[海外映画]キャットウーマン


CATWOMAN
RSS
海外映画総合点=平均点x評価数4,448位5,013作品中総合点-2 / 偏差値46.00
2004年海外映画総合点122位148作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
声優・俳優0.75(良い)4
キャラ・設定0.00(普通)4
映像0.00(普通)4
音楽0.00(普通)4
ストーリー0.00(普通)4
セクシー25%1人/4人中
悲しい25%1人/4人中
道徳心&モラル25%1人/4人中
可愛い0%0人/4人中
熱血0%0人/4人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

キャッチコピー「全ての女には野性の猫が棲む」

巨大な化粧品会社ヘデア社でグラフィック・デザイナーとして働くペイシェンス・フィリップスは内気で極端に控えめな女性。才能がありながら自分を主張できないばかりに冴えない毎日を送っていた。そんなある日彼女は、ヘデア社が恐ろしい副作用がある老化防止クリームをその事実を隠したまま発売しようとしていることを偶然知ってしまう。その結果、秘密を守ろうとするヘデア社によって殺されてしまうペイシェンス。

しかし、彼女はその時、本能のままに暴れるキャットウーマンへと変貌を遂げ、そして老刑事トムへと惹かれつつ、自分を殺したヘデア社への復讐に向かう・・・・・・。
2004米製作
配給:ワーナー:松竹
監督: ピトフ
製作: デニーズ・ディ・ノヴィ: エドワード・マクドネル
日本 公開開始日:2004/11/03(水)
11,59377
最近の閲覧数
1001010010
この作品を海外映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2008/02/11 / 最終変更者:634 / 提案者:634 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2017/04/30 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:4(50%) 普通:2(25%) 悪い:2(25%)] / プロバイダ: 29393 ホスト:29539 ブラウザ: 5756
【良い点】
キャットウーマンのデザインはセクシーだと思いますよ

【悪い点】
アクションがかっこよくない
話に強く訴えかけてくるところがない

【総合評価】
凡作ですね。
時間つぶしにはなるかも

2017/02/16 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2206(58%) 普通:772(20%) 悪い:858(22%)] / プロバイダ: 25514 ホスト:25710 ブラウザ: 9784
『バットマンリターンズ』にも登場していたキャットウーマンが主演の映画でしたが、その割りにはゴッサムシティなどのバットマン要素が一切なく、完全な単品の映画になっていた作品。
もはや名前だけ借りた別物のように思いますが、それがラジー賞取るんだから、アメリカでも「適当な原作を借りて無関係な恋愛映画に仕立てる」みたいなパターンで批難を受ける事があるみたいですね。
まあ、逆を言えばバットマンを全く知らなくても見られるっていう親切な作りなのかも…。

今作は、地味で控えめで彼氏のいない女性がキャットウーマンの力を手に入れて、巨大な陰謀を持つ組織と戦うわけですが、本当に戦うだけで大きなドラマが全くないのが特徴。
バットマンやスパイダーマンといったアメコミ映画の面白いのは、バットマンなら正義の問いかけ、スパイダーマンなら突然力を得た少年の苦悩や葛藤といった軸で興味を保たせられるからで、これの主人公はイマイチ見ていて惹き付けられる要素がありません。着地点が恋愛面での獲得だとわかりきってる事や、「性格が少し変わってガツンと言えるようになる」などのわかりやすい変化しか見せてない事などが原因だと思いますけど、話を追ってて面白くないんです。
ヒーロー(ヒロイン)として戦う場面も少なく、スパイみたいな行動が主体なので、どうも戦闘が面白い印象もなく、主人公以上の強敵や困難というのが欠けていた印象は否めません。
スーパーパワーを持ったヒロインの話なら、それこそ大男を倒したり、刑事の男をナイトのように守ったりと、ジェンダー観から来る印象を覆すバトルの方が面白くなりそうなもんですが、今作って最終的には文字通りキャットファイトですしね。

まあ、印象に残る場面こそ皆無ですが、ストーリーそのものは見られないほどでもなく、あくまで見るべきもののない作品っていうところでしょうか。
人物関係はわかりやすく纏まっており、アメコミ映画の「そもそも人物関係がよくわからない」っていう事はなく、話が把握しづらい事はありませんでした。
ゴタゴタの制作状況だったらしい中ではそこは健闘したといえるのかもしれません。

評価は「普通」です。
シネマティックユニバースが当たり前の今つくったらまた違う出来になるかもしれませんねコレ。
少なくとも他アメコミ世界観とリンクさせる描写は出てくるかなと。

2011/07/02 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3416(33%) 普通:3576(35%) 悪い:3332(32%)] / プロバイダ: 23892 ホスト:23975 ブラウザ: 11293
日本では文化の日に公開されたこの映画でしたが、
まあこんな所だったのかもしれませんね。

元はバットマンに出てくるこのキャットウーマンだけど、
主役の女優の演技は悪くなかったと思います。キャットウーマン
ならではのミステリアスな雰囲気とかよく醸しだしていましたね。

しかし、そのアクションとか目を見張るものがあったのかというと、
意外とそうでもなかった。悪役のヘデアも、こいつに殺された
化粧品会社社長(主人公の上司でもあり、彼女は直接解雇を言い渡させた)
も「いい面の皮」だったけど、凡庸なマキャベリストで結局最後まで
盛り上がりに欠けましたね。シャロン・ストーン氏も、ラジー賞を
何度も取るだけでなく、四川大地震での不謹慎な発言(勿論中共の
チベットやウイグルに対する仕打ちを擁護する気なんてないが・・・・・・)
等やや迷走している感があるけど、態々彼女を起用しなければ
いけないほどのキャラだったのでしょうかね。

ラジー賞を受賞するほど酷い映画でも無かったとも思うけど、
面白くなかったのは確かですね。まあ評価は「悪い」で。

2011/04/20 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:503(44%) 普通:378(33%) 悪い:254(22%)] / プロバイダ: 41807 ホスト:41593 ブラウザ: 7141
【良い点】
・人物描写がしっかりしている。
・ミステリアスな雰囲気が良い。

【悪い点】
・アクションシーンがつまらない。

【総合評価】
一人の女性がキャットウーマンになるまでの過程をかなりの時間を割いて描いていて、キャラクターに深みが出ています。
また、普段の姿とキャットウーマンになっているときの姿の対照的な描き方も良いですね。
恋愛部分を多めに描いているのも特徴的。
男がバットマン(?)などのヒーローに憧れるのと同じように、女が憧れるヒーロー(別の姿)として描いているんでしょうか。
こういうのは他にあまり見ないですし、なかなか革新的なんじゃないかと思います。

ただ、ストーリーは常に一定のテンポで見所がないというか、はっきり言ってつまらない。
アクションシーンも淡々としていて盛り上がりに欠けています。
良いキャラクターを生かしきれなかったという印象です。

2010/12/13 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:269(37%) 普通:160(22%) 悪い:305(42%)] / プロバイダ: 25352 ホスト:25548 ブラウザ: 11161
「バットマン」に登場する敵役を主人公に据えたスピンオフ作品なのだが、自分は当の「バットマン」についてはまったくの無知なので、原作と比較してどうとかいうことは端から申せない。よって、ここではそんな素人が本作を単体でみてどう思ったか、ということの供述だけでお許し願いたい。

さて本作、あの悪名高きラジー賞(トホホ映画に贈られる賞)に選ばれてしまった「問題児」…なのだが、自分は本作視聴の後にこの情報を得て、素直に驚いた。正直、ワーストとして際立つほどのレベルではない、というか、これより酷い映画なんざなんぼでもあろうに、と思わざるを得なかった。
もしかしたら、「バットマン」についてひとっことも言及されていないことが、審査員の逆鱗に触れたのか、と想像したりもするが、それは自分の感想には関係ないので置いておこう。

それはともかく本作は、ごく普通の女性が未知なるパワーを得て超人化し、そのパワーをもって活躍するという、まぁ割と馴染みがあるタイプの作品だ。ただ、その超人化に際して付属する「悦楽と苦悩の狭間」という問題は、かなり軽めに流されており、同系列の「スパイダーマン」のように重い話にはなっていない。
それだけに、本作はとっても気軽に見られる。テンポの速さやハリウッドお家芸の映像、しっかりした俳優陣も相まって、ライトタイプのアトラクション映画として「見せる」水準にはあると思える。しかし、その「見せる」を「魅せる」という域に押し上げているかと言われると困る。話が軽いのはいいのだが、問題はその内容だった。

なにが最も不味いかというに、本作では超人がキャットウーマンひとりしかいないのだ。作品のラスボスでさえ、ちょっと強化されてるとはいえ普通の人間の範疇にある(ついでに言えばこのラスボス戦には笑った、敵がありえない程しょぼいんだから仕方がない)。ということは、本作は文字通りキャットウーマンの独壇場になり果てている。向かうところ敵なし、問答無用の主人公バンザイ…申し訳ないが、こういうのは苦手。
もちろん「絶対の力を持つ絶対善」が悪いとは言わない。けれど本作の場合、斯様な人物をみてカタルシスを引き起こすことを考えれば、描き方が甘すぎた。どういうことかというと…本作の主人公は例によって「普通の人」と「超人」の二面性を持つのだが、彼女は「普通の人」状態でいるとき、そこまで悪い扱いを受けているようには思えない。現実的にはそれなりに大変なのだろうが、その大変さを肌で感じられる程かどうかはかなり微妙。そのため、キャットウーマンというプラスに比べてペイシェンスというマイナスが小さすぎ、「苦労もしねーで活躍しやがって」となりかねない。
本作には、キャットウーマンを介して「女性の抑圧された鬱積を晴らす」という役割を担ったところがあるのだろう。しかも、その「女性」…つまりターゲットは、本作の主人公のように所謂「フツーながらイケてない」ことを実感されている方々だったのだろう。だとしたら、人間状態の主人公の扱いは、自身に重ねやすいという意味で本作ぐらいのものが丁度いいのかも知れない。だが、自分は男性ということもあり、斯様な狙いを傍観することしかできず、その目線で一本の映画としてみると、どうも主人公を甘やかしてるように見えて仕方がない(子供向けアニメならそれでもよかったかも知れないが、本作は事情が違うだろう)。
ただ、脱現実願望(なんの脈絡もなく主人公が「猫に魅入られる」ことは、この願望の体現だろう)とでもいうのか、自分とは違う力持ちの自分に対する憧れはよくわかるつもりなので、あんまり強いことも言えない。

なお、「女性がターゲット」という点に関連してもうひとつ言えば、本作にはどこか女性にとって浸れるであろう描写が多いと思える。
例えば本作に出てくる男性の中で目立ったのは、才色兼備の敏腕刑事と、結局は傀儡に過ぎなかったワンマン社長ぐらいのものだ。それに、事件の深いところでは、常に女性の影がある(前出のラスボスももちろん女性である)。また、猫にかこつけて女性のミステリアスさ、複雑さをしきりに強調したりもする。
これらは、例えば格闘漫画で「無茶はやめて!」と叫ぶ女性(たいてい美女である)を、「それが男の世界さ」と突っぱねる主人公のような、一種のヒロイズムに通ずるところがあり、その手の漫画などが人気を博すのは、男性が同性として浸れるという側面に因るところが大きいのではないだろうか。異性の立場からすると、自分にはわからないところにカッコよさを見出してハマるのかも知れない。本作は早い話、斯様な漫画に於ける理想化の文法そのままに、性別を入れ替えたようなものなのだろう。
自分もその手の作品に親しんできたこともあり、「女性版」はあって然るべしだと思う。ただ、男性視聴者ということで本作の内容と自身のツボにズレがあるのか、はたまた単に「女性版」に慣れていないだけなのかは知らないが、本作の「狙い」に対し、強い臭気を感じざるを得なかったことを正直に告白しておきたい。同時に、セクシーなキャットウーマンに食指がそそられたことも告白しておきたい(笑)。

要するに本作は「(特に冴えない)女性の願望を多重的に満たす」といった狙いが根底にある作品だと、自分は思うわけだ。だとしたら、ライトタイプのアトラクションとしてみせるというのは、本作にとって英断と言えるかも知れない。単純に浸るだけなら、別物になる葛藤なんて重苦しいものは、ない方がいいのだから。ただ、それを一本の作品としてみると、主人公(およびターゲット)に甘ったるい、弱い代物と見えてしまうこともあるのだろう(少なくとも自分にはそう見えた)。
ラジー賞というほど酷いとは思わないけれど、グレードもそんなに高くない、甘さが目立ち過ぎる作品ということで、自分の本作に対する評価(感想)は「普通」寄りの「悪い」とさせていただこうと思う。

2009/02/06 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2038(50%) 普通:793(19%) 悪い:1257(31%)] / プロバイダ: 11146 ホスト:11385 ブラウザ: 9124
『バットマン』の悪役のキャットウーマンが初めての主役抜擢となり、すでにバットマンとは関係ない独立した内容になっています。(何せ、作中では、バットマンの影や形はおろか、バットマンの名前さえ出てこない。)
この映画ではキャットウーマンは、悪女的な部分を出していても、バットマンのような悪役ではなく、どっちかといえば、ルパン三世の峰不二子的かも?

内容としては内気で奥手な女性デザイナーが会社でストレスをため込み、そんな中で会社の不正の事実を知ってしまい、消される。けれど、彼女は蘇生し、キャットウーマンとなって、いろいろ街中を荒らし回り、その中で自分を陥れた会社の不正を知って・・・という具合ですが、バットマンでは妖艶な悪役だったのに対し、こちらは、マーベルでいえば、キャットはキャットでも、ブラックキャットのようなアメコミヒーローキャラで描いてもいーんじゃないか?とも思えました。

何しろ、キャットウーマンはバットマンでの悪役ではなく、確かに暴力とか、強盗とかはしたけれど、殺人なんてことはやっていないし、言うならば、欲しいモンは取るけれど、自分の好みや信念以外のものには手を付けることはないという具合に変わっています。その為、バットマンの悪役のキャットウーマンのイメージを持ってしまうと、違和感が出てしまうのも仕方がないでしょう。

途中から、もうバットマンという概念抜きで見ていましたが、そうした方が実際良かったし、自分を裏切った会社への復讐と、愛した刑事とのロマンスといった具合に、女性向けに作られているアクション映画と呼べるかも知れません。バットマン好きな男性なら、本作には異論は多いでしょうし、女性にも異論はいろいろあるでしょうけれど、女性向きに作られたアクション映画という具合なら、主人公の会社のせいで燻っている女性デザイナーに感情移入出来ると思います。

『バットマンリターンズ』でのキャットウーマンも、悲恋のキャラクターという具合で描かれていましたが、そういったリターンズも匂いも感じます。結局、男と別れる部分も同じですが、それでも、バットマンにしろ、刑事にしろ、男と束の間の恋をして・・・というのがなんとも切ないし、また、そういった改変という具合で悪女キャラを、ダークヒロインっぽく改変できたといえるでしょう。

面白いのは、歴代のキャットウーマンがどれも、人間の素顔の時は大人しく、弱気な女性であるのが、変身すると、途端にリミッターが切れて、一気に大暴れするというのも、日頃から男に抑えつけられてばかりいる女性の内に秘めたパワーのような部分も描いていた感じです。そういった感情移入しやすいヒロインを悪女キャラに・・・という部分は、女性にも男性にも願望を与えてくれそうです。

シャロン・ストーンも流石に年には勝てないという部分を出しているのも、ある意味、悪く見られる原因かも知れません(汗)。『氷の微笑』などでの妖艶さが薄れ、策謀極まる性悪女社長という役どころは、確かに役としては良い感じではないし、ファンにも落胆を与えそうです。

バットマンリターンズに比べ、胸元がやたら強調され、露出重視になったコスチュームも、ちょっとやり過ぎな感じもしますが、悲恋で終わったバットマンと違い、束の間の安らぎの後に、女はまた・・・というラストは、好感が持てました。

とはいえ、女性の美しさを追求するはずの会社の不正実態と、それに挑んでいくというのも、ある意味、女性視点に立ってはいるのですが、これがバットマンだったら、あまり・・・という感じですよね。まあ、だからこそ、バットマンという枠を敢えて取っ払い、キャットウーマン主役映画という方向へ向かったといえるでしょう。

2008/08/26 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:37(16%) 普通:61(27%) 悪い:127(56%)] / プロバイダ: 27715 ホスト:27470 ブラウザ: 6342
二堂;二堂です。

新駄;新駄です。

二堂;キャットウーマンがキャットファイトしてくれます。

新駄;まぁそんなところですね。あのCGが詰まらんのよね。極論言うと。私は本当にラテックスとか好きだからあれはたまらんのだけど。なんかせっかくのそういところなのにCGって。

二堂;キャットウーマンはセクシーが売りなじゃないからじゃないのかな。ムチとかまじでうったら単なるAVだから。

新駄;なんか江頭2:50もムチに打たれて写真を撮られるバイトみたいなことをしてたらしいですけど、まぁそういう性的な描写は控えて、なるべく、ストーリーで見せようっと・・・・。

二堂;でもストーリーがだめだったとか、内気が変容するとか逆ベクトル方式だったけど。なんかつまらんのよね。どかっ別の映画でみた刑事との恋愛とかも適当のような。

新駄;だから、もうやるんだったガチキャットファイトをやりまくるとかにするべきなんですよ。キャットファイトでは無双ってことにしたら奇妙な恋愛とか恨みとかのストーリー重視では生えなかった犬にびびるシーンとか生えると思います。

二堂;意外な弱点がって思えるわけですね。ヒーローものにするのが妥当だと先生はいいたいのですね。

新駄;わかりづらいより簡潔がいちばんこれは「とても悪い」。

この評価板に投稿する



2017/04/30 普通の印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 29393 ホスト:29539 ブラウザ: 5756 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事セクシー 
ストーリー普通(+0 pnt)
キャラ・設定普通(+0 pnt)
映像普通(+0 pnt)
声優・俳優普通(+0 pnt)
音楽普通(+0 pnt)

もっと見る
1. プロレス・格闘技::アイスリボン観戦記(1) by めたこ
... に破って態勢はイーブンに。 志田さんはパワー溢れるくるみの技を受けきると、ランニング式ブレーンバスターを一閃!完璧なピンフォールでイリミネーションマッチを制しました。 個人的にイリミネーションマッチは難しいて思う。混戦とぐだぐたが紙一重で、この試合もややぐだぐだしていたけど、最後は志田さんがきっちり。ホント、志田光はかっこいい。 あと猫子さんが良かったです。キャットウーマンというより、猫娘 ...
記事日時:2011/08/21
2. 総決算今年はどのくらいの作品を見たのか列挙。大賞は明日発表。いったい何作品を自分でみたなのかなぁ。評価のほうがまったく追 by 二堂新駄
... 男、I am legend、ランボー全作、崖の上のポニョ、蜘蛛巣城、BLACKLGOON、隠し砦の三悪人、酔いどれ天使、野良犬、容疑者Xの献身、ガリレオ、ツインドラゴン、酔拳全シリーズ、イクサー全シリーズ、キューティーハニー実写およびアニメおよび映画全部、ウィッチブレイド、デビルマンレディー、CUBE、CUBEビギニング、鉄男、勇者王ガオガイガー FINAL、スパイダーマン全シリーズ、バットマンアニメおよび劇場版、イリア、キャットウーマン、ゼイラム、ゼイラム ...
記事日時:2008/12/30
3. 今注目のゲーム一覧 by Arancia
... お金も貯まった事だし今買おうと思っているゲームを挙げてみます。 ただし、ロックマン関係は今日は除いてあります。 「ヴァンパイア クロニクル ザ カオス タワー」 「ヴァンパイア ダークストーカーズコレクション」 カプコンの看板ゲームの一つです。吸血鬼やら狼男やらが戦いあう格ゲーなのですがモリガン(サキュバス)やフェリシア(キャットウーマン)のような女性キャラもいますし全体的に西洋的な感じ ...
記事日時:2007/12/07

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ