[海外映画]バニラ・スカイ


Vanilla Sky
  • 怖い
RSS
海外映画総合点=平均点x評価数4,320位5,236作品中総合点-1 / 偏差値46.56
2001年海外映画総合点83位102作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
声優・俳優2.00(とても良い)2
映像1.00(良い)2
キャラ・設定0.50(良い)2
音楽0.00(普通)2
ストーリー0.00(普通)2
怖い100%2人/2人中
美しい50%1人/2人中
びっくり50%1人/2人中
セクシー0%0人/2人中
可愛い0%0人/2人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

デイヴィッド・エイムス(トム・クルーズ)は、マンハッタンの豪邸に住み、フェラーリを乗り回すニューヨーク出版界の若き実力者。ハンサムで裕福、カリスマ性に満ちた彼の存在は人々を魅了し、彼自身も自由奔放なプレイボーイを気取っていた。その日も、彼のベッドにはジュリー(キャメロン・ディアス)という魅力的な女性の姿が。ところが、デイヴィッドは親友ブライアン(ジェイソン・リー)がパーティーに連れてきたガールフレンドのソフィア(ペネロペ・クルス)に、一目で心を奪われる。

デイヴィッドの心変わりをジュリーが見抜くのは早かった。ジュリーは彼をドライブへと誘う。そして思い詰めたジュリーが運転する車は次の瞬間、崖にめがけて猛スピードで突っ込んでいた。

この事故が、彼の人生を大きく狂わせることになる。デイヴィッドは一命こそ取りとめたものの、ハンサムだった顔が、見る影もない醜さに変貌してしまった。絶望の中をさまよい続け、ついに元の顔を取り戻す方法を見いだしたデイヴィッド。しかし、彼の運命はやがて、思わぬ方向へと転がり始める。

※ このあらすじ部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
制作国:アメリカ

[スタッフ]
監督:キャメロン・クロウ

※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 公開開始日:2001/12/22(土)
海外 (アメリカ):公開開始日:2001/11/10
3,71955
最近の閲覧数
1400000010
この作品を海外映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2009/07/22 / 最終変更者:K63 / 提案者:K63 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/02/12 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:93(61%) 普通:40(26%) 悪い:19(12%)] / プロバイダ: 7191 ホスト:7150 ブラウザ: 4721
【良い点】男性からみたらソフィア役のペネロペ・クルスがとてもかわいいこと。女性ならデヴィッド役のトム・クルーズにしびれるだろう。

【悪い点】観客をさんざん引張回して、この「オチ」はないだろう。

【総合評価】「どんでん返し 映画」で検索すると、かなりの確率で出てきます。それを信じてみると、落胆します。確かに「どんでん返し」はあるのだが、あまりに唐突。おまけに伏線がほとんどない。強いて言うなら、「1月の川に落ちて凍った犬が3月には解凍されていて生き返っていた」ぐらいか。

この映画でまいったのは、どこまでが「事実」でどこまでが「幻覚あるいは夢」か、観客には最後までわからないこと。まさか刑務所での主人公と精神科医の会話が「事実ではない」とは思わなかった。「事実」は映画のごくはじめの部分だけ?

デヴィッドが、つい今さっきまでいっしょにいたソフィアが、もとカノのジュリーに変わったのをみて暴れたのは「システムのバグが原因」と「ある解説」で聞いたときには、「こりゃだめだ」と思った。三流SFですか?

オリジナルの「オープン・ユア・アイズ」はみていませんが、みた人の感想ではこれほどこみ入ってないという話です。どうしてこんなにややこしい話にしたのだろうか?
せめて1時間30分以内に収めたら、少しは印象がよかったのだが・・・
残念ながらこの映画の評価は「悪い」としか言えません。

2019/02/01 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3078(33%) 普通:3202(34%) 悪い:3025(33%)] / プロバイダ: 6908 ホスト:6505 ブラウザ: 8276
トム・クルーズ氏もMIシリーズとかのアクションに限らず色々な映画で主役張ってるけど、本作はその中でもダントツに難解な映画でしたね。

リア充生活を送っていたけど、それは自分の力で得たものではないデヴィッド、ジュリーに飽きたなら飽きたで、上手く理由をつけて別れれば良かっただろうに二股かけてしまったのがとんでもない変転の始まりでしたね。

交通事故起こされて、ジュリーだけが死んでしまって、自身は・・・・・・・でしたが、爆報THEフライデーでも取り上げられた某仮面ライダー俳優よりも酷かったですね。これじゃあいくら金かけても顔元に戻らなかったのも無理もなかったですが、かっての自分を取り戻したくて契約したLEシステムの不気味さおよびそこでの出来事に至った心理とかは良く描かれていたとは思います。

しかし、疲れるほど長かったと言うか、無駄に難しく作ってしまった感じでしたね。あの結末も、まあそれでデヴィットが納得できるのなら良いのだろうけど、もっと衝撃的な展開が待っていたかと思いきや肩透かしを食わされた様だったかも?元ネタらしい某映画は知らないけど、一回見ただけではこれ良く理解できないと思われます。評価は「普通」で。

2011/07/22 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3(75%) 普通:1(25%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 19578 ホスト:19566 ブラウザ: 7082
【良い点】
ペネロペがハンパなくかわいい

【悪い点】
話が長い

【総合評価】
劇中の音楽が良く、おしゃれなセンスがただよっていた。
SF的仕掛けのため、少しうんざり、疲れてしまうかも。
強く印象が残る作品である。

2011/05/25 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:882(66%) 普通:353(27%) 悪い:93(7%)] / プロバイダ: 31188 ホスト:30920 ブラウザ: 16537
夢を使った入れ子構造を基礎にしたサスペンス映画。オープンユアアイズというスペイン映画のリメイクだそうです。トータルリコールやアイデンティティーに設定が似てたので驚きはありませんでした。(バニラスカイのほうが先に公開された作品。)夢野久作のドグラマグラにも似ているかなあと思いました。使い古された設定なのでしょう。
さらに言えば完成度としてはそれらより劣ると思われます。見る人を惑わそうといろいろ工夫しているみたいですが、散らかした部屋のような印象を受ける脚本で構成美が感じられませんでした。
また仮面や高所恐怖症などの設定が生かされていないように思いました。
純粋なサスペンスものというよりエロティックヒューマンサスペンスというカテゴリーに属す作品。
似たような内容のサスペンス映画としてはアイデンティティーのほうが緻密で洗練された内容なのでそちらの方をわたしはおすすめしますが、今作品も十分楽しめる内容だとは思います。私的にも似たような設定の作品を知らなければもっと評価が高かったと思います。

2009/07/24 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:154(60%) 普通:49(19%) 悪い:52(20%)] / プロバイダ: 1803 ホスト:1690 ブラウザ: 7379
【映像、技術、キャラクター】
近未来が舞台になっていますが、ニューヨークの街は今のまま使っていますので、未来を感じる事が出来ずに、現代の物語かと思ってしまい最後のどんでん返しに驚かされます。
誰もないタイムズスクエアの前を走るトム・クルーズはとても印象的で、この作品の一番の魅力的なシーンだと思います。

女性にもモテ、お金も権力も人の欲しがるモノを全てもっているデイヴィッド(トム・クルーズ)が、事故により、顔が変形してしまい劣等感を感じながら生きる様を描いているのですが、事故にあう前の彼の傲慢さや我がままを悔いる訳ではなく、こうなってしまった自分を哀れむだけで人間的に成長していないデイビィットはトム・クルーズがはまり役でした。

【ストーリー】
お金に会社、車に、自分の容姿、全てのモノが自分が苦労して手にしたモノではなく、父から譲られた物という設定も、主役が事故によって反省もしない性格になってしまった裏付けのようで納得させられます。

主人公が劣等感から逃れる為に、現実逃避する設定は作品を面白くしようとしているのは感じますが、逃げられた気がして納得いきませんでした。

【総合評価】
刑務所のシーン、現代のシーン、謎のシーンと、三つの物語りが交互に映し出されるので、少し見ないでいると訳が解らなくなります。
それに、近未来という理解出来ない要素まで入ってしまっていて、この作品を無駄に難しいものにしてしまっていると思います。

設定を近未来ではなく現代にして、主役の心理状態をメインに作り上げていった方が面白い作品になったのではないでしょうか。
主役がキャメロン・ディアスの影に脅えている感じなどはよく出ていたので、そういった部分をクローズアップして欲しかったですね。

結末が気になり最後まで期待して見れる作品ですが、最後の終わり方がどうも解せないので評価は「普通」です。

この評価板に投稿する



2019/02/01 普通の印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 6908 ホスト:6505 ブラウザ: 8276 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事怖い/びっくり 
ストーリー普通(+0 pnt)
キャラ・設定普通(+0 pnt)
映像良い(+1 pnt)
声優・俳優とても良い(+2 pnt)
音楽普通(+0 pnt)

もっと見る
1. "『洋画〜公開作品〜』史Ⅵ" by 陣兵
... 「バック・ビート」 「パッセンジャーズ」 「パッション」 「バッド・エデュケーション」 「バッドサンタ」 「バッド・テイスト」 「バットマンシリーズ」 「バッド・ルーテナント」 「ダークナイト」 「ハッピーフィート」 「バットン大戦車軍団」 「ハドソン・ホーク」 「波止場」 「パトリオット」 「バトルランナー」 「花嫁の父」 「パニック」 「パニック・ルーム」 「バニラスカイ」 ...
記事日時:2011/06/29

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ