[海外映画]ヴィクター・フランケンシュタイン


Victor Frankenstein
RSS
海外映画総合点=平均点x評価数4,547位5,411作品中総合点-1 / 偏差値46.54
2015年海外映画総合点107位176作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票する
2015年米作
[スタッフ]
監督:ポール・マクギガン
製作:ジョン・デイビス
海外 (イギリス・アメリカ・カナダ):公開開始日:2015
プロモーションビデオ (1個)
1,25122
最近の閲覧数
1001001010
この作品を海外映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2017/04/14 / 最終変更者:634 / 提案者:怪盗乱馬 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2018/10/05 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2274(50%) 普通:1141(25%) 悪い:1140(25%)] / プロバイダ: 15343 ホスト:15430 ブラウザ: 5173
アイデアは良かったがストーリーを煮詰められなかったのが残念な作品。

過去に制作された「フランケンシュタイン」でも異形の怪物として生まれるも心優しきフランケンと
怪物を生みだしたフランケンシュタイン博士のマッドサイエンティストぶりを対比させる作品は幾つかあり
本作はこれまで研究助手を務めた、せむし男イゴールを敢えて主役に据え、
彼の視点からフランケンシュタイン博士の狂気を描いていく内容で新鮮味はある。

障害者として白眼視されてきた自分の体を治療する場面に始まり、その恩義に加えて
知的探求心や一族の中で白眼視されてきた過去と相通じる要素を持ったヴィクターに共感する気持ちと
サーカス時代を経て恋人になったローレライとの関係から真人間としての心の狭間で揺れ動くイゴール、
単純な狂人では片づけられないヴィクター・フランケンシュタイン博士を表現したジェームズ・マカボイの好演、
ここに生命への冒涜を許せず片腕を失いながら追跡を続けるターピン警部補や
ヴィクターの技術を一族の繁栄に利用しようとするフィネガンも加わり
狂気や葛藤、信念を孕んだ人間達のドラマが織りなされるロンドン編までは、かなり見応えがありました。

しかし舞台がスコットランドに移るとと本作ですっかり影が薄くなった人造人間との対決となり
人間ドラマの帰結点が有耶無耶となっての強引なハッピーエンドを迎えてしまう。
イゴールがヴィクターを追いかけてこなくても成立してしまう程度のオチで
ローレライなど結末に華を添えるために無理やりついてきたような感じ。
科学の狂気が生みだす悲劇を突きつめて描いてくれれば、もっと化けたと思うと残念、極まりない。

終盤の失速は残念ですが、それまでの展開を加味して「悪い」よりの「普通」で。

2017/03/18 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1395(50%) 普通:0(0%) 悪い:1412(50%)] / プロバイダ: 11194 ホスト:11000 ブラウザ: 4721
ダニエル・ラドクリフ出演のサスペンスでかの有名なフランケンシュタインが生み出されるまでの物語。
命を作り出す事に取り付かれたヴィクター・フランケンシュタインはサーカス団で酷い仕打ちを受けていた、医学の才能があるイゴールを連れ出し彼と協力して様々な動物の肉体を繋ぎ合わせて人造人間を作る研究を行っていく。

映像面は良かったし終盤の盛り上がりもあった。
映像面がしっかり作れてるので雰囲気とか世界観とかってのは引き込まれものがあったし、一見説得力がある作品のようにも思えたんだけど如何せんストーリーがグダグダだった。
ストーリーがグダグダだから内容もあるっぽい雰囲気は出てるんだけどあまり感じなかったし、設定にもまとまりがなくて刑事とか女の存在とか余計でしかないような気がしてならなかった。
無理矢理取り合えず恋愛を挟んどけってような感じにも思えたし、刑事にしても最初はイゴールに対して理解者っぽい素振りを見せていたりもっとストーリーに関わって来るのかと思ったら、結局ただの邪魔する役目ってだけでそこに個人の意思なり目的を感じなかった。

メッセージ性にしても命を生み出してもいいのかとか神に背く行為じゃないのかとか訴えかける雰囲気があったんだけど、途中からどこかへ行ってしまってただの化け物作品に成り下がってしまった。

ストーリーの軸がどういう方向に持って行くのかあやふやな感じだったから、肝心なヴィクター・フランケンシュタインの信念もブレてしまったように感じたし、何より最後があまりにもあっさりし過ぎていて拍子抜けというかネタ切れを起こして唐突に締め括ったようなそんな終らせ方だった。

生み出した化け物にしても中身は空っぽという割に感情丸出しで動いてるように見えたし、せっかく映像は良かったんだけど設定の適当さは多すぎた。

もうちょっと余計なものを排除して簡潔にまとめてメッセージ性や言いたいことを中心に添えて作った方が良かった。

この評価板に投稿する




1. 映画「屍者の帝国」雑感。 by 蔦屋
... 劇場アニメ「屍者の帝国」冒頭本編映像 【ニコニコ動画】「屍者の帝国」WEB限定ファイナルPV 19世紀末、ヴィクターフランケンシュタインによって屍体の蘇生技術が確立され、屍者が世界の産業・文明を支える時代が到来していた。1878年、ロンドン大学の医学生ワトソンは、親友フライデーの遺体にその技術を施すが・・・ 原作未読。で、第一感想。 『親友の ...
記事日時:2015/10/04
video video

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
または
[評価(?)] 最高! とても良い 良い 普通 悪い とても悪い 最悪
↑(全作品にて)8回以上評価しても「悪い」系統の評価しかない場合非適切にバランスを欠いた評価とみなして削除されます。
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ