[海外映画]アンダー・サスピション


Under Suspicion
RSS
海外映画総合点=平均点x評価数3,450位5,395作品中総合点1 / 偏差値48.18
2003年海外映画総合点82位147作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
声優・俳優2.00(とても良い)1
キャラ・設定1.00(良い)1
映像1.00(良い)1
音楽0.00(普通)1
ストーリー0.00(普通)1
セクシー0%0人/1人中
可愛い0%0人/1人中
熱血0%0人/1人中
勇気貰った0%0人/1人中
涙流した0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
監督:スティーヴン・ホプキンス

脚本:W・ピーター・イリフ,トム・プロヴォスト


※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 公開開始日:2003/06/14(土)
海外 (フランス):公開開始日:2000/05/11
1,18311
最近の閲覧数
1000000010
この作品を海外映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2013/08/04 / 最終変更者:枕がない / 提案者:枕がない (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2013/08/05 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:7580(87%) 普通:643(7%) 悪い:463(5%)] / プロバイダ: 21846 ホスト:21818 ブラウザ: 1975(携帯)
ジーン・ハックマンとモーガン・フリーマンの二大名優が主演のサスペンス映画でしたね。

とにかくジーン・ハックマン演じる町の名士がなんとも最終的にはあわれでした。殺人事件の疑いで逮捕されてそこでモーガン・フリーマン演じるベテラン刑事とその部下に取り調べを受けるわけですが、正直この名士が言ってることてなんだか怪しいなという雰囲気はありましたね。「それでも俺はやってない」と必死に否定するところとかはどう考えても犯人っぽいような胡散臭さが出ておりました。おそらくは取り調べをする側も犯人であることにまちがいないと確信はしていたのだけど、なんとか決定的な証拠をつかむために誘導尋問や奥さんを取り調べさせたりと精神的にも追い込みをかけさせたのでしょう。

そして、別室での奥さんの取り調べも始まり、名士の黒い姿が浮き彫りになるのですが、印象的だったのは事件の現場にいたときのシチュエーションを回想をしていくシーンでそこでベテラン刑事と相対するという演出は緊迫感があってじわじわと迫っていく感じがありましたね。

最終的には意外な結末が待っているのですが、ラストシーンでの名士とその奥さんが微妙な距離に離れてベンチに座っている様子は一度壊れてしまったのを修復するのは困難な関係を象徴しておりました。

評価は「良い」とさせていただきます。

この評価板に投稿する



2013/08/05 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 21846 ホスト:21818 ブラウザ: 1975(携帯) [編集・削除/これだけ表示]
感じた事 
ストーリー普通(+0 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像良い(+1 pnt)
声優・俳優とても良い(+2 pnt)
音楽普通(+0 pnt)


作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ