[海外映画]ラストスタンド


R15+(15才以上対象表現有)

The Last Stand
  • 格好良い
  • 面白い
  • 熱血
  • 楽しい
RSS
海外映画総合点=平均点x評価数737位5,012作品中総合点6 / 偏差値52.49
2013年海外映画総合点10位230作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
声優・俳優2.00(とても良い)4
映像1.75(とても良い)4
キャラ・設定1.50(とても良い)4
ストーリー1.50(とても良い)4
音楽0.50(良い)4
格好良い100%4人/4人中
面白い75%3人/4人中
熱血50%2人/4人中
楽しい50%2人/4人中
可笑しく笑える25%1人/4人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

極悪犯コルテスを極秘で護送する車が、彼の仲間たちに襲撃される事件が発生。時速400キロメートルという圧倒的スピードとパワーを誇る車を駆り、コルテスらはメキシコ国境へ向けて爆走する。FBIはパトカーやヘリコプターを駆使し総力を挙げてコルテスを足止めしようとするが、最新鋭の銃火器を備えた彼らに太刀打ちできず、追跡隊は壊滅状態。コルテスたちの進路となっている小さな田舎町で保安官を務めるオーウェンズは、町にある武器をかき集め、住人らと共に迎撃の準備を整える。

知事職を辞し、俳優業へ戻ったアーノルド・シュワルツェネッガー10年振りの主演作(シネマトゥデイ抜粋)。
2013年米制作
配給:松竹ポニーキャニオン
監督・美術キム・ジウン
製作:ロレンツォ・ディ・ボナベンチュラ
日本 公開開始日:2013/04/27(土)
海外 (アメリカ合衆国):公開開始日:2013/01/18
2,35666
最近の閲覧数
1111030030
この作品を海外映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2018/12/14 / 最終変更者:634 / 提案者:634 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/09/24 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2893(60%) 普通:819(17%) 悪い:1140(23%)] / プロバイダ: 5395 ホスト:5542 ブラウザ: 8286
アーノルド・シュワルツェネッガーも、歳を取った。
これは、この作品を視聴して先ず実感した事です。

話は、黒いマシンが時速300キロオーバーで駆け抜ける所から始まり、保安官のレイが休暇中に町の住人たちや仕事仲間に
声をかけている時に怪しいトラック乗りを見かける、護送中の麻薬王コルテスが逃亡、女性捜査官を人質に黒いマシンに乗り込む
と言う具合に進行します。

作品自体は、アーノルド・シュワルツェネッガーの知事から俳優への復帰第1作で、SWATを乗せた車と車の隙間を高速で通過、
高速でコーナーを曲がる等、前半はカーアクション後半は銃撃戦、肉弾戦がメインで、シュワルツェネッガーのアクションも
建物の屋上から賊と飛び降りる、コルテスと1対1でしあう位で、若い頃と違って身の丈に合ったものになっています。
加えて、太った体にテンガロンハットが特徴のフィギー、武器マニアのディンカム、店で朝食をとる老人コンビ、
賊を背中から撃った老婆等、個性的な人々も田舎町に無理なく溶け込んでいました。

コルテスが国境越え目前でレイに買収を仕掛ける前半が嘘の様なキャラの崩れっぷり、FBIの無能っぷり等、
ツッコミ所も目立った為、評価は「良い」です。

2018/11/11 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2281(50%) 普通:1143(25%) 悪い:1144(25%)] / プロバイダ: 51804 ホスト:51773 ブラウザ: 5173
【良い点】
前半において描かれる主人公のオーウェンズ、極悪犯コルテス双方のキャラ立て。
特にコルテスはスマートに脱走をやってのけ組織やスーパーマシンを活用し女を侍らせと
殆ど悪のジェームス・ボンドといっていいぐらの無双ぶり。(FBI側も決して無能と描かれていない)
これに対してオーウェンズは確かな観察力と勘を元に大事件を予測するなどベテランらしいキャラ。
知事職を辞したシュワルツェネッガー自身の投影的な節もあり地に足がついた現実的な印象を受け
全く接点が無い両者がどんな風に対決する事になるのか観る側は引き込まれます。

【悪い点】
しかし後半の対決になると、やっぱりパワーとノリが重視のシュワちゃん映画でした。
コルテスも前半では死を楽しんでいる危険な悪党という感じだったのに
主人公と実際に対決すると金にモノを言わせるだけの普通の悪党になってしまったのが残念。

【総合評価】
アーノルド・シュワルツネッガー主演復帰作。
冒頭は敵側の方がアクション映画的エンタ性全開なのに対して主人公が年取って落ち着いた感があり
これまでと違う作品カラーを予感するのですが終わってみれば、やっぱり良くも悪くもシュワちゃん映画。
これはこれで楽しめるもののハイテクを駆使する敵に修羅場慣れした主人公がローテクで対抗する展開が好きなので
敵のスーパーカーを大麦畑に追い込んだ場面以外は従来通りなのアクション映画なのは肩透かしの所もあります。

銃弾と血飛沫が飛び交う割に主人公の味方は負傷こそすれ殆ど死なないのもノリとエンタ性重視の表れ。
唯一の例外が主人公に「こんな退屈な田舎より貴方のようにロス市警で活躍したい」と言って殉職する若い警官。
出血多量でゆっくりと死んでいく様はかなりリアル嗜好で作品カラーもこれで統一して欲しかったのですが
結局、彼の死は部下を殺された主人公の怒りという動機付け以上にはならないのが惜しかった。

アクション映画としての水準はクリアしており評価は「良い」で。

2016/07/08 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3416(33%) 普通:3576(35%) 悪い:3332(32%)] / プロバイダ: 29292 ホスト:29168 ブラウザ: 5213
実際移民の不法流入も社会問題となっている様ですが、米墨両国の国境警備や
墨の麻薬戦争も背景とした、万人が気軽に見れるアクション映画と言った感じでしたね。

墨の麻薬王だったコルテスをやっとこさ捕まえて護送していたかと思いきや・・・・・・
クレーンの罠にはまって、コルテスがリチャーズ捜査官を人質に取ってしまいましたが、
計画的だったのが丸わかりでしたね。保安官という設定だった今回のシュワちゃんは、
序盤は思ったよりも出番が少なくて、全然目立ってなかった印象でした。彼よりも
弁舌は歯切れ良かったながらも有能とは言い難かった黒人のFBI捜査官、ジョンの方が目立ってましたね。

野心が強かったのが結果的に命取りになってしまったベイリーの死がこの映画の大きな
ターニングポイントだった感じでした。転落人生を歩みかけていたフランクとの友情も
良く描かれていて、決して性根まで腐っていたわけではなく、ちょっと道を踏み外して
しまっていただけだったのでしょうが、他にも重くなりがちな雰囲気も中和する様な
存在感があったルイスや適度にアクの強いおじさんだったマイクとか脇役陣の個性も
それなり以上面白く描かれてましたね。

アクションはカーや銃撃戦、そしてシュワちゃん(主人公のレイ)とコルテスのガチ肉弾戦
等凄い派手だったり斬新だったりしたわけではなかったし、コルテスをKOしたかと思った
ら・・・・・・もまあ手あかがついてはいましたが、普通に本格的で、それなり以上の見せ場
にはなっていました。またコルテスは最後「金はいくらでもやるから・・・・・」という
様な事を言った等やや小物化してしまったのがちょっと残念な点だったかなあで、実は(?)悪役陣では
トーマスの方がキャラ立っていたかなあでもありましたが・・・・・・

シュワちゃん出演作としては最近の映画・・・・・と言うか、某ロードショーで地上波
放送されるまで存在自体知らなかったけど、流石に全盛期には及ばないながらも年齢を
感じさせないアクションも見せていたし、まあ良作クラスだったでしょう。評価は「良い」で。

2014/09/28 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:490(65%) 普通:108(14%) 悪い:161(21%)] / プロバイダ: 3056 ホスト:3173 ブラウザ: 5171
【良い点】
西部劇っぽい世界観とシュワルツネッガーの男臭さ。
ショットガンがこんなに似合うアクションスターは他にいない。

【悪い点】
前振りが長過ぎて、銃撃戦が起きるまでが退屈。

【総合評価】
久々の完全主演作でしたが、可も無く不可も無くといったところです。

2014/06/25 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1398(50%) 普通:0(0%) 悪い:1414(50%)] / プロバイダ: 145 ホスト:89 ブラウザ: 4721
さすがにシュワちゃんの動きとかはトロ臭くなってるんだけど、ちょっとコメディっぽい作りでもあるのでそれもまた面白く感じる。
何よりも存在感があったしキャラとか町の人々が生きていたので、シュワちゃんの作品や最後の作品というよりも一体となって一つの作品てしてハマッていた。
有名どころの俳優で言えばシュワちゃんぐらいであとは、フォレスト・ウィテカーがいるぐらいだけどシュワちゃんだけが目立ったり抜け出たりシュワちゃんの自己満足作品になるということもなく、町全体の作品という感じで本当に良い町だなという風に感じた。
それが一番ポイントが大きかった。

シュワちゃんももう年なのでアクション自体はさほど期待してなかったというのもあるから、町の良さとコメディっぽさやキャラの面白さがあって観やすさがあって良い評価になった。
だけど思いの外アクションも良くて最後の敵との一対一の対決なんかも良かったし、町の中で暴れ回って敵と激戦を繰り広げるシーンは見応えがあった。
ただ中身とか展開というのは少ないので間延びには感じてしまう。

敵の親玉もあっさり脱走出来たり都合の良さや描写の薄さというのはあるけど、シュワちゃんの存在感や町の濃さがカバーしていて気にならない程度だった。

本当のテンポの良さや迫力満点の映像面があってスカッと出来る作品とまでは行かなかったけど、エンターテイメント作品として安定した面白さがあって充分及第点に届いてる作品と言っていいだろう。

2013/12/03 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:764(65%) 普通:165(14%) 悪い:245(21%)] / プロバイダ: 14704 ホスト:14682 ブラウザ: 5141
≪字幕版視聴≫
【良い点】
・老いた主演シュワルツェネッガーをそれをネタにしたり、話に上手に活かしている
ので気にならないようにしてる。街の保安官(元の経歴は凄いし相変わらずの
スーパーマンぶりだが)という地味な
役柄にしたのも成功かと。上記のおかげで「まだまだ動けるじゃん」って
印象になった

・話が分かりやすくキャラも良い。銃撃バトルなどかなり本格的で目を見張る

・話を次第に広げて街の保安官5人対犯罪者集団の対決という無茶も
笑いを誘いつつ引き込んで見せるだけのものがあった

・割と話の伏線を上手に使ってる。武器収集してた若者、市長の車には唸った

【悪い点】
・ネタ要素同様に突っ込みどころもとにかく満載

・特にFBIが無能すぎるので。そうじゃないとシュワルツェネッガー達の
出番がないわけだけど

【総合評価】
期待しないで視聴したが意外に面白くて驚いた作品。B級ガンアクションものとして
上出来かと。シュワルツェネッガーの老いを隠そうとするんじゃなく、それを
作品に馴染ませたのが上手かった。TV放送するともっと評価されるかもしれない
評価は「とても良い」で

この評価板に投稿する



2019/07/03 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 20576 ホスト:20533 ブラウザ: 5519 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事熱血/面白い/格好良い 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像とても良い(+2 pnt)
声優・俳優とても良い(+2 pnt)
音楽普通(+0 pnt)

もっと見る
1. 友情実話伝説―Part2〓陣兵の専学生活編〓―第1388話(2038話)「2年間の思い出メモリアルⅩⅩⅤ!! 〓体育祭〓&〓学園祭〓」 by 陣兵
... 探偵 第 2位 アイアンマン3 第 3位 仮面ライダー×スーパー戦隊×宇宙刑事スーパーヒーロー大戦Z 第 4位 図書館戦争 第 5位 藁の楯 わらのたて 第 6位 映画クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!! 第 7位 リンカーン 第 8位 DRAGON BALL Z 神と神 第 9位 ラストスタンド 第10位 ...
記事日時:2013/05/03 [表示省略記事有(読む)]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ