[海外映画]オーストラリア


Australia (Nicole Kidman)
RSS
海外映画総合点=平均点x評価数5,086位5,156作品中総合点-11 / 偏差値38.45
2009年海外映画総合点185位187作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
映像0.00(普通)1
音楽0.00(普通)1
声優・俳優-1.00(悪い)1
ストーリー-2.00(とても悪い)1
キャラ・設定-3.00(最悪)1
悲しい100%1人/1人中
道徳心&モラル100%1人/1人中
友情100%1人/1人中
考えさせられた100%1人/1人中
セクシー0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
2009年米製作
製作:20世紀FOX
監督:バズ・ラーマン
製作:キャサリン・マーティン:G・マック・ブラウン:キャサリン・ナップマン
日本 公開開始日:2009/02/28(土)
海外 (オーストラリア):公開開始日:2008/11/13
公式サイト
1. http://movies.foxjapan.com/australia/
プロモーションビデオ (1個)
Australia TrailerAustralia Trailer
4,75255
最近の閲覧数
1000011011
この作品を海外映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2013/11/05 / 最終変更者:永田 / 提案者:634 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2018/11/10 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2944(33%) 普通:3034(34%) 悪い:2899(33%)] / プロバイダ: 12037 ホスト:11716 ブラウザ: 8281
見始めた時は、「何でこの映画ここではこんな評価低いんだ?」でしたが・・・・・・・・

終盤出生の秘密も明らかになったアボリジニの少年ナラ、冒頭から野生児らしい元気な姿(安寧の日々を過ごしていたわけではなかったのだけど)を見せていたけど、普通に感情移入できる少年で、地上波放送時は吹き替え版だったけど、木村亜希子氏の演技も普通に良好でした。イングランド貴族という設定だったサラがドローヴァーとも出会って、夫の死と牧場の荒廃にもめげず、残った牛を北端部のダーウィンまで運んだ際のオーストラリア大陸の自然の厳しさと雄大さも改めて感じられて、ここらまでなら評価は悪くても「普通」でした。

しかし、ダーウィンに着いてからおかしくなってしまいましたね。大地主だったキング・カーニーも、彼の子分で執拗にサラに土地の押し買いを持ちかけて、知った様にプライドの無力さも訴えていたニールもステレオタイプな、この時代(まだ白豪主義も肯定されていた)には珍しくなかったであろう傲慢な白人で敵役としては普通にどちらも出来が悪かったです。その他警察に捕まってしまったナラと彼を何とかしようと懸命だったサラを露骨に蔑んだ目で見ていた白人の脇役達もいて、21世紀の価値観から非難するのはフェアじゃないかもしれないけど、お前らと同じ人間なんだぞ!!民族にも文明にも優劣なんか無いんだぞ?でしたが・・・・・・・・

そして他の方々も指摘されていましたが、史実改変した日本軍の描写もねえ・・・・・・・・・・凄い悪逆非道に描かれていたわけでもないけど、知らない人なんか史実だと信じてしまうではないですか。太平洋戦争とか戦前・戦中日本を美化するのは断固反対(そうしたくなる心情までは否定はしない)な自分にとっても、許容しかねる描写でした。

ストⅡのベガ風に言えば、「下手にかじった戦争もこの映画の命取りだ!!」と言うか、内陸部は大部分が砂漠で単調(?)だからそうしなかったのかもしれないけど、変に第二次世界大戦時の設定にしないで、純粋なロードムービーものとして描いていたらこんな非難轟々な出来にはならなかったのではとも思います。まあ最もダメだった点は悪役の出来の悪さですが・・・・・・・・・・・

厳しいですが、これではニコール・キッドマン&ヒュー・ジャックマン両氏を出演させたのも何だったのだろうね?だったし、評価は「最悪」とします。

2012/05/18 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:122(56%) 普通:13(6%) 悪い:84(38%)] / プロバイダ: 10195 ホスト:10288 ブラウザ: 13175
【良い点】
オーストラリア人にとっての、愛国心を刺激する、日本でいう大河ドラマ。

【悪い点】
皆さん書いておられるとおり、上陸した日本軍による殺人シーンの嘘は許せるものではない。なぜなら、「市民や捕虜を殺すルール違反の日本人」というのが、市民を虐殺したルール違反の大空襲や原爆の正当な理由として、今でも欧米の教科書に乗ってるからだ。この映画、オーストラリア史上のヒット映画になったらしいが、オーストラリアや米国や欧州の多くの子供はこれを信じるだろう。なぜ日本の外務省は抗議しなかったのか?

【総合評価】
オーストラリア版の「風とともに去りぬ」のようなエピックを作りたかったが、映画を面白くするアイデアもオリジナリティーも全く思いつかず、結局、鬼畜の日本軍という虚構を作ることで(中国や朝鮮の手法)、愛国心を鼓舞しようとした映画。これらのイデオロギーぬきにしても、極めて退屈な映画。評価は最悪。

2010/06/20 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1337(49%) 普通:0(0%) 悪い:1370(51%)] / プロバイダ: 32099 ホスト:31926 ブラウザ: 2907(携帯)
前半の牛追いのところまではまだ良かったんだけど日本軍が攻めてきたあたりからおかしくなり始めた。
元々展開は早かったというか駆け足で2時間30の中に色んなものを詰め込んだという感じ。
普通だったら戦争だけで一つのテーマとなって一つの作品が作れるんだけどこれでは一つの道具一つのネタとしてしか使っていない。
そこに矛盾が生まれた。
本来だったらもっと掘り下げて濃く描かなきゃいけないところを他にやりたいことがあるから都合よく薄っぺらく描いてしまった。
そのせいで途中までは牛追ってるシーンとか見応えあって良かったのに一瞬にして(伝説的な部分とかアボリジニまで安っぽく見える)世界観がチンケになってしまった。
戦争を出したのは単なる子供や主人公らを死んだと思わせたかっただけでそこが見え見えで都合がいいのに生きたと知って抱き合う感動を狙ったシーンは何も伝わらない。
長くて展開があって色んなものを描いてきたわりに見終わったあとの満足感はなかった。
子供が旅に出るところで終わって話はまとまるんだけどなんか主人公側をキレイに描き過ぎている。

2010/03/28 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:4(44%) 普通:0(0%) 悪い:5(56%)] / プロバイダ: 27786 ホスト:27677 ブラウザ: 3876
昔の映画なら、途中に休憩が入ると思われるほど、前半と後半のテーマが違います。まるで「タイタニック」のように。私としては、前半のロマンスが良かったと思います。広大な自然をバックに惹かれていく男女はロマンティックでした。後半のドラマは感心しません。あまりにもこぢんまりとした話で、簡単にコトが進んでしまうのです。同じオーストラリア映画の「裸足の1500マイル」などと比べても、力強さが足りません。

2009/03/04 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:52(70%) 普通:12(16%) 悪い:10(14%)] / プロバイダ: 29382 ホスト:29415 ブラウザ: 6791(携帯)
オーストラリアはやっぱり広いし美しい土地だなあ(荒野ばかりだが)と思わず感嘆する程大自然の撮り方は素晴らしいものだった。

しかし・・この作品は娯楽映画として観るなら良いが、今から70年前の白豪主義がオーストラリアのイデオロギーだった時代に、はたしてこんなに美しい白人達とアボリジニの少年の触れ合いがあったのか?

アボリジニは当時の白人の観点からすれば文明人ではなく、それどころか人間でもなく、猿が少し進化した程度くらいにしか思われてはいなかった。(当時イギリスのウィンザー公も「私が見た中で最も原始的な連中」とアボリジニに対する凄まじい偏見を語っている。※例によってウィキペディア)

ネイティブアメリカ人への差別や日本人への差別とは比較にならない程・・つまりアボリジニは「虐殺」されており、そりゃ白人の中にはラス・カサスが教会にインディアン虐待を止めるように進言したようなアボリジニに同情的な白人もいたに違いない、だから主人公達は「同情的な白人」で良い訳だが対比となる「残虐なる白人」の描写がこの作品では甘すぎるのである。(描写はジャップお断りって店の程度と同じくらい)

クリント・イーストウッドが「硫黄島二部作」で両軍を平等に描いたのと比べるとこの映画はテーマを「人種差別」にしたと思うんだが・・明らかに白人の罪に関して曖昧にしたがっているのがわかる。つまり平等ではないのだ。

じゃあ悪役はどーするのか?・・日本軍の登場である。

これはただのよくある反日、反独映画ではない、人種差別を反日に利用するというかつてない酷さを持った作品なのである。(なんで日本の公開が世界で遅い方なのか不思議に思っていた。)

日本軍はオーストラリア領内に上陸してないのに上陸して虐殺を行ったなど嘘をこの監督は描いていたしこの映画は捕鯨問題に継いで日豪関係をさらに冷却化させるだろう。

因みにあまり面白くはなかった・・映画館に行くならチェンジリングの方が良いと思う。

この評価板に投稿する



2018/11/10 悪印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 12037 ホスト:11716 ブラウザ: 8281 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事友情/悲しい/考えさせられた/道徳心&モラル 
ストーリーとても悪い(-2 pnt)
キャラ・設定最悪(-3 pnt)
映像普通(+0 pnt)
声優・俳優悪い(-1 pnt)
音楽普通(+0 pnt)

1. サメに関するクイズ by OYJAR40
... ているところからなのでしょうかね。 他にも別の動物名のついたサメ、いるのかな?ご存知の方がいらっしゃいましたらぜひご教示を。 サメについては以前書いたかも知れませんが、池袋のサンシャインシティで20年くらい前開催された「世界のサメ展』を営業中にサボって見に行ったくらいには好きで、話がつきません。そこでオーストラリア近海で捕獲さ ...
記事日時:2018/09/07
2. クリケット プレーヤー by 雪霞
=window_width){this.width=window_width*0.96;}}else if(window_width && this.width>window_width*0.75){this.width=window_width*0.75;}"> ドナルド・ブラッドマン 生誕110周年。 オーストラリア人で、クリケット史上最高のプレーヤーといわれる人だそうです。
記事日時:2018/08/27 [表示省略記事有(読む)]
3. 評価未満4(後編) by アンレー
... 的に肯定しちゃっているのがきつい。 これだと南極である必然性がなくなってしまう。正直メインの4人の内、報瀬以外は南極へ行く必然性を持っていない。 極端な話、キマリと日向は報瀬の行先が、結月は仕事先が南極以外だったとしても同じような物語を繰り広げただろう。例え行先がサハラ砂漠でもアマゾンでもオーストラリアでもエベレストで ...
記事日時:2018/04/08
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ