[海外映画]スパイダー・ボーイ ゴキブリンの逆襲


すぱいだーぼーい ごきぶりんのぎゃくしゅう / GAGAMBOY
RSS
海外映画総合点=平均点x評価数4,682位5,394作品中総合点-2 / 偏差値45.73
2003年海外映画総合点118位147作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
音楽1.00(良い)1
映像0.00(普通)1
声優・俳優0.00(普通)1
キャラ・設定-1.00(悪い)1
ストーリー-1.00(悪い)1
セクシー0%0人/1人中
可愛い0%0人/1人中
熱血0%0人/1人中
勇気貰った0%0人/1人中
涙流した0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

フィリピンの下町。ある日、気弱な青年ジュニーは放射性廃棄物に汚染されたクモを偶然にも飲み込んでしまう。
それからというもの彼の手からは、得体の知れない粘着質の糸が出たり、強力なパワーが出はじめる。
一方、ジュニーの同僚のドドイもまた放射性廃棄物に汚染されたゴキブリを飲み込んでしまい、巨大なゴキブリ人間となってしまう。

やがて、強大なパワーを持ったドドイはゴキブリンとなって街を襲撃、そんなドドイの横暴を見かねたジュニーは、自作のパワード・スーツを着込みスパイダー・ボーイとして、ゴキブリンとなったドドイと対決するのだった。
[スタッフ]
監督:エリック・マッティ
プロデューサー:ロッセル・モンテヴェルデーテオ
脚本:ドゥワイト・ガストン
日本 公開開始日:2003
プロモーションビデオ (2個)
[もっと見る]
88711
最近の閲覧数
1000010020
この作品を海外映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2016/01/01 / 最終変更者:バジリコ / 提案者:バジリコ (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2016/01/02 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:311(51%) 普通:90(15%) 悪い:211(34%)] / プロバイダ: 2585 ホスト:2616 ブラウザ: 8784
【総合評価】
長い!長すぎる!

これがこの映画に対して言いたい文句全て
まるでジャッキーチェンの映画を思わせるような主人公ジュニーの人当たりが良くて感情豊かな身振り手振りは見ていて不快ではないが、深みや個性がまるで無い
主人公の目標や夢は大いに語られず、ただ一人の女をライバルドドイと取り合うだけ

ドドイもジュニーも庶民感を持たせようとしたのか知らないが、アイス売りというお世辞にもいい仕事をしているとは言えない二人組で違いと言えば人当たりが良いか悪いか
ただ、ライバルも主人公も社会的地位が同じで住まいもヒロインの家に居候とアパートで独り暮らしとどことなく感じる情けなさが大して変わらないのでは明確な差が良いか悪いかだけになってしまい 異なるタイプの二人というより順当に嫌な奴と憎めない良い奴だけで面白みが無い

ヒロインのリアナもただかわいいだけで大して面白みは無い
異なるタイプの男にプレゼント合戦される等 ラノベ主人公でも気が付くぐらいに好意を寄せられているのに、それに対してリアクションは薄い
わぁ〜素敵ありがとう〜みたいな薄っぺらい反応ばかりで私のために争わないで!とベタなセリフを言ったほうがまだマシなぐらいに鈍感
ちなみにプレゼント合戦はリアナの目の前で行われているので本当に気が付かないのは変

肝心のスパイダーボーイですが、パッケージから分かるようにダサい
あらすじには自作のスーツと書いてあるが、そんなのウソで 蜘蛛の能力に目覚めた後子供が読んでた漫画のヒーローのスーツをそのままデザインをパクり、その上作ったのは町の仕立て屋のおばはんという庶民感溢れるスパイダーボーイ
糸はCGを使って頑張っているが、スパイダーマンのようにかっこよくワイヤーを飛ばすようなアクションではなく、手から赤いねばねばを出す能力なのだ
主人公が手の内でねばねばこねこねと使いこなすが効果音もぐちゃぐちゃしていて受ける印象としては汚いの一言
別物であるとはいえこのタイトルでは誰もがあのスパイダーマンを想像していたであろうに、それとはかけ離れたという言葉だけでは言い表せないほどのコレジャナイ感を受ける
別物であるのは確かだからコレジャナイ感があってもかっこよければまだ良かったんですが…

さらに敵のゴキブリンはそれほど大それた悪事を犯さないので壮大さも無ければ極悪さも感じず
ただ、欲望に沿っているだけで殺しという殺しもしない

なんというかデザインは安っぽいのは置いておくけど、悪役として気持ち悪くて良いんですよ
でもやってることが大して凄くないからなんて悪い奴なんだ!と憤慨する事も出来ず。突然現れてヒロインの拉致だけでは、悪くてかっこいいでも無い

全体的に言える事だが、なんともどっち付かずで宙ぶらりんな展開でクライマックスまで行ってオチも別に普通という面白みの無さ
つまらないんじゃなくて、ただただ面白みに欠けるというのが本作。どこかで見た展開が繰り広げられるか工夫の無い展開が繰り広げられるのかの二択が延々と繰り出される。普通に悪い所が目立つなら鼻で笑う事も出来たが、それすら許されない空虚な気持ちで画面を眺め続ける事となる
頑張りや面白く作ってやろうという気概は感じれても実際に面白いかはまた別の話
目くじら立てて無駄な時間使わせおって!と怒るほどの作品では無いけど、それを通り越した虚しさだけが視聴後に残る

そんなわけで極悪な駄目映画!というわけでも無いけど第三者に紹介する指標としてはとても悪いで評させて頂きたい
凡作としても凡に徹しすぎて本当の本当に退屈。この映画を見続ける上で苦痛なのが断定的な悪い部分が無い上に凡に徹したため、ゆっくりと時間だけが奪われるような真綿で首を締め上げられるとはこの事かと106分間過ごす事になる

この評価板に投稿する



2016/01/05 普通の印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 2585 ホスト:2616 ブラウザ: 8784 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事 
ストーリー悪い(-1 pnt)
キャラ・設定悪い(-1 pnt)
映像普通(+0 pnt)
声優・俳優普通(+0 pnt)
音楽良い(+1 pnt)


作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ