[海外映画]トゥルーライズ


TRUE LIES
  • 楽しい
  • 格好良い
  • 面白い
  • 可笑しく笑える
  • セクシー
  • びっくり
RSS
注意: これは海外映画版。その他メディアのページ: ゲーム:トゥルーライズ
海外映画総合点=平均点x評価数92位5,176作品中総合点37 / 偏差値77.31
海外映画平均点233位617作品中平均点1.16=良い/32評価
1994年海外映画総合点5位69作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
映像1.40(良い)5
声優・俳優1.40(良い)5
キャラ・設定0.80(良い)5
音楽0.60(良い)5
ストーリー0.60(良い)5
楽しい80%4人/5人中
格好良い80%4人/5人中
面白い80%4人/5人中
可笑しく笑える80%4人/5人中
セクシー60%3人/5人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

妻と娘と暮らすしがないサラリーマン・ハリー。しかし家族も知らない彼の本当の姿は、大統領直属の国家保安組織「オメガ」所属のスパイだった。今日もロシア製核弾頭によるテロを狙うテロリストを追うハリー。そんなある日、妻ヘレンが浮気をしている疑念を抱いたハリーは、組織の力を使ってその捜査を行う。結局浮気は誤解だったものの、妻が平凡な日常に不満を抱いている事を知ったハリーは、彼女にスパイの任務を疑似体験させる事にする。ところがそこへテロリスト一味が乱入、夫妻は捕らえられてしまう。更に娘デイナも巻き込まれ、国家と家族の危機にハリーが奮闘する。
(wikipediaより引用)
1994年 アメリカ
制作・配給:ライトストーム・エンターテイメント ヘラルド
原作:クロード・ジディ シモン・ミカエル ディディエ・カミンカ
スタッフ

※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 公開開始日:1994/09/10(土)
海外 (アメリカ):公開開始日:1994/07/15
18,2193632
最近の閲覧数
3000011010
この作品を海外映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2015/12/10 / 最終変更者:634 / その他更新者: kunku / 宇宙刑事ジャンギャバン / TCC / 提案者:宝家義頼 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2018/10/01 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:81(73%) 普通:19(17%) 悪い:11(10%)] / プロバイダ: 15961 ホスト:15983 ブラウザ: 5509
映画館で観たかどうか記憶が曖昧、レンタルビデオで何度も見ていたが、久しぶりに改めてレンタルDVDで視聴(字幕)。なんだか急に観たくなったもので…w。

ジェームス・キャメロン監督によれば元となったマイナーなスパイコメディ作品があるのだそうだが、世にあるスパイコメディ映画の中でも世界一派手なアクションが盛り込まれたゴージャスなコメディ映画ではなかろうか。

時を経た現代の目で見て驚かされるのが「この映画の製作当時フォトリアルなCGは非常に困難なものだった」事だ。つまりこの映画では殆どCGが使われておらず(たしかほんの数カット数秒のみ)、特撮の多くはグリーンバック合成と原寸大セットと巨大ミニチュアなどを駆使した実写によって作られているという事だ。もちろんバーチャルアクターも使われていない。この映画でのコンピューターの恩恵は殆どがコンポジット(合成)だ。
故に、痛快な格闘シーンは実際に役者が演じていて、爆発シーンでも実物かミニチュアを本当に爆発させている。荒唐無稽なド派手アクションをCGを使わずに違和感なく見せる技術は撮影から編集までどれもが職人技で、CGで何でも作れてしまう現在の映画には無い実物だからこその迫力と贅沢さがある。

さて肝心のストーリーだが、凶悪テロリストを追う凄腕スパイの夫が貞淑な妻の浮気疑惑に翻弄されるというB級ストーリーで、そのB級な話を超大作として映画化してしまうところが本作の面白さの真骨頂と言えるだろう。
細かいものから大掛かりなものまでギャグも多彩だが、コメディ映画というには少々ギャグの量が物足りない気はする。ギャグが面白いからこそもっと見たいと感じるのだが、ギャグとアクションのバランスを考えるとなかなか悩ましい。

僕が若い頃に見た時の印象は「面白いけど下品すぎ」だった。夫婦の家庭内不和がストーリーのテーマになっている都合で全体的に中高年向けのセクシャルなシモネタが多い。レンタルビデオで観た時にはもう少し字幕が下品だった気がするが、レンタルDVDでは幾分下品さが緩和されている気がする(が気のせいかもしれない)。
歳を取って観返してみるとさほど気にはならなかったのだが、やはり若い人向けのギャグではないよなぁと思った部分は多かった。主人公夫妻は一応マジメだが、どのキャラクターも下半身がだらしないような「無駄に下品な会話」が付きまとう。

逆にセクシャルな部分を存分に生かしたのが、ヒロイン?となる妻ヘレンだ。その変貌振りと面白さはこの映画の語り草になっているので省略するが、演じるジェイミー・リー・カーティスの見た目だけでなく細かい演技も相当上手い。一人の役者が2人のキャラクターを演じ分けたと言えるほどだ。

ジェームス・キャメロン監督作品の中でも案外と影の薄い作品となっているが、世にあまり多くない貴重な「超大作お馬鹿アクション映画」であるし、シモネタに抵抗が無ければ愉快に楽しめる娯楽映画の王道とも言える。

マジメぶって何でも不謹慎と非難したり表現規制したりと息苦しい世の中だが、単純な思考回路のキャラクター達が活躍する愉快痛快なアクションコメディを低く評価する理由にはならない。家族そろっての鑑賞には向かないが、大人が気軽にスカッと楽しむには丁度良い映画と言えるだろう。

2017/02/06 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:223(61%) 普通:61(17%) 悪い:84(23%)] / プロバイダ: 45203 ホスト:45170 ブラウザ: 10196
主演:手話ちゃん×音楽:ブラッド・フィーデル×監督:キャメロンの「T2」ゴールデントリオが織り成す、スパイ・アクション・コメディーでございました。(吹き替えは菅生 隆之版を鑑賞。)

ぐっさんの様な相方のトム・アーノルドの軽快なキャラ、ジゴロと見せ掛けて実はヘタレのディーラー、テログループのリーダーがアメリカへ宣告している最中に録っていたビデオカメラが電池切れを起こす、ハリーの放ったミサイルに乗っけられて仲間のヘリと共に爆殺されるテロリーダーの最期など、コントづくしで気軽に見れた反面、

(筆者としては、マサ・サイトーのような外車の運転手の、余りにも間抜けな死に様がいちばんのツボでしたww)

作品全体が殆ど手話ちゃんのオンステージ、T-800やメイトリックスとは違いほとんど無傷状態、奥さんがディーラーとの浮気を確かめるためとはいえ部下を率いて強引に取調室へ連れ込んだり、
自分は家族に裏の顔を覆い隠しておいては奥さんにセクシーな格好や躍り?を強調する、相方の忠告にも耳を貸さず「俺の考えは正しい。俺に口出しするな」的な我を通す一人相撲いわば昔の典型的なアメリカ人であるハリー・タスカーの人物像、
S●Xなど下ネタが飛び交う(キャメロンらしくなかったな‥‥‥)、テログループから娘を無事助け出したのは良いもののエセ「家族愛」的なオチなど、残念な部分も在りました。

2015/12/10 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:6654(87%) 普通:560(7%) 悪い:407(5%)] / プロバイダ: 21970 ホスト:22072 ブラウザ: 1975(携帯)
大昔に放送されていたビートたけし司会の某バラエティー番組でアーノルド・シュワルツェネッガーとシルベスター・スタローンの二大アクションスター特集のときに紹介されていた作品でしたが、そのときはシュワルツェネッガーが戦闘機に乗っていたのでてっきり「トップガン」か「ステルス」みたいな空戦物かと思いましたが、実際は国家スパイだった主人公がまるでコマンドーばりに奮闘するといった内容の作品でしたね。

とにかく、二時間半ぐらいありながらもその大半が地上での銃撃戦で戦闘機に乗り込むのは終盤になってからとなんだか勿体ぶっていたなといったという印象は否めなかったけれども、それでもシリアスであるように見えてどこかハチャメチャな感じが良いですね。

それは終盤の戦闘機に乗り込んだシーンでも同様で、テロリスト相手にミサイルごと廃墟ビルにぶっ飛ばしたり、はたまたそのときの瓦礫を必死に回避する警官も凄かったけれども、なによりもそんな緊迫していた状況でのんき鼻歌気分でビル内を掃除していた用務員のオッサンが個人的にはモブにも関わらずかなり良い味を出していたんじゃないかなと思います。

最後に評価ですが、「良い」とさせていただきます。

2014/08/24 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:417(48%) 普通:291(34%) 悪い:154(18%)] / プロバイダ: 48962 ホスト:49032 ブラウザ: 7470
【良い点】
・コメディとアクションの両立
・終盤の戦闘機シーン:最後テロの親玉毎ミサイルぶっ放して敵のへり撃墜するシーンは好き

【悪い点】
・コメディ&アクションは良いものの微妙にどっちつかずの様な、単なる雑魚だけどあの自称スパイはどーなったのやら
・エンディング:テレビ放送でカットされたのかもしれないがエンディング皆無

【総合評価】
コメディ要素が入ってはいるが基本はシュワちゃんアクションである
無茶なハリーに振り回される相棒アルバートが良い味をだしていた
ちなみに人様の上着から金を盗んだ娘については全く触れず仕舞いである

2013/11/04 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2714(60%) 普通:758(17%) 悪い:1057(23%)] / プロバイダ: 42404 ホスト:42435 ブラウザ: 9932
家庭でだらしない男が、妻子の前で格好いい所を見せる。
これは、家族の前でうだつの上がらない人の夢の一つです。

内容は、家族の前ではだらしないハリーが実は国が抱える凄腕のスパイで、テロリストに捕まったヘレン達を救う為に戦うと言う物でした。

タキシード姿で雪の中を追ってくる敵を次々と蹴散らしながら逃走する、馬で敵が乗るバイクを追う、公衆トイレで敵と交戦、
炎を突っ切るテロリストの車、先がない道路を走るリムジンから脱出するヘレンをヘリで救い上げる等、
アクションは、派手でクライマックス辺りで炎を多用する等で危険度も上がっていきます。

ヘレンの浮気を疑う、馬に乗ったままエレベーターに乗る、ヘレンとテロリストの女同士の戦い、戦闘機のミサイルに引っ掛かったテロリストがミサイルごと飛ばされる等、
遊びを絡めて娯楽性を高める工夫も見て取れますが、悪い形で家族愛を強調するラストや核爆発の雲をバックにキスシーンを演らせる不謹慎さが、
大きな減点材料になってしまった為、評価は「普通」です。

2012/05/04 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:882(66%) 普通:353(27%) 悪い:93(7%)] / プロバイダ: 31188 ホスト:30920 ブラウザ: 4894
ジェームズ・キャメロン監督作品。主演はアーノルド・シュウワルツ・ネッガー。
派手なアクションシーンと夫婦の関係をコメディタッチに描いていて面白い。
今まで見たジェームス・キャメロン監督の作品では一番面白かったです。
シュワちゃんのキャラも最高でしたし。
この作品が気に入った方はかの有名な『コマンドー』がお薦め笑。

2011/01/10 良いと思うコメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(33%) 普通:0(0%) 悪い:2(67%)] / プロバイダ: 15959 ホスト:15909 ブラウザ: 3440(携帯)
〔良い点〕
ド派手なアクションシーン!
・ハリアー登場のシーンがテンション上がりますね〜(自分はトムキャットが戦闘機の中では一番すきだったのですがこの映画を見てハリアーが一番好きになった記憶があります。。。)

あとコメディの部分もすごくおもしろいです!
浮気調査が一番おもしろかったと思います!
あの車売りとかすげーいいキャラだったと思いますww

〔悪い点〕
ないです!

〔総合〕
ストレス解消にいい映画ですww

2010/11/02 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:360(59%) 普通:100(16%) 悪い:148(24%)] / プロバイダ: 15166 ホスト:15079 ブラウザ: 13189
つい最近ジャッキーの『ダブル・ミッション』を見て一番に思ったのが「本作に凄い似てる」でした。

【良い点】
冴えないパパは凄腕のスパイ!という良くも悪くも荒唐無稽な展開で、
悪には敢然と挑みながらも、家庭の不穏な空気に右往左往する主人公をシュワちゃんはコミカルに演じていたと思います。
妻子や相棒など彼を取り巻くキャラも程よい塩梅で、敵のテロリストの描写もユーモアたっぷりでした。

【悪い点】
ストーリーは合衆国壊滅を企むテロリストをやっつけて終わりといういつものアメリカのヒーロー映画で、良い点でも書きましたがとにかく荒唐無稽。
ハリアーでビルに突っ込むとかはいいとして(でも本当なら後ろ向きに突っ込んだオフィスや清掃員は熱で跡形も残らないのでは…)、
さすがに核爆発をバックにキスシーンは笑えない…。

【総合評価】
キャメロンがコメディで才能と豪快さを遺憾なく発揮した意外な作品でした。
シュワちゃんのコメディ路線は個人的にハズレ無しですが、本作は特に密度も高くオススメの一作です。
評価は「とても良いに近い良い」で。

2010/09/21 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:161(55%) 普通:11(4%) 悪い:121(41%)] / プロバイダ: 3196 ホスト:3180 ブラウザ: 9224
【良い点】
①どの役者もいい味だしてる
>>シュワルチェネッガーがなかなかいいところをみせてくれました。

②一見ただのセールスマンだが実は政府直属のスパイという斬新な設定

③アクションも見応えある
>>あの挌闘アクションはジャッキー映画にも引けを取らないぐらい迫力がありました。
銃撃戦も見応えありました。
特に終盤の戦闘機で娘を救うシーンにハラハラドキドキしました。

④コメディが面白い
>>ジャッキー映画からの影響なのか,いろんな笑いどころがあって面白いと思います。
特にトイレでの取っ組み合いに巻き込まれるおじいさんが面白かったです(笑)

【悪い点】
特になし

【総合評価】
今日,ケーブルテレビで視聴しましたが,面白かったです。
シュワルチェネッガー主演の映画を視聴したのが本作が初めてですが,素直に楽しめました。
評価は「最高」。

2009/08/25 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:268(51%) 普通:86(17%) 悪い:167(32%)] / プロバイダ: 28815 ホスト:28922 ブラウザ: 9739
【良い点】

アクションなのにコメディです。
かなり派手なことをやる一方で、仮面家族と言うテーマも盛り込んでおり。
とは言うものの、主人公の職権乱用振りは大笑いの一言です。
素人なのにかなり肝が据わっている奥さんと娘さんが素敵です。

【悪い点】

ツッコまなければ特にありません(笑)。

【総合評価】

何遍見ても笑える映画の1本。
特にぐっと来るところはありませんが、後味の悪くない、罪のない作品ですな。
評価は「良い」で。

2009/07/14 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:154(60%) 普通:49(19%) 悪い:52(20%)] / プロバイダ: 1803 ホスト:1690 ブラウザ: 7368
これだけふざけた話しを真剣に作れるハリウッドが好きです。

核爆弾を持ったテロリストと、妻の浮気調査と、同等に国家組織使って調べてるシュワルツネッガーが、とても面白く、またそのシーンの一つ一つも手抜きする事なく作られていて完成度の高さを感じさせます。
妻の浮気現場とされるトレーラーハウスを襲撃するシーンでのヘリを使っての演出は、カメラワーク、ライトによる演出など凝りにこっているがこその、爆笑です。

テロリストの方の話しは、コメディーに押されて、インパクトが薄くなっていますし、あまりリアリティーもないので、おまけ程度に見ていると丁度いいかもしれません。
ただ、アクションの方はシュワルツネッガー使ってますので、見応えがあり、シュワちゃんツエーを感じられます。
ちょっとヌケてる奥さんも加わって、アクションコメディーになっているシーンもあったりもしますが。

ヘリコプターからの宙づり、本物の戦闘機、セブンマイル・ブリッジの爆破、これだけ派手なアクションをしておいて、主はコメディーで、いかなる場合も笑いテイストを忘れていない作り、世界不況の今となっては、これだけ凝ったアクション・コメディーは作れないでしょうね。

2009/05/10 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:503(44%) 普通:378(33%) 悪い:254(22%)] / プロバイダ: 26251 ホスト:26365 ブラウザ: 9125
【良い点】
・ストーリーが分かりやすい。
・アクションがなかなか良い。

【悪い点】
・特になし。

【総合評価】
ストーリーが単純なうえ、アクションとコメディで楽に観られるのは良いですね。
シュワちゃんを観る映画としては方向性は正しいと思います。
戦闘機で乗り付けるシーンとかバカらしくて最高です。
しかし、シュワちゃん作品の中ではインパクトに欠けるし無敵度もちょっと物足りないかな。

2008/02/06 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:503(56%) 普通:109(12%) 悪い:292(32%)] / プロバイダ: 16407 ホスト:16470 ブラウザ: 8090
特に重いテーマはなく、純粋にシュワ氏の大活躍だけを楽しむ作品です。
矛盾だとか無茶だとかの指摘は野暮ですね。

マシンガンが階段を転がり落ちながらテロリストを一掃してしまうって…。
映画ではマシンガンの銃弾なんて狙って撃ってもなかなか当たるものじゃないのに。

ラスト、中古車店の店主がまた「特務機関所属」を口説き文句にしていましたが、
懲りない奴ですね。

評価:良い

2008/01/06 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:831(66%) 普通:171(14%) 悪い:250(20%)] / プロバイダ: 12010 ホスト:12222 ブラウザ: 7590
アクションものにしては、かなり長編だが、好きな人には特に映画好きの(007とか)世のお父さんにも、存分に愉しめるであろう快作でしょう。

<ネタバレあります>

世界の危機と家族の危機とを平行させながら展開していくストーリーは実にコミカルで面白い(その分、本編の時間が長引いてしまったというデメリットはあるが)。

キャストも良い。
相変わらず溢れんばかりのパワーを感じさせてくれるシュワルツェネッガー。
色んな意味で翻弄されるジェイミー・リー・カーティスの演技もお見事。
ビル・パクストンは可哀想な役柄だったなぁ。

ギャグセンスが抜群に素晴らしい。
悪党が宣戦布告をしているシーンで録画中のビデオのバッテリーが切れたり、
奥さんが落っことしたマシンガンが階段を転がり落ちながら敵を一掃したりと、
もうツボです(笑)。

特筆すべきは、終盤近くで主人公が敵アジトで大暴れするシーン〜ラストです。
莫大な制作費をかけたということもあってか、アクション好きにはたまらない仕上がりになっている。
まぁ繰り返し6回は観たくなるわなぁ(笑)。

これでもかというほどのドンパチや爆発、火炎放射器にロケラン。
そこいらのアクション映画ならこれだけでもゼータクというものだが、
挙句の果ては、シュワ氏の凄まじい形相&戦闘機!!!ときたもんだ!!
もぉ最高です!!!!!(笑)。

妥協なさすぎ!!これほどのフルコースムービーはそうそう観られないでしょう。

2007/10/07 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:502(70%) 普通:0(0%) 悪い:215(30%)] / プロバイダ: 1407 ホスト:1255 ブラウザ: 5598
シュワちゃんのアクションシーンのカッコ良さが印象的な作品です。
また、随所に挿入されるコメディーシーンも面白く、いいアクセントとして機能しています。
作品全体を通して、シュワちゃんのアクションが冴え渡っている感じです。
特に印象的なのは、テロリストによって高層ビルの先端部に追いつめられた娘を、戦闘機に乗ったシュワちゃんが救出する場面です。
あの場面は観ててハラハラしました。
観ていて特に不満は無く、冴え渡ったアクション&コメディーのおかげで最後まで楽しく観れた作品であるので、評価は「最高!」にします。

もっと読む

「アーノルド・シュワルツネッガー主演のアクションコメディですね。主人公のハリーは妻子のまではしがないセ...」 by 宇宙刑事ジャンギャバン


次のページを読む

この評価板に投稿する


2010/09/29 [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示] by (表示スキップ) プロバイダ: 19596 ホスト:19752 ブラウザ: 11287
コメディながらも裏設定があり、テロリロトとも戦う、かなり無茶染ますが、最後戦闘機機で娘を足すけるのは脱帽。

2015/12/10 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 21970 ホスト:22073 ブラウザ: 1975(携帯) [編集・削除/これだけ表示]
感じた事可笑しく笑える/楽しい/面白い/格好良い/セクシー/びっくり 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定普通(+0 pnt)
映像良い(+1 pnt)
声優・俳優良い(+1 pnt)
音楽普通(+0 pnt)

もっと見る
1. "『洋画〜公開作品〜』史Ⅳ" by 陣兵
... デュー・デート〜出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断〜」 「デュプリシティ〜スパイは、スパイに嘘をつく〜」 「テラビシアにかける橋」 「デリカテッセン」 「テルマ&ルイーズ」 「田園交響楽」 「天使にラブ・ソングを...」 「天井桟敷の人々」 「ドアーズ」 「トイ・ストーリーシリーズ」 「トゥー・ウィークス・ノーティス」 「トゥルーライズ」 「トゥルー ...
記事日時:2011/06/25
2. スキルさんの質問に答えてもいいじゃないか、にんげ(以下略) by ねぶそくのタカ
... 型以上、2倍速表示、フルハイビジョンのやつ。2画面表示は別にいらない。 お金もないのに電気屋行く度テレビの値段チェックしてる俺の気持ちがキサマにわかるかーっ!! 四、ずばり何フェチ? 性的な意味で? 腹筋フェチです。なんですかその目は? そう、俺が初めて腹筋フェチに目覚めたのは忘れもしないシュワちゃん主演の『トゥルーライズ』を見た ...
記事日時:2009/04/26

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これは海外映画版。その他メディアのページ: ゲーム:トゥルーライズ
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ