[海外映画]センチネル(1977年版)


G(全年齢対象)

The Sentinel 1977
RSS
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

ニューヨーク在住のファッションモデル・アリソンは、弁護士の恋人マイケルと幸せな日々を過ごしていた。
或る日、父が急逝しボルチモアの実家に戻ったアリソンは、そこで思い出したくなかった過去の経験をフラッシュバックとして目撃する。
葬式から戻ったアリソンは不動産仲介人ミス・ローガンの勧めでブルックリンの古風なアパートメントを借りる事になったが、
その最上階の窓辺にはいつも盲目の神父が立っていた。アリソンの仕事は順調だったが、次第に体の調子が悪くなっていく。
そんな彼女へアパートメントの住人は歓迎パーティを開いてくれるが、そこにはアリソンと神父以外に誰も住んでいなかった事が判明する…。
●スタッフ
原作:ジェフリー・コンビッツ
製作・脚本:マイケル・ウィナージェフリー・コンビッツ
監督:マイケル・ウィナー
日本 公開開始日:1977/06/11(土)
海外 (アメリカ):公開開始日:1977
プロモーションビデオ (1個)
The Sentinel (1977) - Official TrailerThe Sentinel (1977) - Official Trailer
最近の閲覧数
110010682217
この作品を海外映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2021/01/13 / 最終変更者:霧の童話 / 提案者:霧の童話 (更新履歴)

この評価板に投稿する




1. ガンダム幻の対決 by 634
... Oだったら、当然THE-Oの方が上ですが(νガンダムだったら、逆にシロッコの方が勝負にならないけど)、アムロは地上、シロッコは宇宙なので、相まみえることはありませんでした。 MSのハンディ差を埋める為、アムロがガンダムMk-Ⅲ(因みにB-CLUBの漫画では、アムロはMk-Ⅲに乗っていた)や、『センチネル』のZー ...
記事日時:2018/03/31 [表示省略記事有(読む)]
2. 知ってて当然、知らなくて当然 by 下田の里
... 得た訳ではなく、彼の父親であるイオリ・タケシ氏による英才教育の賜物であろう事は容易に推察できる。 で、セイの父親であるタケシやランバ・ラルさん、珍庵辺りは「機動戦士ガンダム」以降の作品をリアルタイムで観ていたであろう事は想像に難くなく(最終回の規格外の強さを観るまでも無い)、それこそ「ガンダムセンチネル」「機動戦士 ...
記事日時:2014/07/20
3. スケルトンとは by クラシ
... のだろうか> ビックの企画なのか家電量販店向けの販促なのか。 でもヨドバシにはなかったなぁ つうかエイトプリンスのヨドバシって下りエスカレーターもないし手狭だし、地元の人は重宝しただろうけどビックができちゃったら駅直結じゃない店舗としては大変たろうな以下11/3追記 ガラット グランゾート グレンラガン ガンダム Zガンダム センチネル 以下11/ ...
記事日時:2013/09/06 [表示省略記事有(読む)]
[もっと見る]

この作品に対するこの条件の評価・コメントはまだ頂いておりません。

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ