[海外映画]ターミナル


THE TERMINAL
  • 楽しい
  • 面白い
  • ロマンチックな気分
  • 友情
  • 格好良い
  • 感動
  • 可笑しく笑える
RSS
海外映画総合点=平均点x評価数75位5,177作品中総合点42 / 偏差値81.25
海外映画平均点141位617作品中平均点1.50=とても良い/28評価
2004年海外映画総合点3位156作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定2.00(とても良い)4
声優・俳優2.00(とても良い)4
ストーリー1.75(とても良い)4
映像0.75(良い)4
音楽0.75(良い)4
楽しい75%3人/4人中
面白い75%3人/4人中
ロマンチックな気分50%2人/4人中
友情50%2人/4人中
格好良い50%2人/4人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

ワタシノナマエハ、ビクター・ナボルスキー。
言葉が少しおかしいのはお許しください―皆さん、信じられますか?
ワタシの祖国がなくなってしまったのデス!
製作年度 2004年
製作国・地域 アメリカ
監督:スティーヴン・スピルバーグ
製作:ローリー・マクドナルド ウォルター・F・パークス スティーヴン・スピルバーグ
日本 公開開始日:2004/12/18(土)
海外 :公開開始日:2004/06/18
公式サイト
1. http://www.terminal-movie.jp/
18,1483128
最近の閲覧数
1000010100
この作品を海外映画として最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2008/09/04 / 最終変更者:管理人さん / その他更新者: 宇宙刑事ジャンギャバン / 提案者:馬王 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2015/02/21 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:94(45%) 普通:27(13%) 悪い:86(42%)] / プロバイダ: 7612 ホスト:7822 ブラウザ: 7901
【良い点】
ロスに作った映画史上最大のターミナルのセットがすごい。

【悪い点】
トム・ハンクスのロシアなまりのおおげさな演技

【総合評価】
フォレストガンプ2といったような映画だった。一番嫌だったのは、トムハンクスのキャラクターを、知恵遅れ・知能が低い人間のように描いたこと。アメリカの文化について知らないとか、英語がしゃべれないとか、田舎もので正直で誠実ということと、知恵遅れということは全く別。ギャグ・コメディで、演者が知恵遅れ・知能が低いのように振る舞い、それを彼らに優越感を持つ視聴者が笑うという分野があるが(日本のバラエティ番組の大半はこれ)、この映画の構造はそれ。

とにかくひとつひとつのエピソードも頭が悪い脚本家が書いたとしか思えない。最初から、英語がわからないビクターに長々と難しい英語で説明する職員とか変だし、米国で違法な薬物を没収されそうになって、刃物をふりまわす狂人のシーンも、なぜかそれを取り締まる空港職員が悪者に描かれるところも変。

また田舎もの=正直ものという図式も変。少し前日本からの若い無垢な日本女性旅行者がルーマニアで着陸直後に強姦殺人されたが、東欧という田舎は、そういう犯罪者が西側の百倍くらいいるので、すごい警戒心と猜疑心がないと一日もサバイバルできない。そういうバックグランドを知ってると、お人よしのビクターがすごく嘘っぽい。

2014/08/20 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:6657(87%) 普通:560(7%) 悪い:407(5%)] / プロバイダ: 21846 ホスト:21755 ブラウザ: 1975(携帯)
空港といういろんな国の人々が出入りする場所で祖国がクーデターを起こしたことにより、アメリカへの入国のパスポートが作れなくなり、それによって足止めを食らった状態のまま空港内での生活を余儀なくされた一人の男の物語でしたが、当初は言葉が通じない状態から片言ながらコミュニケーションが取れるようになり、そして食う物にも困っていたものの、パスポートの手続きを繰り返しては断られていくうちに友人が増え、仕事も得られ、さらには仲の良い女友達が出来たりとわらしべ長者式にどんどん生活を充実させていっているさまが観ていて心地良いものがありました。また、主人公自身が何者で何の目的で来たのかという謎が最後の最後まで明らかにされないところも引き付けられるものがあり、でもそれまでのエピソードで主人公の健気かつ純粋な人柄であることが十分説明されているのでもう良いかなと思うところもあったのだけれども、それだけに祖国の戦争が終結し、主人公の抱えていた問題が一気に解消されるその前に謎が明らかにされるというタイミングも絶妙でした。

もっとも、それだけに一つ一つのエピソードがいつ起こったのかということを字幕で「主人公が空港で生活を始めてから○○日目」といった具合にドキュメンタリー形式にしてくれればなお良かったと思うだけに惜しい作品でした。

評価は「とても良い」とさせていただきます。

2014/03/22 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 34279 ホスト:34159 ブラウザ: 4721
この作品の感想を一言で語ると、こうなる。

「スゲェなトム・ハンクス!!」

頼りなくて、どこか抜けてて、それでいて人情味に溢れたビクターという人物像をその演技で見事に表現しきっている。いいなぁ、こういうキャラ。

そんな彼の、まさかの空港生活。やりたい放題でありえない展開、場面の数々に「ふふっ」と失笑すること間違い無し。
ツッコミどころを「まぁいいか」と許容してしまう、作品のもつ雰囲気も本作の魅力と言えるだろう。それもまた、トム・ハンクス扮するビクターというキャラクターのなせる業なのかもしれない。

全編にわたってコメディ中心の構成ではあるのだけど、細部の描写はよく出来ていて、たまに顔を覗かせるシリアスだったりロマンスだったりがスパイスになっていて飽きさせない。
個人的に気に入った場面が序盤辺りにて、ビクターが椅子を改造したベットで就寝しようとした矢先に飛行機のライトにカッと照らされ「撃たないで!」と叫んだシーン。

この直前、ビクターはテレビの報道とディクソンからの説明で自分の居場所がなくなってしまったことを理解している。そのうちに抱えた恐怖の感情が実によく表れたセリフだよなぁ。ギャグのように演出しているから流して観れるけど、ちゃんとどの場面でどういう心情をもっているかがよく考えられて作られてるからこそ、コミカルに描けるんだろう。


誰もが決められた道を行く中、ビクターはただ一人、【待つ】という選択を選ぶ。
段々とその姿勢に、アメリア同様僕も惹かれていったワケなんだが……それゆえに、終盤の展開には正直、ガッカリきた。
自分が見逃してるだけなのか分からないけど、最後のあれって、不法入国じゃないの?;
アメリアのくれた日帰りのビザはディクソンのサインがないから使えない。その直前にクラコジアの内戦が終わったからパスポートが使えるようになったって可能性もなくはないけど、そういう描写なかったし……もしもこれが不法入国だとすると、じゃあ今までのビクターの言動はなんだったんだよ、ってならないか?;

最後のジャズマンも超あっさりとサインくれたし、なんだか時間が足りないから終わらせました感が半端なかった。
締めの部分にもう少しなにかしら盛り上がるような展開なり場面があればなぁと思ってしまう。
確かに、待つだけじゃダメだということをアメリアとの別れ、清掃員さんの行動で描いていたけども。それにしても、うーん……納得いかない。ディクソンがいきなり「お前の友達をクビにしてほしくないなら国へ帰れ」と、空港の従業員の秘密を把握してることを明かしてきたが、そんなことせずともビクターって普通に器物破損とかしてるんだし、警察に任せりゃいいんじゃ……とか考えちゃうよね。

2013/12/03 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:120(59%) 普通:38(19%) 悪い:46(23%)] / プロバイダ: 38386 ホスト:38434 ブラウザ: 4936
【良い点】
デートムービーにピッタリという当時の宣伝文句(キャッチコピー)通りの押しつけがましい感動作「ではない」あっさりとしたヒューマンドラマな事、

【悪い点】
良い点で書いた通りあっさりとした内容なので終わった後の印象が少々薄い事、

【総合評価】
大まかなストーリーは世の中の理不尽な物事に対する反逆・反骨の話なんですが、ユーモアを交えて描く事で爽やかな内容に仕上がっています。
内容を要約すると閉じ込められてしまった空港内で、主人公のユーモラスな人柄や仕事で培った特殊技能を使い自らの力で居場所を作り出していく物語です。

「恋愛」と「父との約束」の2つを両方とも叶えてしまうと都合が良すぎて嘘臭くなるので、リアリティを出すために恋愛は成就せず片方だけにしたのかも知れません。
リアリティを出す必要性・必然性があったのかは分かりませんが。

評価を「良い」にするか「普通」にするか、かなり悩みました。

2011/10/25 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:545(77%) 普通:26(4%) 悪い:139(20%)] / プロバイダ: 7402 ホスト:7179 ブラウザ: 14175
トム・ハンクスの演技がとても良いです。
架空の国の言葉で話す演技はかなり凄かったです。
また、空港内で棲む主人公に徐々に仲間が増えていく姿はとても良かったです。
ホントに空港に居るような気持ちにさせてくれる感動物でした。

2011/05/14 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:503(44%) 普通:378(33%) 悪い:254(22%)] / プロバイダ: 41807 ホスト:41593 ブラウザ: 7136
【良い点】
・キャストが良い。
・設定が面白い。

【悪い点】
・特になし。

【総合評価】
とにかくトム・ハンクスが見事。
けっこう長い映画ですが、まったく飽きることはありません。
いくつかの展開がありますが、それも無駄なくつながりも不自然さがなく、脚本もうまかったと思います。
スピルバーグけっこう良い映画作るなあと、それもちょっと意外でした。
見て絶対損はない映画です。

2010/08/27 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:5(50%) 普通:1(10%) 悪い:4(40%)] / プロバイダ: 10119 ホスト:10338 ブラウザ: 9154
トム・ハンクスの演技が輝いていた。
ただそれだけではなく、いろんな意味で深い
内容は空港のターミナルに閉じ込められた生活でどのように生きていくか。
コメディとして笑えるだけではなく恋の縺れ、人間関係全てがGOODだった
時間あったらまた見てみたいなぁー

2009/11/01 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:494(44%) 普通:197(18%) 悪い:428(38%)] / プロバイダ: 7763 ホスト:7450 ブラウザ: 8718
トム・ハンクスはこういった情けないキャラが非常によく似合っていました
現実にこういうことって起こるのかどうかはわかりませんが、非常に感動的なお話だと私は思いました

2009/07/12 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:154(60%) 普通:49(19%) 悪い:52(20%)] / プロバイダ: 1803 ホスト:1690 ブラウザ: 7368
かなり強引な設定であるのにもかかわらず、楽しんでみられました。
やはり、トム・ハンクスの存在は偉大であり、彼あってのこの作品という印象です。

ターミナル内に残された主人公が、あの手この手で暮らしていくのですが、自国のクーデターという重い現実をバックに背負っていると言う事を忘れてしまう程にコミカルで最後まで飽きさせません。
トム・ハンクスの、人の良い、とぼけた演技は、とても魅力的で、ケチャップだけで食事している姿さえも可愛く感じてしまいます。
もちろん、カート集めて小銭稼いでいるところは爆笑ものでしたがw

重たい映画だと思って見始めたので、拍子抜けしたところはありますが、コメディー映画として見ると面白いです。

2008/12/17 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:363(80%) 普通:53(12%) 悪い:35(8%)] / プロバイダ: 25848 ホスト:26130 ブラウザ: 6342
【良い点】
ナボルスキーがターミナルに閉じこまれてしまう形になってしまい、その中でのいろんな出来事の描き方は基本的には面白いと思います。
アメリアとの恋愛模様も好きです。特にレストランのシーンが大好きです。マナーのなっていないニセ従業員達ナイスです(笑)
グプタの最後の行動に非常に感動しました。最初はナボルスキーの事をかなり嫌っていたのに、次第に打ち解けて行き、憎きディクソンに脅されて祖国に強制帰還されそうになったのをグプタが体張って飛行機止めたシーンがとても印象的でした。
結末もあっさりはしていましたが上手く纏めてあって良かったです。ナボルスキーが涙ぐんでジャズを聴いている所好きです。


【悪い点】
少々悪のりし過ぎではないでしょうか?ターミナル内を勝手に改造したり、急に結婚したりと大げさな気がしました。
祖国が今までクーデター起こしていたのにあっさり戦争終わってしまったのがちょっとあっさり過ぎに思いました。
どうもディクソンが不愉快でした。ヤギ事件の時のナボリスキーに対する態度も非常に腹立たしかったし、脅したりもするので嫌でした。


【総合評価】
観る前はもっとシュールな話だとばかり思っていました。良くも悪くも気になる点はありますが、温かみのある良い作品でした。

2008/11/12 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:442(63%) 普通:152(22%) 悪い:103(15%)] / プロバイダ: 2339 ホスト:2336 ブラウザ: 6342
かなり良い作品とまではいきませんが、
トムハンクスが空港の中で生き抜いていく様子が、面白かったです。

前にキャストアウェイという映画がありましたが、ある意味言葉の通じない空港で生き抜いていくのは、無人島で生き抜いていくこの映画とリンクするところがあると思いました。

不幸な現実の中でも、前向きに生きていく主人公の姿がとても良いと思います。

2008/11/02 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:41(54%) 普通:13(17%) 悪い:22(29%)] / プロバイダ: 11495 ホスト:11703 ブラウザ: 6342
結末があっけないし、人物描写が都合良過ぎる面もありますが
結構楽しめました。凄く限定された舞台でこんなに面白いとは・・。
どうやって食っていくのかと思ってたら、カート運びとは(笑)
基本的に善人ばっかり(ディクソンもどこか憎めない人だし・・)なので
そんな訳あるか!とも思いますが、不快感は無いですね。
肩の力を抜いて見れる作品です。

2008/09/29 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:10(91%) 普通:0(0%) 悪い:1(9%)] / プロバイダ: 2781 ホスト:2731 ブラウザ: 8090
友達に「感動するから」と勧められこの作品を見ることになりました。
正直な感想は、少し感動したところはありましたが、それよりもこの主人公である外国人が航空という彼にとって異国であるアメリカの特殊な場所でどう過ごすかという中で、彼は健気というかなんというか、様々なシュールなことをやってしまいます。
また、彼に対する周りの人々の反応もまた面白く、個人的に「感動する」映画ではなく「興味深い」映画(曖昧ですね)でした。
しかしながら、最後らへんで空港のみんな(一番偉いさん以外)に見送られ主人公は目的を達するために空港を出ますが、目的を達した後どんな事をしたのかが結局わからなくて残念でした。
しかし、評価は決して悪い映画ではないので「とても良い」を出したいと思います。

2008/09/08 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:5(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 13931 ホスト:13909 ブラウザ: 8090
最後の結末(ビクターとアメリアの関係)は、少々納得いかない部分もあったのだが、全体的にみて、大いに感動した作品であった。
言葉のわからぬ国に放り出され孤独なビクターの奮闘・努力は、コメディーを見た時の笑いと、微笑ましいという意味での笑いが織り交ぜられ、とても楽しく観ることができた。脇役も味のある役ばかりで映画を盛り上げてくれた。ラストのジャズシーンは、自身ジャズに詳しくないにも関わらず、強く心打たれた。
しかし・・・、やはりビクターとアメリアには二人で幸せになって欲しかった。結局アメリアは、自分の行動が徒労に終わったことを知らずに別れてしまい、ビクターもラストは何かさびしげだった。

[推薦数:1] 2008/09/07 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:157(72%) 普通:34(16%) 悪い:28(13%)] / プロバイダ: 24502 ホスト:24680 ブラウザ: 6287
トム・ハンクスはやはり偉大だということを改めて実感させられる。
アメリカの空港で言葉が通じないロシア人の戸惑いや不安、そして立ち直った後の純粋で一生懸命な姿勢となるまで、またキャサリン・ゼタ・ジョーンズが演じるアメリアとの出会い、それからの対話、別れ、その切なさを見事に演じきった。

内容としては、祖国のクーデターによって国籍を失った男の物語で、盛り上がりには欠けるがテンポは良い。脇役3人の人柄にも好感が持てるし、何より明るい雰囲気からちゃんとユーモアを作り出している。

個人的に好きなのが、序盤に登場した監視カメラ。監視カメラをかわすビクターと空港から出るように仕向けるディクソン。このときの監視カメラの動きが本当に良かった。人間味に溢れているとでも言うのだろうか?
まるで登場人物のようだった。

ビクターの帰国を阻止した清掃員のおじさんが吐き捨てる言葉。
「わしは国に帰る!」名言だ。このシーンは心にとても切なさがこみ上げた。

ビクターの目的をアメリアに打ち明けるシーンも非常に大事なシーンで、ピーナッツ缶を開け、写真を渡して、ゆっくりと語りだす。このエピソードがこれがまた良い!

そして、ラストのサインをもらう直前に聞いたジャズ。彼はいったいどんな気持ちで聞いていたのだろう?そして、帰りのタクシーの中で彼はいったい何を感じ、何を思っていたのだろう?

人情味に溢れたほのぼのとした、見終わった後、すっきりしながら、なんだかちょっと切ない本当に素晴らしい映画だ。

評価は「とても良い」

もっと読む

「(途中から拝見)法の杓子定規な側面を風刺したコメディがエンタメの主軸。空港から出られんのも居座り続けら...」 by herba


次のページを読む

この評価板に投稿する



2017/04/27 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 44102 ホスト:44005 ブラウザ: 9931 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事感動/ロマンチックな気分/可笑しく笑える/楽しい/面白い/可愛い/勉強になった 
ストーリー最高(+3 pnt)
キャラ・設定とても良い(+2 pnt)
映像普通(+0 pnt)
声優・俳優とても良い(+2 pnt)
音楽良い(+1 pnt)

もっと見る
1. 四国初の鉄道路線 by 667
... とやま__0.8 三津__みつ__1.0 山西__やまにし__1.0 西衣山__にしきぬやま__1.1 衣山__きぬやま__0.9 古町__こまち__1.6 大手町__おおてまち__0.9 松山市__まつやまし__0.9 高浜駅からは、松山観光港ターミナルまで延伸する構想 ...
記事日時:2018/10/28
2. JR::半ば破れた新大阪メガターミナル by 無限堂
... 。新大阪駅もメガターミナル構想がありました。 東の大新宿駅と西の新大阪駅 新大阪駅は現在JR東海道・山陽新幹線、JR東海道本線、2019年開通予定のおおさか東線(旧名・大阪外環状線となにわ筋線で現在は二個一化)、大阪メトロ御堂筋線が停車しますが、曾ては阪急京都線別線(新大阪線)、北陸新幹線、リニア中央エクスプレスも含めたメガターミナルになる筈でし ...
記事日時:2018/09/01 [表示省略記事有(読む)]
3. ディープストレンジジャーニー プレイ日記(1) by エスパー
... 一体どんな技術を介してそんなものを生み出したのかが本作の永遠の謎のひとつでもあります。 けどそんなアーヴィンさんは過酷な状況でも主人公をサポートしてくれて実に頼り甲斐あるんだよなー。 難易度は例によってEXPERT(ハードモード)で挑んでいますが今の所問題なくサクサク進めています。 といってもHP/MPが大分消耗したらターミナルまで向かい入口へ ...
記事日時:2017/11/08
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ