[海外映画]トップガン


Top Gun
  • 格好良い
  • 友情
RSS
注意: これは海外映画版。その他メディアのページ: ゲーム:トップガン
海外映画総合点=平均点x評価数190位5,394作品中総合点22 / 偏差値65.36
海外映画平均点353位632作品中平均点0.76=良い/29評価
1986年海外映画総合点5位72作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
声優・俳優2.17(とても良い)6
音楽2.00(とても良い)6
映像1.50(とても良い)6
キャラ・設定0.83(良い)6
ストーリー0.67(良い)6
格好良い100%6人/6人中
友情50%3人/6人中
面白い33%2人/6人中
熱血17%1人/6人中
勇気貰った17%1人/6人中
もっと見る
属性投票する
1986年 アメリカ
制作/配給:パラマウント

監督:トニー・スコット
日本 公開開始日:1986/12/20(土)
海外 (アメリカ):公開開始日:1986/05/16
33,9533329
最近の閲覧数
1031131201
この作品を海外映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2013/05/28 / 最終変更者:アセチルサリチル酸 / その他更新者: kunku / TCC / スペ9 / 提案者:宝家義頼 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2017/10/30 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:269(60%) 普通:98(22%) 悪い:85(19%)] / プロバイダ: 78 ホスト:181 ブラウザ: 11270
トム・クルーズの出世作にして1stマクロスへのオマージュ
【良い点】
・F-14トムキャットの見せ場
・主人公が女性上官との遣り取りや戦友の事故死を乗り越え成長する過程
・主題歌がナイス
【悪い点】
・判っている人は1stマクロス(米題・ROBOTEC SAGA EP1)が元ネタと判ってしまう。
【総合評価】
トム・クルーズの出世作にして代表作と言え、その後は世界的な俳優となりました。やはり1stマクロスへのオマージュを減点して評価は【とても良い】にします。

2014/04/14 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:144(51%) 普通:57(20%) 悪い:83(29%)] / プロバイダ: 26488 ホスト:26638 ブラウザ: 4721
1986年制作、トム・クルーズ主演。
自分の生まれる前に作られた作品ですけど、未だにこの『トップガン』を超える戦闘機映画が現れていないことが本作の偉業さを物語っていると思う。

現在もうアメリカ海軍からは退役済み(イランではまだA型が運用されているらしいが)のF-14 トムキャットが、古い戦闘機ながらも一般人にも知名度があり、アニメやゲームに登場しているのに一役買っている。

私的にはリメイクしてもらいたい作品。権利を主演のトム・クルーズ氏が持っているので難しいことだが。
というのは、あれ(敵の「ミグ28」)はどっからどう見てもF-5戦闘機にしか見えないので。

ちなみに、後部座席の人はレーダー要員です。リメイクしたら、スーパーホーネットかF-35になるのかな。

2013/06/05 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2865(60%) 普通:803(17%) 悪い:1128(24%)] / プロバイダ: 42404 ホスト:42435 ブラウザ: 9931
レーガン政権の影響で政治の臭いが鼻につく。
これは、この作品を含めて当時のハリウッド映画によく見られる特徴です。

話は、マーベリックが操縦するトムキャットとミグのドッグファイトから始まります。

マドカフの下でグース、アイスマン、スライダー等と共に鍛えられる、チャーリーと言う恋人が出来て青春を謳歌していたマーベリックが相棒のグースを失いスランプに陥る、
バイパーから父親の行方不明の真相を聴いた事が切欠で立ち直り、領海侵犯を犯した味方の救助と言うミッションで目覚ましい活躍を見せると言う具合に
作品自体は、戦争物と言うよりもむしろ青春物と言った内容で、車が走るシーン一つ見ても画の撮り方に強い拘りが見られ、
冒頭やクライマックスに披露された戦闘シーンも素人目で見ても気が遠くなるほどの労力を使って作った事が一目で分かります。

その反面、マーベリックがソビエトの戦闘機と戦う画は、当時の反共映画と同じ政治の臭いが付き纏ってしまう。
これが減点材料になってしまった為、評価は「悪い」です。

[推薦数:1] 2013/03/27 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:7558(87%) 普通:639(7%) 悪い:462(5%)] / プロバイダ: 21846 ホスト:21756 ブラウザ: 1975(携帯)
サンディエゴの海軍航空隊基地を舞台に、持てる能力のすべてを大空にかけた若者たちを描いた作品。ある種の戦争映画でありながらも、支持したのは男性よりもむしろ女性層。やはり、女性に人気のある「愛と青春の旅だち」をトムキャットにのせたようなスピード感が魅力的ではありますが、戦闘場面の意味性を無化してしまうケニー・ロギンズの「デンジャー・ゾーン」とリズミカルなカッティングが最大の勝因。つまり、この作品は戦争映画ではなくて、ロックンロール・ミュージカルだったのです。トム・クルーズをはじめ、ヴァル・キルマーらのメイン・キャストも多少の性格分けがあるにせよ、肉体の美しさを優先した配役。ドン・シンプスンとジェリー・ブルックハイマーは「フラッシュダンス」で成功した戦略に基づいて、またしても傑作を誕生させました。

トム・クルーズとケリー・マッギリスのラブシーンは「ベルリン」の「愛は吐息のように」をバックにMTVよりもスリリングで刺激にあふれた映像が展開、セクシーな見せ場ですが、そもそもの戦闘機自体に性的なメタファーを見いだせば、女性客に人気というのも納得できます。

とりわけ、クライマックスのミグ撃墜は最高のエクスタシー場面でもあると言えるでしょう。

2012/09/12 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:545(70%) 普通:88(11%) 悪い:148(19%)] / プロバイダ: 6965 ホスト:6777 ブラウザ: 4783
【良い点】
トムクルーズ凛々しすぎ。筋肉。
空戦シーンは観モノ。
音楽。
いわゆるヒーローが復活するのが一番の見どころですが、
相棒の死、復活、ライバルとのたたえ合い という流れは正に王道ながらやはりカタルシスがあるのは否めないですね。色あせることのない良さがあります。

【悪い点】
恋愛は微妙。

【総合評価】
疾走感があって良い。
少年漫画てきストーリーで熱い。

2011/08/25 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:882(66%) 普通:353(27%) 悪い:93(7%)] / プロバイダ: 31188 ホスト:30920 ブラウザ: 7291
トムクルーズ主演。
戦闘機での訓練及び戦闘シーンは大変迫力がありさすがアメリカな出来。
ストーリーは非常にテンポが良く一気に見れます。人物関係の描写がやや淡白だった印象。
スペクタクル映画という感は拭えませんが、トムクルーズ出世作らしいのでぜひ見てみてはいかがでしょうか。

[推薦数:1] 2011/08/10 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:19(27%) 普通:28(39%) 悪い:24(34%)] / プロバイダ: 4278 ホスト:4088 ブラウザ: 8875
世間では名作扱いの本作だが、自分には正直合わなかった。

トム演じる主人公の薄っぺらい人物像に月9ドラマのようなだらだらとした恋愛シーンが続くので、家で見たときは早送りしながら見ていました。

空戦シーンだが、搭乗者の視点が目まぐるしく変わる上に、パイロットはヘルメット被っているので誰が何をしゃべっているのか非常に分かりにくい。そもそも、登場人物の個性を際立たせるなら、複座のF-14じゃなくて単座の戦闘機にすべきでしょ?

敵のミグ戦闘機のパイロットの視点が全く無く、まるで機械と戦っているよう。
いくらアメリカ人が作る映画とは言え、敵のパイロットを単純な勧善懲悪としてしか描いていないのはいかがなものか?

長所はトム・クルーズの出世作であることと、優美な音楽ぐらいですかね。

2010/05/09 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2260(50%) 普通:1134(25%) 悪い:1134(25%)] / プロバイダ: 36209 ホスト:36373 ブラウザ: 6425
【良い点】
主題歌と空中戦のシーンがカッコよい。

【悪い点】
ヒロインのチャーリーが結局、恋愛面だけのキャラ。
最初はマーベリックがミグと交戦した経験を聞きだそうとするので
男を踏み台にしてのし上がっていく野心家というスタンスを期待したのですが…。

ライバルのアイスマンも最後に認め合うなら、もっと中盤で凌ぎを削って欲しい。

二大大国の最新鋭戦闘機が撃ち合い、落とし合いをして下手したら世界大戦モノ。
政治的イデオロギーを抜きにしたエンタ作品とはいえ手放しで喜んでるラストは無茶すぎる。

【総合評価】
ハードな世界設定の割には、やってる事が若者の青春劇以上ではなかった気がします。
主人公マーベリックが親友グースの死を乗り越えて〜は王道ではあるものの、これは
勘ピューターで通してきたマーベリックをしてマニュアル的に一切、落ち度が無かったというもの。
マニュアルの大切さと自分の持ち味である野性味をバランス良く併せ持つ成長のステップにはなっておらず
結局、本来の自分を取り戻した(=最初に戻っただけ)ただそれだけというオチ。
これでラストに「トップガンの教官を目指す」なんて言われても、それこそ
学園青春ドラマでヤンキーの主人公が「俺、教師になってみようかな」と言ってるのと大差がないです。
戦闘シーンのカッコよさを加味して「普通」で。

2010/03/21 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:54(59%) 普通:12(13%) 悪い:25(27%)] / プロバイダ: 19328 ホスト:19327 ブラウザ: 6405
【良い点】
名機F14をふんだんに使用していて良かったと思います。
戦闘機映画の中でもとても良かったです。

【悪い点】
シナリオがちょっとわからないところがありました。

【総合評価】
戦闘機を主題にした映画を見るのは初めてだったので、とても興奮しました。
しかしまあプロパガンダ的な要素もあり、戦意高揚のために作られたのかなと思うシーンもありましたので、今の時代にはあまり合わないストーリーです。
見た当時はとても良かったです

2009/07/26 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:154(60%) 普通:49(19%) 悪い:52(20%)] / プロバイダ: 1803 ホスト:1690 ブラウザ: 7379
ずいぶん前に、ビデオを借りて来て見たのですが、さほど面白いとも思わずに終わってしまいました。
戦闘機にも詳しくないので、さほどの感動もなく空を舞うシーンも、すごいなーと思う程度です。

その事を友人に言ったところ、この映画は映画館で見ないとダメだと言われました。
戦闘機が出す爆音を感じながら大きなスクリーンで見ないと、この作品の良さは解らないそうです。

ビデオでしか見なかった私には、この作品の良さは伝わりませんでしたが、友情や恋愛などもあり普通に見られました。

2009/05/28 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:503(44%) 普通:378(33%) 悪い:254(22%)] / プロバイダ: 21257 ホスト:21301 ブラウザ: 9125
【良い点】
・音楽が良い。

【悪い点】
・全体的に古くさい。
・ストーリーがいまいち。

【総合評価】
ストーリーが非常に単調ですね。
この映画の場合、あまり難しくしない方がいいのかもしれませんが、個人的には物足りなかったです。
音楽以外にはあまり良いと思える部分がありませんでした。
この時代の飛行機が好きな人には楽しい映画だと思います。

2009/03/20 良いと思うコメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:76(66%) 普通:12(10%) 悪い:28(24%)] / プロバイダ: 13991 ホスト:14007 ブラウザ: 3121(携帯)
みていて爽快感がある作品だと思います。僕は戦闘機の知識が全然無いので良く分からないのですが、戦闘機カッケー!!ってなりました。ストーリーはありきたりで予定調和な展開でしたが、戦闘機乗りの物語なら仕方無いでしょう。BGMも良く、またアメリカンなジョークで笑えました。良作だと思います。

2009/03/19 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:157(72%) 普通:34(16%) 悪い:28(13%)] / プロバイダ: 24082 ホスト:24256 ブラウザ: 7452
今の観点から見れば全く捻りなしの王道映画という印象を受けるだろう。実際、構成はとてもシンプルで、視聴者側からすれば何も考えることなくテーマ性や娯楽性だけを感じ取ることができる現代となっては少々刺激に欠ける作品だったかもしれない。ただまあ今の時代、このようなありがちな展開に関して王道中のそのまた王道という映画自体作られることが減ってきていることからすれば、新鮮といえば新鮮だ。

また名優トム・クルーズのデビュー作がこのような明確なストーリーでコンパクトにまとめてくれたのはとても良かったと思う。ストーリーが簡単である故に脚本に縛られないありのままの演技が見られるので、そういった意味では「素」のトム・クルーズが前面に表れている作品と言っていい。

CG無しで演出がわざとらしくないので、見せ場がちゃんとあって、それも自然で純粋にカッコいいと思える。突出したものがないにせよ、映像とテンポが良いストーリー展開に最後まで楽しく見ていられる作品だ。
カメラワークが戦闘機の回転や振動などに伴って、めまぐるしく動くので正直何が起こってるか分かりづらいところがあるが、この際そんなことはどうだっていい、そんな部分に目を配らずとも幾らでも見入る要素は散らばっている。

ストーリーを置いておくとしても、戦闘機が飛び回る爽快さやそれを盛り上げるBGM、サングラスがこれまた似合うトム・クルーズの演技、おまけしてアメリカならではのジョークの軽快さでこの作品は十分成り立っている。
評価「良い」

2007/07/25 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:361(64%) 普通:46(8%) 悪い:159(28%)] / プロバイダ: 8384 ホスト:8112 ブラウザ: 6673
とにかく戦闘機・F-14の空中戦のドッグファイトは魅力でした。CGや光学合成を一切使用していない割りには、とても迫力があって好きでした。

ストーリーの展開としては、王道であり深く考えずに観ることができました。いつも自信に満ちていて型破りの操縦するマーベリックが、訓練中に操縦不能のきりもみ状態になって、脱出の際の不慮の事故で親友でもあった同僚のグースを失う。優秀だったが不名誉に死んでしまった父親をコンプレックスがあったとはいえ、特に挫折することなく生きてきたのに、自分の不始末で親友を死なせてしまった罪悪感や自信喪失になってしまうところは、何もかもうまくいくという展開にならずに良い。挫折からどう乗り越えていくかが重要だと思います。

恋人であるチャーリーの言うことも聞く耳持たずになってしまい、とても弱くなってしまうが、父親の戦友であった教官が真実を知り、コンプレックスをなくして立ち直る。そして、敵機に苦戦する友軍を助ける際に、死なせてしまったグースのことが脳裏に映って葛藤するも、同僚を死なせないという気持ちから、一緒に戦い見事撃退に成功する。周囲の励ましがあって、最終的には自分自身で立ち直る展開であって良かったと思いました。

主題歌はとても印象深く残っています。

2007/05/12 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:144(61%) 普通:13(5%) 悪い:80(34%)] / プロバイダ: 45196 ホスト:45303 ブラウザ: 8936
王道軍人モノで有名な傑作ですね。
「トップガン」は米海軍におけるエリート組らしいですが・・・
まあそこに入隊して物語を作ったら、自然と王道にならざるを得ないでしょうな(笑)

友人いわく「精神的な圧力やその葛藤の末にある解放を描いた古きよきアメリカ映画」らしいですが、
そこまで鬱々とした描写は全くナシです。ネオのマトリックスじゃあるまいし(独り言)

この映画は、とにかくすがすがしいまでに大空を舞うトムキャットが最大の魅力だと思います。
どうもこのころは戦闘機というと「マクロス」が筆頭であるらしく、可変翼がブームになっていた時代。
今では可変翼なんて大げさな機構はムダとばかりに、完全にスリム化した戦闘機が主流になっている故、
こういう映画でかつての「夢がある戦闘機」(笑)に思いを馳せるのもいいかもしれませんね。

もっとも、戦闘機が大好きな私からの視点ですけども(笑)

劇中の人物相関に関してはとにかく「王道」。なにも迷わされる要因がお見事といっていいほど無いです(笑)
一介の兵士が主人公、美人上司が恋人というところもなんとなく劇場版マクロスに近いものがありますな(笑)

実写において、こういう戦闘機アクションは頭からっぽにして楽しめるほうが好きです。
そういえば最近で戦闘機モノといえば、「ステルス」くらいでしょうか?

もっと読む

「スペ9さんに追加トップガンは舞台が海軍なので、当時のフラッグシップファイターであるF-14が主役となるの...」 by ぶるさんだ


次のページを読む

この評価板に投稿する



2019/05/11 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 6908 ホスト:6505 ブラウザ: 8326 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事熱血/友情/格好良い 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像良い(+1 pnt)
声優・俳優とても良い(+2 pnt)
音楽良い(+1 pnt)

もっと見る
1. 意外とすんなりクリアできました STG修行日記 by あかねちゃん
... 開設したりするなど色々なことをやっていましたがついにSS版ソニックウイングスSPECIALを難易度NORMALでノーコンティニュークリアできました 使用機体は洋画トップガンなどで有名なF-14トムキャット(エレン&シンシア)で途中のステージ分岐はパナマ→メキシコルートです 本作は後の彩京スタッフが制作した作品なので本作も難易度が高いのかと思っていましたが意外とすんなり目標達成できました ...
記事日時:2013/12/18
2. 米大統領選か。けど、ワープアは生きるので精一杯。『All You Need Is Kill』で現実逃避 by 青い羊
... →死を繰り返す、初の実戦を迎える新兵」がOS(唯一持ち越せる記憶=神経記憶含む)を逆手に取らえ、自身の兵士としての反応を洗練・純化させて、神経回路をひたすらバージョンアップさせるという戦術で逃れられない「死」を乗り越えるべく奮闘するというアプローチが面白い。 惜しむらくは多分小説版が最高であろうかと思われることくらいでしょうかね。トム・クルーズは『トップガン』の頃が ...
記事日時:2012/11/06
3. 創作の刺激 by 名もなき詩人
... 数が多すぎる。飛びぬけた作品が昔に比べて目立たない。ちはやふる無理矢理最高にしたけど、最近どうも何がすごいか分からない。だってとても良いの中で特別良いもの選べと言われると皆横並びに良くてずば抜けたものが分からない。他にも当然未発達段階で何か作れば新しいものが出来ていた時代と比べて今はどうか??? 映画もトップガンとかビバリーヒルズコップ ...
記事日時:2012/09/30
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これは海外映画版。その他メディアのページ: ゲーム:トップガン
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ