[海外映画]タイタニックの最期


たいたにっくのさいご / Titanic (1953)
RSS
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

ジュリア・スタージェスは、上流階級の夫リチャードを捨て、17歳の娘アネットと10歳の息子ノーマンを連れて実家のあるミシガンに戻るため、タイタニック号に乗船した。そんなジュリアを追って、半ば強引に乗船したリチャードはジュリアが子供たちを連れて行く理由を問い質す。

一方、遠征からの帰途にあったパデュー大学のテニス選手ギフはアネットに一目惚れする。

※ このあらすじ部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
監督:ジーン・ネグレスコ
脚本:チャールズ・ブラケットウォルター・ライシュリチャード・ブリーン
製作:チャールズ・ブラケット
音楽:ソル・カプランライオネル・ニューマン

※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
海外 (アメリカ):公開開始日:1953/04/11
最近の閲覧数
1001100000
この作品を海外映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2017/02/16 / 最終変更者:mosukuwa / 提案者:mosukuwa (更新履歴)

この評価板に投稿する





この作品に対するこの条件の評価・コメントはまだ頂いておりません。

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
または
[評価(?)] 最高! とても良い 良い 普通 悪い とても悪い 最悪
↑(全作品にて)8回以上評価しても「悪い」系統の評価しかない場合、又は「最悪」の比率が一定評価総数(20-30)超えても8割以上ある場合、非適切にバランスを欠いた評価者とみなして全評価削除の対象になり得ます。
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ