[海外映画]コラテラル


COLLATERAL
  • 格好良い
RSS
海外映画総合点=平均点x評価数313位5,276作品中総合点15 / 偏差値59.53
海外映画平均点293位625作品中平均点1.00=良い/15評価
2004年海外映画総合点12位157作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
声優・俳優2.00(とても良い)2
キャラ・設定1.50(とても良い)2
映像1.00(良い)2
ストーリー1.00(良い)2
音楽0.50(良い)2
格好良い100%2人/2人中
セクシー0%0人/2人中
可愛い0%0人/2人中
熱血0%0人/2人中
勇気貰った0%0人/2人中
もっと見る
属性投票する
製作年度 2004年
製作国・地域 アメリカ
配給:UIP
初公開年月 2004/10/30
日本 公開開始日:2004/10/30(土)
海外 (アメリカ):公開開始日:2004/08/05
9,0331615
最近の閲覧数
3100101000
この作品を海外映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2018/12/17 / 最終変更者:634 / その他更新者: kunku / どうか Kappa と発音してください。 / TCC / 提案者:馬王 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2018/11/16 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2210(50%) 普通:1109(25%) 悪い:1109(25%)] / プロバイダ: 6104 ホスト:6241 ブラウザ: 5173
トム・クルーズがターミネーターになった作品。(舞台はロサンゼルスだし)
彼が演じる殺し屋ヴィンセントは営業マンがお得意い先を回るような感覚で次々に依頼された標的を殺害していく。
しかも無関係な人間を殺さない等のポリシーがある訳でも無く
正にターミネーターのごとくディスコのど真ん中で銃をぶっぱなし始める。

そして人が良く病の母を抱え、燻る夢を抱きつつ現実に疲れている平凡なタクシー運転手のマックス視点で
ヴィンセントの異常性を捉えるのに並行して、刑事やFBI視点で次第に情報が出され事件の全貌が明かされていく展開は
スリリングかつスピーディーで主役二人のキャラ掘り下げとのバランスもとれた構成でした。
ただヴィンセントの行動が後半に入るに従い謎の殺し屋としての慎重さに欠けるようになり、
FBIがマックスをヴィンセントと誤認する中盤のハラハラ展開が終盤に思ったほど機能しなかったのが残念。

そういったストーリー面に粗さを感じるもののターミネーターの出現で女子大生のサラが女傑に変貌するごとく
マックスが腹を括っていくのは後半の見所。
ただ交通事故で道連れを目論んだ辺りを見ても彼の行動は「凡人がキレた」の部類。
マックスをアクションヒーローの主役になるにはキャラが弱いと感じる人が出てくるのは多分、そのため。
ヴィンセントは素人に銃を向けられても致命傷を負う事は無いと考えていた節があり
キレた凡人は殺し屋と同じぐらい危険というニュアンスが込められていたようにも見える。
本作ではヴィンセントとマックスの二人に振り分けられた都会に生きる闇を抱えた人間の危険性は
近年、アメリカで多発している銃乱射事件にも相通じているやもしれない。

評価は「とても良い」で。

2018/11/15 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:6969(87%) 普通:596(7%) 悪い:431(5%)] / プロバイダ: 10998 ホスト:11044 ブラウザ: 10315
「ミッション・インポッシブル」や「トップガン」等で有名なトム・クルーズ主演のサスペンスアクション映画といったところでしょうか。

ごく普通のタクシーの運転手が殺し屋を乗せてしまったことで厄介ごとに巻き込まれていくといった内容でした。大抵のイメージだとトム・クルーズがタクシーの運転手なのかなと思ってしまうのだけれども、今回は殺し屋という珍しい役柄を演じております。しかも風貌も殺し屋ということもあってか白髪で威圧感のあるものとなっており、ターゲットを冷酷に殺していくんだけれども、やっているのがあのトム・クルーズですから、やられている方が悪者っぽく見えてしまうのが不思議な感じでしたね。

一方で運転手のマックスが主人公だったわけでしたが、マックスにはリムジンサービスの会社を立ち上げるという夢があり、タクシーの運転手は仮の仕事で夢を叶えるための通過点なのですが、気がつくと12年間タクシーの運転手を続けている。それに対してトム・クルーズ扮する殺し屋のヴィンセントは「お前は本気でやろうとしていない。そのまま年取って気づいたら年寄りになっている」と指摘する。ヴィンセントの方は暗殺者としての任務を着実に素早くこなす。つまり、思ったことはすぐに行動に移してやり遂げてしまうといういわばマックスとは正反対のタイプで、それゆえに説得力が感じられましたね。

この安全志向で慎重に行動に移すタイプだったマックスだったのですが、リスクを犯しながらも行動するヴィンセントに影響されて、成長していくところが良かったかなあと。ラストではお互いに銃を取り合うのですが、マックスに軍配が上がったのもこのあたりの成長によるところが大きかったかも。

配役も豪華でしたが、なにげにジェイソン・ステイサムが出ていたのにも驚かされましたね。

評価になりますが、「良い」とさせていただきます。

2011/07/22 良いと思うコメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3(75%) 普通:1(25%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 19578 ホスト:19566 ブラウザ: 7082
【良い点】
雰囲気が良く、音楽が良い。
ロスの街というのがポイント
【悪い点】
少し地味かな

【総合評価】
トムが注目されるが、注目されるべきは運転手役のジェイミー。
二人の男に対して、私たち(視聴者)は理解を深めていく楽しみ方がある。

[推薦数:1] 2009/04/01 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:27(66%) 普通:7(17%) 悪い:7(17%)] / プロバイダ: 13991 ホスト:14038 ブラウザ: 3004(携帯)
*ネタバレ

「地下鉄で死んだ男がいた。だが六時間気づかれることがない。」トム・クルーズ演じる殺し屋ヴィンセントがロスの都会の孤独を言った台詞だが、これがまさか結末を現すとは。
お人好しのタクシー運転手マックスが、それこそうっかり彼を乗せてしまったのが運のツキ、コラテラル(=巻き添え)になってしまい、標的の元へ運転させられたりするストーリーです(でも最後は…)
筋書きは単純ですが、終始ハードボイルドの香り漂う映画でした。夜の都会の静寂が冷たくも心地よい。一匹のキツネが、二人の前を横切る場面があるのですが、それを見つめる二人の表情が良いですね。この無機質な都会の中に生きる獣の崇高な姿は二人に何を感じさせたのか。とても哲学的な瞬間でした。
ヴィンセントに影響されて、マックスが変わっていくのも良かった。だんだん生き生きしてきました。自発的になったからこそ、あの結末。でも、それはマックスがヴィンセントに影響を与えたことの現れでもある気がしますね。普通なら一流の殺し屋が一般人にやすやすと殺される訳が無いから。最もそういうものから程遠いマックスに殺されたヴィンセントは、少し都会の孤独に疲れていたのかもしれない。最後に街へと去ってゆく電車の中の殺し屋は、ようやく休息を得たのだろうか。

2009/01/10 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:326(30%) 普通:448(42%) 悪い:303(28%)] / プロバイダ: 7683 ホスト:7691 ブラウザ: 4184
唐突にも殺し屋ヴィンセント(トム・クルーズ)につかまって、殺しの現場までタクシーの運転しなければならなくなったマックス(ジェイミー・フォックス)の不幸な夜の物語なのだが、マックスの表情に恐怖はなく、殺し屋にたてつくなかなか勇敢な男だ。私生活自体は"負け組"のような設定なのだが、その台詞のセンスや機転の利くところは、かなりイケてる男だ。だからこそこの物語の決着を付けることができるのだが、とにかく勝ち続けてきたヴィンセントとの駆け引きが微妙で。仲がいいような錯覚を起こさせる空気が面白い。この作品の見所の一つはこの二人の会話であり、彼らの台詞の中には自らの人生を見つめさせられるような強い言葉が多く出てくる。
本作品でのトム・クルーズの格好よさは半端ではなく、風貌、身のこなし、アクション全てが素晴らしい。殺し屋らしからぬユーモアと殺し屋としての確実な行動に目を奪われてしまうのだ。ただ、その人懐っこい笑顔には、どうしても殺し屋としての冷酷さを感じ取ることができないのも確かだ。スターとしての輝きがまぶしすぎるのだ。逆にジェイミー・フォックスは当たり障りのない演技のためか、緊張感がなく、今ひとつ魅力に欠ける。物語の結末についてもエンターテイメントとしての爽快感はなく、無難な着地でやれやれ終わってしまったかという感じだ。

2008/11/09 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:114(72%) 普通:0(0%) 悪い:45(28%)] / プロバイダ: 13294 ホスト:12886 ブラウザ: 8374
【良い点】
・ストーリー
・中盤
・トム・クルーズ

【悪い点】
・伏線作りが弱い

【総合評価】
暗殺者を乗せて走るタクシー運転手。
「え、この人本当に殺しちゃうの?」と思わずにいられないような展開がすばらしい。
運転手のマックスにどっぷりと感情移入できる。

伏線作りが少し弱い。
終盤、マックスの動機が軽く見えてしまい、ヴィンセントの重さとのバランスがとれていないように感じる。
序盤のまさかのロマンスタクシーには意表をつかれたが、そのシーンだけでは命を賭ける理由に説得力がない。

2008/09/19 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:14(58%) 普通:0(0%) 悪い:10(42%)] / プロバイダ: 38802 ホスト:38693 ブラウザ: 8090
トム・クルーズがひたすらカッコいい!もともと彼のファンでしたが、初の悪役は素晴らしいものでした。近年の日本映画界は童顔なだけでオーラの欠片も感じないジャニーズ系の大根役者が蔓延ってますが、役者は演技で魅せるもの。今作のトム・クルーズを観ているとそれを痛感します。

共演者のジェイミー・フォックスも良い演技で、タクシー内での二人の会話は演出も手伝って秀逸な出来。

マイケル・マン監督の作品の中では「ヒート」に迫る出来でした。この監督は男をカッコよくすることに関しては天才ですね。

2008/02/14 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1366(50%) 普通:0(0%) 悪い:1390(50%)] / プロバイダ: 32099 ホスト:31925 ブラウザ: 3049(携帯)
ストーリーとかガンアクションとかではなくこの作品は殺し屋とタクシー運転手二人だけの人間ドラマ。
他の設定や人物なんかは全てこの二人の人物像を作り上げるための道具にすぎないし、最初の10分女検事とのやり取りだけでタクシー運転手の性格が丁寧に描かれていて、そこだけで引き込まれました。
トムクルーズもカッコ良かったし、ストーリーも緩急があって面白かった。

2008/01/06 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:850(67%) 普通:173(14%) 悪い:252(20%)] / プロバイダ: 12010 ホスト:12222 ブラウザ: 7590
トム・クルーズの銃さばきが無茶苦茶、格好良い。
悪役っぷりもサマになっている。
ただ、観終わってから「面白かった」と思える作品ではなかったなぁ。

後半からラストまでの持っていき方がいまいち。
"男と男の闘い"を表したかったのだろうが、あまり生かされていなかった気がする。

吹き替え版で観ました。
森川智之ファンは絶対に観るべき。
と言っても、やはりトム・クルーズの声は故・鈴置洋孝さんがはまり役でしたので、なかなかそれを払拭することは出来ませんが、それでも新生の吹き替えに期待したいです。

2007/10/24 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:320(84%) 普通:31(8%) 悪い:29(8%)] / プロバイダ: 46000 ホスト:45813 ブラウザ: 7300
二人芝居。
夢はあってもその一歩を踏み出せずに、しがないタクシーの運転手に甘んじ続けるマックス、人の道を踏み外すことすら何の躊躇もない殺し屋ヴィンセント。どこまでも任務の遂行にこだわるヴィンセント、殺人を阻止しようとするマックス。二人の対比が鮮やか。
徹底して相容れない二人だが、互いに相手のどこかを認めているかのように、最後まで互いの面倒を見てしまうことになる。表面的には片方(もちろんヴィンセント)がもう片方を強制的に連れ回しているのだが。人物の背景と舞台設定が巧く出来ている。
まっとうな凡人のマックス目線に立てばヴィンセントの非情の徹底ぶりには清々しさすら覚える程。だが、その裏にはそうでもしないと生きていけない哀しさがあるのだろうか。ヴィンセントの心境にもいろいろな含みが感じられる。人はそうそう簡単に変われるものではない。最期は余韻を感じさせられるものだった。
マックスがヴィンセントにかけた「何故俺を殺さない」の一言が印象に残る。

(余談)
対立する者どうしの二人芝居ってわりと昔からありますね。黒人と白人が手錠で繋がれて脱走するとか、敵対国の兵士が孤島で戦うとか、人物の背景や呉越同舟に閉じ込める舞台設定も様々。怪物ホラーや恋愛ものも広い意味ではその範疇になるのか。
徐々に協力関係に変わっていくものが比較的多いけど、その逆とか、最後まで完全に敵対するものとか、いろいろなパターンが。この映画は最後まで相容れないシビアさを保ちつつ、そうでない含みを感じさせられるものになっている。

2007/10/22 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:60(43%) 普通:22(16%) 悪い:57(41%)] / プロバイダ: 35635 ホスト:35369 ブラウザ: 4926
劇中の時間帯が常に夜だけど飽きる事無く観続けられました。
ただ、殺し屋って隠密が基本だとは思うのですが、あんなに派手でいいのかという気もしなくはないです・・・(地味だと迫力不足になるし・・難しい)

個人的にはビンセントがリムジンの運転手の夢について
「お前がいつまでもそう行動しないからだ。リムジンの事は頭金でなんとかすればよかった。」
という助言?がお気に入りです。

2007/09/23 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:52(62%) 普通:16(19%) 悪い:16(19%)] / プロバイダ: 18244 ホスト:18291 ブラウザ: 3876
渋いと思うし、最近のやたら派手な映画に比べるとかなりいいと思う(そこそこ派手やけどもね)
最後の切ないやりきれなさがええと思うわぁ〜

2005/08/14 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:47(59%) 普通:13(16%) 悪い:19(24%)] / プロバイダ: 23439 ホスト:23373 ブラウザ: 5234
冷徹な殺し屋はタクシーにのり次々に殺人を実行していく。巻き添えをくったタクシー運転手のマックスは、殺し屋が乗車する直前にのった女性検事が殺し屋の最後の標的であることを知ると彼女を救いにいく。展開が不自然。冷徹無比の殺し屋がなぜマックスを殺さないのか理解に苦しむ。安易な展開にはうんざりしました。

2005/05/30 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3139(33%) 普通:3312(35%) 悪い:3089(32%)] / プロバイダ: 9106 ホスト:9308 ブラウザ: 5234
※2007年10月訂正。

なかなか面白かったですね。

【良い点】

・キャストの好演
・普通に徐々に引きずり込まれていく展開

トム・クルーズの冷徹な悪役っぷりがイカシテましたが、それもさる事ながら、
ジェイミー・フォックスの演技が迫力ありました。ひょんな事から騒動に巻き込まれた
受難役でしたね。自らに課せられた運命にめげず、周辺人物達とのやり取りを経ながら、
殺し屋に命を狙われていた女性を助けた様は格好良かったですね。展開が進む毎に
この作品は面白くなっていったのですが、終盤の主役2人組の息詰まる攻防戦は「圧巻」の一言でした。

・美しいロスの夜景

ロスは日中は暑くても、夜は涼しくなる事が多いですが、同作品を語る上では欠かせないミソですね。
これもまた、作品の雰囲気を盛り上げる上で欠かせないスパイスでした。

【悪い点】

・吹き替え声優は・・・・・・・・・・・

私は日本語吹き替え版で見ましたが、やはり鈴置洋孝氏ボイスの
トム・クルーズの方がイメージ合っていると思います。いや、森川智之氏
も勿論その実力は否定しようが無いですが、鈴置氏のイメージが強すぎて
未だに正直違和感あります。ポケモンでのサカキ役を引き継がれた三宅健治氏
は声質似ているので、彼の方が良かったのかもしれません。

【総合評価】

トムの吹き替えには少々不満はありましたが、エンターテイメントとしての条件は十分満たしていた作品と言えたので、
評価は「とても良い」で。

2005/03/30 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:575(70%) 普通:103(13%) 悪い:140(17%)] / プロバイダ: 18453 ホスト:18387 ブラウザ: 4184
期待してたよりかは面白かった。
トム・クルーズの悪役云々よりジェイミー・フォックスの役者振りには驚き、とても演技派らしい素晴らしかった。
序盤の雰囲気が良く、タクシー運転手と殺し屋の会話が雰囲気を盛り上げてくれる、アクション映画としては全体的に動より静の方が多く、ハラハラと言うよりか雰囲気を楽しむと言った感じに思える。
特にLAの夜景は最高でしたね、バックのBGMにあわして美しく醸し出している映像には素晴らしいの一言。
トム・クルーズの雰囲気も悪くない、元々殺し屋ってのが私のイメージでは合わない役者さんなのですが風貌と言いサングラスと言い意外にかっこよく映ってましたね。
アクションの見せ場ディスコでの出来事を思えばかなりアクション映画として期待している人は物足りないだろうなぁ…。
夜の静かな展開から世界観が暗い感じで物静かな雰囲気の中でのスタイリッシュな映像センスはとても良いと思うが、それをもっと上手く活かしてないような気がしますねー。
アクション映画なのだからもっとトム・クルーズの残忍かつクールな殺し屋を演じてほしかったんだけどねぇ。
序盤はトムと言いジェイミーの演技は良かったんだけどね、後半からどうも脚本的にイマイチじゃないかなぁ〜と思いました。
ラストもどうだか…。
まぁ評価としては良いぐらいでしょう。

もっと読む

「個人的には良かったかな。まず目を引いたのが、L.A.の夜景。それが物語の中で心情の演出として活きている。...」 by 暴走天使


次のページを読む

この評価板に投稿する



2019/05/05 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 6908 ホスト:6505 ブラウザ: 8323 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事格好良い 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定とても良い(+2 pnt)
映像良い(+1 pnt)
声優・俳優とても良い(+2 pnt)
音楽良い(+1 pnt)

もっと見る

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ