[海外映画]ユニバーサルソルジャー:リジェネレーション


ゆにばーさるそるじゃー りじぇねれーしょん / Universal Soldier: Regeneration
RSS
海外映画総合点=平均点x評価数4,067位5,394作品中総合点0 / 偏差値47.36
2010年海外映画総合点93位190作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定1.00(良い)1
映像1.00(良い)1
声優・俳優1.00(良い)1
ストーリー1.00(良い)1
音楽0.00(普通)1
熱血100%1人/1人中
格好良い100%1人/1人中
セクシー0%0人/1人中
可愛い0%0人/1人中
勇気貰った0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
監督・編集:ジョン・ハイアムズ 脚本:ヴィクター・オストロフスキー 制作:ピーター・ハイアムズ

リュック・デュブロー:ジャン=クロード・ヴァン・ダム アンドリュー・スコット:ドルフ・ラングレン NGU:アンドレイ・アルロフスキー トポフ指揮官:ザハリー・バハロフ ロバート・コリン博士:ケリー・シェイル
※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 公開開始日:2010/06/26(土)
海外 (アメリカ):公開開始日:2009/10/01
2,08833
最近の閲覧数
1000000000
この作品を海外映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2011/12/03 / 最終変更者:カトル / 提案者:カトル (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/09/12 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2865(60%) 普通:802(17%) 悪い:1128(24%)] / プロバイダ: 5395 ホスト:5542 ブラウザ: 8286
年齢には、勝てないのか・・・
これは、作中のジャン・クロード・ヴァンダムの動きを見た時、脳裏を過った言葉です。

話は、チェチェンのテロリストが死体から生み出したユニバーサルソルジャーを使ってロシアの首相の息子と娘を拉致、
チェルノブイリ原子力発電所に立て籠もり、パサラン地区の独立と政治犯の釈放を要求、ロシア政府の要請で
アメリカからユニバーサルソルジャー4人が派遣されるも、テロリスト側のユニバーサルソルジャーに撃退されて
人間社会に溶け込もうとしているリュックに白羽の矢が立つと言う具合に進行します。

実際に目を通すと、冒頭のカーチェイス、銃撃戦は過去作を上回る期待を持たせるほどの臨場感で、腕から飛び出す
刃物を武器に旧式を子ども扱いするユニバーサルソルジャーのマウントを取る動きや打撃、関節技が総合格闘そのもので
スピード、キレ、どれも非の打ちどころなし。

しかし、が原因でリュックの動きの悪さが際立ち、ユニバーサルソルジャーが一人殺られる毎にカメラが使用不能になる、
人が少ないおかげで人質二人に「逃げてください」と言わんばかり等、ツッコミ所も多い。

その為、評価は「普通」です。

2016/01/10 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:7551(87%) 普通:639(7%) 悪い:462(5%)] / プロバイダ: 21970 ホスト:21973 ブラウザ: 1975(携帯)
タイトルからしてシリーズ物の作品であることが容易にうかがえましたが、なんでも10年以上のブランクを経て作られた作品だったみたいですね。

冒頭でいかにも殺風景な雰囲気だなあと思ったら、いきなりテロリストの襲撃から激しい銃撃戦が繰り広げられてロシア大統領の息子と娘が誘拐されていってしまったりと、ストーリーのテンポの素早さが印象的でしたが、その後も立て続けに巻き起こる緊急事態のなかでジャン・クロード・ヴァン・ダム扮する主人公に白羽の矢が立てられることとなります。

その主人公でしたが、人間性を取り戻しつつあり、狂暴性を抑えながら苦しいリハビリを続けていたわけだけれども、この緊急の任務でそれらの苦労を無にすることを覚悟の上で引き受け激しい戦場へと赴き、そこでの無双ぶりは10年以上のブランクがあったとはいえ、まだまだ俺はやれるんだという強い意思がうかがえて良かったですね。

もっとも、そこではなんとかつて激闘の末に死んだはずであったライバルのスコットも登場したりと、おそらくはシリーズを観てきた人にはより盛り上がる熱い展開であったように思います。

最後に、この作品の評価になりますが、「良い」とさせていただきます。

2012/06/10 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:503(56%) 普通:109(12%) 悪い:293(32%)] / プロバイダ: 46279 ホスト:46219 ブラウザ: 5345
後から後から湧いて出る新型ユニソルに、初老とも言える旧式主人公ユニソルが懸命に立ち向かう光景は、
「まだまだ若いモンには負けん」という意気込みが感じられました。
1作目で死んだはずの軍曹が復活し主人公の前に立ちはだかる、という因縁の対決をさらっと流してしまったのはマイナスです。

評価:悪い

この評価板に投稿する



2016/01/10 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 21970 ホスト:21972 ブラウザ: 1975(携帯) [編集・削除/これだけ表示]
感じた事熱血/格好良い 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像良い(+1 pnt)
声優・俳優良い(+1 pnt)
音楽普通(+0 pnt)

1. "『洋画〜公開作品〜』史Ⅸ" by 陣兵
... された 洋画作品 を振り返る。 「やさしい嘘と贈り物」 「屋根の上のバイオリン弾き」 「山猫」 「闇の列車、光の旅」 「ヤング@ハート」 「ヤングガンシリーズ」 「ヤング・フランケンシュタイン」 「U-571」 「雪どけ」 「ユキとニナ」 「ユージュアル・サスペクツ」 「夕陽のガンマン」 「ユニバーサルソルジャー:ジェネレーション」 「夢 ...
記事日時:2011/07/03 [表示省略記事有(読む)]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ