミット グレアム・キング
日本 公開開始日:2008/04/26(土)
海外 :公開開始日:2007/04/25
5,39376
最近の閲覧数
1110000001
この作品を海外映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2019/08/14 / 最終変更者:634 / その他更新者: どうか Kappa と発音してください。 / 提案者:暁に吠え猛る獅子 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/08/14 普通の立場コメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:426(48%) 普通:303(34%) 悪い:164(18%)] / プロバイダ: 48741 ホスト:48801 ブラウザ: 8323
【良い点】
・発想:未来を見る能力を扱う作品と言うのはジャンルを問わず幾らでもあるが、それを駆使してスレスレでピンチを回避していくのは面白い

【悪い点】
ストーリー:割と杜撰、FBIにしろテロリスト側にしろいったいどこで主人公の能力について知ったのか?等、細かい描写は割とすっ飛ばしている

【総合評価】
結局失敗してやり直し→再挑戦に動き出す所でエンディング
個人的には嫌いでは無いのだが二時間見て結末がこうなると突っ込みたくなると言った所
冒頭のカジノ脱出までがピークでその後は微妙になっていったのは残念
もっと能力はなんなのかとか何が原因で目覚めたのか等を掘り下げて欲しかった所

2016/05/22 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:7319(87%) 普通:618(7%) 悪い:455(5%)] / プロバイダ: 21970 ホスト:21984 ブラウザ: 1975(携帯)
「ナショナルトレジャー」シリーズや「ザ・ロック」等で有名なニコラス・ケイジ主演のSFスリラー映画といったところでしょうか。

わずか二分先の未来を予測できる特殊能力を持った男が主人公でしたが、果たしてどんな経緯で使えるようになったのか、それが明らかにならなかったのはちょっと気になるものがありましたね。

その主人公でしたが、自分の能力が他人にバレないように隠しながら、波風立たせない生き方をしていたわけですが、それでも特殊能力を上手く生かすためにカジノでマジシャンとしてマジックを披露しながらお金が足りなくなってきたら、ギャンブルで二分先の未来を見た上で当たりを引き当てて大儲けをしたりして、生計を立てていたのが、ひょんなことから悪い未来が見えてしまい、それを阻止しようとした結果、周りの人びとから誤解を受けてしまったりと、便利であるだけでなく、そうした不便な面も描かれておりましたね。

ストーリー的には全体的に特に特筆すべきことはあんまりなく、可もなく不可もなくといった感じだったんだけれども、それでも終盤でのあのあわやバッドエンドかと思いきやからのどんでん返しにはびっくりさせられたかな。

評価は「普通」とさせていただきます。

2014/02/08 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:11(61%) 普通:3(17%) 悪い:4(22%)] / プロバイダ: 25020 ホスト:25004 ブラウザ: 7902
オハナシとして目を引くところはあまりない。
でも見どころがないわけではないんです。

主人公の特殊能力を活かした脱出シーンは見ものですね。
あそこだけは、超能力系の脱出シーンとして出色のものでした。
派手に大爆発させたりそういうことではない、「うまい!」と唸る映像ですな。

これ、設定的には未来予知というよりはタイムリープなんですかね。
ニコラス・ケイジが(映像的に)分身して、総当り的に敵の罠に引っ掛かりまくって正解のルートを探すシーンがあったりしますけど。
弾丸に当たらないとかどうとかってそういうことじゃないと思うなぁ〜なんて疑問がありましたが、映像として大いに面白い(笑い的な意味で)ので、よしです。

内容だけならちょっと悪いかなーくらいだったんですが、世紀のアホカッコオモロいシーンの連続に親指を立て、プラスマイナス普通。

2011/09/03 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3259(33%) 普通:3441(35%) 悪い:3207(32%)] / プロバイダ: 14987 ホスト:15236 ブラウザ: 11755
これもgyaoで見てみたが・・・・・・・・

主人公は2分先の出来事が予測できるという設定で、普通にそれは活かされていたと思うけど、
ある店でヒロインに出会ったシーン、彼女にしつこく付きまとってきた男を撃退しようとするも、
結局ぼこられ、彼女に脅されて店を去ったものの、相応しい報いを受けなかったのはまず不満
でしたね。

FBIが主人公の能力を利用しようとしていたのも、嫌味なほど執拗だったけど、そうしたヒロインとの
安っぽいロマンスでなかなか思うように盛り上がらない。FBIとの追いかけっこで、車等を崖から
落とす下りで「やっと面白い展開になってきたかな?」と思ったら、ヒロインを誘拐したテロリスト連中も
悪役としては凡庸で役不足。いつの間にか2分先の出来事予測も無視されてしまったけど、分身も
チャチで安っぽかったし、核爆発するオチもアバウトと言うか、結局終始盛り上がりに欠ける展開と
なってしまいましたね。残念ながら。

原作は知らないけど、ニコラス・ケイジ氏(及び吹き替えの大塚明夫氏)のファンで無い限りは、
無理して鑑賞してみる必要は無いC級SF映画でしょう。評価は見ていて致命的に不快とまでも
いかなかったけど、普通に穴が目立ったので「悪い」で。

2009/02/25 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1383(50%) 普通:0(0%) 悪い:1403(50%)] / プロバイダ: 32099 ホスト:31927 ブラウザ: 2907(携帯)
楽しめたけど悪いで。
とりあえず1時30分たらずしかなく何も考えなしにどんどん進んでいく。
アメリカに核が持ち込まれそれを探すように未来が見える主人公に依頼するが主人公は幼い頃からその能力のせいで色々実験体にされたため断る。
脚本は全体的に都合が良かったり薄っぺらかったりするけどカジノの設定や子供に先生のことが好きと言わせたり単純さがテンポを良くする。
二分後を予測したりシミュレーションしたりのカメラの撮り方や構成や表現の仕方は良かった。
余計な間とか説明を入れないのでテンポ良く進む。
女性に対し色々予測してアタックしていくところは面白かった。
やはり銃を交わしたり相手の攻撃を予測したり車を動かして崖から落とすシーンや分身するシーンなどネタありきの作品。
車を落とすシーンもそれほど意味があると思えず無理やり感があるしただやりたかっただけなのかなと思う。
内容はなくストーリーが凝ってる訳でもなく色々説明不足で設定は置き去り。
テロリストが何者で目的は?とかFBIと主人公の繋がりなどの説明は別にする必要ないと思うけど、肝心な彼女に対して運命の人の伏線だったり恐らく彼女に関することだけずっと先の未来まで見えてたと思うけどそこの説明や決着がついてない。
数週間後、数ヶ月に会いに行くという台詞も理解出来るけどそこら辺の彼女に関することをオチやラストに持ってくると思ったけどうやむやにしたまま終わって中途半端に感じる。(最後は彼女の生徒の所に行けば上手く纏まる)
間違えたと言って核が爆発してしまうオチ自体は(それも一つの結末だから)別にいいのだけど彼女のことははっきりさせる必要があった。
核がどこで爆発したのかもよく分からなかった。
ラストのこれからどうなっていくのか視聴者に考えさせる狙いも理解出来る。
だから何通りもの未来を予測するから何週間後とかに会いに行くという台詞になるのかなと思った。
FBI捜査官同士仲が悪そうな設定だったり最初の主人公の能力のことを知っていたじいさんだったりの設定が少し置き去り。
二分という設定は一分だと短すぎるし三分だと長すぎるから丁度いいのかもしれない。
敵が主人公の力がほんとかどうかわからないのに追い回すのも都合がいいし、あとFBIがウソをついて彼女を利用しようとしたり最悪だった。
善人や未来は変わるなどの伏線は使ってるし筋は通る。
これを観るとデジャヴの方が圧倒的に凝っているのかなと思う。

2008/12/25 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:326(30%) 普通:448(42%) 悪い:303(28%)] / プロバイダ: 7683 ホスト:7691 ブラウザ: 4184
フィリップ・K・ディック原作小説『ゴールデン・マン』の映画化。
2分先の自分の未来がわかるクリス・ジョンソン(ニコラス・ケイジ)の物語なのだが、結果的にこの2分という制約がまったく無視されることになるのだが、まあそれは最後だけなのであまり気にしないでいい。ただ、ほとんど夢オチにも似た結末に少々がっかりはさせられる。
物語の発想は面白く、その2分の先読みを駆使してトラブルを避けていくクリスの行動はなかなかスリリングで、リズ(ジェシカ・ビール)との出会いと行動を共にすることができるまで、何度もシュミレーションする彼の努力はある意味涙ぐましい努力が少々笑える。ただその未来を感知している時間はどれくらいなのだろうかと、余計な詮索をしてしまうほど時間を使っていて、物語のスピードはどちらかというと緩やかだ。そのためか途中で物語のワープが起こってしまい、急にクライマックスに突入してしまう。カリー・フェリス(ジュリアン・ムーア)が執拗に彼の能力を必要としているのも不可解だし、テロリストたちの目的や彼らとの攻防など緊張感を担うはずの設定がほとんど説明されないまま、ずるずると未来予知だけで終わってしまうのだ。その結果としてクリス以外にキャラが立たない作品になってしまっている。

2008/04/29 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:281(73%) 普通:26(7%) 悪い:78(20%)] / プロバイダ: 19923 ホスト:20092 ブラウザ: 3264
試写で観たのですが…だめだこりゃ。

ニコラス・ケイジがロスを核ミサイルで爆破しようとするテロリストの野望を「二分先の未来が見える」という特殊能力を使って阻止する話かと思いきや、女の子を追っかけ回したり、世界の危機なのにFBIを欺くことに能力を使ったりとムチャクチャ。しかもクライマックスで分身の術まで使うし失笑ものです。
ラスト、核ミサイルはどうなったの?と思ったら、「…間違えた」。
開いた口がふさがらなくなりました。

この評価板に投稿する



2016/05/22 普通の印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 21846 ホスト:21754 ブラウザ: 1975(携帯) [編集・削除/これだけ表示]
感じた事びっくり 
ストーリー普通(+0 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像普通(+0 pnt)
声優・俳優良い(+1 pnt)
音楽普通(+0 pnt)

1. "『洋画〜公開作品〜』史Ⅴ" by 陣兵
... ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」 「ナイトミュージアムシリーズ」 「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」 「NINE」 「名もなきアフリカの地で」 「ナルニア国物語シリーズ」 「南京1937」 「二十四時間の事情」 「ニューオーリンズ・トライアル」 「ニュー・シネマ・パラダイス」 「ニューヨーク、アイラブユー」 「ニューヨーク、ニューヨーク」 「ニンジャ・アサシン」 「NEXT-スト-」 「 ...
記事日時:2011/06/27

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ