[海外映画]くるみ割り人形


くるみわりにんぎょう / The Nutcracker in 3D
RSS
海外映画総合点=平均点x評価数3,575位5,176作品中総合点0 / 偏差値47.65
2010年海外映画総合点99位184作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
音楽1.00(良い)1
声優・俳優1.00(良い)1
映像0.00(普通)1
キャラ・設定-1.00(悪い)1
ストーリー-1.00(悪い)1
セクシー0%0人/1人中
可愛い0%0人/1人中
熱血0%0人/1人中
勇気貰った0%0人/1人中
涙流した0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
2010年英、洪製作
配給:フリースタイル・リリーシング シネマーケットフィルム
[スタッフ]
監督・脚本・製作:アンドレイ・コンチャロフスキー

※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
海外 (アメリカ):公開開始日:2010/11/24
1,63522
最近の閲覧数
1000000200
この作品を海外映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2018/12/24 / 最終変更者:634 / 提案者:怪盗乱馬 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2018/12/24 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3702(33%) 普通:3936(35%) 悪い:3568(32%)] / プロバイダ: 6908 ホスト:6505 ブラウザ: 8289
今年で没後125年となるチャイコフスキー、当然彼の代表作であるくるみ割り人形も何度も実写化されている様ですが・・・・・・・

最初は面白そうだと感じました。まあ夢の世界に迷い込むって、不思議な国のアリスとか聞いた様な設定だったのであり、ミュージカルな一面もありましたが、敵味方双方ともにノリノリで楽しそうだなあというのはまあ伝わったし、先日地上波放送されていたわたしを離さないでにも出ていたけど、くるみ割り人形役の、当時子役だったチャーリー・ロウ氏も演技は堂々としていてかなり上手かったです。

しかしですね・・・・・・・・・・・・カメラワークもどうも単調に感じられましたが、何よりもその敵方の描写でしたね。共に第二次世界大戦で交戦、または圧力で枢軸国にくわった国が製作したのだからある意味納得ではあったけど、敵方のねずみ軍、軍服と言い、ヘルメットと言い、ほぼまんまナチスじゃん!!いや勿論ホロコーストとか軽々しく否定なんかしないし、ナチスの悪行を擁護するつもりなんてさらさらないけど、底が浅いと言うか、あざとかったですね。何だか他人の褌で相撲取っている感じもしたけど、ネタにもならなかったです。

どうやらこのねずみの王とかは正体はねずみそのものだった様で、勝ちはしたけど、「バイバイ」とも言われて逃げられてしまったのもどうもあまり歯切れ良くなかったです。と言うか、あの世のチャイコフスキーもこんな脚色望んでいたのでしょうかね?

興行収入は製作費の1/5も取れなくて大赤字だったらしいですが、金だけ無駄にかけて結局悪い意味で子供向けな出来に仕上がってしまってはそれも無理もなかったでしょう。評価は「悪い」で。

2013/09/24 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1443(50%) 普通:0(0%) 悪い:1458(50%)] / プロバイダ: 145 ホスト:89 ブラウザ: 4936
あまり話題になってなかったと思うし、ハリウッド映画でもないからもっとB級というのかしょぼくてそんなに金もかけてないだろうな〜ぐらいに思っていたんだけど、意外や意外にめちゃくちゃしっかりした作品だった。

映像面もハリウッド顔負けで普通に良く出来てるし、最初はおとぎ話っぽいゆるい展開から始まるけど最後の方なんかはどんどん展開も早くなっていて迫力満点の見応えある映像面になっていた。

CGなのかずっと人間の隣りに人形が付き添うけど全く違和感がなかったし、普通ハリウッド外だとCGが浮いたりCG自体が安っぽかったり確実に違和感があってそれだけでテンションが下がるというか、特にこういうファンタジーの世界観の作品ではなかなか溶け込めなかったりするけど、メイクにしろ背景にしろそこそこ金かけてるんちゃうかっていうぐらい良く出来た作品だった。

だからこそ世界観にも入り込めたし、映像面も綺麗で夢の世界やおとぎの世界というような世界観が生きてきた。
現実世界との差もあるからいっそうおとぎの世界が輝いていて、少女らしいというのか子供向けで子供の時に観たいと思わせてくれた。

そういう夢の世界というのがしっかり生きていて、それは映像面だけではなくエル・ファニングのキャラ描写もあって、真っ直ぐで一生懸命で夢を一途に信じ続けるところに感謝移入し易いし、自分の子供時代もそうだったなと重ねる事が出来る。

1つの狙いは多分そこにあって子供時代を思い起こさせてくれるというか、そういう子供のキャラ描写っていうのがある意味単純なんだけど丁寧に描かれていた。

ストーリーも良い意味で単純で分かりやすいから入り込み易いし、個人的にはずっとおとぎの世界にいるのではなくて一旦現実の世界に戻ってくるっていうのも良かった。
そこで夢の世界から覚めて比較する事によってより明確にファンタジーの世界が濃くなってくるし、また行きたいとかまた戻りたいとか思わせてファンタジーの世界に心を引き寄せる。
それと夢を信じなくなった大人(父)を出す事によって、子供との違いを見せより子供に感謝移入させる事が出来る。

そこ含めて単純ながらも展開がはっきりしていたから退屈することなく子供向け作品ながらも楽しむ事が出来た。

陽気なキャラクターで場を盛り上げたり、ちょっとミュージカルっぽいのを入れたりしてるのも面白かった。

人形のキャラクターも良かったし地味に演技(声)も上手かった気がする。

作中にあるけど単なる小石だけで夢を見れた子供時代がめちゃくちゃ共感出来た。

EDのくるみ割り人形の音楽も良くて改めてちゃんと聴いたというか、内容や世界観があってこのED曲に繋がってくるから心地よくて心に染み渡る感じがして、このED曲までが作品で全体的にまとまった作品だった。

あと主演はダコタ・ファニングの妹のエル・ファニングだけどやっぱり幼い時のダコタ・ファニングにめちゃくちゃ似てる。
顔だけではなくて仕草とか演技とかが本当に重ねて見てしまった。
スーパー8の時はもっと大人っぽくなってるからそれ程ではなかったんだけど。

最初は期待していなくてなんとなしに観たんだけど、やはり期待して見るとイマイチな事が多くて逆に期待しないで見ると良い意味で裏切られるというか良く感じる事が多くて、これも予想を遥かに超えて大いに満足いく作品だった。

最初のゆるい展開からの最後の方の迫力ある展開への盛り上げ方は一流のエンターテイメントだった。

この評価板に投稿する



2018/12/24 悪印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 6908 ホスト:6505 ブラウザ: 8289 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事 
ストーリー悪い(-1 pnt)
キャラ・設定悪い(-1 pnt)
映像普通(+0 pnt)
声優・俳優良い(+1 pnt)
音楽良い(+1 pnt)

1. 銀河英雄伝説のエピソード順位 by 凸立
... 〕 地球教総大主教〔ヘンデル:管弦楽のための二重協奏曲第3番 第3楽章〕 エンディングテーマ〔旅立ちの序曲 instrumental〕 本編第3期 DISC4 ヤンとフレデリカの結婚式〔ヘンデル:「水上の音楽」組曲第2番 ニ長調〕 ヤンとフレデリカの新婚旅行〔グリーグ:「春に」〕 カーテローゼ・フォン・クロイツェル登場:〔チャイコフスキー:くるみ割り人形〕 ユリアン ...
記事日時:2016/12/18
2. 11/28漫画レビュー(くーねるまるた、タフ外伝) by ゴーグル侍
... 53号 くーねるまるた(高尾じんぐ) 絵画教室の美智子さんの姪っ子の麻衣ちゃんは今度のバレエの発表会で金平糖の精を踊る事になりましたが、以前同じものを踊った時に失敗した事に対してトラウマになっていましたが、マルタさんが麻衣ちゃんをくるみ割り人形のストーリーに沿って励ました所が良かったです! 金平糖の精は本来はドラジェの精だ ...
記事日時:2016/11/28
3. バカですから音楽編実践版(四月は君の嘘)=たぶん後半 by 37moto
... 公生です。彼はこの曲を通じて、病床で演奏を聴くことになるかをりに何を伝えようと願うのでしょう。汚れを知らないオーロラの 幸せ、悲劇から救われるオーロラの姿、あるいはオーロラは16歳だから、かをりも…。 もしかすると、そのどれでもないのでしょう。では、何を伝えるのか? そう、「白鳥の湖」は論外として、「くるみ割り人形」のワ ...
記事日時:2015/01/16
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
または
[評価(?)] 最高! とても良い 良い 普通 悪い とても悪い 最悪
↑(全作品にて)8回以上評価しても「悪い」系統の評価しかない場合、又は「最悪」の比率が一定評価総数(20-30)超えても8割以上ある場合、非適切にバランスを欠いた評価者とみなして全評価削除の対象になり得ます。
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ