[海外映画]セル: 2018/12/28 怪盗乱馬


PG-12(12才歳未満指導・助言必要)

Cell
RSS
海外映画総合点=平均点x評価数4,613位5,261作品中総合点-2 / 偏差値45.84
2017年海外映画総合点138位151作品中
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2018/12/28 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1398(50%) 普通:0(0%) 悪い:1414(50%)] / プロバイダ: 13373 ホスト:13260 ブラウザ: 4721
ジョン・キューザックとサミュエル・L・ジャクソンが出演のスティーブン・キング原作SFホラー。

空港でジョン・キューザックが家族と電話していると、回りで次々と人々が倒れていく。
倒れた人は直前に携帯で電話をしていて携帯から何らかの電波が発せられ、それを受け取った人は凶暴化したり泡を吹いて失神したりする。
ジョン・キューザックは携帯の電池が切れ、公衆電話から電話していた為難を逃れる。

空港でのパニックシーンは良かったし、そこそこ金もかけてそうで期待させられたんだけどピークが序盤10分のそこだった。
そっからどんどんショボくなって行ったし、内容的にも映像的にも安っぽく訳の分からない方向に向かってしまった。
結局オチにしても方向性にしても収拾が付かなくなってしまった感じで、単なるゾンビ作品に成り下がった。

今の時代に合わせた携帯から何らかの電波を受け取って頭がおかしくなるネタがあって、携帯が使えない不便さとかテロ行為なのかと思わせるところまでは良かったんだけど、さすがに真相が何にも無さすぎるから観てきた意味もない。
電波を受け取って幻覚みたいなのを見せていたのかどうかっていうのも分からないし、主人公の息子を助け出す訳でもないし本当に時間の無駄だったと思ってしまう。

最後のジョン・キューザックにはちょっと笑ったけど。



共感コメントは階位を持っている論客の方のみが投稿可能ですが、貴方は階位を持っていないか、ログイン状態ではありません。階位は評価を投稿等すると、1日1回の深夜の定期処理により付与されます。
この評価板に投稿する

この作品の全ての書込みを表示する
↑上へ