[海外映画]リミットレス


Limitless
RSS
海外映画総合点=平均点x評価数4,720位5,028作品中総合点-4 / 偏差値44.41
2012年海外映画総合点198位212作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
声優・俳優1.50(とても良い)2
映像0.50(良い)2
キャラ・設定0.00(普通)2
音楽0.00(普通)2
ストーリー0.00(普通)2
セクシー0%0人/2人中
可愛い0%0人/2人中
熱血0%0人/2人中
勇気貰った0%0人/2人中
涙流した0%0人/2人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

ニューヨークに住む作家エディ・モーラは恋人のリンディに別れを告げられ、仕事でも失敗する。ある日彼はヴァーノンという売人からNZT-48というスマートドラッグを手に入れる。エディは普段は20%しか使われていない脳の能力を100%活用させるというその薬を飲むと、効き目は確かで、一晩で本を書き上げてしまうことができた。しかしエディは、さらなるNZTを求めてヴァーノンの許を訪れたところ、ヴァーノンが殺されているのを発見する。
※ このあらすじ部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
監督:ニール・バーガー
出演:ブラッドリー・クーパー
日本 公開開始日:2012/03/07(水)
海外 :公開開始日:2011/03/18
[公開開始日詳細]
http://www.limitless-movie.jp/
2,06044
最近の閲覧数
1120000100
この作品を海外映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2012/04/11 / 最終変更者:ムシュカ / 提案者:ムシュカ (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2015/03/15 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:550(62%) 普通:137(16%) 悪い:193(22%)] / プロバイダ: 31207 ホスト:31151 ブラウザ: 5779
人間の脳は数パーセントしか使われていない、みたいな触れ込みだったので超能力&その副作用に苦しめられる話なのかな〜と勝手に思っていたんですが、まぁ概ね当たってはいました。ただストーリーとしては中身が空に近い。なんかドラッグ中毒者によるドラッグの奪い合いみたいなものを見させられた感じです。
結局主人公は大成功で終わりますし、冒頭に薬をくれたやつが誰に殺されたのか、そもそもこの薬は何なのかも一切明かされません。消化不良すぎる・・・。

2015/01/10 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3475(33%) 普通:3656(35%) 悪い:3387(32%)] / プロバイダ: 2134 ホスト:1944 ブラウザ: 7420
某ロードショーでの放送が初の地上波放送だったらしいけど、まあ思った程では
なかったですね。月並みですが。

「人間はその脳に備わった能力をもし100%活用できたらどうなるのか?」をテーマ
として、主人公はスマートドラッグを服用する形でその可能性に掛けたようです。
しかし、実際現れたその効果、確かに一晩で本を書く事なんて常人には真似できない
事ではありましたが、主人公自身がまた狂言回しの役も担っていた事も相まって
やや説明的でしたね。設定上ほどの凄さは正直伝わらなかったです。

これで仕事も恋愛も思いのままだ!!と思いきや、そうは問屋が卸さず、売人の男
が殺される等波乱が起きたのはその副作用故だったのでしょう。しかしまた、
実行犯の男達も小粒で、一時的に話を盛り上げたらさっさと退場させられた
感じで物足りなかったですね。そしてロバート・デ・ニーロ氏演ずるカール
もです。随所で良い意味で嫌味に主人公に絡み、出番以上の存在感を発揮していたのは
さすがと思いきやです。

主人公は最後においても、カールの前で追突事件を予言し、実際その通りになった等
完全に彼に対して優位に立ったまま終わりましたが、ベタな脅しもちらつかせる等
何だかやや小物化してしまったのも拍子抜けでしたね。ロッテントマトによれば、
平均評価点は10点満点で6.4点だったらしいですが、まあそれぐらいが妥当な点数
だったでしょうね。評価は「普通」です。

2013/04/26 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1401(50%) 普通:0(0%) 悪い:1426(50%)] / プロバイダ: 145 ホスト:89 ブラウザ: 4936
ネタは良いし前半は面白かったし期待しただけに残念だった。

薬を飲んだ後のトリップ感とか、最初の方の忘れていた記憶が呼び起こされたりとか冷静になって部屋の片付けを始めたりとかそういう細かい描写はよくてその路線で個人的には行って欲しかったんだけど大げさになりすぎた。

普段は臆病で不安で周りをキョロキョロしたり、うつむき加減で歩いているんだけど、薬を使うと堂々とするようになって雰囲気がガラリと変わる違いも良かった。

トリップ感というのは視野が広くなる演出で、周りのモノが良く見えるようになったり何メートル先のものが見えるようになったり、一つ一つの周りで起きてる出来事がスローモーションのように視野に入ってきて確認出来たりする。
マイナス思考の時っていうのは判断力がないから部屋が片付けれなくなるんだけど、薬を使うと頭の回転が速くなって冷静になって、何を捨てればいいのか何を残せばいいのかどこに何をしまえばいいのかっていう判断が出来るようになってくる。

マイナス思考の時は体が重くてダルくて思うように動かないんだけど、薬を使ってプラス思考になると冗談抜きで運動神経まで良くなって体が動かせれるし逆に動きたいと思うようになる。
映画のシーンでもとにかく動いていないと前に進んでいかないと落ち着かないというのも分かる。

こういうのは実際あることでその何倍ものバージョンっていう事だけで理解とか共感出来たし、それを使って身近にある出来事を解決していくとかの方がわかりやすかったと思うし、それプラスあとは謎解きがあれば良い作品になった。

だけど謎解きをほったらかして訳の分からない方向に行ってしまった。

結局弟は誰に殺されたのかとか薬を誰がどこで作っていたのかとか、薬を使うと反動があったり死に至ったりするのは何だったのかとか、時間が飛んでいたのは何だったのかとか、そこら辺の解決とか謎解きがあるのかと思ったら何にもなく置き去りにして、デッカい方向に行ってしまってまとまりがなくなってしまった感じがする。

あとやっぱり薬を使って手に入れた成功なのでそれに対するしっぺ返しみたいなオチも期待したんだけど、いわゆるハッピーエンドオチでそこも納得いかなかった。
中途半端だったし、オチ自体もいきなりでこれで終わりなのかっていう感じだったし、オチですらなかった。

もっとサスペンス風で濃い中身やストーリーを期待したんだけど、ただ薬を手に入れて成功するだけという安っぽい作品でガッカリだったしこのアメリカ的なノリは好きではない。
ネタの無駄遣いというか使いきれていなかった。
頭が回る描写も段々雑になっていったような感じも受ける。

2012/04/24 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:122(56%) 普通:13(6%) 悪い:84(38%)] / プロバイダ: 10195 ホスト:10288 ブラウザ: 13175
【良い点】
ブラッドリー・クーパーのハンサムだが嫌味のないスターパワー
次が気になる早い展開

【悪い点】
TVドラマ24のような、見るときはスリルがあるが、後には何も残らない薄っぺらい浅い映画。
「アルジャーノンに花束を」との類似性が大きく設定に新鮮味がない

【総合評価】
2006年のイリュージョニストが良かったのでNeil Burger(監督)の作品は全てチェックしてるが、これは非常に薄くて浅い作品だった。

Neil Burger監督作品
2011 Limitless
2008 The Lucky Ones
2006 The Illusionist
2002 Interview with the Assassin
こうしてみると、Illusionistだけがたまたま良かっただけで、凡庸な監督かもしれない。

前半わりとスリルがあるのは、「薬のストックに限りがあること。」「薬を使い続けると死ぬこと。」「薬をやめると廃人になること。」の三つを主人公がどうやって克服するかに興味がわくからだが、なんと信じられないことに、視聴者に納得の行く形の説明をせず決着をつけずに映画は終わる。見終わった後の不満は大きい。さらに、世界観が中学生が書いたような幼稚さがある。頭がよくなったら、カジノや財テクでお金バカ稼ぎして、いい女得て、いいスーツ着て、高級車買って、と頭の悪い10代の子供の夢のような話に、がっかりさせられた。知性と心とヒューマニティーの関係を考察した「アルジャーノンに花束を」の方がよほど深みがあった。でも、たぶんターゲットの視聴者は10代の子供なんだろうで、これでいいのかもしれないが。 あと、あの魚眼使ったようなトンネル画像がひつこかった。このCGの時代にそれほど特殊で新鮮な絵作りでもないのに、何度も何度も使う監督のセンスを疑う。

ちなみにNPRのレビューに載っていたが、この映画の薬AZTに似た薬はアメリカでは現実に売られており、Adderallという。主要成分はメタンフェタミンと覚せい剤と同じだから、日本では発売禁止されている。日本の方が正しいと思う。

娯楽作品としては及第点なので評価は普通。

この評価板に投稿する



2015/01/10 普通の印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 2134 ホスト:1944 ブラウザ: 7420 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事 
ストーリー普通(+0 pnt)
キャラ・設定普通(+0 pnt)
映像普通(+0 pnt)
声優・俳優とても良い(+2 pnt)
音楽普通(+0 pnt)

もっと見る
1. 友情実話伝説-Part2〓陣兵の専学生活編〓-第796話(1446話)「デッサン-その61〜62…〓手デッサンⅡ〓[その3 ]&〓自画像デッサン〓 by 陣兵
... 1.【ベニスに死す】 2.【ワイルド・スピードMEGA MAX】 3.【天国からのエール】 4.【幸せパズル】 5.【とある飛行士への追憶】 6.【はやぶさ/HAYABUSA】 7.【DOG×POLICE 純白の絆】 8.【エンディングノート】 9.【5デイズ】 10.【ファイナル・デッドブリッジ】 11.【リミットレス】 12. ...
記事日時:2011/09/20
2. リミットレスビット(シェアウェア)感想 by TEAMスカラベ
... http://inutoneko.jp/ 待望の新作 http://inutoneko.jp/bijyutukan/sekai/game/llb/llb_top.html が出たので早速ゲット、海猫亭から約1年と今回もさほど待たされずに発売。 ・軽く解説 サークル犬と猫はイラストレーターの小夏さんの製作したゲームが配布されてます。豊富なやりこみ要素と良質なゲームバランスで中毒性が高いの ...
記事日時:2008/04/04
3. ガーネットS by ロサード
リミットレスビット抜け 本命シルヴァーゼット、対抗コパノフウジンは2,3着 いつまでこれが続くか、頑張ってみます。(笑&涙)
記事日時:2006/01/08

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ