[海外映画]ネスト


The New Daughter
RSS
海外映画総合点=平均点x評価数5,142位5,411作品中総合点-4 / 偏差値44.07
2011年海外映画総合点185位192作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
音楽0.33(普通)3
映像0.00(普通)3
声優・俳優-0.33(普通)3
キャラ・設定-1.00(悪い)3
ストーリー-1.33(悪い)3
道徳心&モラル33%1人/3人中
怖い33%1人/3人中
びっくり33%1人/3人中
セクシー0%0人/3人中
可愛い0%0人/3人中
もっと見る
属性投票する
2009年米製作
配給:プレシディオ
監督:ルイス・ベルデホ
製作:ポール・ブルックス ガイ・ダネラ ブラッド・ケッセル ジョナサン・ショア
日本 公開開始日:2011/01/22(土)
海外 (アメリカ):公開開始日:2010
プロモーションビデオ (1個)
映画『ネスト』予告編映画『ネスト』予告編
1,91666
最近の閲覧数
1210110001
この作品を海外映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2019/10/24 / 最終変更者:634 / 提案者:怪盗乱馬 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/07/03 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2882(60%) 普通:816(17%) 悪い:1135(23%)] / プロバイダ: 5395 ホスト:5542 ブラウザ: 8277
これ、ホラーと言っていいのか、モンスター物と言っていいのか。
これは、この作品を視聴した時、脳裏を過った言葉です。

話は、妻が男を作って逃げられた作家のジョンが息子と娘を連れて人里離れた一軒家に引っ越すところから始まります。

それ以降は、越したばかりの家の廊下に足跡を発見、ピアノの中から銃を見つけるサム、泥だらけのルイーサ、
奇妙な音を聞いてジョンが車から降りて車に戻ると窓ガラスに穴が開く等、奇怪なことに遭遇するジェームズ一家、
ルイーサの豹変、サムが聴いた蟻の話、買った家の前の持ち主に会うジョン等のヒントを見せながら
サスペンス色の濃い話を展開させていきます。

しかし、家の近くにある塚の正体、ベビーシッター、警官、担任を殺った犯人が姿を見せた辺りでその色が消えてしまう上、
一家に影響を与えた逃げた妻が話に絡まない、未解決のままラストを迎える等、詰めも甘い。

その為、評価は「悪い」です。

2018/06/15 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:494(78%) 普通:88(14%) 悪い:53(8%)] / プロバイダ: 29068 ホスト:29177 ブラウザ: 5171
妻が、男と逃げてしまったので、娘と息子と人が、いなさそうな所に引っ越してきた主人公・・・・
話は、ゆっくり進み徐々に娘の異変に気付く・・・近くに変わった塚が、あり父親があそこに行っては、いけないと言っても娘は、行ってしまう。
何者かに襲われそれが、塚にいる地底人ときづくが、気づくのが、遅くたぶん見せはしないが家族全員亡くなったと思います。地底人・・・・泥人形の様で、エイリアンより可愛くない・・・
小さい息子だけは、生きてて欲しいな・・・・
まあまあ面白かったです。

【総合評価】
良いで、お願いします。

2015/04/12 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:7745(87%) 普通:662(7%) 悪い:475(5%)] / プロバイダ: 21970 ホスト:22080 ブラウザ: 1975(携帯)
田舎にある大きな家に移り住んだ親子が奇妙な怪奇現象に悩まされるといういわゆるサイコスリラー物といったところでしょうか。

妻と離婚した主人公がお年頃の娘と幼い息子を連れて田舎町の人里離れた大きな一軒家に引っ越して新しい生活を始めるわけですが、何日か過ごしていくうちに徐々におどろおどろしい感じが出てきたのが特徴的でしたね。

娘のルイーサは典型的な反抗期でなにかと父親に対して反発していたりとツンツンしておりましたが、学校では性格の悪い陰湿な学友にいじめられていたり、また何よりも父親が母親と離婚したことについて、母親が自分のことを捨てたと思い込んでえらく傷ついていたりと、バックボーンもそれなりに掘り下げられていたと思います。

しかし、主人公が雇ったお手伝いさんはただ、職務を全うしていたのに化け物に襲われて惨殺されてしまったり、それから学校の先生も何も悪いことしていないのに主人公に頼まれて家に来ただけなのにその化け物の犠牲になってしまったりで、なんだかいろいろと引っ掛かる部分の多い作品でした。ラストもあれ?もう終わり?という感じでちょっとすっきりしなかったですね。

評価は「悪い」とさせていただきます。

2014/07/05 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3383(33%) 普通:3553(35%) 悪い:3315(32%)] / プロバイダ: 1096 ホスト:859 ブラウザ: 7465
ケヴィン・コスナー氏主演作としては最近の映画でしたが、切り口自体は悪くは
なかったと思います。

小説家だった主人公と、難しい年頃だったルイーサと子役の子の演技が上手かった
サムの「親子の絆」を、地底人という不気味な存在を通して再確認し、上手くいかない
事があってもそれを乗り越えていく「強さ」とかを描こうと思ったのでしょう。

特にルイーサの様子の方に重点が置かれていて、彼女をイジメていた、普通に
性格悪かった(苦笑)パツキンの姉ちゃんが骨折程度で済んだのはちょっと一味
違った「学習料」だったのかもで、陳腐ですが、テンポが悪かったです。
ルイーサが明らかに異変な様子を見せ、警察が駆けつけたのはもう残り3分の1
前後まで終わった所でしたが、その他も悪徳不動産や考古学者等俗物な脇役達が
中途半端に絡んできて、やや散漫になりがちなきらいもありました。

そして終盤にますます近づいて、いよいよその地底人が姿を現しましたが、彼も
中途半端にグロいだけの、見ていて面白くもなんともない造形で、別に地底人じゃ
なければいけないという必然性が弱かったです。これで最後の結末が良ければ
まだ「終り良ければ全て良し」とも思えなくもなかったでしょうが、これも何だか
投げやりに考えたような始末のつけ方で、結局最後まで微妙な展開でした。

要するに、「勿体ぶっていたのに『じれったさ』と『歯がゆさ』をおぼえた、
家族愛としてもホラーとしても中途半端な一作」でしたね。コスナー氏も、近年
パッとしないのは決して氏だけの責任ではないですが、「パーフェクトワールド」等
名作も何作もあるだけにもう一花咲かせていただきたいものです。本作の評価は
「悪い」ですが、「エージェントライアン」や「ラストミッション」等に期待したい
所です。

2014/02/08 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:629(59%) 普通:268(25%) 悪い:171(16%)] / プロバイダ: 19904 ホスト:20179 ブラウザ: 7902
【良い点】
・前半の雰囲気
・サム役の子役

【悪い点】
・クリーチャーが微妙
・全然怖くない

【総合評価】
ホラー映画としては中途半端な出来だったと思う。
前半の雰囲気はそれなりに引き込まれるものがあったが、話しの内容が見えてくると
興ざめしてしまい、結末もひねったつもりなのだろうが、あまり効果が無いように思える。

2012/07/15 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1395(50%) 普通:0(0%) 悪い:1412(50%)] / プロバイダ: 16070 ホスト:16062 ブラウザ: 2907(携帯)
雰囲気とか怖さとかは良かったし魔物のデザインも良かったし、それを引き立てる演出とかネタとか謎も面白くて途中までは引き込まれたんだけど、結局色々中途半端だし終わってみればグダグダだったし終わり方が最悪だった。
ありきたりなネタではあるし雰囲気にしろ一つ一つのシーンやネタにしろどこかで見たことあるようなネタを寄せ集めただけなのかなと思ってしまう。
背中の傷も土を掘っていたのも父娘の関係性も弱い意味はあるんだろうけど、中途半端で見せかけだけで置き去りにしてしまっているように見える。

本来だったら謎を解決したり前に住んでいた住人の事件と重ね合わせたり、父と娘の関係性を取り戻したりするようなオチに持って行かなきゃダメだしそれで話はまとまるんだけど、一人にしないとか前の住人は娘を見捨てたからというネタだけを置いて投げやりな感じになってしまったように見える。

最後まで引っ張った割に点と点が結べていないし、最後は盛り上がりにも欠けたし散らかしたまま終わって行った。
まとまるかどうかはともかく最後はもう一つ展開とか何か欲しかったし、最後にして安っぽさが全開に出てしまった。

この評価板に投稿する



2015/04/12 悪印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 21970 ホスト:22080 ブラウザ: 1975(携帯) [編集・削除/これだけ表示]
感じた事びっくり/道徳心&モラル 
ストーリーとても悪い(-2 pnt)
キャラ・設定とても悪い(-2 pnt)
映像良い(+1 pnt)
声優・俳優良い(+1 pnt)
音楽良い(+1 pnt)

もっと見る
1. 2017年観賞映画 by OYJAR40
... ? ・ベイビー・ドライバー ・ワンダーウーマン ・3度目の殺人 ・東京喰種 トーキョーグール ・トランスフォーマー最後の騎士王 9月 ・ダンケルク ・エルELLE ・この世界の片隅に 生コメンタリー上映:新作ではありませんが、上映の仕方が 非常に個性的。片渕監督の解説付き上映。 10月 ・響け♪ユーフォニアム 届けたいメロディ ・散歩する侵略者 ・エルネスト ・猿の ...
記事日時:2018/01/08
2. アルトネリコ by 遊戯
... 見れますけど、 シナリオが進むにつれて、次第と内容が変化して行くのは好きでした 特に、オリカやミシャに対しては、「これからもよろしくな!」的なことが最終段階で書いてあって(確か記憶では...)、 あぁいうの見ると、彼が好きになりますね(彼自身の優しさの演出も非常に丁寧でした) (2)オリカ・ネストミール 「アル ...
記事日時:2016/12/19
3. ウルトラ母艦 by 634
... ので、こういった点でも円谷は東映よりも十年時代の先を行っていたと思えます。そういう母艦類や、母艦に該当するメカを挙げると・・・ 1タックファルコン 2スカイホエール 3マッキ-1号 4スーパーマードック 5ウルトリア 6スペースマミー 7スカイハンター 8アートデッセイ 9スカイシャーク 10クラーコフ 11ピースキャリー 12ダッシュマザー 13フェニックスネスト 14スペースペン ...
記事日時:2016/02/01
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ