[海外映画]沈黙の脱獄


ちんもくのだつごく / Today You Die
RSS
海外映画総合点=平均点x評価数4,964位5,075作品中総合点-8 / 偏差値41.16
2005年海外映画総合点142位151作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
映像0.00(普通)2
音楽0.00(普通)2
声優・俳優0.00(普通)2
キャラ・設定-2.00(とても悪い)2
ストーリー-2.00(とても悪い)2
道徳心&モラル50%1人/2人中
セクシー0%0人/2人中
可愛い0%0人/2人中
熱血0%0人/2人中
勇気貰った0%0人/2人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

犯罪者の金品を盗み貧しい人々にそれらを与える義賊、ハーラン・バンクス。そんな彼も恋人ジェイダを愛するうち泥棒から足を洗うこと決意、第二の人生を始めるためラスベガスへ一緒に向った。そして、地元の有力者マックス・スティーヴンスの経営する警備会社の運転手に就職する。初仕事の日、カジノの売上金輸送のため取引先に向かったが、なんと同行した上司のブルーノはそこでカジノの警備員を射殺、輸送するはずだった大金を奪いハーランを脅して車を運転させ逃走した。逃走中、運転を誤り車は事故を起こしハーランは気絶する。そして気がつくといつの間にか警察署に連行されており、雇い主のマックスが殺害されたことを知らされ、カジノ強盗のみならず、マックス殺害も自分の仕業だとされてしまった。記憶を失い冤罪で刑務所に収監されることになったハーランは獄中で自分がこうなったのはある陰謀があることを知る。そしてそこに収監されている黒人ギャングのアイス・クールとともに脱獄を計画、ブルーノらに復讐しようとする。
2005年米製作
監督:ドン・E・ファンルロイ
製作:ランドール・エメット ジョージ・ファーラ フィリップ・B・ゴールドファイン ダニー・ラーナー スティーヴン・セガール レス・ウェルドン
製作総指揮:マンフレット・ハイト ガード・コークリン ジョセフ・ローテンシュレイガー アヴィ・ラーナー アンドレアス・ティースマイヤー レス・ウェルドン
海外 (アメリカ):公開開始日:2005/09/13
プロモーションビデオ (1個)
Today You Die - TrailerToday You Die - Trailer
1,34433
最近の閲覧数
2111001100
この作品を海外映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2016/02/17 / 最終変更者:634 / 提案者:十傑集 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2017/09/04 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2967(60%) 普通:835(17%) 悪い:1159(23%)] / プロバイダ: 5395 ホスト:5542 ブラウザ: 5171
収監されたハーランの服装が他の囚人と違う。
これは、この作品を視聴して最も違和感を覚えた箇所です。

話は、タロットカードが並ぶ画(ジェイダの夢)から場面が変わり、ハーランが麻薬商人の屋敷に侵入して同じ獲物を狙う同業者を子ども扱い、
ジェイダの言葉に従って義賊稼業から足を洗い、警備会社の運転手になったハーランが初仕事でカジノ強盗の片棒を担いでしまうと言う具合に進行します。

先ず、古武術をベースにしたアクションは洗練されて非の打ち所がありませんが、銃を使ったアクションがメインで、
功夫のパフォーマンスを披露した敵を銃で撃つパターン破り、黒幕のマックスが黒魔術を使う前に殺ってしまう等、
セガールのアクションやアイディアが空回りしている。

他にも、刑務所内で他の囚人と違う衣装を着せてセガールを特別扱い、カジノ強盗の一件がシロなのは女刑事の言う通りでも
ハーラン自身前科があり過ぎて説得力がない等、ツッコミ所が多く、虫のよさも鼻に付く。

これでは、良い評価は出来ません。

2016/03/26 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3564(33%) 普通:3766(35%) 悪い:3452(32%)] / プロバイダ: 29292 ホスト:29168 ブラウザ: 5213
まあ沈黙シリーズはこれもよりももっと酷かったシリーズもありはしますが・・・・・

スティーヴン・セガール氏はもうスーパースターですけど、序盤いきなり相手を良く
見ないで喧嘩売ってきた連中を軽くボコったからして「お約束」でしたよね。
セガール氏演ずる主人公がカジノの輸送金を輸送しようとしてハメられたとか、
職場の上司だったマックスが「実は生きてました」発動なんかも全く予想通りで
ここらももう少し捻った描き方してほしかったかなあでしたが、タイトル冠した割
には。利害で組んでいた黒人のアイスはそこそこキャラ立ってましたが、脱獄も
割とあっさりしていて、何か特段スリルとかあったわけでもなかったのもちょっと
駄目だったでしょう。その輸送時のカーアクションはそこそこ迫力ありましたけどね。

他の沈黙シリーズもそういう所あって・・・・・・・・主人公は義賊という設定
だったけど、やっぱ人間そう簡単には変われないんですね。「『いつも一つな真実』
にたどり着かんとする強靭なる意志」とか言えば聞こえは良いのでしょうが・・・・・・
髭はやした白人のおじさんに対してもちょっと痛めつけ過ぎだっただろでしたが、
その後の車ごと爆破した別のおじさんに対する仕打ちはいくら何でも擁護しかね
ましたね。

主人公の正義を押し通す為なら何をやっても許されるなんて、ご都合主義で普通に
底が浅いでしょでもあったけど、マックスはアイスをあと少しで始末なはずが弾切れ
でお陀仏と間抜けな最期だったし、どっかで聞いたような名前でもあったサンダース
もやる事こざかしく、さっさとヒロイン始末すれば良かっただろうに大物ぶって
結果主人公に・・・・・・・ともう沈黙シリーズがそういうのも分かってはいたつもり
ですが、それにしてももっと良い意味で憎たらしく見せような気すら感じられない
のもいい加減・・・・・・ですね。

最後主人公なりに罪滅ぼししていた様も描かれてはいましたが、それも予定調和の域を
大きく超えたものでもなく、アウトローなりのまた違った切り口を深く鋭く描いていた
レベルには遠いものだったでしょう。評価は「とても悪い」で。

2016/02/17 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2319(50%) 普通:1165(25%) 悪い:1166(25%)] / プロバイダ: 36209 ホスト:36373 ブラウザ: 5173
セガール無双が基本の「沈黙」シリーズで背景となる社会正義を取っ払うと単なる主人公マンセーになり下がる…。

脱獄モノの洋画では主人公は無実の罪で投獄されるのが定番ながら本作のハーランは前科有りまくり。
「俺は義賊だ。悪党からしか盗まない」等と言った所で不法侵入&窃盗の罪は罪だし
それで見つかって返り討ちの殺害では正当防衛など成り立たない。
現金強奪の片棒を担がされた件も「銃を突き付けられた」と言いながら突き付けられる前から車を発進させている。
そして味方になってくれた女刑事は(上層部の腐敗の方に関心があったとはいえ)何故か、これらの点に言及しないし
とってつけたような小児科病院への寄付でチャラというのはおかしい。

脱獄そのものもクール無敵の主人公様では緊張感ゼロ。
敵の凄さを強調するための黒魔術っぽいモノを持ちだしていましたが、さして機能せず。

本作の監督は「沈黙」シリーズをこの時期に数作、手掛けますが後の作品は多少、マシで
あまりの酷さに多少は反省したのでしょうか。本作の評価は「最悪」で。

この評価板に投稿する



2016/03/26 悪印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 29292 ホスト:29168 ブラウザ: 5213 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事 
ストーリーとても悪い(-2 pnt)
キャラ・設定とても悪い(-2 pnt)
映像普通(+0 pnt)
声優・俳優普通(+0 pnt)
音楽普通(+0 pnt)

もっと見る

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
または
[評価(?)] 最高! とても良い 良い 普通 悪い とても悪い 最悪
↑(全作品にて)8回以上評価しても「悪い」系統の評価しかない場合、又は「最悪」の比率が一定評価総数(20-30)超えても8割以上ある場合、非適切にバランスを欠いた評価者とみなして全評価削除の対象になり得ます。
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ