[海外映画]アポカリプト


R15+(15才以上対象表現有)

Apocalypto
  • びっくり
  • 格好良い
RSS
海外映画総合点=平均点x評価数947位5,176作品中総合点5 / 偏差値51.74
2007年海外映画総合点21位165作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
映像2.00(とても良い)4
音楽1.25(良い)4
声優・俳優1.25(良い)4
キャラ・設定0.50(良い)4
ストーリー0.50(良い)4
びっくり75%3人/4人中
格好良い50%2人/4人中
悲しい25%1人/4人中
美しい25%1人/4人中
怖い25%1人/4人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

スペインが侵略する直前のメキシコのユカタン半島。平和な村が外部の部族に襲われ焼き討ちに遭う。
生贄として首都に連れ去られた青年が、村に残る妻と子の元に戻るまでの逃走劇。
2006年米製作
配給:東宝東和
監督:メル・ギブソン
助監督:ミック・ロジャース
日本 公開開始日:2007/06/09(土)
海外 :公開開始日:2006/12/08
4,91888
最近の閲覧数
2300000010
この作品を海外映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2018/03/27 / 最終変更者:634 / 提案者:暁に吠え猛る獅子 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/07/27 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3702(33%) 普通:3936(35%) 悪い:3568(32%)] / プロバイダ: 24624 ホスト:24712 ブラウザ: 8325
メル・ギブソン氏って何気に(?)監督作品もいくつもあって、ギャオで配信開始されたから見てみたこの映画もその一作だった様ですが・・・・・・・

中米・ユカタン半島を舞台としていて、少なくとも表面上は平和な生活を送っていたと思いきや、マヤ帝国の侵攻で拉致されてしまったジャガー(主人公)達でしたが、モノとして売りに出されたり、生贄にされたり、「自由の身だ」と言われて逃げるも獣を狩る感覚での遊び道具にされたりと人権もへったくれも無かったですね。この時代の感覚では全くおかしい事ではなく、強者が弱者を支配する。弱者は強者に何をされても我慢して受け入れるしかないとか弱肉強食の厳しい現実を突きつけられたかのようでしたが、侵攻前はなかなか子供が出来なかったブランテッドを罵倒していた義母(妻の母)が、マヤ帝国の都では自身が役立たずな認定をされて、街に放り出されてしまったのも皮肉でしたね。

まあ決して悪人でもなければ馬鹿でもなかったブランテッドの人格まで否定していた嫌な女だったし、気の毒だとかは思いませんでしたが、ジャガーもただ黙っていじめられていたわけでもなく・・・・・・・・・・最後までホントに逃げられるのか分からない、ハラハラさせられる様な緊迫感がありましたが、例えば追手の1人が追ってきて、返り討ちした際、側頭部から血が噴き出て、罵倒されても構わずトドメの一撃を食らわした等、序盤のバク狩りシーンも生々しいものがあったけど、結構子供には刺激の強い残虐描写も目立ったのも特徴的でしたね。

それだけ、ただだまっていじめられるのを我慢しても絶対変わらない、変わりたいのならホントにそうなるまでとことん殺ってやるしかないという事だったのだろうけど、そういう覚悟も伝わりはしました。最後は、ゼロ・ウルフの矢を胸に受けながらも罠にハメて返り討ちにして、子供も生まれて・・・・・・でハッピーエンドと見て良いのだろうし、裸のジャングルという作品に酷似した脚色も多いらしいですが、普通にしっかりいくつか見どころを作っていて、良作だと思います。評価は「良い」で。

2018/03/26 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:495(78%) 普通:88(14%) 悪い:53(8%)] / プロバイダ: 32587 ホスト:32517 ブラウザ: 5171
【良い点】何が、一番すごいって・・・・主人公の奥さんが、水の入った穴の中で赤ちゃん産んじゃう所でしょう。

【悪い点】
村人が、襲われ都まで連れて行かれる時間が長い、疫病にかかった予言をする少女・・・凄い人が、現れる・・・違うなもっと過大表現だったな。そのわりには、主人公の活躍は、たいしたものではなかった。
彼は、精一杯敵を倒したが、あの残虐極まりない人達は、多過ぎて結果的にはあまりダメージは、与えられなかったけど・・・私の勘違いかな・・・
後から、海を渡ってきた人達が、「これは、酷い人種だ」と言ってやっつけてくれる未来のある話だったのかな?

少女の予言・・・ジャガーを引き連れてと言ってた様だが、ただ、主人公はジャガーにおっかけられてるだけで、彼は、とても運がいい人なのだ・・・・
【総合評価】
なんだか、意味がわからなかったので、普通でお願いします。

2013/06/20 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:458(74%) 普通:0(0%) 悪い:159(26%)] / プロバイダ: 9783 ホスト:9832 ブラウザ: 7455
マヤ文明を題材にしてはいるけど、実際はよく出来た逃走劇な一作。
マヤ文明について僕はよく知らないので、そこら辺はスルーして評価を書いています。

率直な感想を言うと、内容は面白くなかった。130分近くかけてやる内容ではないし、テンポもそれほど良かったとは言い難いかもしれない。
でも観て良かったと思える。それだけの映像美があったんだ。表現された世界観があまりにも美しく、血生臭く、原始の臭いが漂ってくるかのような、視覚的な凄さにただ圧倒された。
森の中を疾走する人間。ただ走っている姿が、こんなにもダイナミックで、雄々しく見えるものなのかと。

正味、ストーリーはよろしくないし、キャラも基本的に薄味だ。主人公のジャガーからして、後半の逃走劇は勇ましかったものの、一方でのろまに動物の金玉を食わせて馬鹿笑いするような人物であり、お世辞にも良心的とは言い難い。ジャガーの父も、ジャガーの前では良き父親だけど、のろまにやった仕打ちは笑いごとで済まないしね……;
そもそも、のろまがなんで集落規模でイジメ同然の扱いを受けているのかも分からず、ワリと重要ポジに見えたのろま、同時期に捕まった別集落の男ともにトウモロコシ畑を目前に死んでしまわれたし、なんというか、呆気ない場面が多かったように思う。

弓矢だか槍だかで脇腹を貫かれた状態で滝から落ちても平然と全力疾走してたり、鎖骨辺りも弓矢で射ぬかれたに関わらずなんだかんだで妻と子供を救出した頃にはケロッとできてるし。
ジャガーの妻にしても、あの出産シーンはかなり無茶。あれ、要るのかなぁ……。

脚本は満足できなかったけど、演出はかなり良かった。役者の演技もそうだけど(とくにジャガー役の人は一つ一つの表情に味がある)、気に入ったのは逃走劇における一連の主人公の変化。
生贄の象徴であった青いペイントが滝からの落下によって剥がれ、元のジャガーとなって堂々と口上を叫び、今度は沼にハマって泥だらけになるや、まるで黒い豹の如く狩る側へと転じる。
ここら辺は純粋にカッコイイと感じた。
しかし、泥沼から抜け出した直後にどのような心境の変化で立ち向かうに至ったのかは謎。主人公と敵の動き、ここら辺がどうも、予言どおりに動かされている気がしてならない。キャラクターらしさがいまいちだった。

2012/05/10 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:122(56%) 普通:13(6%) 悪い:84(38%)] / プロバイダ: 10195 ホスト:10288 ブラウザ: 13175
【良い点】
勉強になった。恥ずかしながら、マヤ文明について何も知らなかったので、視聴中は生贄虐殺シーン(生きたまま心臓とる)など誇張してると思っていたら、かなり史実に忠実だと知って驚いた。しかも中南米ではこの映画が歓迎されたというので、さらに驚いた。
最後に海の彼方からアレがやってきたシーンの演出。

【悪い点】
逃走してからのチェイスシーンは特にオリジナルな点もなく少し単調だった。

【総合評価】
この映画の後ヨーロッパ人によるマヤ人、アステカ人の大虐殺が始まるわけで、こう考えると日本は世界でも有数に平和な文明ではないか?と実感。

2011/12/28 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:134(48%) 普通:64(23%) 悪い:80(29%)] / プロバイダ: 4212 ホスト:3938 ブラウザ: 7258
【良い点】
・アクション・美術・衣装どれも良いと思います。都市のシーンなどが特に迫力あります。ただし正統の歴史物映画では無いと思います。(メル・ギブソンの宗教観がかなり反映されていると思います。)

【悪い点】
・全体的にカットが切り替えが速く何が起こっているのか分かりにくい部分がありました。その他カメラワークに凝っているのは分かりましたが私には単に見づらいだけでした。

【総合評価】
・監督はメル・ギブソン(『ブレイブハート』など)
・色々と問題がある作品ですが実にメル・ギブソンらしい映画だと思います。監督の意図をとことん投影出来ているのは間違いないのでそういう意味においては面白い映画だと私は思います。
・カトリックの教えが散りばめられているように私には見える:家父長制・異性愛・家族愛・母性崇拝・カトリック的性倫理・洗礼・聖餐・十字架・・・。胸焼け起こします。それぞれの要素は一概に良い悪いのことではないですしメル・ギブソンの勝手なのですが少なくともマヤ人にカトリック的価値観を語らせる神経は心地よいものではありません。(『ブレイブハート』の場合はスコットランドがカトリック教国ですので欺瞞性は低いと私は考えますがこれは不快でした。)
・エンドロール直前で登場するスペイン人はあからさまなので実はどうでもいい問題であると思います。メル・ギブソンの興味はあのスペイン人達の蛮行を肯定することには向かれていないと私は思います。彼の興味はおそらくは現代未来においてのカトリック的価値観から堕落した者への警告と啓蒙だと思います。それは冒頭のテロップとラストのジャガーの台詞からも推測出来ます。
・マヤ文明はアメリカないしはキリスト教圏(西洋文明)のメタファーだと思います。(マヤ文明の特徴に戦争や父系制があることから。旧大陸と類似点が多いと思いました。)森の民は伝統的な教え(伝統的カトリック)に則った者たちで都市の民は扇動者(ユ○ヤ人)に惑わされる堕落した者たちと言いたいのだと思います。となるとマヤ文明を駆逐したスペイン人は彼にしてみればヒスパニックや黒人やアラブ系やアジア系なのかもしれません。
・残酷描写の過激さというよりもメル・ギブソンの思想全開ぷりに閉口しました。アメリカ人+カトリック信者限定のカトリック啓蒙映画ということになります。異教徒を鼻から相手にしていない事は彼の過去の言動からも明らかだと思います。 変な映画ですが間違いなく面白いと思います。アクション映画がお好きならば良いかも。

2010/04/11 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:4(57%) 普通:2(29%) 悪い:1(14%)] / プロバイダ: 18003 ホスト:17824 ブラウザ: 2065(携帯)
色々あるが満点を付けたい。
途中からはハラハラドキドキしっぱなし。ラストもまた考えさせてくれる。
説明は極小。マヤの一言も出てこない。考えてみれば当たり前の事だ。今生きている時が何時代かなんて昔の人は解らないだろう。自分たちの事をいちいち説明する登場人物等はB級以下の作品だ(特に邦画)。
主人公はとことん追い詰められる。さすがにもうダメか?と思わせてくれる所がすごい!

2010/02/11 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:895(67%) 普通:185(14%) 悪い:260(19%)] / プロバイダ: 1165 ホスト:1082 ブラウザ: 10070
<ネタバレあります>

【良い点】

・舞台の作りこみ(都会のシーンなど)、衣装、音響効果の迫力、スローモーションを用いた撮影法、シナリオの伏線など、総合的には完成度は高い。

【悪い点】

・本編の長さ。
せっかく後半の逃走劇は面白いのだから、全体的に纏めてテンポ良くしていただきたかったです。

・内容が内容なので、いっそこれくらい残酷かつ非道なグロテスク描写のほうがいいのかもしれないが・・・虐殺、首の串刺し、転がる首、死体の山・・・・この欝シーンの連続を見るにはなかなか気力が要る。
個人的には出産のシーンが衝撃的だった。

【総合評価】

佳作だが、身も心もお疲れのときは決してお勧めできない。

2008/09/02 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1443(50%) 普通:0(0%) 悪い:1458(50%)] / プロバイダ: 32099 ホスト:31930 ブラウザ: 2907(携帯)
ストーリーは敵に村が襲われ捕虜になり殺されそうになったところを逃げ出して、村を滅ぼした敵と戦う覚悟を決め倒していくという単純なもので一直線に進んでいくだけだからより2時間20分は長く感じる。
映像がキレイで規模がデカくてカメラの撮り方や演出が良かったので単純なストーリーを見応えあるものにした。
のろまと呼ばれてる男がバカにされたりイタズラされたりしても陰湿な感じではなく最後は笑って済ませてるのが独特な雰囲気だった。
関係性ではのろまが子供を作れなくてのろまの妻の母親が甲斐性なしと嫌悪していたけど、生け贄としてのろまが連れて行かれる時セリフがなく別れを惜しむシーンが印象的だった。
最初ジャガーとのろまが喧嘩していたけど捕虜にされてから気を遣ったり信頼感が見れて良かった。
主人公のジャガーがインパクトあるルックスで魅力的だったけどこののろまも作品には欠かせない存在。

女の子の予言だったりジャガーの意味だったり内容は薄い。
グロいシーン満載で嫌いな人は嫌いだろうけど個人的に結構たのしめたので良い評価で。

この評価板に投稿する



2019/07/27 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 24624 ホスト:24712 ブラウザ: 8325 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事格好良い/悲しい/びっくり/考えさせられた 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像とても良い(+2 pnt)
声優・俳優良い(+1 pnt)
音楽普通(+0 pnt)

もっと見る

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ