[海外映画]タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら


R15+(15才以上対象表現有)

たっかーとでいるしじょうさいあくについていないやつら / Tucker and Dale vs Evil
RSS
海外映画総合点=平均点x評価数906位5,279作品中総合点5 / 偏差値51.82
2012年海外映画総合点14位219作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定1.00(良い)1
映像1.00(良い)1
声優・俳優1.00(良い)1
ストーリー1.00(良い)1
音楽0.00(普通)1
友情100%1人/1人中
びっくり100%1人/1人中
可笑しく笑える100%1人/1人中
セクシー0%0人/1人中
可愛い0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

気のいい2人組タッカーとデイルは幼なじみの親友同士。こつこつ貯めた金でやっと手に入れた別荘(古びた山小屋)に休暇を過ごしにやって来る。ところが見た目が強面なために、近くにキャンプをしに来た大学生グループから、殺人鬼だと勘違いされてしまう。実はこの場所は20年前にスプラッター映画のような惨殺事件が起きたと言われている場所だったのだ。
一日目の夜、湖でタッカーたちが夜釣りを楽しんでいると、大学生たちが近くで泳いでいるのを目撃する。デイルが思わず発した言葉に驚いて湖に落ちた女子大生アリソンが気を失って溺れかかっているのをデイルが救い出すが、その様子を遠くから見ていた仲間たちはアリソンが殺人鬼にさらわれたと思い込んでしまう。
翌朝、意識を取り戻したアリソンは、デイルが見た目とは違って心優しい親切な男だと知り、自然に打ち解ける。一方、大学生グループはアリソンを「殺人鬼」たちから救い出そうとするが、不幸な偶然が重なり、大学生たちは次々と惨たらしい形で事故死してしまう。その様子にタッカーたちは自分たちが殺したと疑われてしまうと慌てるが、運悪く、そこに生き残った大学生らが保安官を連れて来る。ところが、その保安官までもが……

※ このあらすじ部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
2010年加・米製作
【製作スタッフ】
監督・脚本:イーライ・クレイグ
脚本: モーガン・ユルゲンソン

※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 公開開始日:2012/02/11(土)
海外 (カナダ/アメリカ):公開開始日:2010/01/22 サンダンス映画祭で上映
プロモーションビデオ (1個)
映画『タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら』予告編映画『タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら』予告編
1,33044
最近の閲覧数
45250000001
この作品を海外映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2020/08/30 / 最終変更者:634 / 提案者:cipherxx (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2020/11/22 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3106(60%) 普通:888(17%) 悪い:1209(23%)] / プロバイダ: 5395 ホスト:5542 ブラウザ: 8282
ラッキーマンのホラー版。
これは、この作品に対する第一印象です。

話は、大学生グループが乗る車がタッカーとデイルが乗る車と遭遇する所から始まります。

それ以降は、2人が乗る車を止めた保安官から目的地の曰くを聴く2人、同じ話をする大学生達と事件の回想、ボートに乗った2人が釣りをしている時に
湖に落ちたアリソンを救助している所を「アリソンが殺人鬼にさらわれた」と勘違いする大学生達、電ノコで木を切っている時に蜂に襲われて
逃げるタッカーから逃げて自爆する大学生、2人の作業を手伝ってるアリソンを見て「墓穴を掘らされてる」と勘違いする大学生、
粉砕機で作業をしているタッカーを襲おうとして粉砕機に飛び込む大学生、デイルを襲って自爆する大学生、山小屋の修理してない箇所を叩いて
致命傷を負う保安官等、2人が何もしていないのに人が勝手に死んでいく、その最期が思わず笑ってしまうものもあり、ホラーの条件をクリアしている上、
B級以下の作品で定番になっているバカもないと言う具合に作品そのものの完成度は高いです。

しかし、チャドが殺人鬼に覚醒して以降は、山小屋の中に撒いた油に火がついて燃料に引火してチャド以外の大学生が全滅、
カモミールティーの粉のアレルギーで苦しみながら屋根裏部屋から落ちるチャド等、前半を沸かせた演出がチャドや覚醒したデイルに喰われてしまった。

その為、評価は「良い」です。

2020/08/30 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3875(33%) 普通:4180(35%) 悪い:3761(32%)] / プロバイダ: 24906 ホスト:25118 ブラウザ: 8326
やっとこさ手に入れた別荘で楽しい休暇を過ごすはずがとんでもないトラブルに巻き込まれてしまった勘違い系ホラーコメディものだったという事ですか。この映画は。

この映画のコンビ、タッカーとデールみたいに「見た目は強面だが、実際接したら良い人」な人間も珍しくはないですが、その別荘が曰くつきの物件だっただけでなく、湖に溺れたアリソンを助けた等善意でやった事も裏目に出てしまった感じでしたね。(笑)

でも、アリソンもその一人だった大学生グループの方がもっと「史上最悪にツイてな」かったですよね。木材粉砕機に巻き込まれて身体が真っ二つに引き裂かれたり、木にくし刺しになったりと普通に「こんな死に方は嫌だ!!」でしたね。(笑)木材粉砕機で死んだ兄ちゃんについては、これもタイミング悪すぎる(笑)と言うか、彼の遺体をタッカー&デールが持っていた所で通報を受けた保安官がやってきて、誤解を解こうとしたけど、そんな有様で信じてもらえるはずがなかったですよね。(笑)

グループのリーダー格、チャドが真の悪人だった事自体は手あかがついていましたが、山小屋の爆発で大やけどしても死ななかった強靭な肉体を誇り、その後もますます狂気じみた言動を取った等キャラは悪くなかったし、出生の秘密や、弱点を突いた退治の仕方も意外性があって良かったです。チャドの退治についてはまた、ボロボロになっていたタッカーが「お前は自己評価が低すぎる」とかデールを励ましたのも普通に男同士の友情が伝わって、熱いものがありましたね。

最後もハッピーエンドでしたが、どうせB級だろと思いきや、ギャオで実際見てみたら笑いや残虐描写、友情とかバランス良く描かれていて、変な尺稼ぎとも無縁でテンポも良かったと良作の部類だと思います。評価は「良い」で。

2020/08/26 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:919(67%) 普通:190(14%) 悪い:262(19%)] / プロバイダ: 9612 ホスト:9777 ブラウザ: 8919
【良い点】
勘違いドタバタコメディとしては秀逸。

【悪い点】
後半、ペースダウンしたのが勿体ない。

スプラッターがかなりキツい。

【総合評価】
人を第一印象で決めつけたら、とんでも無いことになってしまう…という教訓のような映画?

2016/07/03 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:78(76%) 普通:11(11%) 悪い:14(14%)] / プロバイダ: 26422 ホスト:26504 ブラウザ: 5191
タッカーとデイルという見た目強面のおっさん二人が
ホラー映画によく出てくる模範的なアメリカの馬鹿な若者たちに
顔が怖いからというだけで殺人鬼認定されて襲い掛かられるというお話
恐ろしいお話です、冤罪はこうやって生まれていくんですね
気が良く仲の良いおっさん二人は一緒にお金を出し合って買った念願の別荘に向かいますが
その別荘がクライモリや死霊のはらわたに出てきそうないわゆるスプラッターなハウス
その別荘付近の森にキャンプに来ていた若者たちが
その森で過去に起きたジェイソンInクリスタルレイクな大虐殺事件の話を聞いたことと
おっさん二人がボートで釣りをしている最中に
河で泳ごうとしておぼれた女の子を助けたのを攫ったと勘違いしたことで
状況は加速度的に悪化
助けられた女の子はおっさん二人が見た目に反して良い人間だと知りますが
他の若者たちは友達が殺人鬼に食われると誤解して
おっさん二人を殺そうと襲い掛かり、次々と自爆していきます
勢いあまって砕木機に頭から突っ込んだり、尖った木に腹を突き刺したり
おっさん二人はビビります、若者たちが次々自殺していくと

勘違いが勘違いを生み
殺人は起こらないのに事故でどんどん若者たちが死んでいく
ホラー映画によくある設定や展開をパロディにしたブラックなスプラッタコメディで非情に面白いです
おっさん二人の「何この若者たち、マジ狂ってる」なリアクションやキャラクターが非常に良く
人は見た目ではなくやはり中身が重要

この評価板に投稿する



2020/08/30 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 24906 ホスト:25118 ブラウザ: 8326 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事友情/可笑しく笑える/びっくり 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像良い(+1 pnt)
声優・俳優良い(+1 pnt)
音楽普通(+0 pnt)

1. 友情実話伝説-Part2〓陣兵の専学生活編〓-第918話(1568話)「就職対策〜その8…〓アンケート〓他〜」 by 陣兵
... ポエトリー アグネスの詩】 20.【はやぶさ 遥かなる帰還】 21.【逆転裁判】 22.【キツツキ雨】 23.【ドラゴンエイジ―ブラッドメイジの聖戦―】 24.【フラメンコ・フラメンコ】 25.【METライブビューイング/ヘンデル・ヴィヴァル・ディ・ラモー他≪エンチャンテッド・アイランド 魔法の島≫】 26.【タッカーデイル 史上最悪ツイないヤツ】 27. ...
記事日時:2012/01/20

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ