[海外映画]サウンド・オブ・ミュージック


The Sound of Music
  • 楽しい
  • ロマンチックな気分
  • 面白い
  • 考えさせられた
  • 感動
RSS
海外映画総合点=平均点x評価数50位5,204作品中総合点51 / 偏差値88.66
海外映画平均点101位618作品中平均点1.65=とても良い/31評価
1965年海外映画総合点1位20作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
音楽2.80(最高)10
キャラ・設定1.90(とても良い)10
声優・俳優1.80(とても良い)10
ストーリー1.70(とても良い)10
映像1.20(良い)10
楽しい80%8人/10人中
ロマンチックな気分60%6人/10人中
面白い60%6人/10人中
考えさせられた40%4人/10人中
感動40%4人/10人中
もっと見る
属性投票する
1965年 アメリカ
監督/製作:ロバート・ワイズ
脚本:アーネスト・レーマン
撮影:テッド・マッコード ポール・ピーソン
日本 公開開始日:1965/06/19(土)
海外 (アメリカ):公開開始日:1965/03/02
画像集サイト
1. http://homepage2.nifty.com/e-tedukuri/THE%20SOUND%20OF%20MUSIC.htm
16,9863131
最近の閲覧数
1000000311
1人の方がこの作品が海外映画として最高だと投票しています。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2013/07/24 / 最終変更者:アセチルサリチル酸 / その他更新者: DONP / TCC / 提案者:宝家義頼 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2013/08/08 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:7(88%) 普通:1(12%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 23023 ホスト:23014 ブラウザ: 5386
ミュージカルの最高傑作といって間違いは無いんじゃないかと思う映画。
私のお気に入りやエーデルワイス、ドレミの歌などの数々の名曲が作中に入っていて聞いているだけで楽しくなってきます。
ミュージカルの中でも自然に曲が入ってきているのですっと入り込める映画でした。
ミュージカルが好きでも嫌いでも1度は見てみるべき名作です。

2013/06/05 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:6713(87%) 普通:565(7%) 悪い:415(5%)] / プロバイダ: 36387 ホスト:36263 ブラウザ: 1975(携帯)
ブロードウェイの名コンビであるオスカー・ハマースタインⅡ世とリチャード・ロジャーズの最後のミュージカル作品を映画化。「ウェスト・サイド物語」のロバート・ワイズが製作と監督を手掛け、ふたたびアカデミー作品賞、監督賞を受賞しております。

ストーリーは家族コーラスで有名なオーストリアのトラップ一家の実話をもとにしております。ザルツブルク郊外の尼僧院で修行中のマリアは、妻をなくして、七人の子どもと暮らす退役海軍大佐トラップの家に家庭教師としてやってきます。厳しいしつけをする大佐に対して、マリアは子どもを自然のままに育てて、歌を教えていきます。最初は怒っていた大佐も明るい家庭に彼女の教育を認めるようになります。やがて、大佐に再婚話がおこり、いつしか大佐を愛し始めたマリアは尼僧院に戻ってしまいます。時代はナチス台頭期。ナチスに迎合的な婚約者のシュレーダー夫人に大佐は我慢できずに婚約を破棄、やっとマリアの愛に気づいて彼女と結婚します。ナチスを逃れて亡命を決意した一家は、家族コーラスで出場した音楽会場から自由圏へアルプスを越えて脱出するのです。

ワイズ監督は冒頭から空撮を用いるなど、スタジオにしばられてきたミュージカル映画を屋外へと解放してダイナミックな効果を上げました。それから、「ドレミの歌」や「エーデルワイス」などの歌曲も印象に残ります。

2013/02/05 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:144(51%) 普通:57(20%) 悪い:83(29%)] / プロバイダ: 21186 ホスト:21067 ブラウザ: 10809
『レ・ミゼラブル』がミュージカル映画興行収入歴代1位に、というニュースを受けまして。
私の中でミュージカル映画と言うとこの『サウンド・オブ・ミュージック』ですね。

楽曲はどれも素晴らしい。最後に皆で合唱した私も歌えるほどの名曲「エーデルワイス」はそのシーンで描かれた通りスタンディングオベーションものでした。
第二次世界大戦直前という時代背景の中、死ぬ人が一人も出なかったのも良かったです。

『菩提樹』も知ってますが、完結しているこっちの方が自分は好きですね。

2013/01/03 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:833(66%) 普通:171(14%) 悪い:250(20%)] / プロバイダ: 1165 ホスト:1082 ブラウザ: 5345
【良い点】

冒頭のジュリー・アンドリュースの見事な声量・歌唱力で、一気に作品に引き込まれてしまった。

そして後半は、
第二次世界大戦という大変に重い要素を盛り込んでいるにも関わらず、
決して重すぎず、かといって軽くなりすぎず、絶妙なバランスを保っていたのがお見事。

特に終盤の逃亡シーンは本当にハラハラしました。修道院のシーンは息を殺して見いってしまいました。

と思いきや、
「告白します。私は罪を」&「私も罪を」のシーンw。
あれは失笑するなと言う方が無理だろう(笑)

【悪い点】

・長い。
いくら名作とはいえ、175分はどうにも疲れる。

・これだけ「音楽」をテーマに盛り込んでおきながら、肝心のラストにそれが生かされていないのが実に惜しい。

【総合評価】

本作を鑑賞中に、

思わず
「口元が綻ぶ」、
「心躍る」、
「身体が動く」、
「口ずさむ」、

いったい何度これらの衝動に駆られたことか。

まさに“音楽の力"。

「エーデルワイス」など、まず誰もが一度は耳にしたことがあるであろう楽曲がたくさん流れます。

すると自然と心が動いてしまうのです。

個人的にお気に入りは、序盤の「ド・レ・ミの歌」のシーン。
映画を観てあれほど高揚したのは久しぶりです。

まとめ。
確かに、非常に古い&長編作品なので食わず嫌いしてしまう気持ちも分かりますが、

ぶっちゃけ、コレを観ずに死ねるかと断言してもいい作品です。

ミュージカル作品にほとんど触れたことが無い方ほど、尚のことオススメです。

2011/06/14 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:882(66%) 普通:353(27%) 悪い:93(7%)] / プロバイダ: 31188 ホスト:30920 ブラウザ: 17907
いくつか見てきたミュージカル映画の中でもおすすめな作品。
全ての山を登れとか、私のお気に入りなどコマーシャルなどでおなじみの曲もこの作品で使われていた曲だったんですね。
前半は大変明るく楽しい雰囲気、大佐とマリアの恋の行方が描かれています。前半だけだと出来はいいがありきたりなミュージカル映画ですが、後半はドイツに併合されたオーストリアを描いていて結構シリアス。
トラップファミリーが無事でいられるのか手に汗握る展開に目が離せません。
私のお気に入りは確かダンサーインザダークでも使われていたので、聴き比べてみるのもおもしろいかも。

2011/05/08 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 4239 ホスト:4410 ブラウザ: 11756
ミュージカルとして、恋愛ものとして両立させているのが良い点であると思います。マリアは音楽に影響力がある事、人を結び付ける事、やや大袈裟過ぎる部分がありますが歌の楽譜の意味等も知っていて人を動かす力がある事を説いています。現実には歌いながら街を闊歩したり、お休みのあいさつも少しくどいと感じる点もありますが、最初はとまどっていたのがこれだけ子供たちを一体化させるとはと言う驚きも感じます。
歌=解放、歌と堅さは相反する物だと言っていて、人を結びつけると少し強調しすぎではありますが、子供達はそんなに問題児ではない。親の気を引くためですから。

ゲオルグが複雑な問いをされるシーン。美しい風景は人を変えると言っている事で孤独が感じ取れます。

結構寂しがり屋で恥ずかしがり屋な一面もあり、マリアに家庭教師としてではなく戻ってきてほしいと少しずつ言う場面の表現がなかなか上手いです。

口論が凄いのですが随分あっさり折れたなという気もします。

でもエーデルワイスを演奏するシーンはあんなに頑固だった人がと言う気持ちでした。ギターを抱いて歌っている事に気持ちが表れています

その一方でオーストリア併合や子供達を演奏会に出さないシーン等で頑固さとはまた違う一本筋の通った人間性が見えます。

ナチスから逃げるシーンが本当に同一の作品なのかという程の緊迫した展開でした。

ただマリアと子供だけで逃げればそれでいいと言うのは疑問でもあるのですが。

[推薦数:2] 2011/01/05 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2176(50%) 普通:1092(25%) 悪い:1090(25%)] / プロバイダ: 36209 ホスト:36373 ブラウザ: 6425
【良い点】
演出(=歌)と脚本(=歌以外の会話)。

互いの心の結びつきやキャラクターの感情を表現する上での歌の使いどころは非常に上手い。
10人以上の家庭教師を追い出してきた悪ガキ(笑)達が短期間でマリアに傾倒していくのは
普通の映画として描けば説得力が乏しくなってしまう所を美しい風景の中で皆で歌う事で観る者を納得させるのが凄い。
他にも冒頭でマリアのキャラクターを歌っていたシスター達が結婚式で同じ歌を歌うのは「手がかかった分、可愛い子がいよいよ嫁入り」的だし、
長女が恋人と共に歌っていた曲を失恋からの立ち直りで再使用など無駄に使われている曲は殆ど無い。

また通常の会話もユーモアと味があって面白い。
核心をつく言葉がズバリと出てきたかと思えば、キャラ同士が駆け引きを楽しんでいるようなやり取りが随所に見られもする。
トラップ大佐などアニメ版「トラップ一家物語」等では真面目一辺倒という趣なのに対して
本作では時に軽いノリ、時に陰険な一面もある事が本質である熱い性格を上手く際立たせている。

【悪い点】
尺の問題がある分、兄弟の個性の描写は不充分。
大佐が男爵夫人との婚約を破棄してマリアに求婚するまでの展開も唐突。

【総合評価】
以前に観た「オペラ座の怪人」は、頼むから普通に会話してくれ〜と思いながらの鑑賞でしたが、
本作はミュージカル映画の良い意味の見本作として楽しめました。

2010/11/24 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:494(44%) 普通:197(18%) 悪い:428(38%)] / プロバイダ: 7763 ホスト:7452 ブラウザ: 8737
子供の頃何度も見た
歌も結構口ずさんだ

今は内容を完全には覚えていないけど、当時はとても面白かった

2010/10/14 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:670(88%) 普通:60(8%) 悪い:33(4%)] / プロバイダ: 15050 ホスト:14795 ブラウザ: 3876
名作にしては評価が低いです。所謂私ミュージカル駄目な方で、しかし最近やっと面白さが分かってきて楽しいとかんじるようになりました。ミュージカル見て笑ってしまう人はミュージカル駄目なんです。2つの見方があって、きちんと笑って欲しいミュージカルと、楽しげ(感情の高ぶりを歌で表現する)だと取るミュージカルが有ると思います。この作品は後者だと思います。楽しいから思わず歌って表現しちゃうのです。だから悲劇でこれやられるとまだミュージカルみるの私苦手だと思います。

子供達のくくーくーってのが私は好きです。可愛らしくて楽しげです。ミュージカルじゃなくて、まんま歌ってるのですけど。

劇として歌ってるのは二人の若い恋人の庭なのかお花畑と言うそこでの密会です。これは良かったです。

ミュージカルとしてではなく単純にキャラとして面白かったのは子供たちを笛で呼ぶお父さんです。この人が本当は良い人で誠実で思いやりの有る人だというのを知るのは後なのですけど、この時はなんて非人間的な奴だと思いました。良い演出でした。

この作品主人公無しには成り立たない。終始楽しげそれが画面から満ち溢れてきます。それゆえそれだけ楽しいのは歌で表現しなくてはねと言うのが、自然に見られる主人公でした。

演技には二つの考えがあると思います。虚構の世界でリアルな人間像を作り出す演技、虚構の世界で見る側に興味を持たせる演技。私は圧倒的に前者の演技が好きなのですが、漫画と実写を分けて考えた居たのでそうなってしまったのですが、最近表現方法としてみた場合、良く似たところが有ると思いました。漫画的なのがミュージカルかと思います。今でも漫画的表現を多用した実写には抵抗がありますが、おもしろい作品を作るそういう観点で見た場合どちらの演技も価値観として統一可能だと感じます。

2010/01/28 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:274(39%) 普通:189(27%) 悪い:243(34%)] / プロバイダ: 4123 ホスト:4108 ブラウザ: 7351
ジュリー・アンドリュース主演ではディズニーのメリーポピンズの方が好きだがこの作品も素晴らしい出来だと思います。
小さい頃観て感動し、何度も見直した記憶があります。

この前少し調べてみたら、本物のマリアさんがえらい男前な顔立ちで少しショックでした。
このサウンドオブミュージックにもご本人がエキストラとして出ているみたいですね。(一時停止して拡大しても判別できませんでしたが・・・)

まぁ、この当時はウエストサイドストーリーや、先に上げたメリーポピンズなど、ミュージカル映画に傑作が多いですね。

2010/01/27 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2726(60%) 普通:765(17%) 悪い:1065(23%)] / プロバイダ: 15738 ホスト:15795 ブラウザ: 6404
歌を歌う事の楽しさと素晴しさ。
この作品を視聴して最初に伝わるものは、この2つです。

内容は、冒頭でマリアの歌声が響き、修道女達がマリアに手を焼く修道院の日常が映り、
院長にトラップ家に行く様に言われたマリアがトラップ家に向かうと言う流れで話が進みます。

歌を通じてマリアとトラップ家の子供たちが打ち解けてゆく光景等でマリアたちが歌う歌は、「ドレミの歌」を筆頭に
歌う事の楽しさに満ち溢れたものばかり。

更にマリアと大佐の結婚後、ナチスの手に落ちたオーストリアに響いた「エーデルワイス」も、歌の素晴しさを見事に体現していました。

2009/08/24 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:268(51%) 普通:86(17%) 悪い:167(32%)] / プロバイダ: 28815 ホスト:28922 ブラウザ: 9739
【良い点】

奔放なマリアを軸に、家族愛が上手く描かれていると思います。
歌いやすい音楽(合唱部の文化祭の出し物にも使いました)、美しい風景、コミカルな展開と見やすい作品です。
個人的には、冒頭にシスター達がマリアの非常識っぷりを歌い上げるのに笑いました
(しかも、もう1度結婚式の時にもその歌が出て来るので大笑い)。

【悪い点】

これを完全な「実話」だと思う人が多いことですかね。
実際のトラップ一家は賛美歌などを歌っていたそうなので、この映画の歌をリクエストされて困ったとか・・・。

【総合評価】

終盤のナチスから逃げる場面は、かなり好きです。
友人がバッチリ協力しているのに、素知らぬ顔で司会をしているので「何も知らない」顔が出来る作戦が上手いと思いました。
長女のボーイフレンドのまさかの裏切りも、作中時代を反映していてよかったと思います。
評価は「とても良い」で。

2008/05/14 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:73(39%) 普通:68(36%) 悪い:47(25%)] / プロバイダ: 15816 ホスト:15641 ブラウザ: 8090
【良い点】
◎言うまでもなく音楽!
◎マリアが可愛い
◎ピクニックで幸せそうな兄弟達
◎皆で夜逃げする場面は泣ける

【悪い点】
◎昔の映画だから仕方ないけど音が悪い

【余談】
マリアと大佐の仲は本当はもっとドロドロしたものだったと思います。
子供の数も違うし。
あんなに有名な合唱コンクールで優勝したのはどういう理由か気になる。
同情とか素敵なファミリーだからとかそういった理由なんでしょうか?
それとも本当にLVの高い歌だったのか…
とにかく歌は全て良し!
覚えやすいメロディ★

2008/02/16 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:105(78%) 普通:11(8%) 悪い:19(14%)] / プロバイダ: 3975 ホスト:4015 ブラウザ: 2982
【良い点】
マリアを演じるアンドリュースさんがすごくぴったり。
歌もみんなが知っている歌ばかり。
ドレミの歌、エーデルワイス、もうすぐ17才など。他にも羊の歌も好きです。1960年の映画とは思えない映像の綺麗さ。
【悪い点】
ストーリー部分はちゃんと書いてあるが途中ちょっと退屈。

【総合評価】
ミュージカルはどうも見る気にならなかったがこれを見て良く見るようになったがこれを越えるミュージカルはまだ出会っていないです。

2008/01/17 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:61(58%) 普通:4(4%) 悪い:40(38%)] / プロバイダ: 35633 ホスト:35593 ブラウザ: 5234
この映画、前に音楽の授業で先生に「面白い」とかいわれて、見せられました。
感想は・・・まぁ面白かったと思いますが、ここが良い!と言うところがなかったような気もします。

もっと読む

「ジュリー・アンドリュースの名を世に知らしめ、尚且つ日本でも馴染み深いものになった幾つもの名曲を知らし...」 by 宇宙刑事ジャンギャバン


次のページを読む

この評価板に投稿する



2018/08/21 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 2401 ホスト:2379 ブラウザ: 11659 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事ロマンチックな気分/可笑しく笑える/楽しい/悲しい/考えさせられた 
ストーリーとても良い(+2 pnt)
キャラ・設定とても良い(+2 pnt)
映像とても良い(+2 pnt)
声優・俳優とても良い(+2 pnt)
音楽最高(+3 pnt)

もっと見る
1. 洋画と名作劇場 by 十傑集
... て「サウンドオブミュージック」が放映されていました。 世界名作劇場で、この作品を題材にした「トラップ一家物語」(1991年)では服装や建物のデザインがほぼ同じに設定されています。 これは別にファンサービスでも何でもなく設定資料として、この超有名作品が用いられたというだけ。 =window_width){this.width=window_width*0 ...
記事日時:2015/10/12
2. キャバレー by スー
... ・ザット・ジャズ』ボブ・フォッシー。 ナチ台頭下の時代を舞台にしたミュージカル映画。 『サウンドオブミュージック』とくらべてしまいますが、まあこれはこれでいいんじゃないかな。 踊りも性的で危険な感じで狂言回し的な意味を持ちサウンドオブミュージックとは全く違っていてこういう描きかたもあるのかと。 この作品が気に入った方は『オール・ザット・ジャズ ...
記事日時:2012/07/31 [表示省略記事有(読む)]
3. 「となりのトトロ」曲集に苦戦 by KOS-SUI
... のトトロのテーマ」は#、♭がかなり多いうえに、自分が映画中に聞いた感じと違う。 それから「ハウルの動く城」の「人生のメリーゴーランド」もやるんですが、これも地味に難しいな…。 久石譲に苦戦してる。 逆に「パイレーツ・オブ・カリビアン」曲集はめっちゃ簡単でしたね。音は忙しいけど、特に仕掛けがない…。 「サウンドオブミュージック」も簡単です ...
記事日時:2012/07/14
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
または
[評価(?)] 最高! とても良い 良い 普通 悪い とても悪い 最悪
↑(全作品にて)8回以上評価しても「悪い」系統の評価しかない場合非適切にバランスを欠いた評価とみなして削除されます。
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ