[海外映画]タイムマシン


THE TIME MACHINE
RSS
注意: これは海外映画版。その他メディアのページ: 文学:タイム・マシン
海外映画総合点=平均点x評価数4,826位5,352作品中総合点-2 / 偏差値45.67
海外映画平均点519位630作品中平均点-0.11=普通/19評価
2002年海外映画総合点108位121作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
映像0.75(良い)4
音楽0.00(普通)4
声優・俳優-0.25(普通)4
キャラ・設定-0.50(普通)4
ストーリー-0.50(普通)4
ロマンチックな気分25%1人/4人中
面白い25%1人/4人中
セクシー0%0人/4人中
可愛い0%0人/4人中
熱血0%0人/4人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

1899年-2030年-2037年-。そして80万年、時空の旅へ
「運命を変えるヒントは未来にあるはず」。恋人を失い、そう考えた若き科学者アレクサンダーは、自ら設計した<タイムマシン>に乗り、未来へと旅立つ。だが、予想外の事故に遭遇し、マシンの上で気を失った彼が混乱の中でたどり着いた先は、なんと80万年後の世界だった-! 原作はSF文学界の巨匠、H・G・ウェルズ。監督には曾孫サイモン・ウェルズ。デジタルドメイン社はじめハリウッド最強のVFXチームが総結集し、世界最多の281兆色をも超えるCGで彩られた映像世界を創造した。
(ワーナー・ホーム・ビデオ発売:DVD裏面紹介文より抜粋)
ジャンル:SF/アドベンチャー
製作年度:2002年
製作国・地域:アメリカ
2002/07/20(日本公開)
日本 公開開始日:2002/07/20(土)
10,3392019
最近の閲覧数
3301000010
この作品を海外映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2009/12/31 / 最終変更者:kunku / その他更新者: ねぶそくのタカ / 提案者:おきゃん (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2016/02/17 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:597(59%) 普通:253(25%) 悪い:166(16%)] / プロバイダ: 17518 ホスト:17488 ブラウザ: 7920
【良い点】
・CGはがんばっていたと思う。

【悪い点】
・ドラマものなのかアクションものなのか、はっきりしない
・タイムワープが進むにつれて、なぜかストーリーが退化していく

【総合評価】
最愛の恋人を失った主人公アレクサンダーが、タイムマシンを完成させて過去を変えようという出だしは、シリアスなドラマ展開を期待させるもの
で良かったと思う。しかし、あれよあれよいう間にストーリーがどんどん隅に追いやられてしまったのが残念だった。

映画のほうはどんどん未来にタイムワープしていくのに対して、ストーリーのほうはまるで退化していくようである。
80万年後の未来はエロイ族とモーロック族という民族が対立しており、主人公はそれに巻き込まれていく。このそれぞれの民族のヴィジュアルも原
始的で安直に感じ、未来感を感じられない。

途中からアクション映画の様相を呈していく作品なのだが、どう考えても力の入れどころを間違えたとしか思えない。
映像面はがんばっていたと思うのだが。

2015/10/07 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:133(74%) 普通:6(3%) 悪い:40(22%)] / プロバイダ: 45565 ホスト:45339 ブラウザ: 5139
【良い点】
迫力があって良かったと思います。
小説からなのですが、意外性があって良かったです。

【悪い点】
未来の場面でのグロテスクすぎた描写があったところ

【総合評価】
個人的には好きな作品でした。
評価は良いが妥当かと思います。

2012/05/20 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:882(66%) 普通:353(27%) 悪い:93(7%)] / プロバイダ: 31188 ホスト:30920 ブラウザ: 7309
「お前はある言葉に取りつかれている・・・"もしも"だ」
「タイムマシンは誰もが持つ。過去へ連れ戻すのは記憶。未来へ連れて行くのは・・・夢なのだ
―1つ忘れてる。"もしも"だ」

原作はSF小説の大家H・G・ウェルズで、監督の一人、サイモン・ウェルズはそのひ孫だとか。
原作は小学生のころ読んだ覚えがありますね。内容はうっすら覚えています。
原作との相違はあるものの、そこを気にしなければ楽しめると思います。
エロイの村のイメージは『マッドマックスーサンダードーム』からきているのでしょうか。なんとなく似ている気がしました。
この作品が気に入った方は『タイムライン』や『バタフライエフェクト』、『もしも昨日が選べたら』なんかがお薦め。

2012/03/05 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:122(56%) 普通:13(6%) 悪い:84(38%)] / プロバイダ: 10195 ホスト:10288 ブラウザ: 13175
【良い点】
最初の十分でみせたニューヨークの1900年ごろの風景と雰囲気は非常によくできていて必見。

【悪い点】
未来での狩猟部族のデザインが、グロすぎて、トラウマになりそう。子供にみせられない。ロードオブリングもそうだが、怖い怪物を、らい病患者か火傷の患者のような生理的にぐろくて気持ちの悪いデザインで表現するのには反対。

【総合評価】
設定が面白そうだし、テーマもあるのに、後半がダンスウィズウルブスのような、アメリカンインディアンと西洋人の交流みたいなものと、子供しか楽しめないようなアクションになって残念。

2012/01/10 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:503(44%) 普通:378(33%) 悪い:254(22%)] / プロバイダ: 5514 ホスト:5386 ブラウザ: 4596
【良い点】
・設定が斬新。
・映像が良く出来ている。
・テーマ性がある。

【悪い点】
・アクションが多過ぎる。

【総合評価】
80万年後にタイムトラベルというのはすごく斬新で興味を引かれたけど、そこでの話はめちゃくちゃ。
伝えたいテーマはこれはこれで感じられたけど、アクションで面白くしようというのは間違い。
地味で良いからもっと深みのある展開にしてほしかった。
それから、恋人を救うのが目的だったはずなのに、いきなり目的が変わっているのもいかがなものかと思います。
なぜ過去を変えられないかを追求するのは分かるけど、目的の変わり方が急すぎて違和感がある。
原作は面白いんだろうけど作り方がうまくないなあというのが見終わった後の印象でした。

2011/12/22 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:7292(87%) 普通:614(7%) 悪い:454(5%)] / プロバイダ: 21846 ホスト:21821 ブラウザ: 2413(携帯)
〈あらすじ〉
高校生のザックは、偶然入手した腕時計によって時間を止める能力(と言うより自分の動きが速くなるといったほうが正しいですね)を手にするのですがもっかの一番の使い道は気になる美人の交換留学生であるフランチェスカの目を引くことでした。
しかし、その腕時計は軍事兵器会社社長ヘンリー・ゲイツが作らせたものであった。ヘンリーはなんとかザックから腕時計を奪おうとするのだが……。

〈まとめ〉
ストーリーは全体的に軽いノリのSF青春映画でバックにはいつも軽快なロックが流れていて雰囲気はいいですね。
ですが驚異的な発明品を手にしながらやることがあまりにもセコイ気がしてその部分はちょっとどうかと……。
よって評価は「普通」とさせていただきます。
痛快な青春物が大好きな方にオススメできますね。

2010/04/19 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:10(42%) 普通:4(17%) 悪い:10(42%)] / プロバイダ: 18633 ホスト:18422 ブラウザ: 2706
CG技術やストーリーのテンポは素晴らしいと思う、特に序盤は題名の如く時間旅行があります(未来限定だけど)
でもCGが単に凄いだけでストーリー性はあまりない気がする。最終的には80万年代に留まってエロイ族と戦うだけ・・・
迫力性に欠けるし物語そのものを見失ってると思いました。結局最後は未来人と結ばれてハッピーエンド。えっ彼女は忘れたの?と思ってしまいました

CG技術や序盤は確かに面白かったです、ですが中盤から本題をそっちのけでアクションSFに変わってしまった事がとても残念です。

2010/04/17 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2(29%) 普通:2(29%) 悪い:3(43%)] / プロバイダ: 5618 ホスト:5465 ブラウザ: 8573
【良い点】
個人的にはそれなりに楽しめたSF映画でした
1959年作の『タイム・マシン80万年後の世界へ』のリメイクである
小説を見ていなかったので多少不安もありつつの鑑賞でしたが・・
思っていたより迫力があって(ある意味)面白かったです
見所はなんと言ってもCGでしょう
序盤の町が近代化するシーンはもの凄い衝撃を受けました
『未来は変えられても、過去は変えられない』がキャッチコピー
になっており主人公は主に未来を旅します
ニューヨークは車が走り、高層ビルが建ち、人々は月に行くようになった
2038年・・実際に現実になるかは分かりませんが空想に耽だかでも面白いです
で、数年後には月が軌道をはずれ地球に大打撃(ここらへんは現実になってほしくない)
軽い映画だと思っていたけど案外メッセージ性のある映画だと思いました

【悪い点】
重く捉えず観れば面白い映画ですが深く考えると穴がある作品です。
まず何故未来に行くことを考えたか、あまりにも説明不足すぎて観ていて
分からないシーンが多い、そんなに逢いたいのならもっと過去に遡れば良いのに…
それと未来人は何故映画があんなにペラペラなのか、分からない人も居るようだが
一体誰が教えているのだろう(妙に上手いし・・)
それと終盤のアクション化が嫌だった、序盤の勢いが一気に冷めてしまっている
SF映画で纏まっていた序盤だったがいきなり終盤はエロイ族との戦いってのは
無理がある。と言うより無理ヤリ詰め込んだとしか思えない
彼女を死から救いたいとゆう感情はかなり冷めてしまっていた。

【総合評価】
序盤は【とても良い】
中盤は【普通】
終盤は【とても悪い】
エロイ族と戦える勇気があったなら
銃を向けた恐喝犯なんかイチコロだろうと何回も思いました
流石に展開に無理があるようにも感じましたね
未来人の女性と最後は結ばれる展開も強引だったと思います
でも、CGだけは見せ場が多く面白かったので総合的に【良い】とします。

[推薦数:1] 2009/01/23 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:34(76%) 普通:8(18%) 悪い:3(7%)] / プロバイダ: 40374 ホスト:40453 ブラウザ: 3874
映像もストーリーも良くて、面白かったです。
恋人へのプロポーズの際、強盗に襲われ恋人を失ってしまった主人公は、苦心の末タイムマシンを完成させ、過去にさかのぼって恋人を助けようとします。
しかし事件を回避したのに、今度は馬車の事故に巻き込まれ、また恋人は亡くなってしまう。
何故彼女を助けること、運命を変えることはできないのか。
答えを求めて未来へと旅立ちます。
たどり着いたのは2030年。
しかし月開発事故により地表が崩壊する災厄に巻き込まれた主人公は、80万年後という途方もない未来に飛ばされ、そこで環境の悪化により変異した二種類の人類、エロイ族とモーロック族に出会います。
種族という絶対的な力の壁ゆえ、支配されるがままの運命を受け入れるエロイ族。
さらわれたエロイ族の女性マーラは救えなかった恋人のようでもあり、運命に飲み込まれるままの主人公にも見えます。
皆があきらめているなか立ち向かうのは、恋人を失った運命を変えることが出来ない彼の必死の抵抗だと思います。
戦いの中で過去を変えることが出来ない理由を知ることが出来ますが、未来を変えることが出来た主人公は、やっと恋人の死を乗り越えることが出来ます。
未来に留まる事になりますが、ラストで過去の時代を回想するのは、彼は過去を捨てたのではなく、心に思い出として確かに残っているということでしょう。
すべて失ってしまっても、幸せだった過去の記憶はタイムマシンのように思い出すことが出来る。
回想から過去の時代へと場面が切り替わり、残された家庭教師などについてもフォローがあって、いいエンディングだったと思います。

タイムマシンのクラシカルで洒落たデザイン。
ガラス版に投影される図書案内AI。
1800年代から2030年へと超高速で変化していく街並み、そこからさらにはるか未来へと時が経つにつれて変化する自然の映像も良かったです。

2008/08/24 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:281(73%) 普通:26(7%) 悪い:78(20%)] / プロバイダ: 38335 ホスト:38143 ブラウザ: 4357
前半と後半のストーリー展開にかなり違和感がありすぎだと思います。
前半までは、恋人が死ぬ過去を変えようとする男の妄執がよく描けているのだが、未来世界に舞台が移ってからはほとんど劣化版の「猿の惑星」・・・急に面白くなくなります。
「過ぎ去った過去は変えられない」、という伏線が後半で生きてくるのだろうと思っていたのだから、このトンデモな展開には期待を裏切られたと言うよりも、呆気にとられました。その頃になるとタイムマシンなんかどうでもよくなってるうえにエマの事などそっちのけで、他の女にご執心。タイムトラベルまでしておきながら、その本末転倒ぶりは見事なほど。「過ぎ去った過去より、今を大切に生きよう」というテーマは分かるが、なにもそんな展開にしなくても、いくらでもそのテーマを描く事は出来たはずです。エマを生き返らせようとする執念が無さ過ぎるため、そのテーマも霞んでしまっています。

2006/06/04 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:16(70%) 普通:4(17%) 悪い:3(13%)] / プロバイダ: 29700 ホスト:29758 ブラウザ: 4184
まあまあの作品。CG美が美しい。216兆色も使っているというがさすがである。前半〜中盤までは文句

なしに面白い。しかし、80万年前からのストーリーは疑問が残る。科学者アレクサンダーは暴漢に襲われた時

まごまごした人物なのが、地底獣(?)に襲われ戦う時はまさにソルジャー並に強くなっていたのがおかしい。

あれだけたくましければ、恋人を守りきれたのではないかと思う。名優ジェレミー・アイアンズの設定もいか

しきれていない。それに予算の関係か知らないが、もうちょっと長くても良かったと思う。

しかし、くどいようだが映像は素晴らしいので見てもいいと思う。

[推薦数:1] 2006/04/28 良いと思うコメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:141(83%) 普通:9(5%) 悪い:19(11%)] / プロバイダ: 46212 ホスト:46242 ブラウザ: 6296
やはり、不評の大半は最愛のエマから未来のエロイ族のマーラに乗り換えたのが納得いかないと
思われる方がとても多いですね。

では、逆に問いましょう。世界を制御する機械タイムマシンを以てしても絶対に救えないエマに
対して主人公アレクサンダーがどういう「答え(行動)」をすればみなさん納得できるのでしょうか?。
彼女を想いタイムマシンを使っていつまでも過去にすがり続けると納得できるのでしょうか?。

タイムマシンが完成するまでの四年間ずっと死んだエマだけを思い続けるだけでは短いですか?
足りないですか?。

たぶん、気に入らないというのは、人それぞれに持っている時間感覚の違いだと思います。
主人公の導き出した「答え」をただ「違うだろ?間違ってる」とは一概に言えないと思います。
わたしはこの「答え」は「タイムマシン」というストーリーにはとても合っていたと思います。
主人公は充分悩んだし、見ていて説得力のある行動と結果だと思いました。

実はDVDのコメンタリーで、主人公アレクサンダーが過去に何度も戻り何度もエマが違った死に方
をすることも検討されたらしいのです。が、何度もエマの死を繰り返せば映画はギャグになって
しまうとのことでこのシチュエーションは却下されたそうです。それに主人公は「天才」です。
何度も試さなくても、すぐに「改変できない過去とその因果」に気が付いています。

ウーバーモーロックの言葉に「タイムマシンの存在は現在のこの状況に不可欠なのだ」という
ものがありますが、主人公アレクサンダーが意識しようがしまいがタイムマシンの存在は
世界や未来の運命に大きく影響を与える因果の要因になっているのです。勿論、主人公もそれに
気がついたゆえの「答え」なのです。この点は原作やパル監督のタイムマシンと、この作品が
描いているテーマが大きく違うところだと思います。

また、エマから贈られた懐中時計をずっと大切にしていることは、主人公のエマに対する気持ちの
現れでもあり、キーになるシーンでよく登場するのですがちょっと印象が薄いのが残念です。
愛するエマから贈られたこの懐中時計をタイムマシンの暴走に使う演出はちょっと象徴的でしたが、
映画全体として主人公アレクサンダーの気持ちの変化がそういった小道具や状況、シチュエーション
に有機的に繋がっていかないという演出の力量の不足は認めざるを得なくとても残念です。
シナリオ自体は凄く良いのだから、もうちょっとなんとかできそうに感じてしまいます。
しかし、わたしには欠点よりも「良い素養」のほうが多く、この作品にとても魅力を感じています。
それに、いろいろな考えをもって見ることができるのはこの作品の良いところだと思います。

TV放映版とDVD版では吹き替えのキャストが違います。個人的にはDVD版の方が良いと思います。
しかし、それよりもなによりもTV放映版は最後の「フィルビーが帽子を投げ捨てる」シーンの
音楽と映像のタイミングが全然合っていません。放映時間枠内に合わせるためだと思いますが、
これは非常にまずい処理だったと思います。エンドクレジットまで放映しろとはいいませんが、
映画の印象(特にラストの余韻)を大きく害する勝手な編集はやってはいけないと思います。
TV放映版の編集(改悪)にはかなりがっかりしました。

ということで「とても良い」と思うコメントです。

2006/04/18 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:45(70%) 普通:14(22%) 悪い:5(8%)] / プロバイダ: 25437 ホスト:25394 ブラウザ: 4483
未来を知ってしまってから、その原因となっている過去を変えることは出来ないという解釈の作品なんですね。なるほど。

前半は死んだ恋人を救おうとし、後半は人類を救おうとする話で、「運命を制御する事は出来るか?」という事でテーマが一貫しているのは良いのですが、恋人の話が中途半端になってしまった感じがするのは残念です。エマとの決別のドラマが何か必要だったのではないでしょうか?それにエマという恋人を出してしまうと未来人の女性との恋愛に話を繋げるのは難しくなってしまうのであまり上手くないやり方だったのかも知れませんね。

この作品では人類が二つの種族に分かれた原因を原作とは変えてありますが(原作では階級問題を進化論レベルにまで拡大していた)、これだと原作に比べてインパクトや深みが残念ながら足りなくなってしまいます。せっかく人類の進化の操作というような話があったのですから、もう少し何か欲しかったですね。

タイムトラベルの描写が美しかったので評価は「良い」で。

2006/04/14 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3246(33%) 普通:3427(35%) 悪い:3198(32%)] / プロバイダ: 28203 ホスト:28303 ブラウザ: 4184
19世紀に活躍した科学者が死別した彼女を救うべく、タイムマシンを作るも
果たされず、いつの間に遠い先の未来の世界へ行った話でしたが、
最近のハリウッドの例に漏れず、CG技術は凄かったですね。
部落を襲った獣たちは凄く威圧感があって、彼らと主人公のアクションも
ハラハラもので結構見応えありました。しかし・・・・・・・・・
他の方も仰られてましたが、最後無事部族の女性を助けて、タイムマシン
で元の世界に戻れなくなったのもなんのその。そこで彼女らと暮らす事に
なったのは、めでたしめでたしなんでしょうが、エマがスッカリ
忘れ去られてましたな・・・・・・・・・・・・・
前半はあれほど彼女を救うのに執念を燃やしていたのに、簡単に諦められた
とは思えないのですが・・・・・・・・・凄い違和感ありましたね。
死んだエマが見てたら、怒るぞ。(苦笑)

アクションとかそれなりに楽しませてもらったし、駄作というわけではないですが、
「?」と感じた部分もあったので、プラマイ差し引きで、「普通」評価贈呈ですね。

[推薦数:2] 2006/04/09 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:44(44%) 普通:28(28%) 悪い:28(28%)] / プロバイダ: 48003 ホスト:48139 ブラウザ: 5234
この映画を見た後、1960製作の一作目とH.Gウェルズの原作を買いそろえました。
奇想天外なストーリー展開は原作からの踏襲
映像は非常に美しく、SF好きは満足できるはず。

この作品、タイムマシンを作って未来に行くという作品なのですが、
原作、1960製作の映画、2002製作の映画、三作品にそれぞれ違った裏テーマがこめられています。
原作は、当時のイギリス階級社会(貴族階級と労働者階級)に対する危惧と皮肉。
1960映画は第2次大戦直後の戦争に対する社会不安と反戦メッセージ。
2002映画は人間の過去は変えられない、しかし未来は変えることが出来る、という人間学の至言。

3作を見比べる事によりそれぞれの時代背景の違いを感じとることが出来る。

奇しくも、現在の日本社会は数%の裕福層と大多数の労働者層との二極化が進んでいる。
もしかしたら、いまの日本では原作のテーマが一番共感が持てるかもしれない。

もっと読む

「あれ〜評判悪いな〜(笑)。正直わたしも不満な点はあるのですが総合的にみて大好きな作品です。なんといって...」 by おきゃん


次のページを読む

この評価板に投稿する



2016/02/17 悪印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 17518 ホスト:17488 ブラウザ: 7920 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事 
ストーリー最悪(-3 pnt)
キャラ・設定とても悪い(-2 pnt)
映像普通(+0 pnt)
声優・俳優悪い(-1 pnt)
音楽普通(+0 pnt)

もっと見る
1. 歴史のif::もしもタイムボカンシリーズのダレダマンとサッパリマンが実現していたら by 無限堂
... タカトクトイスが84年に倒産、00年にテレビ東京へ移籍し、サンライズのきGEAR戦士電童の開始延期の穴埋めで怪盗きらめきマンがバンダイスポンサーで半年間放送され、08〜09年に読売テレビ発日本テレビ系でリメイク版ヤッターマンが、16年と17年間同じくタイムボカン24と逆襲の三悪人がそれぞれ放送されました。 実はイタダキマンの次番組企画が幾つもあり、タイムマシンでの事件に ...
記事日時:2018/12/01
2. タイムサーキット by 545
... あるとはねぇ・・・。 =window_width){this.width=window_width*0.96;}}else if(window_width && this.width>window_width*0.75){this.width=window_width*0.75;}"> [バック・トゥ・ザ・フューチャー]シリーズに登場したデロリアン型タイムマシン。それに装着されたタイムサーキットをモデル ...
記事日時:2017/06/13
3. シュタインズ・ゲート ゼロ 感想#23(end) by エスパー
... ぶらせてくれたのです。 これはゼロと呼ぶよりは外伝、side-Bとも言える補完ではないのでしょうか。 これが本当にゼロの意味であるのかは確証は持てません。(インタビュー等にあるかもだけど) あくまでぼくの脳内補完に過ぎません。だけどこういうのは安易に蛇足だとは言えないのです。 まゆりと鈴羽の乗るタイムマシンは実質彼らの ...
記事日時:2018/09/29 [表示省略記事有(読む)]
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これは海外映画版。その他メディアのページ: 文学:タイム・マシン
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ