[海外映画]アメイジング・スパイダーマン2: 2015/06/25 怪盗乱馬


あめいじんぐすぱいだーまんつー / The Amazing Spider-Man 2
  • 悲しい
  • 考えさせられた
  • 楽しい
  • 格好良い
  • 面白い
RSS
海外映画総合点=平均点x評価数1,180位5,338作品中総合点4 / 偏差値50.97
海外映画平均点404位594作品中平均点0.36=普通/11評価
2014年海外映画総合点25位200作品中
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2015/06/25 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1469(50%) 普通:0(0%) 悪い:1486(50%)] / プロバイダ: 14402 ホスト:14374 ブラウザ: 4721
色々と悪いところが気になった作品だった。
まずスパイダーマンのキャラがチャラくなっててどうも受け付けにくさがあった。
正義のためとか街のためとか言いながら自分に酔っててただ目立ちたいだけなんじゃないの?とすら思ってしまった。
無駄とかいうか無意味に暴れたり、地上スレスレに飛んで危なかったり本人が楽しんでるだけで人々に迷惑掛けまくってるし、本当に自己満足的というかちょっと「頼むわ頑張れ」とは思えないキャラだった。

そして女との会話にしても不自然なところが多くて、まだ何の反応もしてないのに勝手に会話が進められたり、それに対してまるで「全て分かってるわ」の如く都合いい返しが帰って来たり、全体的に脚本が独り善がりっぽいところがあって、コミュニケーションだったり二人以上の関係性が成立していないところだった。
電気の敵キャラにしても勝手にスパイダーマンに憧れて勝手に裏切られたと思い込んだり、逆恨みも甚だしかったしもうちょっと上手い持って行き方があっただろうにって思う。

ストーリー自体、強引さや都合の良さというのはあって展開的にもシーンが飛んだり中途半端なところで終わったり繋ぎや流れが悪すぎた。
最後にしても主人公の元友達がどうやって助かってあの姿から元に戻ったのかが省かれていて、急に捕まってるところからシーンが移り変わって始まるから付いて行きにくさというのはあるし、編集の粗さが目立った。
その間のシーンというものを丁寧に描く必要があった。

電気男のインパクトが強くてその後に登場してきた主人公の元友達なんかはショボさしかないし、この元友達にしても逆恨み的な理由しかないから復讐心にしても理解出来ないし弱いしで入って行けないし二人が戦っていても盛り上がって行かない。

オチにしてもここまでの引きとか脚本が悪いから逆にやってはいけないような個人的に悪いイメージしか残さないオチだった。
そこまでのストーリーが良ければ感動もあるんだろうけど、何の感情も起きずただただ「ねーわ」と思うだけだった。



共感コメントは階位を持っている論客の方のみが投稿可能ですが、貴方は階位を持っていないか、ログイン状態ではありません。階位は評価を投稿等すると、1日1回の深夜の定期処理により付与されます。
この評価板に投稿する

この作品の全ての書込みを表示する
↑上へ